部屋の片付けは捨てること! 捨てるときに悩む判断基準などをご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

部屋の片付けは面倒に感じることが多いものです。コツが分からず、なかなか進められないといった悩みもあります。ものの量が増えるにつれ、片付けに多大なる労力を費やすことになるのです。
片付けは、定期的にものの見直しをすることが重要ですが、なかなか片付けられないという方もいるでしょう。もったいない・いつか使うという気持ちが片付けの邪魔をしているためです。
片付けをすると、部屋の中はとても気持ちがいい空間に生まれ変わります。ものの管理もしやすくなり、使いやすさもアップするでしょう。片付けが苦手な方は、ポイントを理解して進めてみてください。
今回は、片付けや捨てる基準などについてご紹介します。

  1. 片付けについて
  2. 片付け・捨てる判断について
  3. 不用品の処分方法
  4. 回収業者選び
  5. 片付けでよくある質問
  6. まとめ

片付けは難しいものと思われがちです。しかし、捨てる判断基準を設けることで、処分するタイミングをしっかり摑(つか)むことができます。この記事を参考にし、片付けに挑戦してみてください。


1.片付けについて

片付けは、持ち物を見直すことから始まります。片付けるメリットやコツなどを覚えておきましょう。

1-1.片付けとは?

片付けとは、ゴミを捨てることだけではありません。不用品の見極めや、整理整頓なども片付けに含まれます。収納を上手に活用し、管理しやすい環境にすることです。

1-2.片付けのメリット

片付けをすることにより、心地のいい生活環境を取り戻すことができます。目一杯に詰め込んでいた収納もすっきりとし、通気も維持できるようになるでしょう。ものの数を限定することで、目が行き届きやすくなることもメリットです。

1-3.片付けの方法・コツとは?

片付けのコツは、必要品と不用品の判断をきちんと行うことです。基準をいい加減にしたまま進めている場合、捨てるタイミングを逃してしまいます。一定期間使用していないものは捨てるようにし、収納などの整理整頓を意識することが大切です。