整理整頓のコツをご紹介!整理が苦手でも上手に片付けられるポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
部屋をキレイにしたい… 何から始めていいのかわからない

「部屋をキレイにしたい!」「整理したいけれど何から始めていいのかわからない」と悩み続ける必要はありません。上手に整理ができている人の中には整理整頓に苦手意識を持っていた人もいます。整理整頓のコツや部屋の収納術、ものの捨て方など基礎知識を身につけおけばスムーズに部屋の整理ができるものです。

そこで、これから部屋の整理整頓について詳しく解説します。知識を身につけて上手に整理していきましょう。

  1. 整理整頓の基礎知識
  2. 整理整頓のコツ
  3. 整理整頓と捨て方
  4. 整理整頓しても捨てられないものは?
  5. 部屋の片付けと収納術
  6. 整理整頓・収納に関するよくある質問

この記事を読むことで整理整頓のコツ・片付け方について基礎知識が身につきます。


1.整理整頓の基礎知識

整理整頓の基礎知識

整理整頓とは一体どんな意味を持っているのでしょうか。部屋を整理するコツをつかむためには、きちんと整頓とは何なのか把握しておかなければなりません。整理整頓の意味やメリット・必要性、整理整頓ができない理由について詳しく説明しましょう。

1‐1.整理整頓の意味

「整理整頓」とひとまとめにして言っています。しかし、「整理」と「整頓」にはそれぞれ違う意味があるのです。まず、整理は「要るものと要らないものを分けて、要らないものを捨てること」を意味します。ものをたくさん持っている人は整頓をする前に、自分が監理できる量にものを捨てなければなりません。きちんと整理しておけば片付けが楽になります。そして、整頓は「必要なときに取り出せるように配置すること」です。仕分け・捨てるという整理とはまったく違いますね。使用頻度が高ければ高いほど、取り出しやすい位置に配置するのが整頓です。

1‐2.部屋を整理するメリットと必要性

部屋を整理するメリットは健康・美容・精神などさまざまな部分にあります。ものが増えるたびにホコリやダニ・ノミがたくさん出てくるでしょう。風邪が引きやすくなる、アレルギー症状が起こるなど障害が出てきます。しかし、部屋を整理すれば快適な空間に変わって自然と気持ちが前向きになるのです。さらに、整理整頓すれば探しものがすぐ見つかるので仕事の効率があがります。

1‐3.整理整頓ができない人について

忘れものが多い、自分が何を持っているのかわからないなど、整理ができない人には共通点がいくつかあります。特に、頭の中が整理できない人は整理に強い苦手意識を持っているようです。頭の中や気持ちがごちゃごちゃになっているとき、整理できませんよね。まずは、メンタル・精神状態を変えていかなければならないでしょう。ただし、メンタルを変えると言っても簡単なことではありません。目の前にある小さなことから始めていき、少しずつ意識を改革していくことが大切です。

1‐4.部屋の整理の仕方

整理ができない理由や整理整頓の意味を把握したうえで、基本的な整理整頓術を紹介します。整理整頓術の基本は、「仕分ける」「捨てる」「配置する」の3点です。要らないものと要るものに仕分けていき、要らないものを捨ててください。そして、要るものの収納場所を決めて配置していきましょう。以上の3点を守っていけばスムーズに家の整理整頓ができますよ。

2.整理整頓のコツ

整理整頓のコツ

基本的な整理整頓術がわかりました。それでは、さらに、整理整頓の方法について深く掘り下げていきたいと思います。片付け、整理整頓の仕方を1つずつきちんと理解していきましょう。

2‐1.整理整頓のルールをつくる

「片付けられない」「余計に部屋が汚くなった」と整理整頓にストレスを感じていませんか?ストレスを減らすためにも、整理整頓のルールをつくってください。たとえば、散らかりやすいデスクは「1週間の終わりである金曜日に整理する」など、自分なりの整理術を決めます。また、「毎日1分間だけ1か所を整理する」「使ったらすぐに元の場所に片付ける」など、人によってルールはさまざまです。自分にとって続けやすい内容が好ましいでしょう。

2‐2.整理整頓のチェックリストをつくる

時間に追われている人ほど「整理整頓のチェックリスト」が活用できると言われています。整理整頓のチェックリストとは日付と点検項目などを記入したシートのことです。チェックリストを使えば、1つ1つ丁寧に確認できます。さらに、自分が何をしたのか、何をしていないのかわかるので行動しやすくなるでしょう。

2‐3.収納について

整理収納のコツで最も大切なのは「ものを詰め込みすぎないこと」です。クローゼットや棚など、ついいっぱいいっぱいにものを詰め込んでしまうでしょう。しかし、詰め込みすぎると余計にものがごちゃごちゃしやすくなります。ある程度スペースを空けておくことで整理しやすくなるでしょう。また、「使用頻度によって置き場所を決めること」も大切なポイントです。よく使うものほど取り出しやすい位置に、使う回数が少ないものは奥に収納してください。

2‐4.おすすめグッズ

より収納しやすくするためのグッズを使うのも1つのコツです。たとえば、100円均一で売っている収納ボックスやケース、小物入れがあります。収納するもののサイズに合ったグッズを使ってみてください。また、空いているスペースに収納棚をつくることができる「整理ラック」などもありますよ。

2‐5.整理したい場所別

部屋・キッチン・机・オフィス・倉庫と、整理したい場所はさまざまです。そこで、場所別に詳しく整理のコツを紹介します。

2‐5‐1.部屋

部屋が広ければ広いほど、1か所ずつ整理する場所を決めて片付けてください。一気に片付けようとすれば、中途半端になってしまいます。そして、使用したらすぐに片付ける、着替えは床に置かないなど、自分でできることから始めるのが大切です。また、不用意にものを増やしてはいけません。本当に必要なものだけで生活するのが理想的です。

2‐5‐2.キッチン

家族の人数が増えるほど、食器や調理器具が増えるでしょう。キッチンの整理整頓は「使いやすいかどうか」が大切なポイントになります。ワイヤーネットとS字フックを壁に取りつけて調理器具をつるす、調味料の容器を統一するなど方法はさまざまです。特に、キッチンのシンク下は汚くなりがちなので、ラックやかごを利用した整理術を試してみてください。

2‐5‐3.机

ものの種類によって分けて収納することが机の整理整頓です。机はボールペンやシャーペンなどの小物や書類で汚れやすいでしょう。筆記用具などの小物類はかごにいれる、仕切りを使って種類ごとに区別する、ラックを使って収納スペースを増やしてください。自分好みの机にするといいでしょう。

2‐5‐4.オフィス

職場の整理整頓は仕事効率を左右するほど大切です。仕事効率をあげるためにも、定期的に整理を心がけましょう。特に、ファイルの整理術に目を配ってください。毎日さまざまな書類が出てきます。新しい書類をファイリングするときは、古い書類を整理して要らない書類は捨ててください。また、オフィス専用の整理整頓チェックリストを作成しておくと楽に整理できますよ。

2‐5‐5.倉庫

人それぞれ、倉庫に収納しているものは異なるでしょう。倉庫に収納しているものはいつの間にか忘れてしまいがちです。どこに何を置いているのか、わかりやすく収納してください。ものを詰め込みすぎるのだけは避けましょう。

2‐6.整理したいもの別

整理したい場所だけでなく、整理したいもの別にも整理整頓術について説明します。つい増えてしまいがちな服・本、書類・ファイル、写真、ケーブルの4つに分けて紹介しましょう。

2‐6‐1.服・本

ほとんど要らないものになるのが「服」と「本」です。すでに着ていない服や読んでいない本はありませんか?今、必要に感じていないものはすべて処分してください。新しい服を購入したら古い服を捨てるなど、捨てることが大切です。

2‐6‐2.書類・ファイル

書類やファイルの整理整頓は「まとめること」です。得意先やあいうえお順など、書類をわかりやすくファイリングしてください。ファイリングをした後は、順番を意識しながらファイルを整理していきましょう。ファイルの表に何の書類なのかシールを貼りつけておくと整理しやすくなりますよ。

2‐6‐3.写真

基本、写真はアルバムに整理整頓します。写真撮影をした年月ごとにファイリングしていきましょう。もし、写真が増えすぎてしまったな…と思ったらデータとして保管するのも1つの方法です。写真データをパソコンに取りいれて保管してください。ただし、絶対に削除したくない写真はバックアップをする必要があります。

2‐6-4.ケーブル

家電製品をたくさん使っているとケーブルでごちゃごちゃになりますよね。ケーブルを整理したいときは、壁掛けワイヤーネットなどのグッズを利用してください。ワイヤーネットにケーブルを取りつけていけば、ごちゃごちゃしません。また、ケーブル専用の整理グッズも販売しているのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3.整理整頓と捨て方

整理整頓と捨て方

整理整頓の基本は「仕分け」「捨てる」「配置する」と説明しました。3つの中でも大切なのが、「仕分け」と「捨てる」ことです。きちんと仕分けをして要らないものを処分してください。

3‐1.仕分けの方法

「いつか使うから」と今使っていないものを保管しようとしていませんか?仕分けの基本は、「1年以上使っていないものは要らないもの」に分別することです。1年以上使っていないものはこれから先も使いません。思いきって要らないものに仕分けたほうがスッキリしますよ。利用頻度が低いものは、できるだけ要らないものに分別してください。

3‐2.自分に合った仕分けルールをつくる

仕分けの方法と言っても、自分に合っていない方法では意味がありません。自分にとってやりやすい方法で仕分けをしてください。たとえば、仕分けに迷ったときは「一時保管ボックス」をつくって後でじっくり考えるなどです。部屋の整理整頓は、自分にとって無理のない方法で続けるのがコツになります。自分なりの仕分けルールを最初につくるといいでしょう。

3‐3.要らないものの捨て方

要らないものに分別したものは、さらに「使えるもの」「壊れているもの」に分けてください。そして、壊れているものは「燃えるごみ」「燃えないごみ」「粗大ごみ」など、ごみの種類に分別していきましょう。できるだけ、細かく分別しておいたほうが処分しやすくなります。

4.整理整頓しても捨てられないものは?

整理整頓しても捨てられないもの

整理整頓をしても、捨てられないものが出てくるでしょう。捨てられないものを処分する方法はあります。主に、リサイクルショップ・ネットオークション・回収業者の3つの方法を紹介しましょう。

4-1.リサイクルショップの利用

まだ、使えるものはリサイクルショップで売ることができます。ほとんどのリサイクルショップでは壊れていない限り買い取り可能です。ただし、買い取り価格はお店によってばらばらになるでしょう。高価買い取りを期待したい人は、リサイクルショップを何件かまわって比較してみてください。

4-2.ネットオークションの利用

最近、ネットオークションの利用者数が増えてきました。スマートフォンのアプリでは、登録で気軽にオークションが利用できます。ネットオークションは買い手が見つかればすぐに処分できるのがメリットです。また、必要としている人に譲ることができます。

4-3.回収業者の利用

一気に処分したい、要らないものの量が多い人は、回収業者の利用がおすすめです。回収業者に連絡すればすぐにかけつけてくれます。搬出から処分まですべて業者に任せることができるでしょう。また、回収業者の中には買取もおこなっている業者があります。ぜひ1度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

5.部屋の片付けと収納術

部屋の片付けと収納術

いまいち、部屋の片付け方や収納術がわからない…とお悩みの方におすすめしたい書籍・ブログを紹介します。また、整理整頓を手助けしてくれる整理収納アドバイザーについても説明しましょう。

5-1.整理整頓に役立つおすすめの書籍

一時期、テレビや雑誌で引っ張りだこになっていた近藤麻理恵さんの書籍「人生がときめく片づけの魔法」をおすすめします。近藤さんはアメリカのタイムズ誌で「世界で最も影響力の100人」に選ばれました。「捨てる」ことに焦点を当てているため、なかなかものが捨てられない人にぴったりです。ほかにも、まきりえこ著の「片づけられない・捨てられない夫を変えて汚部屋がキレイになりました」があります。ものの減らし方や収納のコツについて詳しくわかる書籍です。

5-2.整理整頓ブログの紹介

書籍だけでなく、インターネットのブログにも整理整頓に役立つ情報がたくさんあります。実際に、整理整頓が苦手だった人の日記、キレイになるまでの過程など経験者の実体験がわかるでしょう。おすすめしたいブログはアメーバブログの「豆々しい毎日~おうちのこと~」です。断捨離や掃除の内容など詳しく記載されています。また、書籍化もしている本多さおりさんのブログ「片付けたくなる部屋づくり」もおすすめです。本多さんは、整理収納コンサルタントとして活躍しています。

豆々しい毎日~おうちのこと~
片付けたくなる部屋づくり

5-3.整理収納アドバイザーについて

整理収納アドバイザーとは、いわゆる「片付けのプロフェッショナル」です。片付かない、整理整頓できない原因や問題点を見つけ出し解決します。そして、何をすれば片付けられるようになるのか一緒に考えてくれるのです。よりわかりやすく、丁寧に教えてくれるので安心できます。決して、片付けで終わるのではなく、片付けやすい空間を維持するのが整理収納アドバイザーの役割です。ちなみに、「ハウスキーピング協会」では全国の整理整頓アドバイザーを紹介しています。

ハウスキーピング協会

6.整理整頓・収納に関するよくある質問

整理整頓に関するよくある質問

整理整頓・収納にかんしてよくある質問を5つピックアップしていきます。疑問点や気になることがあれば、解決してから整理を始めてくださいね。

Q.片付けする時間がない場合は?
A.仕事や家事、育児で毎日忙しい人は片付ける時間がない!といっぱいいっぱいになっているでしょう。しかし、安心してください。片付けや整理整頓の時間はたった数分だけでもできます。1分だけでも散らかっている洋服をクローゼットに収納できるでしょう。時間はつくるものです。自分で生活スタイルを見直しながら時間をつくってみてください。

Q.キレイな部屋の維持方法は?
A.片付けができてもすぐに汚くなったらショックですよね。できるだけ、キレイな部屋を長く維持し続けなければなりません。キレイな部屋を維持するコツは「片付ける習慣を身につけること」になります。気がついたら片付ける習慣を身につけてください。

Q.回収できないものは?
A.業者によって回収できないものがあります。一般的に、生ごみや生きもの、法律にふれるものはNGです。事前に、業者へ確認しておいたほうがいいでしょう。

Q.業者に依頼する際の費用はどのくらい?
A.もし、業者に処分を依頼する際、費用はいくらになるのでしょうか。ごみの量にもよりますが、4,000円~数万円が目安になります。低価格で引き受けているところもあるので、いくつか業者を比較してみてください。無料見積もりを利用して比較するといいですよ。

Q.業者の片付けの流れは?
A.業者に依頼した際、片付けの流れは申し込み→見積もり→回収という流れになります。申し込みをした後、出張可能エリア内であれば業者が回収しにきてくれるでしょう。搬出から処分まですべて業者がしてくれるので、時間・労力が要りません。すぐに処分したい、不用品が運べない人はぜひ利用してください。

まとめ

整理整頓に関するよくある質問

いかがでしたか? 整理整頓ができないと悩んでいる人は、自分ができることから少しずつ始めてください。無理して片付る必要はありません。自分のペースで焦らず、ゆっくりと1か所ずつ整理整頓していきましょう。そして、要るものと要らないものに区別した後は要らないものをすべて処分してください。ある程度、ものを減らしておけば片付けしやすくなりますよ。処分方法はリサイクルショップやネットオークション、回収業者などさまざまです。自分の状況に合った方法で処分してください。以上のように、きちんと整理整頓のコツをつかんでおけば苦手な人でも整理できるようになります。