遺品整理の見積もりを取るときの注意点は? 悪質業者を見分け方も!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「実家の遺品整理をすることになったけど、業者に見積もりを依頼するときの注意点を知りたい」とお考えではありませんか? 遺品整理では、見積もりをきちんともらうことが大切です。適当な見積もりで契約した結果、思わぬトラブルに巻き込まれるケースが多く見られます。遺品整理で後悔しないためにも、見積もりを依頼するときやチェックするときにどんな点に注意すべきか知りたいですよね。

そこで今回は、遺品整理の見積もりにおける注意点について詳しく解説します。

  1. 遺品整理の見積もり時に注意するポイント
  2. 見積もりを見るときにチェックすべきこと
  3. 遺品整理の費用目安はどれくらい?
  4. 信頼できる遺品整理業者を選ぶポイント
  5. 遺品整理の見積もりに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の見積もりで失敗しないポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品整理の見積もり時に注意するポイント

最初に、遺品整理の見積もり時にはどんな点に注意すべきか見ていきましょう。

1-1.電話やネットでの見積もりはあくまでも目安にとどめる

遺品整理の見積もりは、電話やネットでも簡単に依頼することができます。ただし、業者が現場を見ていないため、実際の金額とは大きく異なる可能性がある点を理解しておきましょう。電話やネットの見積もりでも、なるべく現状に近い状態で出してもらうためには、部屋の間取りや広さ、物量の多さ、汚れ具合などをきちんと伝えることが必要です。

1-2.業者に現地視察を依頼して見積もりをもらう

遺品整理で正確な見積もりをもらうためには、業者に現場視察を依頼してください。現場視察をすれば、業者が現状を把握して見積もりを作成することができます。実際に現場を確認してもらうことで、業者が特殊清掃や害虫駆除が必要になるかなどを判断することが可能です。現場視察も見積もりと同様に無料で行っている業者が多いので、チェックしてみてください。

1-3.やってほしいこととやらなくてよいことをハッキリ伝える

遺品整理の見積もりを依頼するときは、やってほしいこととやらなくてよいことをハッキリ伝えましょう。たとえば、特定の部屋だけを片付けてもらいたい、遺品供養をする必要はないなどです。業者に希望を伝えずに見積もりを依頼すれば、一般的な作業内容で計算することになります。見積もりを作成してもらっても、試算元となる作業内容が希望と異なるのでは意味がありません。

1-4.予算や作業日時などの条件も忘れずに伝える

予算や作業日時などの条件も、業者に伝えることを忘れないでください。予算を伝えておくことで、業者も予算内で収まるように考えてくれることでしょう。また、都合のよい作業日時を指定しておくことも大切です。たとえば、平日の昼間に作業するのと土日の夜間に作業するのでは、時間単価が異なることがあります。

2.遺品整理の見積もりを見るときにチェックすべきこと

遺品整理の見積もりを見るときにチェックすべき点を具体的に見ていきましょう。

2-1.担当者名や社名など基本的な事項の記載もれがないか

見積もりに、担当者名や社名など基本的な事項の記載もれがないこともチェックしてください。業者の正式なフォーマットで作成され、有効期限が明記されていることも大切です。中には、社員の独断で見積もりを発行したために、正式なフォーマットを使用していないケースもあります。また、社印が押してあるかどうかも確認してください。

2-2.依頼内容に基づいて作成されているか

遺品整理業者から見積もりを受け取ったら、依頼内容に基づいて作成されているかチェックしてください。たとえば、複数の部屋を整理してもらう予定なのに、なぜか1部屋分だけ出してくるケースや、実際の間取りより部屋数が多い想定で出してくるケースなどがあります。実際の状況と異なる見積もりでは、後日トラブルになる可能性が高いので出し直してもらいましょう。

2-3.金額が不当に高過ぎるもしくは不当に安過ぎないか

見積もりで提示された金額が、不当に高過ぎる場合は業者に説明してもらいましょう。一般的な相場と比較して高過ぎるのなら、正当な理由が必要です。業者から説明を受けても納得できない場合は、取り引きを中止しましょう。また、不当に安過ぎる場合も注意してください。見積もりでは安い金額を提示しておきながら、実際には驚くほど高額な請求をしてくる業者もあるからです。安過ぎる金額を提示されたときも、本当にこの金額でできるのか、実際の請求金額とかけ離れることはないかなど確認しておきましょう。

2-4.不明な項目で計上していないか

不明な項目で計上していないかもチェックすべきポイントです。たとえば、事務手数料・雑費・諸経費などの項目で計上されている場合は注意してください。不明な項目で費用計上するのは、請求金額を上乗せする口実である可能性があります。業者に問い合わせ、本当に必要な経費ならば、内訳を明記してもらいましょう。業者が説明を渋ったり内訳を明記したりしてもらえないのなら、契約を見合わせることも必要です。

2-5.特記事項の記載内容に不明な点がないか

見積もりを見るときは、特記事項の記載内容に不明な点がないかも確認してください。たとえば、「物量・汚れ具合により請求金額が変動します」と記載がある場合、実際の請求金額が想定以上に高くなるケースもあります。業者にクレームを入れても、見積もりに記載してあることを理由に正当な金額だと主張するでしょう。実際にどれくらい金額が変動する可能性があるのか、説明してもらうことが大切です。

3.遺品整理の費用目安はどれくらい?

遺品整理の費用目安がどれくらいになるか、主なケースを例に挙げて解説します。

3-1.1Kの単身者向けアパートは4万円程度~

1Kの単身者向けアパートは、物量が少ない場合で4万円程度~が相場になります。部屋が一つだけで狭いこともあり、片付けや掃除が短時間で終わるからです。ただし、部屋の汚れがひどい場合や物量が極端に多い場合では、7~8万円になることもあります。また、孤独死した場合などは、別途特殊清掃の費用が上乗せになることが多いでしょう。

3-2.2DK程度の間取りは12万円程度~

2DK程度の間取りなら、約12万円が遺品整理の費用目安になります。ダイニングキッチンと2部屋となるので、ゴミや不用品の物量が2tトラック1台で対応できることが想定されるからです。また、作業時間も大体3~4時間で済むことでしょう。ただし、玄関からゴミがあふれるぐらい物量があるなどの場合愛は、20万円近くかかることもあります。

3-3.3DK以上の一軒家では25~30万円以上になることもある

3DK以上の一軒家では、遺品整理の費用が25~30万円以上になることもあります。部屋数が多いために、片付け作業に時間がかかるからです。また、比例して物量も多くなるため、ゴミや不用品の処分費用も余分にかかります。なお、同じ間取りでも、マンションなどの集合住宅より一軒家のほうが高くなることが多いでしょう。一般的に一軒家はマンションよりも収納が充実しており、大量の不用品やゴミが収納場所に詰まっていることが多いからです。

3-4.特殊清掃が必要になると料金が上乗せになる

遺品整理でも、特殊清掃が必要になるケースでは料金が上乗せになります。たとえば、孤独死後の遺品整理で、体液などが付着している、臭いがひどい、消毒や害虫駆除の必要があるといった場合です。業者が現場の状況を見て特殊清掃が必要だと判断した場合は、依頼者に伝えて了承を得てから作業に入ります。特殊清掃の金額は、汚染状況や作業内容などによって異なるため業者に確認してください。

4.信頼できる遺品整理業者を選ぶポイント

信頼できる遺品整理業者を選ぶ際、どんなポイントをチェックすべきか見ていきましょう。

4-1.遺品整理の実績が豊富

信頼できる遺品整理業者は、多くの顧客に依頼されるため実績が豊富です。実績が豊富なことは、あらゆるケースの遺品整理を行っていることの証拠になります。新しく参入したばかりの業者よりも、臨機応変に対応してもらいやすいこともメリットです。ただし、単なる不用品回収やハウスクリーニングの実績数を見るのではなく、遺品整理で豊富な実績があるか確認してください。なお、当遺品整理ファンデックも遺品整理で長年にわたり豊富な実績があります。まずは、お気軽にご相談ください。

4-2.丁寧で迅速な作業で定評がある

遺品整理を依頼するなら、丁寧で迅速な作業で定評がある業者がおすすめです。遺品を粗雑に扱うような業者では、後日までわだかまりが残りやすいでしょう。また、丁寧に作業してもらえても、必要以上に時間がかかるのでは困ります。遺品整理のノウハウがある業者なら、最短時間で効率よく作業を進めてもらえるはずです。部屋の広さや物量などの割に時間がかかる業者は、わざと多めに見積もって費用を上乗せしている可能性があるので注意しましょう。

4-3.見積もりは無料

見積もりは無料であることも、信頼できる遺品整理業者の特徴です。見積もりを無料にすることで、多くの人から依頼を検討してもらいやすくなります。見積もりの依頼は、顧客との大切なステップです。手間や時間がかかることを考えれば、見積もりも有料にしたいところでしょう。しかし、見積もりを無料にして多くの人に正式依頼を検討してもらうことが、結局は売り上げを増やすことにつながるのです。また、サービス内容や料金に自信があるからこそ、無料にしているともいえます。

4-4.リーズナブルで分かりやすい料金システム

リーズナブルで分かりやすい料金システムであることも重要なポイントです。遺品整理は、物量や状態がさまざまなため、業者の言い値で契約してしまう人が多くいます。しかし、本当に信頼できる業者なら、分かりやすい料金に沿って計算してもらえるので安心です。しかも、リーズナブルな金額なので助かります。遺品整理を数多く依頼されたことで、効率よく作業を進めるノウハウがあるため、リーズナブルな金額を提示することができるのです。

4-5.希望日時・場所で作業してもらえる

遺品整理は、希望日時・場所で作業してもらえることもチェックしておきましょう。特に、賃貸物件などで退去期日が迫っていたり孤独死などで早急な作業が必要だったりする場合は、希望日時に作業してもらえることが大切です。また、どんなに優良な業者であっても、作業を依頼する場所が営業サービスエリア外では意味がありません。

4-6.遺品の買取も行っている

遺品整理業者の中には、遺品の買取も積極的に行っているところを選ぶとよいでしょう。遺品の中には、十分に再利用できるものも含まれています。たとえば、以下のような遺品でキレイな状態のものは買取してもらえる可能性があるでしょう。

  • 製造後3年以内の家電
  • 壊れていない家具
  • 貴金属類
  • 高級ブランド品
  • 着物
  • 骨とう品
  • 趣味のコレクション

遺品の中で買取してもらえるものがあれば、遺品整理の費用と相殺できて安く済ませることができます。

4-7.特殊作業や遺品供養なども依頼できる

特殊作業や遺品供養なども依頼できるところなら、安心して遺品整理を依頼することが可能です。遺品整理の現場は、想像以上に汚れていることがあります。特に、ゴミ屋敷状態だったり孤独死したりした部屋は、通常の清掃では対応できないことが多いからです。また、位はい・仏具・人形など、そのまま処分するのは気が引けるものは、遺品供養をすることをおすすめします。遺品整理と遺品供養を同時に依頼できる業者なら、二度手間になりません。

4-8.スタッフの対応が親切で顧客からの評判がよい

信頼できる遺品整理業者は、スタッフの対応が親切で顧客からの評判がよいことも特徴です。スタッフが丁寧な言葉遣いで感じのよい受け応えをしていれば、顧客とのコミュニケーションもスムーズに進むことでしょう。すると、スタッフと顧客の間で行き違いが発生することが少なくなり、顧客からの満足度が高くなります。また、遺品整理事業がサービス業の一つであることをスタッフが強く認識していることも、評判がよくなる理由です。

4-9.スタッフが遺品整理士の資格を持っている

遺品整理業者を選ぶときは、スタッフが遺品整理士の資格を持っているかチェックしてみましょう。遺品整理士の資格を持っているスタッフがいれば、安心して依頼することができます。遺品整理士は、遺品整理に関する専門知識を得た人に与えられる民間資格です。遺品整理は単なる不用品回収やハウスクリーニングとは違い、故人の持ちものを整理するという重要な意味を持っています。孤独死や遺産相続などが絡むケースもあり、正しい専門知識と経験が必要です。業者がスタッフに資格取得をすすめていれば、なお信頼できます。

5.遺品整理の見積もりに関するよくある質問

最後に、遺品整理の見積もりに関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.複数の業者に見積もりを依頼してもよい?
A.構いません。ただし、むやみに依頼するのではなく、この記事を参考にして信頼できると判断した業者を2~3社に絞って依頼することをおすすめします。

Q.有効期限が過ぎた遺品整理の見積もりはどうすればよい?
A.正式に遺品整理を依頼したい場合は、再度見積もりを出してもらいましょう。そのほかの業者に依頼したなどの理由で契約を見送る場合は、そのまま廃棄して構いません。

Q.見積もり時の現場視察は立ち会いが必要?
A.遺品整理の見積もりは室内に入ることになるため、多くの場合で立ち会いが必要になります。ただし、孤独死の現場など、理由によっては屋外待機で対応可能な場合もあるでしょう。

Q.見積もりが不要なら80%引きの金額で契約できると言われたのですが?
A.信用してはいけません。何を基準に80%引きになるのかが不明です。そもそも見積もりを出さずに契約しようとする業者は、高確率で悪質業者なので契約しないでください。

Q.作業中に遺品を探してもらうと料金が上乗せされる?
A.業者によりますが、多くの場合で無料となるでしょう。ただし、確実に遺品を見つけてもらえる保証はありません。あくまでも、サービスの一つとして考えておきましょう。

まとめ

今回は、遺品整理の見積もりにおける注意点について詳しく解説しました。遺品整理で後悔しないためには、業者の見積もりをしっかりチェックすることが大切です。見積もりで不明な点があるときは、必ず業者に確認して解決しておきましょう。自己判断により都合よく考えてしまうと、業者との行き違いが発生して思わぬトラブルに発展することがあります。なお、遺品整理は信頼できる業者に依頼することが大前提です。この記事を参考にして、信頼できる業者を選び、見積もりをもらって検討してみてください。