問題解決! 空き家・実家の整理対策や片付け方法のポイントをご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

現代の日本では、少子高齢化や相続放棄などにより、空き家問題が深刻化しています。空き家の整理をしたいけれど、どこから手をつけていいのか分からない・空き家化してしまった実家をどうにかしたいという方も多いでしょう。空き家の整理は、自力でやろうと思うとかなり大変なものです。そこで今回は、空き家の実情や整理・片付け方法のポイントなどをご紹介します。

  1. 空き家とは
  2. 空き家の整理について
  3. 空き家の整理方法
  4. 空き家の整理を業者に頼む場合
  5. 空き家整理についてよくある質問
  6. まとめ

空き家の整理について知りたい方や、空き家の片付けをしたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。ひとりで悩んでいるだけでは解決しない問題も、この記事を参考にすることであっさり解決することができるでしょう。


1.空き家とは

1-1.急増する空き家

2013年時点での空き家数は、約820万軒(13.5%)にも及び、将来的には25%が空き家になるのでは? との説も出てきています。空き家の取り壊しには、多額の費用がかかるうえに、更地にすることによって固定資産税の軽減措置が受けられなくなるなどの問題が起こることもあるのです。これらは空き家増加の要因とも言えるでしょう。

1-2.空き家問題とは?

空き家は、景観が悪い・防犯上の問題など、さまざまな困りごとがあります。また、崩落や倒壊などで、通行人がケガをしてしまった場合には、補償をしなければなりません。空き家は放置できない問題なのです。

1-3.空き家対策特別措置法とは?

増加する空き家に対し、空き家対策特別措置法が平成26年に制定されました。管理不全の空き家に対し、持ち主を特定・個人情報の使用・光熱費の請求や、状況の改善のための助言・指導・勧告・命令などを行えるようになったのです。命令に背くと、50万円以下の罰金となることもあります。

2.空き家の整理について

2-1.整理が必要な時とは?

実家が空き家になった場合や、リタイア後の引っ越しで持ち家を手放し空き家になる場合など、家の整理が必要になる時が訪れるでしょう。

2-2.整理が必要な理由

家は、人が住まなくなると、どんどん老朽化が進みます。家を手放すことが分かった時点で、少しずつ整理を進めていかないと、空き家化してしまう可能性があるのです。また、空き家化してしまった家は、すぐに整理を始めましょう。放置すると空き家対策特別措置法の対象になったり、近隣住民の迷惑になってしまいます。また、「空き家を放置している」という罪悪感がストレスになってしまうでしょう。

2-3.どんな方法があるか?

空き家を整理するには、自分で行うか、プロに依頼するかの方法を選ぶ必要があります。自分で行う場合は、時間や労力がかかってしまうでしょう。その分、お金があまりかからずに済むかと思いきや、粗大ゴミ料金や家電リサイクル料金などで、意外に高くついてしまうこともあるのです。プロに依頼する場合には、作業料金がかかります。しかし、ゴミや不用品の回収を行ってくれるところもあるため、総合的に考えればメリットの多い方法と言えるでしょう。

2-4.相談窓口

空き家の整理や不用品回収などの相談は、ファンデックスにお問い合わせください。空き家の整理をしたい・料金はどのくらいか・遺品整理についてなど、無料でご相談いただけます。ご相談いただいたからといって、強引に勧誘したり契約を結んだりするようなことはありませんので、お気軽にお問い合わせください。

3.空き家の整理方法

3-1.自分で空き家整理を行う場合

3-1-1.空き家整理のタイミング

空き家問題が心にひっかかったら、今すぐにでも空き家の整理を始めましょう。いつかは手をつけなければいけない問題ですので、早めに解決して気持ちを楽にすることをおすすめします。

3-1-2.用意するもの

空き家を整理するには、下記のものをあらかじめそろえておきましょう。

  • ゴミ袋(多めに準備する)
  • 段ボール箱(不用品を入れておく・ゴミ箱のかわりなど)
  • 軍手・マスク・めがねなど
  • 雑巾(ぞうきん)・掃除機・掃除用スプレーなど

整理作業の途中で調達すると効率が悪くなってしまいます。着手する前に、いったん整理作業のイメージをしてみて、必要なものを洗い出しておくのがおすすめです。

3-1-3.方法

空き家整理で最も重要なことが、不用品の処分です。粗大ゴミ回収は1週間程度かかってしまうこともあります。粗大ゴミや家電類など、処分に手続きが必要なものについては、事前に行っておきましょう。

3-2.注意点

空き家の整理は、想像以上に体力・時間・精神力を消耗します。1日ですべて終わらせようとせずに、数日かけてゆっくり作業していきましょう。重いものを動かしたり運んだりすることによって、ケガをしてしまう可能性もあります。

4.空き家の整理を業者に頼む場合

4-1.空き家整理をプロに依頼する

4-1-1.プロに頼む場合

自分ではどうにもならないほどの不用品がある場合や、ゴミの分別・回収などが面倒な場合は、プロに依頼することをおすすめします。ファンデックスでは、空き家やゴミ屋敷の片付け・掃除もうけたまわっているため、どんなにものが多い家でも片付けることが可能です。

4-1-2.依頼方法

HPや電話などでご依頼いただけます。無料見積もりのお申し込みページをご利用ください。また、依頼前に確認したい内容がございましたら、お問い合わせフォームをご利用いただくこともできます。

4-1-3.作業の流れ

ファンデックスの作業の流れは以下のとおりとなります。ぜひご参照ください。

  1. お問い合わせ
  2. 無料お見積もり
  3. 訪問・整理作業
  4. (あれば)貴重品の捜索・お返し
  5. 不用品の回収・搬出
  6. お支払い

4-1-4.費用について

ファンデックスの料金をご紹介します。

  • 1K(2名)34,800円より
  • 1DK(2名)59,800円より
  • 1LDK(3名)79,800円より
  • 2DK(3名)119,800円より
  • 2LDK(4名)149,800円より
  • 3DK(5名)179,800円より
  • 3LDK(5名)199,800円より
  • 4DK(6名)229,800円より
  • 4LDK(6名)259,800円より

※作業員数は目安です。

また、料金には、以下のサービス内容が含まれております。

  • ヒアリングシートの作成(見積書)
  • 貴重品の捜索作業、お返し
  • 必要品と不用品の仕分け作業
  • 段ボール資材の無償提供
  • ゴミの処分代完全無料
  • エアコン取り外し作業
  • 大型家財のつり降ろし作業
  • 作業風景の公開
  • 作業後のハウスクリーニング
  • 合同供養(年間2回程度実施)

費用を安く抑えるには、複数の業者へ見積もりを依頼し、見積もり合わせを行うのがポイントです。その際は、料金だけでなく、サービス内容も検討してください。たとえ安くても、回収料金が別だったり、さまざまなオプション料金がついたりして、結果的に高くついてしまうこともあります。

4-2.業者選びのコツ

整理業者を選ぶ際は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 料金体系が明確である
  • サービス内容と料金があっている
  • 不用品の回収や買い取りも行っている
  • 遺品整理業務も行っている(ご遺族の空き家を整理する場合)
  • 古物商許可・遺品整理士などの資格を持っている

4-3.注意点

回収業者や整理業者の中には、悪質なところもあるので注意してください。たとえば、無料の不用品廃品回収車などは要注意です。無料回収をうたっておきながら、回収する直前や、荷物を外に運び出した後で「運搬料金は別料金になる」など、不当な請求をされてしまうこともあります。

5.空き家整理についてよくある質問

5-1.作業中に、遺品の確認をしたいのですが

お立ち合いいただくことが可能です。お客様の要望は、お見積時にヒアリングシートにてお伺いします。

5-2.ゴミ屋敷のように荒れてしまった空き家の整理も大丈夫ですか?

ファンデックスの経験豊富なスタッフがお伺いしますので、ご安心ください。

5-3.作業時間はどのくらいかかりますか?

2DKのお部屋で3~5時間ほどです。ご家財の量やお部屋の広さによっても作業時間は変わります。人員を増やして対応することも可能ですので、ご相談ください。

5-4.虫や悪臭が出てしまっているのですが

提携している特殊清掃会社が消臭・除菌も行いますのでご安心ください。害虫駆除もうけたまわっております。

5-5.作業に近隣の方への影響が心配です

近隣住民の方へのご挨拶(あいさつ)は弊社で行います。また、台車は静音使用となっておりますのでご安心ください。もちろん、作業は丁寧・安全に実施いたします。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。空き家整理についてのご紹介でした。空き家を放置すると、罰金を支払ったり、近隣住民へ迷惑がかかってしまいます。空き家問題で悩んでいる方は、すぐに整理に着手しましょう。自力ではどうにもならない時は、プロの力を借りることも検討してみてください。