【徹底解析】代襲相続とは? 代襲相続人の範囲や方法などについて

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親が亡くなったとき、子どもなどの相続人は相続手続きを行わなければなりません。相続にはさまざまな方法がありますが、遺言所の偽造や破壊など、相続人として認められない場合は「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」が発生します。しかし、基礎知識を把握しておかなければ、遺産相続に関して親族との間でトラブルが起こる可能性もあるのです。代襲相続をスムーズに進めるためには、きちんと知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、代襲相続の基礎知識や相続人・該当するケースと該当しないケース・方法について説明します。

  1. 代襲相続の基礎知識
  2. 代襲相続の相続人とは
  3. 代襲相続になるケース
  4. 代襲相続にならないケース
  5. 代襲相続の方法について
  6. 代襲相続に関してよくある質問

この記事を読むことで、代襲相続をスムーズにするために必要な情報と知識を身につけることができます。ぜひ参考にしてください。


1.代襲相続の基礎知識

代襲相続を行うためには、基礎知識を身につける必要があります。一体どのような内容の相続なのか、通常の相続との違いや注目された背景・最近の傾向についてチェックしておきましょう。

1-1.代襲相続とは

民法887条において、代襲相続とは、「推定相続人である被相続人の子または兄弟姉妹が相続の開始以前に死亡、廃除、相続欠落により相続権を失ったときに、その者の子がその者に代わって相続すること」です。
被相続人は財産を遺す人、相続人は財産を相続する人・受け取る人となります。そして、代襲者は、相続人が亡くなったり、何かしらの理由で相続権を失ったりしたとき、相続人の次に遺産を受け継ぐ人のことです。主な代襲者は、相続人の子どもとなります。
また、代襲者が相続開始以前に相続権を失っているときは、代襲者の子どもがさらに代襲して相続する仕組みです。分かりやすく説明すると、子どもが被相続人である親よりも先に死亡している場合、孫が代襲相続人となります。

1-2.通常の相続との違い

一般的な相続は、親が亡くなったときに、財産を子どもが包括的に継承することを指しています。財産を受け継ぐことができる人(相続人)は、民法によって、配偶者と血液相続人と定められているのです。血族相続人に関しては順位があり、第1順位の相続人は被相続人の子ども、もしくはその代襲相続人となる直系卑属となります。直系卑属とは、自分より前の世代(父母や祖父母など)で、直通する系統の親族のことです。第1順位の相続人がいない場合は、被相続人(遺産を遺す人)の両親が相続人となり、被相続人の兄弟姉妹も対象となります。
一方、代襲相続は、相続人となる者が相続開始以前に死亡したり、一定の事由によって相続権を失ったりした場合に発生する相続です。たとえば、被相続人(遺産を遺す人)または相続人(遺産を受け取る人)を死亡させようとしたり、詐欺や脅迫で遺言書の内容を取り消させたりすることが当てはまります。相続権を持つ相続人が存在しているか、相続権を持っているのかによって異なるのです。

1-3.注目された背景・最近の傾向

本来、相続人ではない人物が遺産の相続が可能になるということで、代襲相続の注目度があがりました。また、遺言に相続人の旨が記載されていても、何かしらの理由でその人が亡くなっている場合、遺産が誰にわたるのかトラブルになるケースがあります。トラブルを防ぐためにも、代襲相続を行うことがあるのです。しかし、最近は、兄弟姉妹が相続人となるケースで、相続する権利者が多数になり複雑になるという問題があがっています。