相続放棄をした場合の片付けの注意点は? 遺品整理の基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「身内が亡くなり相続することになったが、債務があるので放棄したい」など、さまざまな理由で相続放棄を考えている方がいると思います。しかし、相続放棄のルールを知らなかったため、相続するしかなかったと後悔する方が増えてきました。相続放棄にはいくつかルールがあり、きちんと理解しておかなければ取り返しのつかないことになります。特に、遺品整理をする際は、相続放棄が深くかかわることになるので注意が必要です。

では、相続放棄する場合、遺品整理はどのようにしたら良いのでしょうか。ここで詳しく解説します。

  1. 相続放棄の基礎知識
  2. 相続放棄と遺品整理の注意点をチェック!
  3. 相続放棄した場合の片付け方法は?
  4. 相続放棄と遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、相続放棄と遺品整理の関係が分かります。相続放棄を考えている方や気になっている方は、ぜひチェックしてください。


1.相続放棄の基礎知識

最初に、相続放棄とは一体どんな内容なのかチェックしておきましょう。

1-1.相続放棄とは?

名前のとおり、相続放棄は「相続人が遺産の相続を放棄すること」です。一度、相続放棄の手続きをすると、取り消すことができません。

また、ここに記す遺産とは、不動産・現預金・有価証券類・借地・借家・家財道具・書画・自動車などが当てはまります。これらはプラスの財産と呼ばれるものですが、借金・債務・税金などもマイナス財産として遺産に含まれるのです。相続すると借金も相続することになるので注意しなければなりません。

1-2.相続放棄はどんなときにするか?

借金をしたまま亡くなった場合は、借金も相続することになります。借金がある場合は相続財産または相続人自身の財産から借金を支払うのが一般的です。しかし、自分が作った借金でもないのに財産から引かれるのは嫌な気持ちになりますよね。

そこで、相続放棄の出番です。借金を支払いたくない場合に相続放棄を利用します。相続放棄をすれば、借金も相続しないので支払う必要はありません。

1-3.相続放棄のメリット・デメリットは?

一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

1-3-1.相続放棄のメリット

前述したとおり、相続放棄の大きなメリットは「負債を相続せずに済むこと」です。家賃が未払いだったり交通事故を起こして損害賠償責務があったりした場合にも、相続放棄をしなければその債務は相続人に承継されます。損害賠償債務は1億円以上にのぼることもあるため、相続放棄をすれば承継されずに済むので安心です。

また、「遺産分割手続きにかかわらずに済むこと」もメリットとなります。法定相続人同士で集まり、誰にいくら遺産を分割するのか話し合いが必要です。しかし、お互いに意見が合わず、トラブルになることもあります。相続放棄をすれば、トラブルを回避できるでしょう。

1-3-2.相続放棄のデメリット

相続放棄するとプラスの財産も相続できません。借金を相続しなくても良いというメリットに注目しがちですが、プラスの財産も相続できなくなることに注意が必要です。負債ばかりに目を向けるあまり、不動産など高額なプラスの財産に気づかなかった、という方もいました。相続放棄をする場合は、プラスからマイナスの財産をどれだけカバーできるのかチェックすると良いでしょう。

また、相続放棄をすると資産が失われてしまうのもデメリットの1つです。遺産の中には、先祖代々から受け継がれてきた不動産や思い出の生家なども含まれています。ほかの相続人が相続すれば守ることができますが、全員が放棄した場合は相続財産管理人が精算して売却し、国のものになってしまうでしょう。

相続放棄をしたら、どんな財産でも受け継ぐことができないんですね。
はい。負の遺産だけを放棄することはできません。

2.相続放棄と遺品整理の注意点をチェック!

では、相続放棄と遺品整理における注意点について解説します。

2-1.民法の決まりを確認しよう

まずは、遺品整理について説明しましょう。遺品整理とは、故人が残した資産価値のあるもの以外を整理することです。土地・現金・有価証券などは資産価値となるので遺産整理の対象ではありません。主に、日用品・コレクション・家電・愛用品などが当てはまります。身内が亡くなると速やかに遺品整理をしなければなりませんが、相続放棄を行いたい方は要注意です。

民法第921条1号で「相続財産の全部または一部を処分したときは相続を承認したものとする」と決められているので、遺品整理をしてしまうと相続放棄ができなくなります。

2-2.形見分けもできないのか?

相続放棄をすれば、故人のものにはすべて触れてはいけないというわけではありません。民法では、「常識の範囲で形見分けをしても良い」と記載されています。しかし、たとえば形見分けでもらった本が古書店で高額な値段になったりすれば、資産価値が発生し、裁判所で「相続の意志あり」とされ相続放棄ができなくなるのです。相続放棄をしたら、遺品の扱いには十分に気をつける必要があります。

2-3.相続放棄の期限に注意!

そして、もう1つ押さえておきたいのが相続放棄の期限です。民法第915条によると、「相続人は自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内」に相続か放棄か決めなければなりません。

期限を過ぎると、相続放棄ができなくなるので注意してください。ただし、縁者と疎遠になり、死亡を知らないまま3か月が過ぎたというケースもあります。相続放棄の起源は「相続の開始があったことを知ったときから」3か月以内となるため、死亡を知ってからその後3か月間は相続放棄の手続きが可能です。

2-4.相続放棄をしても遺産整理をしなければならないケースは?

基本的に、相続放棄をする人は遺品整理をしてはいけませんが、どうしてもしなければならないケースがあります。それは、以下に当てはまる方です。

  • 親族が自殺・孤独死をした
  • 賃貸物件で生活していた
  • 遠方に住んでいて遺品整理ができない
  • 近隣からゴミや腐敗臭の苦情が出ている

以上に当てはまる方は、遺品整理をしなければならないケースです。時間が経過するほど状況が悪化してしまうので注意してください。法律に詳しい弁護士などに相談しながら遺品整理をすすめましょう。

相続放棄をしても、遺品整理を求められるケースがあるんですね。
はい。迷った場合は弁護士に相談するといいでしょう。

3.相続放棄した場合の片付け方法は?

では、相続放棄した場合、遺品の片付けはどのようにすれば良いのでしょうか。相続放棄した後の遺品整理について説明します。

3-1.自分で判断して片付けるのはNG

相続放棄をする人は、できるだけ遺品に触れないようにしてください。自分で判断して片付けてしまうと、後で「相続の意志あり」と受け取られてしまうことがあります。しかし、そのまま放置するわけにもいきません。集合住宅の場合は、悪臭で苦情がくる可能性もあります。そんなときはどうすべきなのか、次項で説明しましょう。

3-2.明らかなゴミだけ処分しよう!

生ゴミ・新聞紙・チラシなど誰からみても「ゴミ」だと思えるようなものは処分しましょう。生ゴミは悪臭の原因にもなるため、早めに処分したほうが賢明です。賃貸住宅に住んでいる場合は、部屋を片付ける前に管理会社や大家さんに話をしてから整理しましょう。できる限りのことをしておけば、悪臭などのトラブルは回避できるはずです。

3-3.迷ったときは法律家に相談する

相続放棄で誰も相続する者がいなくなった場合は、司法書士・弁護士など法律に詳しい人に相談してください。民法で記載されている「常識の範囲」がどこまで当たるのか教えてもらいましょう。法律家は相続放棄に詳しいので、自分がどこまで何をしたら良いのかアドバイスしてくれます。悩むよりも専門の法律家に相談したほうが、後で困ることもありません。

3-4.遺品整理サービスを利用する

すぐに遺品整理をしなければならないけど遠方に住んでいてできない方がいると思います。そんな方は、「遺品整理サービス」を利用するのも選択肢の1つです。遺品整理サービスは自分の代わりに遺品整理を行ってくれるので、遠方に住んでいる方でもすぐに片付けることができます。しかし、中にはきちんと作業を行わずに高額な費用を請求する悪質な業者も存在するので、慎重に選ばなければなりません。以下のポイントに注目して業者を選んでください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 遺品整理の実績がある
  • 高品質なサービスかつ低費用で利用できる
  • 無料見積もり・無料相談を受け付けている
  • 遺品整理士が在籍している
  • サービス内容が充実している
  • 口コミ・評判が良い

遺品整理を行っている「ファンデックス」では、遠方にいる方でも安心できるように作業風景をWEBカメラによる生中継で公開しています。ダンボールなど資材の無料提供も行っているので、ぜひ1度ご相談ください。

相続放棄した場合は、遺品整理も慎重に行わなければダメなんですね。
はい。明らかなゴミを撤去するだけにとどめるのがおすすめです。

4.相続放棄と遺品整理に関してよくある質問

相続放棄と遺品整理に関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.「単純承認」とは?
A.プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐ方法を「単純承認」と言います。相続開始を知った時点から3か月が経過すると、相続放棄ができなくなり単純承認したことになるのです。単純承認はあえて手続きをする必要がありません。また、相続財産の全部または一部を処分したときも単純承認とみなされるので注意してください。ただし、保存行為(財産の現状を維持する行為)や、短期賃貸借を行う場合は該当しません。

Q.相続放棄しないで放置するとどうなるのか?
A.「相続放棄や遺品整理が面倒」という方は、相続放棄の手続きをせずに放置しがちです。しかし、遺産の中に借金がある場合は、相続債権者から借金の支払督促がやってくるでしょう。支払いもせずに放置すれば、相続債権者から裁判を起こされてしまいます。そして、裁判所が判決を下し、相続人自身の財産が押さえられてしまうでしょう。最悪の事態にならないためにも、速やかに手続きを行う必要があります。

Q.相続放棄をする前に調べておきたい内容は?
A.プラスの財産とマイナスの財産を必ず確認しておきましょう。なぜなら、資産が債務より大きいことが明らかなら、相続放棄をする必要がないからです。プラスの資産を調べるときは、故人の家の中をよく探しましょう。預貯金通帳・金融機関・証券会社関連の資料などがあればきちんと保管してください。マイナスの負債を調べる際は、郵便物やカード会社・銀行・金融機関の支払いなどを確認しましょう。

Q.特定の相続人に遺産を承継させたい場合は?
A.その場合も「相続放棄」が役立ちます。けれども、自分が相続放棄を行ったとしても、ほかの相続人に自分の相続分が従って配分されるので、必ずしも特定の相続人に遺産が承継できるとは限りません。財産を分与する相続人が2人の場合は、自分1人が相続放棄すればもう1人のほうへ遺産がすべて渡ります。

Q.賃貸物件の注意点は?
A.相続放棄の手続きが完了するまで、故人が住んでいた家の家賃を支払い続けなければなりません。賃貸物件はそのままにしておくと、どんどん家賃が加算されることになります。また、ゴミ屋敷化して、近隣住民とのトラブルに発展することもあるので要注意です。そのため、相続放棄ができる3か月以内に遺品整理を行い片付けましょう。

Q.相続放棄を行う前に、遺品整理をするポイントは?
A.価値のありそうな遺品はそのままにしておくことです。相続放棄をするためには、市場価値のないものだけを処分したことを証明する必要があります。また、買取を利用しない・処分したときの領収書を保管することも大切です。売却した遺品に資産価値があると認められてしまえば、相続放棄ができなくなるので注意しなければなりません。売れそうな遺品でも売らないように気をつけてくださいね。

まとめ

相続放棄をした後に、遺品整理を行うことはできません。遺品整理ができるのは、基本的に相続者に限ります。そのため、相続放棄の手続きを済ませる前に遺品整理をすると、相続放棄できなくなってしまうので要注意です。相続放棄と遺品整理は密接に関係しており、きちんと知識を身につけておかなければ後で苦労することになります。後悔しないためにも、相続放棄と遺品整理の関係について知り、遺品整理の注意点もきちんと押さえておきましょう。