老前整理とは ~老いる前に整理をする必要性~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近では「終活」という言葉を聞くようになりました。自分が死んだ後のことを考えて整理などをすることです。
しかし、最近では死んだ後ではなく体力がある内に整理をしておく「老前整理」という発想があります。この老前整理は、少子高齢化社会となった現代では必要性の高い発想です。
この記事では老前整理に関する情報と必要性についてまとめました。

目次

  1. 老前整理とは
  2. 老前整理をすれば第2の人生が見える
  3. 老前整理をやってみる
  4. 整理するときのポイント
  5. 困ったときは業者に依頼してみる
  6. まとめ

1.老前整理とは

1-1.老前整理という発想

生前整理・遺品整理という言葉は以前からありました。しかし、最近では老前整理という発想も生まれています。老前整理は、身内や兄弟など残される人のためではなく自分のために整理することです。
老前整理は、自分に体力がある内に身の回りのものを整理することを言います。体力が落ちる前に整理することで、老後生活をシンプルで快適なものにするのが目的です。

1-2.老後の生活を考えて整理する

老いていくと次第に体力が落ちていくのが一般的。また、判断力も落ちてものを溜(た)めこんでしまう傾向があります。そのため、老いてから整理しようとしてもうまくいかないことが多いです。
ものを片付けられなくなると部屋がごみだらけになってしまします。部屋がごみでいっぱいになると、こけやすくなったり落下物によってけがをしたりする危険があるのです。
老いてからけがをするのは非常に危険。部屋の中で意識を失い、そのまま亡くなることが考えられます。
老前整理はものを整理することだけが目的ではありません。老後の安全と健康を考えることも目的となります。