初七日はいつ執り行う法要なの?数え方や意義をご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

人が亡くなると、通夜と葬儀をします。
しかし、仏式の場合はその後も法要といって死者を弔う儀式が続くのです。
葬儀の後、最初に来る法要が初七日。
そこで、今回は初七日の数え方やいつ法要を行えばいいのか、ということなどをご紹介します。
今は仏壇がないお宅も少なくありません。
また、法要の際に僧侶へ払うお布施の額で悩む人もいるでしょう。
初七日法要の行い方も時代に合わせて変わってきています。
この記事を読めば、今の初七日事情がよく分かるでしょう。

  1. 初七日とは?
  2. 初七日の計算の仕方と法要の執り行い方とは?
  3. 仏式で葬儀を行わなければ、初七日を執り行う必要はない
  4. 遺族の葬儀や法要に対する心構えとは?
  5. おわりに

1.初七日とは?

初七日とは、仏教で執り行われる死者を弔う法要のことです。
仏教では、人が亡くなった後、7日ごとにあの世で裁きを受けると考えられています。
「うそをつくと、えんま様に舌を抜かれる」という話を聞いたことがある方も多いでしょう。
仏教ではえんま様意外にも、死者を裁く神様がたくさんいて、死者は49日かけて生前の罪を審査されるのです。
ですから、遺族は死者の罪が少しでも軽くなるように読経をして功徳(くどく)を積みます。
これが、法要の意味です。
本来、仏教では49日まで7日ごとに法要を行っていました。
しかし、時代が下るにつれて簡略化され、今は最初の法要である初七日と裁きが終わる49日法要だけが残っているのです。

2.初七日の計算の仕方と法要の執り行い方とは?

初七日は、故人が亡くなった日から数えて7日目に行います。
葬儀を執り行った日からではありませんので、数え方に注意しましょう。
日の並びや時期によっては、亡くなった日から葬儀まで間が空くこともあります。
また、亡くなった明後日に葬儀をあげたとしても、初七日は5日後です。
現在では、親類縁者が遠方に住んでいる方も多く何度も集まるのが大変ということも多いでしょう。
ですから、葬儀と初七日の法要を一緒に取り行うことが一般的になっているもです。
しかし、初七日の考え方は地域や宗派によっても違います。
ですから、独自の法要を執り行う地域や宗派もあるかもしれません。
その場合は、葬儀社や僧侶に詳細を聞いておきましょう。
また、僧侶に払うお布施は葬儀と一緒に初七日法要を執り行う場合は、別に用意することはありません。
初七日法要を別に執り行う場合は、数千円~1万円が相場です。
菩提寺(ぼだいじ)がある場合は、住職に相談してみましょう。
今は、金額をはっきり告げてくれるお寺も増えているのです。
また、菩提寺(ぼだいじ)がなく、葬儀社からお寺を紹介してもらった場合は葬儀社の方に相場を聞きましょう。
さらに、地域によっては初七日の法要の後で僧侶も交えて精進料理の会食を行うこともあります。

3.仏式で葬儀を行わなければ、初七日を執り行う必要はない

かつて、日本の葬儀はほとんどが仏式で行われていました。
ですから、初七日や49日法要をすることが、半ば当たり前のようになっています。
地域によっては昔からの慣習と結びついて独自の行事を執り行うところもあるでしょう。
しかし、仏式で葬儀を行わなければ初七日やその後の法要をする必要はないのです。
日本人は、特定の宗教を信仰していない人の方が多いでしょう。
ですから、葬儀を執り行う際に「その後の法要を行うのが大変なので、神式で葬儀を行う」という方もいるのです。
また、宗教色のない葬儀をした場合は、遺族が独自に「しのぶ会」などを定期的に行うこともあります。
その場合は、故人の写真を飾り、食事をしながら思い出話をするという形を取ることも多いでしょう。
また、昔は初七日や49日は自宅で行っていましたが、今は葬儀社のホールや菩提寺(ぼだいじ)の本堂、さらにホテルなどで執り行うケースが増えています。

4.遺族の葬儀や法要に対する心構えとは?

現在は、昔のように濃密な親せき付き合いや近所付き合いをするお宅は少なくなっています。
また、葬儀にお金をできるだけかけたくない、と考える方も増えているでしょう。
しかし、「だったら法要を一切執り行わなければいい」と決めつけてはいけません。
最後に、葬儀や法要を行う意味や遺族の心構えなどをご紹介します。

4-1.故人の遺志を尊重するべきだけれど……。

今は、法要どころか葬儀も不要という方もいるでしょう。
生前からそのように公言していて、家族も故人の遺志を尊重して密葬だけで済ませた、という例もあります。
しかし、葬儀も法要も行わないと、故人とお付き合いがあった人はどのように見送ってよいのか分かりません。
その結果、弔問客が1年間途切れずに自宅にきて、かえって大変だったというケースもあるのです。
何かとマイナス面が目立ちがちな葬儀や法要ですが、「故人を弔う場を設ける」という意味では、大切でしょう。
ですから、著名人などは葬儀とは別に「お別れの会」などを催し、弔いの場を作ります。

4-2.49日は心の区切りでもある

今回は初七日についていろいろとご紹介しましたが、現在は49日法要の方が重要視されていることが多いです。
初七日は葬儀と同時に取り行っても、49日は改めて法要を執り行う、というご家庭は少なくありません。
49日は最も近しい血族の喪が明ける区切りでもあります。
49日法要が終わったら、白木の仮の位牌(いはい)を本当の位牌(いはい)に変えて仏壇に収める、という家もあるでしょう。
また、49日法要を執り行った後で、納骨をするケースもあります。
さらに、事情があって葬儀に出席できなかった人が49日にお別れに来る、ということもあるのです。
ですから、49日は心の区切りやお通夜から始まった一連の葬儀の終わりと考えましょう。

4-3.生前に自分の葬儀について考えておくことが大切

今は、生前に葬儀社と契約して自分の葬儀について取り決めをする人も増えています。
昔は、故人が亡くなった後で病院から紹介された葬儀社にすべてをお任せする、というケースが多かったのです。
しかし、葬儀費用の不透明さや考え方の多様化によって、生前から葬儀の計画を立てる人も珍しくなくなりました。
本人が無宗教の場合は、宗派に頼らない「お別れの会」形式の葬儀を行うことも可能です。
しかし、菩提寺(ぼだいじ)がしっかりとある場合は、お寺との関係が悪くなることもあるでしょう。
また、形式を重んじる家族や親せきが「葬儀は仏式で」と主張するかもしれません。
ですから、オリジナル色の強い葬儀を行う場合は、菩提寺(ぼだいじ)の住職や家族と相談して理解を得てください。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、初七日の計算の方法や法要の仕方についていろいろとご紹介しました。
今は、葬儀にかんする行事がどんどん簡略化されています。
特に、血縁者や社会とのつながりが薄い人の場合は「葬儀もお墓も不要、荼毘(だび)にふしたらお骨の始末は斎場に任せたい」という考えの方も珍しくありません。
実際に火葬だけの葬儀を0葬として、取り行っている斎場もあります。
しかし、法要は遺族の心の平安を得るための儀式でもあるのです。
「お金と時間のむだ」と決めつけないで、故人との楽しい記憶を思い出す場、と考えると執り行う意義もあるでしょう。
また、49日の法要で故人の形見分けや財産分与を行うこともあります。
ですから、血縁者だけでなくお友達などの交流があった人を招いて盛大に行うご家庭もあるでしょう。
その場合は、葬儀社に運営をお任せするとスムーズにいきます。