部屋の片付けは捨てること! 捨てるときに悩む判断基準などをご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

部屋の片付けは面倒に感じることが多いものです。コツが分からず、なかなか進められないといった悩みもあります。ものの量が増えるにつれ、片付けに多大なる労力を費やすことになるのです。
片付けは、定期的にものの見直しをすることが重要ですが、なかなか片付けられないという方もいるでしょう。もったいない・いつか使うという気持ちが片付けの邪魔をしているためです。
片付けをすると、部屋の中はとても気持ちがいい空間に生まれ変わります。ものの管理もしやすくなり、使いやすさもアップするでしょう。片付けが苦手な方は、ポイントを理解して進めてみてください。
今回は、片付けや捨てる基準などについてご紹介します。

  1. 片付けについて
  2. 片付け・捨てる判断について
  3. 不用品の処分方法
  4. 回収業者選び
  5. 片付けでよくある質問
  6. まとめ

片付けは難しいものと思われがちです。しかし、捨てる判断基準を設けることで、処分するタイミングをしっかり摑(つか)むことができます。この記事を参考にし、片付けに挑戦してみてください。


1.片付けについて

片付けは、持ち物を見直すことから始まります。片付けるメリットやコツなどを覚えておきましょう。

1-1.片付けとは?

片付けとは、ゴミを捨てることだけではありません。不用品の見極めや、整理整頓なども片付けに含まれます。収納を上手に活用し、管理しやすい環境にすることです。

1-2.片付けのメリット

片付けをすることにより、心地のいい生活環境を取り戻すことができます。目一杯に詰め込んでいた収納もすっきりとし、通気も維持できるようになるでしょう。ものの数を限定することで、目が行き届きやすくなることもメリットです。

1-3.片付けの方法・コツとは?

片付けのコツは、必要品と不用品の判断をきちんと行うことです。基準をいい加減にしたまま進めている場合、捨てるタイミングを逃してしまいます。一定期間使用していないものは捨てるようにし、収納などの整理整頓を意識することが大切です。

2.片付け・捨てる判断について

片付けがなかなか進まない方や、そもそもものを捨てられない方もいます。ものを捨てる判断方法などを覚えておきましょう。

2-1.なかなか捨てられない人について

前述したとおり、ものをなかなか捨てられない人の特徴は、いつか使うだろうと思っていることや、もったいないという精神が自然と働いてしまうことにあります。使わなくなったものであっても、捨てることへの罪悪感を抱くケースもあるでしょう。

2-2.捨てる・手放すメリット

ものを大切にするのは、決して悪いことではありません。しかし、管理しきれないほどの荷物を抱え込んでは、通気がどんどん悪くなり、収納環境が劣悪になっていくでしょう。使わないものを捨て、手放すメリットは、ものを管理しやすくするだけではなく、生活環境をよりよくするところにあるのです。

2-3.捨てる判断方法

2-3-1.基準

捨てるかどうかを判断する場合、自分なりに基準を決めておくと進めやすいでしょう。服は、1年以上着ていないものは、捨てることが理想です。読み終えた本は、数を決めて残し、ほかは処分するようにしましょう。引っ越しを伴う片付けの場合、家中を掃除するチャンスです。新居の間取りに合わない家具も処分したほうがすっきりします。

2-3-2.コツ

誰でもものを捨てるというのは、戸惑いを覚えるものです。しかし、片付けのコツは、思いきって処分しようという意気込みが重要で、手元に残しておきたいものを厳選して残すことだけを考えましょう。長期間使っていないものは、断捨離の精神で捨てることが大切です。

2-4.捨てる判断での注意点

思いきって処分することは大切です。しかし、思い入れのあるものや記念品などは、捨てると後悔します。重要なものはうっかり捨てないように注意し、愛着のあるものは手元に残しておきましょう。

3.不用品の処分方法

片付けをした後は、たくさんのゴミが出ます。ゴミの中にはリサイクルできるものもあるでしょう。不用品の処分方法について考えていきます。

3-1.ゴミとして処分・リサイクルできるものについて

大量のゴミが出た場合、自治体の回収では捨てきれないケースもあります。自治体では分別が必要であるため、捨てるまでに手間取ることもあるでしょう。面倒に感じるようなら、不用品回収業者に依頼すると便利です。家具や家電などはリサイクルできるものもあります。リサイクルできる場合は、買い取り査定を受けましょう。売却して得た収益を、処分費用に充てることができます。

3-2.処分方法

3-2-1.自治体

自治体での処分は、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどに分別し、ゴミステーションに出すだけです。粗大ゴミの場合、処分したい品目を申告するなど、あらかじめ必要な手続きをしなければなりません。申請後、自治体が指定する日時に、指定廃棄場所へ出してください。

3-2-2.不用品回収業者

不用品回収業者は、ゴミの分別をしなくても回収してもらえます。家具・家電・服・雑貨などをまとめて引き取ることができ、ゴミの量が多くても対応可能です。片付け時に最適な方法で、迅速に片付けを終えることができるでしょう。

3-3.リサイクル方法

不用品をリサイクルする場合の方法をご紹介します。

3-3-1.リサイクル店へ

地域のリサイクル店へ持ち込み、買い取りの査定を受けましょう。リサイクル店の査定を受けるためには、不用品を持ち込まなければなりません。量が多い場合、負担に感じることもあるでしょう。リサイクル店の査定では、必ずしも希望額に達しないこともあります。

3-3-2.不用品回収業者へ

不用品回収業者は、ゴミの片付けや回収だけを行うわけではありません。価値が残っているものは、買い取りも実施しています。製造から3年以内の家電などは、高額買い取りとなる場合もあるでしょう。ゴミの処分を依頼するときに、買い取り希望と伝えてください。

4.回収業者選び

回収業者を利用するときは、業者選びがとても重要となります。ポイントや回収方法などを理解しておきましょう。

4-1.業者選びのポイント

業者選びのポイントは、対応の丁寧さや迅速さが重要です。即日対応など、忙しい方でも利用しやすい体制を整えている業者を選んでください。また、リサイクルへの意識を高く持っているかに着目しましょう。回収できる品目が幅広く、大量のゴミでも速やかに回収できることもポイントです。

4-2.料金設定

料金設定は、業者ごとに異なるものです。ゴミの量によっても変わります。見積もりを利用し、複数の業者を比べることで相場ができるでしょう。ゴミの量が多い場合、まとめて処分できる定額プランなどを利用するとお得です。

4-3.申し込み方法

不用品の処分は、ファンデックスまでお申し込みください。無料見積もりは、ホームページより受け付け可能です。2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、電話にてお申し込みください。

4-4.回収方法

ファンデックスでは、自宅まで引き取りにお伺いしております。自宅にいながら不用品を処分でき、片付けを迅速に行うことができるでしょう。買い取りも回収時に行っていますから、見積時に買い取りを希望する場合は申し出てください。

4-5.業者選びの注意点

ゴミの回収には産業廃棄物収集運搬業の許可を、リサイクルするためには古物商の許可を受ける必要があります。業者に依頼する場合、許可番号を持っているかを必ず確認してください。無許可の業者は、違法行為などのトラブルも多いものです。業者選びの際に注意しましょう。

5.片付けでよくある質問

片付けは、捨てるときの判断など、明確な基準があるようでないため、難しいと考えてしまうことが多いものです。質問集を参考に、片付けを進めるポイントにしてください。

Q.整理整頓が苦手な場合はどうすべきか?
A.片付けをするときに、定位置を決めるといいでしょう。いつも同じ場所へ片付けるという習慣を持つだけで、部屋の掃除がとても楽になります。ものが増えすぎるのも防ぐことができるでしょう。

Q.ものを放すことができない
A.ほとんどの場合、いつか使うだろうと思っているものは、使い道がないまま保管されています。今後も使う可能性が少ないことを意味しているため、処分することがおすすめです。

Q.回収業者は見積もりだけでも依頼できる?
A.ファンデックスでは、見積もりを無料で利用できます。見積もりに納得できない場合、キャンセルしても料金はかかりません。

Q.片付けた環境を維持するための秘訣(ひけつ)とは?
A.人を招く機会を設け、きれいな状態にしておこうという意識づけをすることをおすすめします。家の中をきれいに片付けてあれば、自信を持って人を呼ぶことができるでしょう。

Q.回収業者に見積もりを依頼したときより、引き取ってもらうものが増えていたら、追加料金が発生する?
A.見積時と変更がある場合、作業当日に再見積もりを出し、追加料金が発生することがあります。また、回収品目が減っている場合も、再見積もりで減額となるでしょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 片付けが苦手という方も多く、ものを捨てられずに抱え込んでしまうことがあるでしょう。しかし、ものを溜(た)め込むと、収納を圧迫し生活環境が悪化する一方です。片付けのコツは、使わないものを思いきって捨てる努力をし、ものの定位置を決めて整理整頓することにあります。片付けで出た大量のゴミは、分別のいらない不用品回収業者に依頼すると便利です。迅速に引き取りをしてくれるでしょう。家具や家電など価値あるものは、買い取りも実施してくれます。上手に活用し、家の片付けに役立ててください。