賃貸における孤独死の問題点は? 原状回復や特殊清掃・対策など解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

賃貸住宅で1人暮らしをする高齢者の孤独死が、近年増加しています。孤独死の場合は、通常の清掃では対応できないような汚れやにおいがついているため、「特殊清掃」が必要です。基本的に、身内(親族)が特殊清掃の費用を払うことになりますが、家族がいない場合は大家が支払うことになります。賃貸住宅での孤独死の場合、原状回復の義務や費用はどのようになるのでしょうか。本記事では、賃貸住宅の孤独死における原状回復や特殊清掃について解説します。

  1. 年々増える「孤独死」とは?
  2. 賃貸における孤独死の問題点
  3. 賃貸の孤独死を巡る対策は?
  4. 賃貸で孤独死が起きたときはどうすべき?
  5. 孤独死の特殊清掃とは?
  6. 相続人や賃貸業者への注意点
  7. 賃貸の孤独死に関してよくある質問

この記事を読むことで、賃貸における孤独死の問題点を知り、適切な対処と対策が分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。