遺品のリサイクルは業者に依頼するのがおすすめ! 費用や注意点も!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理をしていると「捨てるのはもったいない」と思うものがたくさん出てくるはずです。そんなとき、リサイクルに出すことはできないのでしょうか。遺品をただ捨ててしまうよりも、リサイクルして誰かに使ってもらったほうが気持ちもすっきりするはずです。この記事では、遺品をリサイクルする方法や遺品整理業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品はリサイクルできるのか?
  2. 遺品のリサイクルを個人で行う方法
  3. 遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ
  4. 遺品のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、リサイクル遺品にはどのようなものがあるか、遺品整理業者をどのように選べばよいかなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.遺品はリサイクルできるのか?

まず、リサイクルできる遺品やリサイクルのタイミング・問題点などをまとめました。

1-1.遺品のリサイクルは難しいのか?

遺品整理をすると大量の遺品が出てきますが、そのすべてをリサイクルすることは難しいでしょう。遺族にとって手放したくないものもあるはずです。また、リサイクルに出したくてももらい手がいなければ意味がありません。遺品の中には古いものや状態の悪いものもあるでしょう。そういったものは買取してもらうことが難しい場合がほとんどです。まずは、大量の遺品の中からリサイクルできるものとそうでないものを分別する作業が必要になるでしょう。

1-2.リサイクルできる遺品

まだ使える状態の家具や家電などは、リサイクルの対象になる可能性があります。そのほか、以下のような遺品も状態さえよければリサイクル可能な場合があるため、覚えておくとよいでしょう。

  • ブランドものの洋服やアクセサリー
  • 着物
  • 書籍
  • 骨とう品や美術品
  • 趣味のアイテムやコレクショングッズ

1-3.いつ誰が行うのか?

遺品のリサイクルを行うのは相続人です。ほかの親族などに相談しながら、何をリサイクルするべきか決めていくのが一番よいでしょう。タイミングについては、故人の葬儀などを終え、気持ちが落ち着いてからで問題ありません。賃貸物件の明け渡しなど、決まった期限がある場合は急ぐ必要がありますが、そうでない場合は特に決まりはないのです。ただし、リサイクルに出すタイミングは早いに越したことがありません。少しでも新しいうちにリサイクルに出すことが、高価買取のポイントです。

1-4.遺族による遺品リサイクルが難しいという問題点

近年は高齢化社会がすすみ、「遺品整理をする遺族がいない」「遠方に住んでいるので通えない」など、遺族による遺品整理自体が難しいという問題が多くなっています。そこで、最近の傾向としては、遺品の処分やリサイクルを専門業者に依頼するケースが増えてきているのです。遺品整理を業者に依頼することで、時間や手間をかけず、かつ適切な方法で遺品を片付けることができます。

2.遺品のリサイクルを個人で行う方法

遺品のリサイクルを自分で行う方法やそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

2-1.自分で買取処分したい場合はリサイクルショップへ

遺品を自分で買取に出して処分するには、リサイクルショップを利用する方法があります。直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、「急いで処分したい」という人におすすめです。ただし、状態が悪いものや古いものは買取の対象になりません。買取対象外の場合は再び持ち帰らなければならないというデメリットも覚えておきましょう。

2-2.希望価格で売りたい場合はオークションやフリマサイトもおすすめ

ネットオークションやフリマサイトなどを使って不要な遺品を売る方法もあります。この場合は買取価格を自分で設定できるため、うまくいけば希望の金額以上で買い手が見つかる可能性もあるのです。ただし、ネット上の取り引きやこん包・発送など、手間はかかります。また、買い手が見つかるまで遺品を手元に置いておかなければならない点もデメリットといえるでしょう。

2-3.寄付する方法も

遺品を寄付する方法で処分するのもおすすめです。洋服や生活用品・家具・家電などの寄付を募っている施設や団体も多いため、調べてみるとよいでしょう。誰かの役に立つと思うと、遺品を気持ちよく手放すことができるはずです。ただし、寄付する際は必ず、どんなものの寄付を募っているのか、どのような方法で寄付するのかなど、しっかり把握する必要があります。遺品の種類や状態によっては寄付を受け付けない場合もあるため、迷惑にならないようにしましょう。

3.遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ

遺品のリサイクルは、遺品整理業者に依頼する方法がおすすめです。メリットや費用・業者選びのポイントなどをご紹介しましょう。

3-1.自分で遺品整理するのが難しいときにおすすめ

以下のような理由で「自分で遺品整理するのが難しい」という場合は、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。

  • 遺品が大量にあって何から手を付けたらよいのか分からない
  • 遠方に住んでいるので通うのが難しい
  • 忙しくて遺品整理の時間を作ることができない
  • 体が不自由なので片付けができない
  • 賃貸物件なので明け渡し期限が迫っている

3-2.業者に依頼するメリットとは?

遺品整理業者に依頼することで、手間や時間をかけずに遺品の片付けができるというメリットがあります。特に、明け渡し期限などがあり「急いで遺品整理をしたい」という人は、業者に依頼すれば素早く作業してもらえるため、安心です。また、買取できない遺品はそのまま引き取ってくれる業者が多く、確実に処分できるという点も大きなメリットでしょう。業者によっては遺品供養も行っているため、処分しにくい遺品も安心して任せることができます。

3-3.無料見積もりを比較して選ぶのがポイント

遺品整理業者の料金体系は業者によって異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場を把握できるでしょう。遺品整理業者の「ファンデックス」では、間取りや作業員の人数によって料金が設定されています。ぜひこちらからチェックしてみてください。

3-4.業者選びは慎重に!

遺品のリサイクルを業者に依頼する際は、業者選びを慎重に行う必要があります。業者選びのポイントは以下のとおりです。ぜひ参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 遺品の買取や供養も行っているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か
  • 遺品整理士が在籍しているか

4.遺品のリサイクルに関するよくある質問

「遺品のリサイクルについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品をできるだけ高く買取してもらうためのポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。家電は正常に動作するか確認しておき、できるだけ早く買取に出すのがポイントです。

Q.比較的高く買取してもらいやすいのは、どのような遺品でしょうか?
A.宝飾品や貴金属・骨とう品・美術品・ブランド品・着物などは高額買取の可能性が高くなります。

Q.自分で家電を処分するにはどうしたらよいのですか?
A.冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機の4品目は家電リサイクル法の対象になるため、リサイクル料金を支払って販売店に引き取ってもらうか、特定引き取り場所に持ち込みましょう。そのほかの家電は燃えるゴミまたは小型家電として自治体が回収する場合がほとんどです。各自治体のホームページなどで確認しておいてください。

Q.遺品整理士とはどのような資格でしょうか?
A.一般社団法人「遺品整理士認定協会」の民間資格で、遺品整理に関する正しい法律知識を持っていることを証明するものです。

Q.悪質な遺品整理業者も存在するのでしょうか?
A.残念ながら存在します。実際に、「遺品を粗末に扱われた」「見積もりにない高額な料金を請求された」などのトラブル例が数多く報告されているため、十分注意してください。

まとめ

いかがでしたか? 遺品のリサイクルに関する問題点やリサイクル方法・遺品整理業者に依頼するメリットなどを詳しくご紹介しました。遺品の中にはリサイクルできるものもたくさんあるはずです。大切な遺品を廃棄してしまう前に、リサイクルできないか考えてみることをおすすめします。ぜひこの記事を参考にして、大切な遺品を正しくリサイクルしてください。