シンク掃除で台所をピカピカに! キッチンをよみがえらせる方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

料理後の食器洗いなどで何度も使うことになる台所のシンク。そのシンクは、放っておくと水あかやサビで汚くなってしまいます。水で流してもどうにもならない状態の人も多いでしょう。そこで、シンクをピカピカにする方法をまとめました。

  1. シンクにある汚れとは
  2. シンクを簡単にきれいにする方法
  3. 汚れを防ぐ方法
  4. どうしても汚れが落ちないとき
  5. まとめ

1.シンクにある汚れとは

シンクの汚れにはいくつかの種類があります。まずは、その種類についてチェックしておきましょう。

1-1.水あか

シンクにて最も気になる汚れの1つに水あかがあります。シンクのふちや蛇口近くにある白い物体は、すべて水あかです。
水あかは、食器洗いや調理中に使った水をそのままにすることで発生します。1度こびりついた水あかは、水だけでは落とせないほど密着するのを知っておきましょう。

1-2.油汚れ

キッチン周りでは、シンクにも油が飛び散っています。シンク周りでは、カチカチまで汚れることは珍しいものです。
しかし、放っておくとベタベタした油汚れが目立ってきます。これは、水を使って油を流していない証拠です。油を使って料理したときは、水で流すようにしましょう。

1-3.ぬめり・臭い

キッチンで多い汚れにぬめりがあります。このぬめりは、生ごみや落とし切れない汚れの細菌が増殖して生まれたものです。また、ぬめりが発生すると臭いもひどくなっていくと思いましょう。
このぬめりと臭いは、主にシンクの三角コーナーにて捨てる生ごみが原因です。生ごみには細菌が発生する要素が集まっているため、まめに捨てないとぬめりと共に臭いがひどくなります。

2.シンクを簡単にきれいにする方法

シンクにはさまざまな汚れが発生するもの。そこで、汚れをしっかり落とせる方法についてチェックしておきましょう。

2-1.油汚れを落とす

まず、シンクに付着している油汚れを落とします。油汚れを落とすときは、重曹を使うのがおすすめです。重曹は油汚れを浮かす効果があるのでスムーズに掃除できます。
まず、重曹をお湯で溶かしてスプレーに入れましょう。今では重曹入りのスプレーがあるのでそれを活用しても大丈夫です。
重曹入りのスプレーをシンク全体に吹きかけましょう。2~3分ほどした後、スポンジなどでシンク全体を掃除します。その後、水で洗い流せばOKです。汚れや油のぬめりが気になるときは、その部分だけ重点的にスプレーを吹きかけて掃除しましょう。
シンク全体を掃除した後は、雑巾などでから拭きします。シンクに水気があると別の汚れが発生するので絶対に残さないようにしましょう。

2-2.水あかを落とす

油汚れを取った後、水あかを取っていきましょう。水あかを取るときは、クレンザーをスポンジに付けて一気に落とす方法があります。しかし、今回おすすめするのは酢による掃除です。
酢は水あかを落とす効果が高いと共に、殺菌効果も見込めます。そのため、別の汚れ予防にもなるのでおすすめです。今では酢の成分を含んだ洗剤が販売しているほどの人気となっています。
酢を使うときは、酢を入れたスプレーを用意しましょう。スプレーをシンク全体に吹きかけた後、30分ほど時間を置きます。その後、汚れが落ちているのを確認しながらスポンジで磨きましょう。水あかの汚れがしつこい部分は、スプレーを掛けながらごしごし磨きます。細かい部分は綿棒に酢を付けてこすっていきましょう。
シンク全体を掃除した後、水やお湯で流していきます。その後、必ず布巾(ふきん)や雑巾で水を拭き取りましょう。

2-3.排水溝・三角コーナーの掃除

排水溝や三角コーナーには、ぬめりや臭いの原因があります。これらを駆除するには付け置きが効果的です。
まず、三角コーナーや排水溝にあるごみを取り除いておきましょう。その後、酸素系漂白剤を水で溶かした大きな容器を用意しておきます。その中に排水溝内のカゴとごみ受けのゴム、三角コーナーを入れておきましょう。
汚れが浮いたのを確認した後、ブラシや綿棒などで汚れを落としていきます。まだ汚れが取れない部分は、クレンザーを使いながら落としましょう。
付け置きをしたくない人は、重曹でも対応できます。カゴやごみ受けゴムに重曹を付けてゴシゴシとブラシで掃除しても大丈夫です。その後、酢を掛けてやれば殺菌もできるので効果は十分に期待できます。自分のやりやすい方で実戦してみましょう。

3.汚れを防ぐ方法

シンクの汚れは何度も掃除したくないもの。そこで、シンクの汚れを未然に防げる方法についてチェックしておきましょう。

3-1.使い終わったら水気・汚れを取っておく

シンクをきれいに保つ最も効果的な方法は、使い終わった後の掃除です。布巾(ふきん)でから拭きや使い捨てのシートで拭くだけでも違ってきます。ためてから掃除するとしんどいだけです。こまめに掃除することをおすすめします。
また、食器を毎回洗うことも大切です。食器に残る食べカスなどは、微生物にとって栄養素となります。その栄養素が残っていると菌が繁殖して臭いや汚れの原因となっているのです。しっかりと掃除するようにしましょう。

3-2.酢を振り掛ける

シンクを使い終わった後、拭き掃除と共に酢による予防をおすすめします。酢による掃除は、おすし屋が実践している衛生かつ効果のある方法です。
酢には、汚れ・水あかを落とす効果と共に殺菌効果があります。この2つの効果を1度に得られるのは非常にありがたいものです。酢を掛けたあとにスポンジなどで軽く掃除するだけで汚れが目立たなくなります。ぜひ、試してみましょう。

3-3.生ごみはこまめに捨てる

ぬめりや臭いを断つためには、生ごみを長期間残さないことが重要です。ごみはこまめに捨てるようにしましょう。
ごみが残っていると微生物がエサを求めて群がります。その結果、臭いと共にぬめりが発生するので注意しましょう。
なかなか捨てられない人は、水分を切るだけでも違ってきます。また、除菌剤を使うことでぬめりと共に臭いも抑えられるので試してみましょう。

4.どうしても汚れが落ちないとき

どうしても汚れが落ちない人は、掃除のプロや不用品回収業者のクリーニングサービスを利用することをおすすめします。自分の部屋だけでなく、遺品整理や退去時の掃除依頼などにも利用できるのです。
業者による掃除は、短時間できれいな部屋を実現してくれます。また、シンクだけでなく手がつけられないほど汚い場所にも対応してくれるのです。
掃除と共に不用品の回収もしてくれます。部屋の掃除で困っていることがあれば依頼を検討してみましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? この記事ではシンクの掃除方法についてまとめました。
シンクに発生する汚れには、大きく分けて油・水あか・ぬめりとなります。この3つに対してそれぞれ有効な掃除をすることが重要となってくるのです。
油汚れに対して使うべき洗剤は重曹。重曹を使って油を浮かしながら掃除するのがポイントとなってきます。
水あかには酢が効果的です。酢には水あかを洗い流す効果があると共に殺菌効果も期待できます。
ぬめりには酸素系漂白剤の付け置きにて対処しましょう。もしくは、重曹でゴシゴシに洗った後に酢による殺菌でもOKです。
シンクをきれいに保つには、普段からの掃除が必要不可欠。使い終わった後に拭くだけで水あかは気にならなくなります。
掃除してもシンクがきれいにならないときは、掃除のプロに依頼してリセットすることをおすすめです!