セルフネグレクトとは? 症状や原因、対処するためのポイントを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

セルフネグレクトは、ゴミ屋敷問題や孤独死問題などの大きな社会問題の根底にあるものです。生活がいよいよ対処しにくく複雑になっている最近、家族のだれかがセルフネグレクトの傾向を持つため悩んでいるケースも増えています。実際のところ、セルフネグレクトは決して他人(ひと)ごとではなく、だれもが関係するような原因が潜(ひそ)んでいるのです。それでは、セルフネグレクトについてしっかり確認し、どうすれば自分や家族がセルフネグレクトにならないよう守ることができるのかを考えてみましょう。

  1. セルフネグレクトとその症状
  2. セルフネグレクトの原因
  3. セルフネグレクトの対処法

1.セルフネグレクトとその症状

1-1.セルフネグレクトって何?

セルフネグレクトという言葉の直接の意味は「自分自身への怠慢(たいまん)」となります。セルフネグレクトは、一般に「自己放任」とも呼ばれていますが、簡単に言うならば自分への関心がなくなるということです。自分に関心がなくなると、すぐに日常生活に支障がでてきます。人間関係は希薄(きはく)になり、何に関しても投げやりになってしまうのです。普通であればだれもが持つような自分を満たすための欲求も感じなくなり、社会からも疎外(そがい)されていきます。頑固さも特徴のひとつですが、頑固な人でも自分の好むことは行うものです。生活面で自分を大切にしない傾向があれば、セルフネグレクトを疑ってみる必要があるでしょう。

1-2.セルフネグレクトの症状

セルフネグレクトの症状としてまず顕著(けんちょ)なものは、自分のために行うべき身の回りのことを行わなくなるという点です。定期的で健康的な食事をとることもなくなり、食欲自体がないように見えます。また、風呂やシャワーといった清潔さへの関心も薄れ、洗濯していない服をずっと着ていることも観察されるでしょう。家の掃除も行わなくなり、いわばゴミ屋敷のようになっていきます。同時に、状況を改善するための手助けやアドバイスを頑固に拒絶することも共通している傾向です。このように症状が悪化しても支援を断ることが多いため、悪循環となってしまいます。

1-3.セルフネグレクトがもたらす結果

セルフネグレクトが進行していくと、アルコール飲料やカップ麺といった健康によくない食生活が中心になるため健康を害することになります。また、家族や友人からの苦情に応じないため、やがて近所や家族に愛想をつかされてしまい、社会から隔絶していくのです。その結果、精神的に不安定な状態が悪化し、家はゴミ屋敷となってしまいます。実際のところ、生じている孤独死の8割は、セルフネグレクトがその原因であると言われているのです。まさに、セルフネグレクトがもたらす影響の深刻さが浮き彫りになっています。

12