四十九日法要のやり方とは?喪主として知っておくべきこと

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

四十九日法要のやり方が分からなくてお困りではないでしょうか?
親が亡くなり、喪主としての役割は葬儀が終わっても続きます。
亡くなった人は、死後四十九日後に仏の元へ向かうと言われており、僧侶を招いて四十九日法要という重要な法要を行う必要があるのです。
もちろんその際には、お布施も用意します。
この四十九日法要を行うためには、さまざまな準備が必要です。
当日はもちろん、喪主として挨拶をすることになるでしょう。

まずは、四十九日法要の意味について考えてみましょう。


1.四十九日法要の意味

そもそも、四十九日法要にはどのような意味があるのでしょうか。
亡くなった人がしっかりと成仏できるように、まずはその意味について考える必要があります。

1-1.なぜ「四十九日」なのか

仏教では、死者の魂は亡くなった日から四十九日間はこの世とあの世をさまよっていると言われています。
つまり、この期間は「死」から「新しい生」へと生まれ変わる準備をしている期間なのです。
この四十九日間に残された遺族の悲しみが癒え、落ち着いて亡くなった人の死と向き合える期間でもあるでしょう。
この期間は「忌中」と言い、四十九日を過ぎると「忌明け」となります。
四十九日法要は忌明けの大切な法要であり、親戚縁者を招いてお寺さんにおまいりしていただき、故人の成仏をお祈りする必要があるのです。

1-2.四十九日法要までの心得

四十九日法要は法要の中でもとりわけ重要なものです。
故人には極楽浄土に行って幸せになってもらいたい、と願うのは、遺族にとって自然な感情でしょう。
この期間に十分な供養を行うことで、故人は成仏できると考えられているのです。
四十九日法要までの間は、遺骨や遺影、白木の位牌(いはい)を安置し、花や灯明、香炉を置く中陰壇を設け、故人が浄土に行けるよう家族でおまいりします。
七日ごとの法要が無理な場合でも、この期間はできるだけお線香をあげ、手を合わせておまいりするようにしましょう。
一般的には四十九日までの期間に、結婚式などのお祝いごとへの出席や神社への参拝は控えるようにしてください。

2.四十九日法要に必要な準備

四十九日法要は規模が大きい分、事前に準備することもたくさんあります。
時期に分けてご説明しましょう。

2-1.日時の調整と式場の手配

葬儀が終わったらできるだけ早く、四十九日法要の日時を調整して式場を手配しましょう。
日時を決める際には、より多くの人が集まれる日を優先してください。
そのため、本来の四十九日より前の土日などに行う場合が多くなっています。
ここで注意したいのが、四十九日を過ぎてから法要を行うのは避けてください。
故人の魂を待たすことになってしまいます。
式場は寺院やセレモニーホール、自宅などの選択肢があるでしょう。
日程によっては利用できない式場もあるため、葬儀が終わってすぐに調整を始めることをおすすめします。
遅くても1か月前には決めておくようにしましょう。

2-2.僧侶の手配

法要で読経を行う僧侶の手配も必要です。
僧侶を指定する場合はできるだけ早く依頼をするのがよいでしょう。
四十九日法要と同時に納骨式を行う場合も多く、納骨法要も併せて依頼することになります。
菩提(ぼだい)寺がない方は僧侶の手配を難しく感じるでしょう。
しかし、僧侶を派遣してくれるサービスもあるため、調べてみてください。

2-3.案内状の手配

日時と式場が決まったら、案内状の準備をしましょう。
身内だけで集まる場合は電話だけで済ませても問題ありません。
そうでない場合は、遅くとも1か月半前までには案内状の手配を行いましょう。
近年はインターネットでの注文も可能になっています。
作る際には宛名の書き間違いや参列者の追加に備えて、少し多めに作っておくのがおすすめです。
出欠の確認を法要の2週間前くらいまでに終わらすようにすると会食の準備などがスムーズにできます。

2-4.本位牌(いはい)と仏壇の用意

四十九日を境に、今まで使用していた白木位牌(いはい)から本位牌(いはい)に魂を移します。
また、仏壇がある場合は開眼法要を行うことになるでしょう。
本位牌(いはい)には戒名の文字を入れることになるため、依頼から完成まで1~2週間ほどかかります。
少し余裕をもって2週間前には手配しておくようにしてください。

2-5.料理や引き出物の手配

一般的には、法要の後に会食を行います。
会食会場や食事の手配が必要になるでしょう。
また、参列のお礼と香典のお返しとして引き出物を手配します。
会食を行わない場合には、引き出物と一緒に折り詰めの料理やお酒の小瓶を渡すようにしましょう。

3.喪主挨拶の内容

四十九日法要では、喪主による挨拶が必要になるでしょう。
挨拶内容のポイントや喪主の服装、お布施についてまとめてみました。

3-1.喪主挨拶のポイント

まずは、葬儀に参列していただいたお礼と法要に出席していただいたお礼を述べましょう。
季節柄を入れて挨拶することをおすすめします。
次に、故人が生前お世話になったことについて、実話を用いてお話しするとよいでしょう。
最後は「今後、残された家族をよろしくお願いします」と挨拶して終わりです。
挨拶する時間は、長くても5分以内にしておきましょう。
お食事の前であることが多いため、長い挨拶は無用です。

3-2.服装について

四十九日法要の際、喪主の服装は以下のとおりです。

  • 男性は正礼装を着用し、ワイシャツは白のものを、靴下と靴は黒を用意してください。
  • 女性は黒のワンピースなど正礼装を着用し、ストッキングやバッグ、装飾品も黒を用意しましょう。

冬場はコートを羽織ることが許可されています。
ただし、式場では脱ぐようにしましょう。
毛皮や皮革など動物の皮を使っているコートは避けるようにしてください。

3-3.お布施について

四十九日法要でのお布施の相場は特に決まりがありません。
地域や宗派、そのお寺とのお付き合いによって変わるでしょう。
一般的に多いのは3~5万円程度です。
会食に僧侶が同席する場合には、お車代として5000~1万円程度を別途渡す場合も多くなっています。
お布施を包む際の表書きは普通の墨で「お布施」と書きましょう。
渡す際には直接手渡しせずに、小さなおぼんにのせて渡すようにしてください。
合同の法要だとお寺の入り口に受付が用意されていることがあるため、お寺に入る際にお布施を受付の方に渡すとよいでしょう。
特に受付がない場合は、法要が始まる前に、挨拶を兼ねて僧侶にお布施を渡してください。
慌ただしくてゆっくり挨拶ができない場合は、法要を終えてからお礼の挨拶をする際にお布施を差し出すとよいでしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
四十九日法要の前に喪主として知っておくべきことをまとめてみました。
大切な人を失った悲しみが落ち着かないうちから、準備しなければならないことがたくさんあると思います。
しかし、故人がしっかりと成仏できるためにも、滞りなく四十九日法要を行ってあげなければならないのです。
直前になってから慌てることのないように、やるべきことを把握しておきましょう。