身辺整理のやり方は? 上手な整理方法と不用品の処分方法を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア
身辺整理って?

最近では“迷惑をかけない死に方”や“迷惑のかからない死に方”に注目が集まっています。残した家族に迷惑をかけないためにも“身辺整理”や“生前整理”は非常に大切な方法といえるでしょう。身の回りのものを整理するということは、死後に向けたもの以外にも生活の変化などの際にも大切です。しかし、身辺整理の負担は非常に大きなものになります。自分だけではどうしても処分できない、身辺整理の方法が分からないという方のために上手な整理の方法についてご紹介しましょう。

  1. 迷惑をかけない死に方とは?身辺整理の意味と定義
  2. 何を捨てる?身辺整理すべきものとは
  3. 身辺整理ノートのすすめ
  4. 不用品の上手な片付け方・捨て方
  5. デジタル身辺整理とは
  6. 身辺整理、生前整理の業者選び
  7. 身辺整理、生前整理のよくある質問
  8. まとめ

身辺整理や生前整理を実践することは、現在の生活を快適に変えます。身辺整理・生前整理の方法を理解して新しいライフスタイルを手に入れてみましょう。


1.迷惑をかけない死に方とは?身辺整理の定義と方法

身辺整理の定義

1-1.身辺整理と生前整理の違い

身辺整理と生前整理は非常に似ている整理なのですが、目的や方法などに違いがあります。

1-1-1.身辺整理

自分の身の回りのものを整理し、新しい生活に向けて準備することが身辺整理の目的です。年齢を問わず、身の回りの整理をするというのが身辺整理の特徴といえるでしょう。身辺整理では“生活に不要なもの”“多く所持しているもの”などを積極的に処分します。生活を快適にすることが最大の目的であるということを理解して、効率的に身辺整理をすすめましょう。

1-1-2.生前整理

生前整理は、残した家族に遺品整理などの負担をかけないための整理です。遺品整理は家族に大きな負担となるため、生前整理により家族の負担を軽減するのが整理の目的になります。生前整理では、家族が処分に困るものを優先的に処分することが大切です。

1-2.身辺整理・生前整理のきっかけとは?

身辺整理を始めるきっかけは人それぞれですが、人生の岐路や転機がきっかけになります。就職・結婚・退職など身辺整理を始めるよいきっかけになるといえるでしょう。身辺整理を始めるタイミングについてご紹介しましょう。

1-2-1.生活リズムの変化に合わせて身辺整理をする

生活リズムの変化に合わせて身辺のものを整理して、暮らしやすい住環境を整えましょう。生活の中で不用になってしまったものがあれば、その都度適切に整理することが大切です。

1-2-2.心機一転新しい気持ちで生活するために身辺整理をする

日常生活に大きな変化がなくても、新しい気持ちで生活を始めたいという場合も身辺整理を利用するのもよいでしょう。なんとなく捨てることのできない思い出の品や服や衣類など身辺整理を機会に整理してみるのも大切です。

1-3.目的をもって身辺整理を始めよう

身辺整理はしっかりとした計画と目的をもって始めることが大切です。目的に合わせた身辺整理の方法についてご紹介しましょう。

1-3-1.新たな生活を快適にするための身辺整理

進学・就職・結婚など生活に大きな変化は、身辺整理のよい機会といえるでしょう。身辺整理では所持品の整理や処分が重要です。新たな生活で不要になるものを積極的に整理・処分することで、新たに必要になるものを購入できるなど部屋を効率的に使用できます。生活を快適にすることを意識しながら不用品の整理・処分して、新しい気持ちで生活をリスタートしてみましょう。

1-3-2.快適な老後を過ごすための整理

ものを整理することは多くの労力が必要になります。身辺整理や生前整理は非常に負担の大きなものなのです。快適な生活を手に入れるためにも、身辺整理や生前整理は早めに始めましょう。老後に向けて身辺整理をおこなう場合には、その後の生活を考えてものを整理・処分することが大切です。

1-4.身辺整理の必要性とは?

身辺整理の目的と必要性について考えてみましょう。

1-4-1.処分が難しくなる前に整理を始める

定期的に身の回りのものを整理することは“整理の負担を分散する”ということにつながります。不用品が多くなってしまうと処分が大きな負担になってしまうため、定期的な身辺整理でものの量を調節するということが大切なのです。

1-4-2.体力のあるうちに老後に向けて身辺整理を始める

老後に向けた身辺整理では、体力のあるうちに身に周りのものを整理することが大切です。自分では処分の難しいものは業者に依頼して、老後に負担を残さないように身の回りを整理しましょう。

似ているようで少し違う身辺整理と生前整理があるんですね。
どちらもできるうちにやっておくことで安心した生活を送れるでしょう。

2.何を捨てる?身辺整理すべきものとは

身辺整理

2-1.財産整理の方法とは?

身辺整理で財産の整理をおこなう場合には慎重な作業をすすめる必要があります。財産整理の方法やすすめ方について詳しくご紹介しましょう。

2-1-1.財産目録を作ろう!

財産整理で重要なことは、自分がどの程度の財産を所有しているのかを把握することが大切です。頭では理解するだけではなく、実際にどの程度の財産があるのかを書き出し財産目録を作成してみましょう。財産目録といっても、それほど仰々しいものである必要はありません。“手書きで手帳に書き留める”“エクセルなどで書き出す”という方法だけでも十分に役に立ちます。財産目録を作成したうえで不要なものは処分して財産の整理をおこないましょう。

2-1-2.不要な財産を処分しよう

貴金属や美術品などの不要な財産を整理したい場合には、不用品買い取りサービスを利用してみましょう。重量があって処分が難しいものなどは出張買い取りサービスを利用することで、処分の負担が大きく軽減します。経年劣化によって価値が下がってしまう前に現金化してしまうのも、賢い財産の整理方法なのです。

2-2.人間関係の整理術

身辺整理の対象は“もの”だけではありません。人間関係の整理というのも大切な身辺整理といえるでしょう。友人関係や知人関係を整理するのは非常に難しいものです。人間関係を整理するコツについてご紹介しましょう。

2-2-1.身勝手な友人・知人とは距離をとる

人によって生活のペースや生活スタイルは異なります。“無理やり行事に誘う””突然の連絡が多い”など身勝手な友人・知人とは少し距離を置きましょう。

2-2-2.トラブルメーカーとの付き合い方とは?

人間関係のなかでも、最も難しいのがトラブルを起こしやすい人との付き合い方です。トラブルメーカーとは一定の距離を保つということを心がけましょう。

2-2-3.人間関係の整理しすぎには要注意

人間関係を整理するということも大切です。しかし、人間関係は時には非常に大きな助けになります。人間関係を整理しすぎることは“人間関係の孤立”につながるので注意しましょう。

2-3.思い出の品を整理

身辺整理でなかなか整理の進まないものの代表が“思い出の品”です。思い出の品を整理のポイントについてご紹介しましょう。

2-3-1.思い出の品は種類ごとに収納する

思い出の品を収納する場合、種類ごとに分けて整理しましょう。種類ごとに分けていれば、見たい時にいつでも探し出すことができます。

2-3-2.思い出の品の処分は無理をしない

思い出の品は身辺整理のなかでも最後に手を付けるようにしましょう。自分の思い出の品というのは処分してしまうと2度と手に入らないものです。思い出の品の処分は無理をせず、そのほかに不要なものの処分をしてから考えましょう。

2-4.不用品の処理方法とは?

2-4-1.不用品の処分は業者に依頼しよう

身辺整理で処分の対象になる不用品が多くなってしまうと、自治体のゴミ回収だけでは処分が難しいことがあります。大量の不用品を処分したい場合には、不用品回収サービスや生前整理サービスを利用しましょう。不用品回収サービスや生前整理サービスでは不用品の仕分けは搬出・処分まで業者に依頼することができます。自分では処分できない不用品などがあれば、不用品回収サービスを積極的に利用しましょう。

2-4-2.買い取りサービスで不用品を処分!

自分にとっては不用品でも、価値のある不用品も数多くあるのです。不用品の買い取りサービスを利用することで、処分料金をかけずに不用品の処分もできます。貴金属や再利用可能な不用品などがあれば、不用品買い取りサービスを利用して処分しましょう。

整理するのはものだけじゃないんですね。
ものでも人間関係でも、自分に必要かどうかを見極めて整理することが大切です。

3.身辺整理ノートのすすめ

身辺整理ノート

3-1.身辺整理ノートとは

自分でもっているものの種類や量を理解している人は多くありません。身辺整理では、自分の所持しているものの把握することが非常に大切になります。身辺整理を始める場合、ノートを作成して自分の所持品の詳細を把握することから始めてみましょう。

3-2.ノートの書き方

身辺整理ノートは自分が分かりやすい書き方で作成しましょう。身辺整理をすすめるために便利なように、ものの種類や数などジャンルに分けて作成することで整理を円滑にすすめることができます。

3-2-1.優先順位をつけよう

身辺整理ノートではものの優先順位を必ずつけるようにしましょう。優先順位は、整理や処分で迷った際に整理を円滑にすすめる助けになります。身辺整理ノートは目録ではなく、整理を円滑にすすめるために作成するということを理解しましょう。

3-3.身辺整理ノートのメリット

身辺整理ノートを作成するメリットは、所持品を一覧として把握できる点です。ノートに記載した内容に従って、目的をもって整理をすすめることで身辺整理に必要なとき間を大幅に軽減できます。整理ノートでは品物一つ一つに優先順位を付け、必要なものと不要なものに分けましょう。判断できないものは後回しにして、明確に必要なものと不要なものを分け不要なものから処分を始めます。整理ノートは、整理作業を効率的にすすめられるというメリットがあるのです。

所持品の把握が大切だということがよくわかりました。
ノートで一覧になっていれば作業も捗ります。身辺整理を効率的に進めるためにもぜひ利用してください。

4.不用品の上手な片付け方・捨て方

不用品の上手な片付け方

4-1.不用品、粗大ゴミの仕分け

4-1-1.重い家電や粗大ゴミは早めに処分

不用品のなかでも重い家電や粗大ゴミなどの処分はできる限り早めにしましょう。大型の不用品は部屋のスペースを占有する原因になるため、早めの処分が大切です。家電や粗大ゴミを早めに処分することで、整理に必要なスペースを確保できます。不用品の処分は大きなものから処分しましょう。

4-1-2.思い出の品は整理整頓

捨てることのできない思い出の品はジャンル分けをして整理整頓するのがポイントです。収納用のケースなどにジャンルごとに小分けにして保存することで、必要なときに必要なものだけを取り出すことができます。

4-1-3.大量に出た不用品の処分方法

身辺整理をすすめるうえで大量に発生してしまう不用品の処分はゴミとして処分する以外にも中古品として売るという選択肢もあります。不用品でも再利用可能なものであれば買い取り可能なケースもあるので積極的に買い取りサービスを利用してみましょう。

4-2.不用品を仕分ける際の注意点

4-2-1.可能な限り分別する

不用品を整理する場合、仕分けや分別をすることで回収・処分料金が安くなる傾向にあります。可燃・不燃・資源などできる限りゴミを分別して、処分の費用を抑えましょう。

4-2-2.リサイクルできるものはきれいな状態で仕分ける

不用品のなかでもリサイクル・リユース可能なものはきれいな状態で仕分けましょう。状態のよいものであれば高額買い取りの可能性もあります。身辺整理で不要になったものでも買い取りできることもあるので無料査定で相談してみましょう。

4-3.不用品は回収や処分はどうする?

4-3-1.地方自治体のゴミ回収で処分

不用品の処分でも最もコストのかからない処分方法が自治体のゴミ回収です。しかし、大量の不用品を処分する場合、自治体のゴミ回収では処分できない可能性もあります。特に分別をしていない不用品やゴミは、自治体のゴミ回収で処分できないので注意が必要です。

4-3-2.ゴミ処理施設に持ち込んで処分する

自治体のゴミ処理施設では、自己搬入でもゴミを受け付けています。大量のゴミを処分したい場合には、ゴミ処理施設に直接持ち込むんで処分可能です。ゴミ処理施設の場所は、各自治体のホームページで確認できます。

4-3-3.リサイクルショップで不用品を処分

不用品には中古品として再利用できるものがあります。自分にとっては不要なものでも、再利用できそうなものがあればリサイクルショップで売るというのも選択肢の一つといえるでしょう。リサイクルショップで買い取り可能な不用品の目安についてご紹介しましょう。

  • 製造から3年以内の家電
  • 購入から5年以内の家具
  • 傷や汚れの少ないブランド品

上記以外に未使用のものや状態のよいものであれば買い取り可能な場合があります。自分では必要のないと思っているものでも買い取り可能になるケースもあるので処分前に相談してみるのもよいでしょう。

片付けのコツがわかりました。
とくに大きいものの処分は体力が必要になりますから、元気なうちにやってしまいましょう。

5.デジタル身辺整理とは

デジタル身辺整理

5-1.デジタル世界の身辺整理とは?

最近では個人でも大量の情報を取り扱うようになっています。デジタルの情報に関しても身辺整理などが必要なのです。パソコンやスマホなどに含まれる情報の整理も身辺整理では大切な作業になります。デジタルの身辺整理には、複雑な手順が必要です。デジタル世界の身辺整理の方法は、利用している端末やサービスによっても異なるため、しっかりと整理方法を確認しましょう。

5-2.フェイスブックなどSNSの整理

フェイスブックなどのSNSを整理する場合には、“アカウントの削除”と“退会”の2種類の方法があります。

5-2-1.SNSアカウントの削除・利用解除

SNSのアカウント削除や利用解除は、アカウントを一時的に使用できない状態にします。アカウントの削除は“アカウントの停止”であるため、あとから復帰・再開することも可能です。SNSのサービスによってアカウント削除の方法は異なるため、利用しているサービスの手続きに従って整理しましょう。

5-2-2.SNSの退会

退会はSNSを完全にやめる方法です。アカウントの停止や利用解除などとは異なり、退会後に同じアカウントの復帰はできなくなります。SNSから退会すると、アカウント内に登録していたすべてのデータを削除可能です。

5-3.パソコン、スマホなどのデータを整理

パソコンやスマホには非常に多くの個人情報が記録されています。このようなデータを整理することは非常に難しいのです。CD・DVDやフラッシュメモリーなどの記録媒体にコピーすることで保存・整理ができます。データを整理保存する場合、記録媒体によって保存期間があるため保存の際には注意が必要です。

5-3-1.フラッシュメモリーのデータ保存期間:5~10年

SDカードやUSBフラッシュメモリーは非常に便利な記憶媒体なのですが、データの保存期間が少ないという特徴があります。データの保存期間は5~10年と非常に短いため、短期間のデータを保存する記録媒体と考えましょう。

5-3-2.CD・DVDのデータ保存期間:5~20年

データの保存に活躍するCDやDVDは保存状況によってデータ保存期間が大きく異なります。CDやDVDは光に弱いため、暗所で保管するというのが長期保管の基本です。

5-3-3.デジタルデータの保存は難しい?

デジタルデータは“劣化しない記録方法”というイメージがありますが、記憶媒体によってデータの保存期間が決定します。デジタルデータを長期保存するためには、定期的なデータの再保存が必要になるためデジタルデータの保存は難しいというのが現状です。印刷して保存できるものは印刷して保存する方が確実な保管方法といえるでしょう。

5-4.デジタル身辺整理の方法とは?

デジタル身辺整理で大切なことは、個人情報などのデータ漏えいを防ぐことです。デジタルデータがインターネットに流出してしまうと削除は非常に困難になります。デジタル身辺整理では情報の漏えいに注意が必要です。

5-4-1.データの漏えいに注意!

身辺整理で不要になったパソコンやスマホには非常に多くの個人情報が記録されています。パソコン上の操作で消去したデータでも、特殊なツールの使用によって情報が復元される危険性もあるのです。特にHDDやSDなどの記録媒体を処分する場合には慎重に処分する必要があります。

5-4-2.データの完全消去の方法

パソコンやスマホのデータを完全に消去するためには“物理的な破壊”や“論理的な消去”などの方法があります。確実なデータ消去には専門的な知識が必要です。自分でデータの完全消去ができない場合には、デジタルデータの完全消去を依頼できる業者に依頼して処分しましょう。

デジタルというとイマドキっぽい感じがしますね。
近年ではデジタル機器はかなり普及していますから、全く無関係という人は少ないはずです。忘れず整理しましょう。

6.身辺整理、生前整理の業者選び

身辺整理の業者選び

6-1.業者に頼んだ方がいいこと

6-1-1.分別できない不用品は業者に依頼しよう!

自治体のゴミ回収では、分別していないゴミの処分はできません。分別の難しいゴミは、不用品の処分・回収サービスを利用して処分しましょう。

6-1-2.身辺整理・生前整理サービスを利用してみよう

一人は作業ができない場合には、身辺整理・生前整理を取り扱う業者のサービスを利用してみましょう。専門のスタッフによって作業が進められるため、整理作業の負担を大幅に軽減できます。短期間で身辺整理を進めたい場合には、整理の専門業者のサービスを利用しましょう。

6-2.粗大ゴミなどの処理方法

身辺整理や生前整理で最も処理に困るものが家具・家電などの粗大ゴミです。粗大ゴミには多くの処分料金が必要であり、経済的な負担も大きなものになります。自分では運搬・処分のできない粗大ゴミがある場合には、業者に依頼して処分するというのも選択肢の一つです。不用品回収サービスは、処分費用が必要になりますが自分で粗大ゴミを処理する負担を大きく軽減します。粗大ゴミや大型の不用品など自分では処分できないものがある場合には、業者への依頼を検討してみましょう。

6-3.業者選びのポイント

不用品回収・買い取り業者選びはトラブルを防ぐためにも、しっかりと選ぶことが大切です。身辺整理や不用品処分の業者選びについて、ご紹介しましょう。

6-3-1.整理作業の専門業者に依頼しよう

部屋の整理作業は信頼できる業者に依頼することが大切です。

  • 貴重品が無くなってしまった
  • 大切なものを捨てられてしまった

というようなトラブルを回避するためにも、身辺整理や生前整理を専門で取り扱う業者に依頼するようにしましょう。生前整理・遺品整理をおこなう業者の多くは、身辺整理などのサービスも行っています。作業中に貴重品や大切なものが紛失してしまわないように、信頼できる業者に依頼しましょう。

6-3-2.確実な料金を掲示する業者を選ぶ

不用品の処分や身辺整理などのトラブルのなかでも整理費用に関するものが数多くあります。明確な見積もりの作成を依頼し納得したうえで業者に依頼することでトラブルを回避できるのです。整理作業や不用品の回・買い取りを依頼する業者を選ぶ際には、料金だけではなく信頼性も重要な判断材料といえるでしょう。

整理を専門にあつかっている業者もあるんですね。
依頼する際には必ず見積もりをしましょう。不要なトラブルは事前に回避すべきです。

7.身辺整理、生前整理のよくある質問

身辺整理のよくある質問

Q.部屋の片付け作業を手伝ってもらいたい
A.身辺整理や生前整理のサービスをおこなう業者になかには、部屋の片付けサービスを利用できる業者もあります。不用品買い取りサービスと併用することで、片付け費用の負担を軽減できるサービスなどを利用して上手に身辺整理をしましょう。

Q.身辺整理・生前整理は誰に相談すればいい?
A.身辺整理や生前整理には、「生前整理アドバイザー」「生前整理作業技能士」などの資格をもつ方に相談することで悩みを解決できます。相談する相手が見つからない場合には、「一般財団法人 生前整理普及協会」のホームページなどで情報を集めてみましょう。

一般財団法人 生前整理普及協会

Q.残されて処分に困るものとは?
A.規模の大小にかかわらず、遺品整理は残された家族にとって大きな負担になります。残されて困るものを考えるよりも、家族とのコミュニケーションを図り円滑に遺品整理をすすめられる環境を整えることを考えましょう。

Q.身辺整理は何歳から始めればいい?
A.身辺整理に適正年齢はありません。定年を迎える60代から始める場合もありますが、40~50代の体力のあるうちから少しずつ始めるというのもよい方法です。自分のペースで生活の負担にならないようにすすめるのが身辺整理のコツといえるでしょう。

Q.身辺整理の大切さも理解していますが、大事なものは取っておきたい…
A.身辺整理や生前整理といってもすべてを処分すればよいわけではありません。

  • これからの生活で心の支えになるもの
  • 思い出として残しておきないもの

このような生活を豊かにするものを無理に処分する必要はありません。

迷惑をかけたくないという気持ちも分かりますが、自分の生活を第一に考えることも大切な身辺整理・生前整理なのです。

気になっていた疑問がわかってスッキリしました。
それでは実際に身辺整理を実行して、スッキリとした新生活を送ってみましょう。

まとめ

身辺整理のまとめ

身辺整理や生前整理は、生活の質向上するための整理です。

  • 今の生活スタイルを変えたい
  • 老後に向けて身の回りを整理したい

目的はさまざまですが、整理作業は非常に負担の大きなものです。

自分だけでは整理・処分が難しい場合には、整理作業を取り扱う業者への依頼を検討してみましょう。

身辺整理や生前整理サービスを利用することで、整理の負担を大幅に軽減できるのです。

「どうしても自分だけでは整理できない」「短時間で身辺整理・生前整理を終わらせたい」という場合には、身辺整理・生前整理サービスの利用を検討してみましょう。