安心して老後を暮らすために必要な「老前整理」のやり方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

老後を迎える前に、老前整理のやり方を知っておきましょう。シニア世代で関心が高まりつつある老前整理を行う意味を理解しておくことも大切です。「生前整理」や「遺品整理」と同様に、老前整理についても夫婦でよく話し合っておきましょう。

  1. 老前整理とは
  2. 老前整理のやり方
  3. 老前整理のコツ!「残す」「捨てる」の判断基準
  4. 老前整理を行う際の注意点

1.老前整理とは

1-1.「生前整理」や「遺品整理」との違いとは?

老前整理は、「生前整理」や「遺品整理」とは違います。とてもよく似た言葉ですが、それぞれに違った意味があるのです。
生前整理とは、本人が死ぬ前に財産や持ちものを整理すること。財産や遺品の内容をあらかじめ明らかにしておくと、自分の死後に相続問題などで家族がもめる心配が少なくなります。また、遺品整理とは、本人が亡くなった後に家族や親族が遺品を整理することです。亡くなった人の持ちものは、残された家族などが責任を持って整理しなければなりません。
そして、老前整理には老いる前に不要なものを処分することで、残りの人生を快適に過ごすという目的があります。主に自分自身のために住まいと心をすっきりとするというわけです。

1-2.老前整理を行う意味

わたしたちは生活をしているうちに、たくさんのものを所有します。年齢を重ねると、知らないうちに所有しているものが増えているはずです。しかし、このようなたくさんのものを片付けるのには、想像以上の労力を費やします。高齢になるほど体力も気力も衰えがちですから、少しでも若いうちに片付けておいたほうがよいでしょう。そして、自分にとって快適な生活空間を手に入れることが、老前整理の目的のひとつです。

1-3.快適な老後を過ごすために

理想の老後について、夫婦で話し合ったことはあるでしょうか?老後を快適に過ごすためには、早いうちから準備にとりかかっておく必要があります。忙しいからといって片付けを後回しにしてはいけません。たくさんのものに囲まれたまま老後を迎えることになりかねないからです。早いうちから少しずつ身の回りのものを整理しておくと、後で大変な思いをしなくてすむでしょう。

老いる前に不要なものを処分するのが老前整理なんですね。
自分自身のために住まいと心をすっきりさせ、残りの人生を快適に過ごすというのが目的です。

2.老前整理のやり方

2-1.所有物を把握する

自分が何をどのくらい持っているのか、すぐに答えられますか? たとえば、クローゼットの中身をすべて把握しているか考えてみてください。所有しているものが多い人ほど、すんなりと答えることが難しいといわれます。まずは、自分がどのくらいのものを所有しているのか把握することから始めましょう。同じようなものを衝動買いするクセを防ぐことにもつながります。

2-2.使わないものを処分する

老前整理のやり方は、とてもシンプルです。簡単にいうと、「使わないものを処分する」だけ。難しく考える必要がありません。まずは、はっきりと不要だと分かるものから処分していきましょう。そして、必要なものはきちんと整理して収納しておきます。このように「処分」と「整理・収納」を少しずつ続けていくだけで、部屋の中はすっきりとしてくるはずです。

2-3.体力があるうちに片付ける

「部屋の片付けはいつでもできる」と思いがちですが、年齢を重ねていくと体力は落ちていきます。片付けをするには、体力が必要です。片付けを後回しにしているうちに体力が衰えてしまわないように気をつけましょう。
また、老いてくるとものを捨てる決断ができなくなるともいわれています。ですから、体力も気力も十分にある若いうちに老前整理をする必要があるのです。

所有物を把握して使わないものを処分するんですね。
年齢を重ねていくと体力は落ちていきますから、体力も気力も十分にある若いうちに老前整理を行う必要があります。

3.老前整理のコツ!「残す」「捨てる」の判断基準

3-1.「不用品」と「保留」に分ける

片付けがスムーズに進まない理由のひとつが、処分するものを決められないことでしょう。確かに、所有しているものすべてに対して「捨てる」「残す」のどちらかにきっぱりと決められるはずがありません。判断に迷うものもたくさんあるでしょう。
そこで、取り入れてほしいのが「保留」という考え方です。片付けを始める前に、「不用品」と「保留」の箱を用意します。不用品の箱には、処分するものを入れていってください。そして、判断に迷うものを保留の箱に入れるのです。こうすることで、迷う時間をつくらずにテキパキと片付けを進めることが可能となります。

3-2.保留する期限を決めておく

保留の箱に入れたものは、期限を決めてそのままにしておきましょう。1週間や1か月など自分で好きな期限を定めてください。そして、期限が来たときに箱の中身を出して、改めて考えてみるのです。落ち着いて考えたら、処分しても問題ないと決断できるものも多くでてくるでしょう。
また、1年という期限を設けてみるのもおすすめです。この場合、すべての季節をとおして保管することになります。それでも、1度も使う機会がなければ不用品と考えられるでしょう。1年をとおして箱から出さなかったものは、そのまま処分すると決めておくという方法もあります。

3-3.考え方を変える

老前整理をしようと思っても、うまくいかない人もいるようです。そのような人たちには、ものを捨てることに罪悪感を抱いているという共通点があります。「もったいない」「いつか使うかもしれない」といった理由から、ものを捨てることができないのです。
ものを大切にする気持ちをなくす必要はありません。所有しているものを大切にするためには、粗末な扱いをしてはいけないということ。どこに何があるのか分からないほどものがあふれている状態では、ものを大切にできているとはいえません。執着心でため込んだものがたくさんあると、本当に大切にするべきものが埋もれてしまいます。そう考えると、ものを大切にするためには不要なものは処分しなければならないはずです。

「不用品」と「保留」の箱を用意するんですね。
保留の箱に入れたものは、期限を決めてそのままにしましょう。例えば1年にした場合は、1年間1度も箱から出さなければ処分すると決めればいいわけです。

4.老前整理を行う際の注意点

4-1.スケジュールを立てる

老前整理は、少しずつ行うのがコツです。一気に片付ける必要はありません。ただし、ダラダラと先延ばしにするのも避けてください。期限を決めておくとよいでしょう。さらに、どこをいつ片付けるかスケジュールを立てておくことをおすすめします。無理をしないために、細かい範囲ごとに決めておくとよいでしょう。

4-2.家族のものは勝手に処分しない

老前整理をするうえで気をつけてほしいのが、自分以外の人のものを勝手に処分することです。部屋をすっきり片付けるために家族のものを勝手に捨ててはいけません。特に注意したいのが、独立した子供のもの。部屋に置きっぱなしにされていても、不用品とは限りません。子供時代の思い出が詰まったものであると考えてください。

4-3.業者を利用する

老前整理をしていると、たくさんの不用品を処分する必要がでてくるでしょう。ごみとして捨てる場合には、きちんと分別して決められた収集日まで保管しておかなければなりません。せっかく処分すると決心したものをしばらく家の中に置いておくのは、避けたいものです。
そこで、不用品をすぐに引き取りに来てくれる「不用品回収業者」の利用をおすすめします。不用品を分別する必要もありませんし、一度にまとめて引き取ってもらえるので便利です。連絡をすると、こちらの都合のよい日時にすぐに来てくれるのも老前整理にぴったりといえるでしょう。

期限を決めてスケジュールを立てるのがいいんですね。
ダラダラと先延ばしにするのは良くないので、どこをいつ片付けるかを細かい範囲ごとに決めておきましょう。

まとめ

老前整理を計画するときには、次の点を頭に入れておくことをおすすめします。

  • 自分にとって快適な生活空間を手に入れることが、老前整理の目的のひとつ
  • 自分がどのくらいのものを所有しているのか把握する
  • 「処分」と「整理・収納」を少しずつ続けていく
  • 体力も気力も十分にある若いうちに老前整理をする必要がある
  • 「不用品」と「保留」に分ける
  • 保留する期限を決めておく
  • ものを大切にするためには不要なものは処分しなければならない
  • スケジュールを立てる
  • 家族のものは勝手に処分しない
  • 業者を利用する

まずは、すぐに老前整理の計画を立ててみましょう。少しずつ整理していけば、途中で挫折する心配がありません。