親の遺品整理をしている方へ! 衣類の処分方法や注意点について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親の遺品を整理している途中、処分に困るものもあるでしょう。遺品にもさまざまな種類があるため、それぞれの種類に合った処分方法を考えていかなければなりません。遺品を整理する前に知っておきたい処分方法について説明します。

衣類の処分方法や効率的に衣類を片づけるコツ、処分する際の注意点も一緒にチェックしていきましょう。親の遺品整理をしている人、これから整理する人は要チェックです。

  1. 遺品整理で出た衣類の処分方法
  2. 効率的に衣類を片づけるコツ
  3. 処分する際の注意点

大量の衣類ってどう処分するの?


1.遺品整理で出た衣類の処分方法

衣類の処分方法

遺品整理の中でも非常に量が多いのは「衣類」です。たくさんある衣類の処分に困っている人も多いでしょう。そこで、衣類の処分方法をいくつか紹介します。

1‐1.遺族の間で「形見分け」をする

たくさんある衣類でも故人が愛用していたものもあるはずです。すべて処分する必要はありません。遺族で残しておきたい衣類があれば手元に残しておきましょう。

たとえば、故人がお気に入りだった衣類は遺族にとっても大切なものになります。親族同士で集まり、衣類の「形見分け」をしてください。形見分けは親族同士で故人が残したものを適切に分ける作業です。自分の判断で勝手に捨ててはいけません。

親族全員が集まりやすい四十九日などに形見分けをして衣類を処分しましょう。親族や故人の親しい友人が残した衣類を欲しがっている可能性もあります。勝手に捨ててしまうと後々トラブルになってしまうこともあるので要注意です。

1‐2.高価な衣類はリサイクルショップや買い取り店で売る

故人が残した衣類をすべて残しておきたくても、保管場所がない人も多いでしょう。保管場所が確保できなければ処分するしかありません。しかし、そのまま処分するのが非常にもったいない衣類もあります。

着物やカシミヤのコート、毛皮、本革など高値がつく衣類はリサイクルショップや買い取り店を利用してください。高値がつくような衣類をそのまま捨てるのはもったいないことです。欲しがっている遺族がいない限り、処分するしかないですが「売る」のも選択肢の1つです。

より高く売るためにも着物は着物専門店へ、毛皮や本革などは革製品を取り扱っている買い取り店に持っていくと良いでしょう。

1‐3.遺品整理サービスを利用する

形見分けをしてもたくさんの衣類があまった場合、遺品整理サービスを利用するのも1つの方法になります。不用品回収業者の中には「遺品整理サービス」を受けつけているところもあるのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

大量の衣類をすべて一気に処分してくれます。わざわざお店に運ぶ必要もありません。絡をすれば自宅にかけつけてくれるため、自宅でそのまま処分できるのです。故人が大切にしていた愛着のある衣類だからこそ、丁寧に取り扱ってくれる業者を選びましょう。

即日対応可能な業者であれば、連絡をしてすぐにかけつけてくれます。できるだけ早めに処分したい衣類でもすぐに片づけることができるのはうれしいですよね。このように、遺品整理サービスもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

形見分け以外の方法もあるんですね。
はい。遺品整理サービスを利用してもいいでしょう。

2.効率的に衣類を片づけるコツ

効率的に衣類を片づけるコツ

2‐1.衣類を種類ごとに分別する

衣類の処分方法はもちろんですが、整理の仕方にもコツがあります。遺品整理はできるだけ早めに進めていかなければなりません。気持ちに整理がつくまで時間はかかるでしょう。

形見分けのこともあるので親族が集合しやすい日まで整理をする必要があります。特に、量が多い衣類の場合は整理が大変になるでしょう。コツとしては、衣類を種類ごとに分別してください。

大まかに分けるなら「洋服」と「和服」の2種類になります。そして、洋服はTシャツ・ズボン・長袖・カーディガン・アウターなど分別してください。衣類を種類ごとに分けることである程度整理できます。

また、形見分けをするときも種類ごとに分けていれば選びやすくなるでしょう。非常に効率の良い片づけ方なのでぜひ実践してくださいね。

2‐2.写真として残すのもアリ

大切な故人が残したものはできるだけ保管しておきたいですよね。たとえ、袖をとおさない衣類でも愛用していた衣類であれば大切に保管したい気持ちが大きいでしょう。

しかし、自宅の収納スペースに保管場所があるかどうか確認しなければなりません。収納スペースがないのにすべての衣類を保管しようとしては部屋がごちゃごちゃになってしまいます。

どうしても衣類が保管できない場合は、写真として残すのも1つの方法です。故人の思いがある衣類を写真に撮ってください。そして、データとして残しましょう。保管場所がない人の最終手段だと考えてくださいね。実物を触ることはできませんが、写真として残しておけば家族と見ながら思い出話ができるでしょう。

写真に撮って残しておくのもいいですね。
はい。それなら思い出と共に形も残りますね。

3.処分する際の注意点

処分する際の注意点

3‐1.「遺言書」があるかどうか確認する

故人が残した衣類を処分する際、「遺言書」がないかどうか必ず確認してください。遺言書に高価な衣類を誰に渡してほしいと遺品の行く先が載っている可能性もあります。

法的に触れる遺言書であれば遺族が故人の思いを大切に守らなければなりません。遺言書どおりに進めていかなければ法律に違反することになるでしょう。

また、後で遺族間のトラブルに発展する可能性もあります。実際、トラブルになり親族同士で争った人も多いのです。

トラブルになると非常にややこしくなってしまいます。衣類などの遺品を整理する前に「遺言書」があるかどうかチェックしておくと良いでしょう。遺言書を見つけた際は、親族が集まったときに見せて納得したうえで整理をしてくださいね。

3‐2.後悔のないように遺品整理をする

遺品を処分するとき、後悔のないようにしてください。後悔しても1度捨てたものは2度と手元に戻ってきません。処分する前にもう1度「処分しても後悔しないかどうか」自分で確かめてくださいね。

また、遺品整理サービスを受けつけている業者の中には不正を働く悪徳業者もいます。悪徳業者に引っかかりお金をだましとられた挙げ句、遺品整理に後悔した人もいるのです。だまされないためにも安心して依頼できる業者を選びましょう。

丁寧に説明してくれる、質問に対して親切に受け答えをしてくれる業者は安心できます。しかし、適当に答える、受け流す業者は信用できません。

大切な遺品だからこそ、遺族の気持ちをくみとってきちんと処分してくれる業者にお願いしたいですよね。悪徳業者と優良業者を見わけるためにも、サービス内容や見積もりはしっかり確認しておきましょう。

故人の遺志を大切に処分することが大切なんですね。
はい。時間があったら心の整理をつけながら、遺品整理を行いましょう。

まとめ

衣類処分のまとめ

衣類の処分方法や効率的に衣類を片づけるコツ、処分する際の注意点について説明しました。遺品になる衣類を処分するには気持ちを整理が必要です。きちんと気持ちを整理したうえで上手に整理していきましょう。自分1人で片づけができない量の場合は、親族か、または遺品整理サービスに依頼するのも1つの方法です。

  • 遺族の間で「形見分け」をする
  • 高価な衣類はリサイクルショップや買い取り店で売る
  • 遺品整理サービスを利用する
  • 衣類を種類ごとに分別する
  • 写真として衣類の思い出を残す
  • 「遺言書」があるかどうか確認する
  • 後悔のないように遺品整理をする

以上のポイントは要チェックです。チェックポイントをしっかり踏まえつつ衣類を処分してください。業者に依頼する際は安心して信用できるかどうか必ず確認しましょう。