賃貸の遺品整理で注意しておきたいポイントは? 方法やコツも解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

身内が亡くなると、できるだけ早めに遺品整理を行わなければなりません。特に、賃貸物件の遺品整理は、作業が遅くなるほど家賃の支払いが発生するので注意が必要です。自分で遺品整理ができないときは、専門の業者に依頼すると良いでしょう。しかし、業者の中にも不正を働く悪質業者が存在しています。そこで、本記事では賃貸物件の遺品整理の仕方について解説しましょう。

  1. 賃貸物件の遺品整理の基礎知識
  2. 賃貸物件の遺品整理の仕方は?
  3. 賃貸物件の遺品整理~業者の選び方
  4. 賃貸物件の遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、賃貸物件の遺品整理のポイントや業者の選び方が分かります。悩んでいる方や気になっている方はぜひ参考にしてください。


1.賃貸物件の遺品整理の基礎知識

賃貸物件の場合は「家賃」が大きなポイントとなります。まずは、最初にすべきこと、注意点、賃貸物件ならではの困りごとについて説明しましょう。

1-1.まずすることは?

遺品整理を始める前に確認してほしいのが、「賃貸借契約書」の確認です。賃貸借契約書には、違約金・解約条件・退去日など賃貸のルールが細かく記載されています。特に、退去日と家賃の項目は要チェックです。住民が亡くなると、賃貸物件を解約しなければなりません。入居から1年未満など短期解約違約金が必要になる場合は、家賃の1か月分をプラスして請求されるのがほとんどです。月の途中で退去する場合は、日割り計算となるのでしっかり確認しておかなければなりません。

1-2.家賃の発生に要注意

賃貸物件の遺品整理におけるよくある困りごとは「家賃の問題」です。遺品整理を早く行えば家賃の支払いを抑えることができますが、作業が遅れると家賃がどんどん加算されていきます。退去日までに一刻も早く遺品整理を行わなければなりません。いずれにせよ、賃貸物件の遺品整理は迅速に対応するのが重要です。

1-3.退去通知の時期と方法を確認する

賃貸物件は退去通知の「時期」と「方法」が決まっています。ただし、突然故人が亡くなったときは、退去通知の時期に関係なく、「○日までに退去してください」など通知される可能性が高いでしょう。自分で退去日を決めることもできますが、管理会社や大家から退去日の通知が来たときはその日までに遺品整理を終わらせ、当日には空っぽの状態にしておかなければなりません。賃貸物件の決まりごとは、物件や管理会社などで異なるので契約書の確認が大切なのです。もし、契約書が見当たらない場合は、管理会社に問い合わせましょう。

2.賃貸物件の遺品整理の仕方は?

それでは、賃貸物件における遺品整理の仕方について解説します。

2-1.1人よりも複数で作業を始めよう

賃貸物件の広さや遺品の量によって異なりますが、できれば複数人で力を合わせて作業を行ってください。前述したとおり、賃貸物件の遺品整理は家賃や条件が発生するので「スピード」が大切です。1人よりも複数で作業したほうが早く終わらせることができるでしょう。家族や親族に遺品整理の協力を申し出てください。また、相続人が集まって遺品整理をしたほうが、形見分けのトラブルが回避できます。

2-2.遺品整理の仕方をチェック!

遺品整理の具体的な方法は、「自分でやる方法」と「業者へ依頼する方法」があります。それぞれのメリットとデメリットについてチェックしておきましょう。

2-2-1.自分でやる方法

自分で遺品整理をする場合は、ゴミ袋・ダンボール・手袋・ほうきなど必要なアイテムを用意するだけなので費用を抑えることができます。遺品の量が少なく、部屋も狭ければ1人で片付けられるかもしれません。しかし、遺品の量や部屋数が多い場合は1人での作業は大変でしょう。遺品整理は想像以上に体力と時間を消耗します。
また、遠方に住んでいる方や仕事で忙しい方は、なかなか遺品整理の時間が確保できません。家に行くまで時間とお金もかかるため、退去日に間に合わないという最悪の事態に陥ってしまいます。「自分で作業を進めた結果、作業が進まず、家賃の支払いでお金がかかった」という方もいるのでデメリットもきちんと理解しておかなければなりません。

2-2-2.業者へ依頼する方法

作業をするのが難しい方は、業者への依頼をおすすめします。最近は遺品整理を専門の業者に依頼するケースが増えており、遺品整理業が注目されているのです。大きなメリットとしては、「時間の短縮」でしょう。専門業者は遺品整理の経験を重ねてきたプロなので、迅速かつ丁寧な作業で早く片付けることができます。時間が限られている賃貸物件の場合は、特におすすめです。また、遠方に住んでいる方でも安心して整理ができます。
しかし、遺品整理業の需要が高まると同時に、「きちんと片付けてくれなかった」「高額な追加料金を請求された」など、悪質業者とのトラブルも相次いでいるのがデメリットです。トラブルを避けるには、信用できる業者と悪質業者を見極める「目」を持っておかなければなりません。

3.賃貸物件の遺品整理~業者の選び方

賃貸物件の遺品整理を業者に依頼する際は、まずサービス内容・費用・スタッフの対応など確認しておきたいところがたくさんあります。ここでは、悪質業者と優良業者を見極めるためのポイントついて説明していきましょう。

3-1.業者の選び方

遺品整理業が注目されるにつれ、遺品整理業を営む会社が増えてきました。2011年と比べると、なんと約3~4倍です。中には、悪質な行為をする業者が存在しているので、安心して依頼できる業者を選ばなければなりません。「どの業者を選べば良いのか分からない……」と悩んでいる方は、以下の項目に注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 遺品整理の実績がある
  • 遺品整理士が在籍している
  • 低費用かつ高品質なサービスを提供している
  • 親身になってさまざまな相談にのってくれる
  • 遺品供養などサービス内容が充実している
  • ダンボールなど資材を無料提供している
  • 料金システムが明確になっている
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っている

遺品整理サービスを行っている「ファンデックス」では、さまざまなジャンルの遺品買取にも対応しているので費用の節約が可能です。また、見積もりよりも高い費用を請求することはありません。ホームページのフォームまたは電話で無料相談も受け付けているので、ぜひ1度お問い合わせください。

3-2.費用相場は?

遺品整理を業者に依頼する際に気になるのが費用ですが、部屋の広さや作業人数・遺品の量などで異なります。参考として、「ファンデックス」の整理サービス料金を以下にピックアップしてみました。

  • 1K(作業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(作業員人数5名):199,800円~

ちなみに、料金に含まれるサービス内容は、エアコンの取りはずし作業・大型家財のつみ降ろし作業・貴重品の捜索作業などが含まれています。具体的な料金や作業内容に関しては、無料見積もりを依頼し確認してください。

3-3.遺品整理の流れをチェック!

遺品整理が完了するまでの大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 電話またはホームページのフォームから問い合わせする
  2. 整理作業をする部屋を業者スタッフが確認した後、整理が必要なものと必要でないものに分けて具体的な見積もりを確認する
  3. 見積金額に納得すれば契約を交わし、作業日を決める
  4. 当日に業者がやってきて作業開始
  5. 不用品を丁寧・慎重に搬出した後、クリーニング作業を行う
  6. 作業終了後、部屋の確認をしてからお支払い(買取対象のものがあれば見積もり費用から引かれる)

3-4.サービス内容を確認しよう

遺品整理業者によってサービス内容が異なるので注意してください。たとえば、A社はクリーニング作業まで含まれていますが、B社では遺品整理の仕分けだけということがあります。遺品整理サービスでも、どこからどこまで作業してくれるのか契約前に確認しておかなければなりません。また、後で追加料金を請求してくるところもあります。事前に、追加料金の有無や発生するケースなども確認しておいたほうが良いでしょう。気になる点や不安な点がある場合は、その場で尋ねることが大切です。

4.賃貸物件の遺品整理に関してよくある質問

賃貸物件の遺品整理に関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.賃貸物件で注意しておきたい「原状回復」とは?
A.原状回復とは、物件を本来の状態に戻すことです。特に、自殺や病気で亡くなり悪臭が漂っている場合は、原状回復が重要になります。どこからどこまでが原状回復に含まれるのか、管理会社または大家と相談し確認してください。

Q.遺品整理の費用を抑えるポイントは?
A.遺品の中には、買取対象となるものがあります。買取サービスを利用すれば費用を抑えることができるでしょう。また、複数の業者に見積もりを依頼すれば、低費用で依頼できる業者が見つかります。ただし、あまりにも安い業者には注意が必要です。きちんと作業をしてくれない悪質業者の可能性が高いでしょう。

Q.どんなものが買取対象になるのか?
A.大型家具・家電製品・衣類など、比較的状態の良いものであれば買取対象となります。特に、再販可能なものや金・プラチナが含まれているものは積極的に買取されるので要チェックです。「ファンデックス」では、日本国内だけでなく東南アジアへの輸出も行っています。業界屈指の販売力を誇っているので、高価買取が可能です。ぜひ1度ご相談ください。

Q.遺品整理業者に依頼したほうが良いケースは?
A.「退去日までに作業する時間がない」「遠方に住んでいる」「悪臭などで困っている」という方は、遺品整理業者への依頼がおすすめです。特に、死亡時の状態が悪く、部屋に悪臭が漂っている場合は特殊なクリーニング作業が必要になるでしょう。特殊清掃を行っているプロの業者に依頼したほうが早く済ませることができます。

Q.遠方にいても作業風景は見られるのか?
A.トラブルの防止として、作業風景をリアルタイムで提供している業者もいます。「ファンデックス」では、WEB中継を利用した作業風景公開サービスを提供しているので安心です。作業を行う部屋にWEBカメラを設置し、専用のスマートフォンで作業風景をご覧いただけます。

Q.クリーニング作業の内容が知りたい
A.主に、キッチン・トイレ・洗面所・浴室など各部屋のバキューム清掃です。また、業者の中には、ハウスクリーニングサービスとして「特殊清掃」を行っているところもあります。遺体の発見が遅れて跡が残った・ウジやハエが大量に発生している・掃除をしても悪臭が残っているケースにおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 賃貸の遺品整理はできるだけ早めに済ませておかなければなりません。遺品整理に遅れが生じるほど家賃を支払わなければならなくなります。しかし、遠方に住んでいて、なかなか自分では遺品整理ができないという方もいるでしょう。そんなときは、遺品整理のプロである業者に依頼してください。業者に依頼すれば、遠方に住んでいる方でも安心して遺品整理を任せられるでしょう。