代襲相続とは? 代襲相続人の範囲や方法などについて

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親が亡くなったとき、子どもなどの相続人は相続手続きを行わなければなりません。相続にはさまざまな方法がありますが、遺言所の偽造や破壊など、相続人として認められない場合は「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」が発生します。しかし、基礎知識を把握しておかなければ、遺産相続に関して親族との間でトラブルが起こる可能性もあるのです。代襲相続をスムーズに進めるためには、きちんと知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、代襲相続の基礎知識や相続人・該当するケースと該当しないケース・方法について説明します。

  1. 代襲相続の基礎知識
  2. 代襲相続の相続人とは
  3. 代襲相続になるケース
  4. 代襲相続にならないケース
  5. 代襲相続の方法について
  6. 代襲相続に関してよくある質問

この記事を読むことで、代襲相続をスムーズにするために必要な情報と知識を身につけることができます。ぜひ参考にしてください。