部屋の片付け業者とは? 依頼するメリットや業者選びのコツなど解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引っ越しや住み替え・生前整理・遺品整理など、部屋の片付けをする機会が訪れることは、どなたにもありますよね。自分で片付けられる部屋の広さでも多数の不用品であふれていたり、部屋が広くて手がつけられなかったりと、なかなかスムーズにできないことがあるでしょう。「早く片付けたいのに引っ越し日に間に合わない」などの状態に陥ったときこそ、片付け業者を利用してください。本記事では、部屋の片付け業者や依頼する方法などについて説明します。

  1. 部屋の片付けについて
  2. 部屋の片付け業者について
  3. 部屋の片付け業者に依頼する方法
  4. 部屋の片付け業者に関してよくある質問

この記事を読むことで、部屋の片付け業者について詳しく知ることができます。部屋の片付けをしたい方は、ぜひ参考にしてください。


1.部屋の片付けについて

部屋の片付けが必要になるケースは、一体どのようなときなのでしょうか。片付けが必要になる場合や自分でできるかどうか、業者へ依頼したほうが良い場合について詳しく説明します。

1-1.どんな場合に必要か

年末の大掃除に部屋をキレイにする方が多いと思いますが、ほかにも片付けが必要になるケースはたくさんあります。

1-1-1.引っ越し・住み替え

代表的なケースは、住み替えや新居への引っ越しです。引っ越しをする場合、新居へ持ち運ぶ家具や家電を減らす方が多いでしょう。クローゼットの奥にひそんでいた不用品を一気に処分する、絶好の機会です。そのため、処分するものもたくさん出てくるでしょう。

1-1-2.生前整理・遺品整理

生きているうちに家具や資産など、身のまわりのものを片付けることを「生前整理」といいます。老後生活や家族のために、生前整理をして部屋を片付ける方が増加中です。断捨離に最適なので、処分すべきものもたくさん出てくるでしょう。
そして、遺品整理も部屋の片付けをするケースとなります。遺品整理も要らないものが多数出てくるため、処分に手間がかかるでしょう。

1-1-3.汚部屋の整理

いろいろなもので散乱している汚部屋は、日常生活だけでなく精神面にも悪影響をおよぼします。キレイな部屋にしたい気持ちはあっても、なかなか思うようにすすまないという方も多いのではないでしょうか。汚部屋の整理が順調にいかない場合こそ、業者の力を借りると良いですよ。

1-2.自分でできるのか

やろうと思えば自分でもできますが、部屋の広さや不用品の量によっては大変な作業となります。仕事をしながらの片付けはとても大変ですし、ゴミの分別も自分で行わなければなりません。ライフスタイルや状況を考えながら、自分でできるのか考えてみてください。無理にするのはケガにつながることもあるので、できないと思えば業者に依頼したほうが良いでしょう。

1-3.業者へ依頼したほうが良い場合

大量の不用品がある・部屋を片付ける時間や気力がない・体力に不安があるという方は、業者への依頼をおすすめします。また、早く部屋の片付けをしたいという方も、自分でするより依頼したほうがスピーディーです。しかし、業者によって作業内容が異なるため、きちんと片付け業者について知ることが大切なポイントとなります。

12