相続放棄する際の遺品整理には注意が必要! 知っておくべきこととは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

相続放棄をした場合、遺品整理についてはどうしたらよいのでしょうか。被相続人に借金があった場合など、相続放棄を検討することもあると思います。しかし、相続放棄をすれば借金だけでなくプラスの財産も相続できなくなるのです。そのため、遺品を処分することで相続放棄が認められなくなることもあるということを覚えておかなければなりません。この記事では、相続放棄と遺品整理の関係性や、相続放棄をしても遺品整理をする方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 相続放棄について
  2. 相続放棄と遺品整理について
  3. 相続放棄しても遺品整理をするには?
  4. 相続放棄と遺品整理に関するよくある質問

1.相続放棄について

まずは、相続放棄の定義やメリット・デメリットなどをまとめました。

1-1.相続放棄とは?

相続放棄とは、その名のとおり相続を放棄することです。相続放棄の手続きをした場合、法的な相続人ではなくなります。もちろん、家族関係がなくなるわけではなく、あくまでも相続手続き上の関係がなくなるということです。相続放棄をすると新たな相続人に相続権が移動することになります。そして、いったん相続放棄をすると、後に撤回することは不可能です。

1-2.どんなときにするのか?

遺産相続とは、故人が所有していた不動産や株・預貯金などの財産を承継することをいいます。ただし、財産はプラスのものだけとは限らず、借金などのマイナスの財産がある場合も相続しなければならないのです。つまり、故人に借金がある場合、相続人はその借金を負担しなければなりません。借金の額によっては、プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多くなり、相続することで相続人が損をしてしまうのです。このような場合は相続放棄をすることで、借金の返済義務を負うことはなくなります。

1-3.メリット・デメリット

相続放棄をするメリットとデメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 借金や負債を負わずに済む
  • 相続問題に巻き込まれずに済む
  • 特定の相続人に相続を集中させることができる

【デメリット】

  • プラスの財産も一切受け取ることができない
  • 後になって撤回できない
  • 手続きが必要

2.相続放棄と遺品整理について

相続放棄をする場合の遺品整理について解説しましょう。

2-1.相続放棄と遺品整理の関係性

民法の規定によると、遺品整理をすることで相続放棄ができなくなることもあるのです。故人の所有物を処分することで「相続の意志がある」と考えられてしまい、相続放棄の効果がなくなってしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

2-2.形見分けもできないのか?

民法921条では、「常識の範囲内における形見分けであれば、相続放棄上の問題にはならない」とされています。つまり、相続放棄をしても、明らかに資産価値がないと考えられるものを形見分けとして受け取ることはできるということです。ただし、どの遺品にどのくらいの資産価値があるかを判断するのは難しい場合も多いため、専門家への相談が必要になることもあります。

3.相続放棄しても遺品整理をするには?

相続放棄をしても遺品整理をしなければならないケースもあります。方法や注意点を把握しておきましょう。

3-1.遺品整理が必要なケースとは?

親族が自殺や孤独死をした場合などは、腐敗臭などの問題で近隣に迷惑をかけることもあります。このような場合は、たとえ相続放棄をするつもりであっても、遺品整理をする必要があるでしょう。また、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、早めに遺品整理をして部屋を明け渡さなければなりません。このように急を要する場合も、相続放棄に影響のないように、明らかに資産価値がないと考えられるものだけを処分していきましょう。

3-2.方法

相続放棄をする人が遺品整理をする方法についてご紹介します。

3-2-1.法律家に相談する

前述したとおり、資産価値のないものは処分しても相続放棄に影響しません。しかし、後から処分したものの中に価値のあるものが出てくると話は変わってくるでしょう。しっかりと見極めて相続放棄に影響がないようにしなければなりません。そのためにも、弁護士や司法書士などの法律家に相談するのがおすすめです。相続放棄をしながら遺品整理をする方法についても詳しいため、トラブルを回避することができるでしょう。

3-2-2.掃除だけをする

遺品には一切触れず、明らかなゴミだけを処分する方法もあります。遺品の中には、自分にとっては資産価値のないものであっても、ほかの人にとっては価値のあるものも存在するでしょう。トラブルを未然に防ぐためには、掃除だけをするつもりで遺品整理をすることが大切です。

3-2-3.業者に依頼する

業者による遺品整理サービスを利用する方法もおすすめです。遺品整理に関する知識が豊富な業者が、自分の代わりに遺品整理をしてくれます。「ファンデックス」は、遺品整理士の有資格者が在籍している遺品整理業者です。相続放棄した場合の遺品整理について相談してみるとよいでしょう。ただし、相続放棄の手続きをした後で依頼することをおすすめします。万が一、資産価値のあるものを処分してしまった場合、相続放棄ができなくなってしまう可能性があるでしょう。

3-3.注意点

遺品整理を業者に依頼する際は、業者選びに十分注意してください。中には悪質な業者も存在しており、金品や貴重品の持ち去り被害や作業費用の不当請求などの被害も数多く報告されているのが現状です。業者を選ぶ際には、見積書の内容やスタッフの対応などをしっかりとチェックした上で、信用できるかどうかを見極めることが大切でしょう。

4.相続放棄と遺品整理に関するよくある質問

「相続放棄と遺品整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.相続放棄をするかどうかは、いつまでに決めればよいのですか?
A.被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から3か月以内に、相続放棄の手続きをする必要があります。1日でも過ぎると相続放棄が認められなくなるため、注意してください。

Q.通常、遺品整理はどのタイミングで行えばよいでしょうか?
A.賃貸物件の明け渡し期限が迫っているなど、特に急ぐ理由がない場合は、四十九日法要や1周忌などの法要に合わせて行うことが多くなっています。親族が集まるタイミングだと形見分けなどもスムーズにいき、トラブルなく済ませることができるでしょう。

Q.遺品整理士とはどのような資格ですか?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する民間資格になります。遺品の仕分けや不用品の処分・遺品供養に関する知識を十分に持っていることを認めた資格です。

Q.遺品整理業者を利用するメリットを教えてください。
A.自分の負担を軽減し、効率的に遺品整理を終えられるというメリットがあります。また、遺品供養や部屋の清掃サービスも依頼できる場合が多いでしょう。

Q.悪質な遺品整理業者にはどのような特徴がありますか?
A.見積価格が安すぎる業者や、ホームページに会社概要についての記載がない業者などは要注意です。

まとめ

いかがでしたか? 相続放棄と遺品整理について、その関係性や注意点などをまとめてご紹介しました。相続放棄をする事情にはさまざまなものがあると思いますが、その際には遺品整理について注意が必要になるということを覚えておきましょう。ぜひこの記事を参考にして、相続放棄をする場合の遺品整理方法を知ってください。