相続放棄する際の遺品整理には注意が必要! 知っておくべきこととは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

相続放棄をした場合、遺品整理についてはどうしたらよいのでしょうか。被相続人に借金があった場合など、相続放棄を検討することもあると思います。しかし、相続放棄をすれば借金だけでなくプラスの財産も相続できなくなるのです。そのため、遺品を処分することで相続放棄が認められなくなることもあるということを覚えておかなければなりません。この記事では、相続放棄と遺品整理の関係性や、相続放棄をしても遺品整理をする方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 相続放棄について
  2. 相続放棄と遺品整理について
  3. 相続放棄しても遺品整理をするには?
  4. 相続放棄と遺品整理に関するよくある質問

1.相続放棄について

まずは、相続放棄の定義やメリット・デメリットなどをまとめました。

1-1.相続放棄とは?

相続放棄とは、その名のとおり相続を放棄することです。相続放棄の手続きをした場合、法的な相続人ではなくなります。もちろん、家族関係がなくなるわけではなく、あくまでも相続手続き上の関係がなくなるということです。相続放棄をすると新たな相続人に相続権が移動することになります。そして、いったん相続放棄をすると、後に撤回することは不可能です。

1-2.どんなときにするのか?

遺産相続とは、故人が所有していた不動産や株・預貯金などの財産を承継することをいいます。ただし、財産はプラスのものだけとは限らず、借金などのマイナスの財産がある場合も相続しなければならないのです。つまり、故人に借金がある場合、相続人はその借金を負担しなければなりません。借金の額によっては、プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多くなり、相続することで相続人が損をしてしまうのです。このような場合は相続放棄をすることで、借金の返済義務を負うことはなくなります。

1-3.メリット・デメリット

相続放棄をするメリットとデメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 借金や負債を負わずに済む
  • 相続問題に巻き込まれずに済む
  • 特定の相続人に相続を集中させることができる

【デメリット】

  • プラスの財産も一切受け取ることができない
  • 後になって撤回できない
  • 手続きが必要
12