生前整理のやり方を紹介! 業者を依頼する方法やメリットは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「自分が亡くなった後、遺族に迷惑をかけないように生前整理を行っておこう」という人が増えています。その一方で、「生前整理をやり始めたが、なかなかうまくいかない」と悩んでいる人もいることでしょう。生前整理は、時間をかけて家族と協力して行うことが大切です。

今回は、生前整理のやり方について解説します。

  1. 生前整理の基礎知識
  2. 生前整理を始める時期や注意点
  3. 生前整理の準備ややり方
  4. 生前整理を業者に依頼する方法
  5. 生前整理に関するよくある質問

この記事を読めば生前整理の手順や、不用品の処分方法も分かるでしょう。生前整理がうまくいかず悩んでいる人や生前整理をやってみようと考えている人は、ぜひ読んでみてください。


1.生前整理の基礎知識

はじめに、生前整理の目的やメリットを紹介します。

1-1.生前整理は持ちものを整理して財産を明確にすること

生前整理とは、自分にとって不要なものを処分して快適な老後を送ることと思われがちです。それも間違いではありません。でも、それ以外に「財産を明確にしておき、自分が亡くなった後に遺族が困らないようにする」ことも含まれています。これが、一般的な整理整頓と生前整理の違いです。

1-2.不用品を整理することでフットワークが軽くなる

年を取ると、今までの生活を維持するのが難しくなります。家を手放して介護施設や高齢者向けマンションに入居したり、子どもと同居したりすることもあるでしょう。そのとき、家にものが多いほど住み替えが大変になります。また、高齢になるほど体力や気力が落ち、引っ越し作業が難しくなるでしょう。生前整理をしておけば必要なものだけが残っていますから、フットワークも軽くなり、住み替えも楽に行えます。

1-3.遺族の負担が減る

今、親の家の片付けに悩む人が増えています。持ちものが多いほど片付けに時間と手間がかかり、悲しみにひたる暇もなくなるかもしれません。また、故人がどのような形でどのくらいの財産を持っていたか分からなければ、遺産相続も難航します。生前整理を行って財産の種類や量を明確にしておき、不用品を整理しておけば遺族の負担は大幅に軽減できるでしょう。

1-4.自分の意志を家族に伝えられる

自分が亡くなったら、愛用品やコレクションしていた品を大事にしてくれる人に譲りたいと思っている人もいるでしょう。しかし、整理もされずに残されたものは、価値や重要性が分からずに処分されてしまうことがあります。生前整理をすることで、自分の持ちものの行き先を家族に示しておくことが可能です。

2.生前整理を始める時期や注意点

この項では、生前整理を始めるのにおすすめな時期や注意点を紹介します。

2-1.定年退職をしたときに始める

生前整理はいつ始めてもかまいませんが、定年退職をした直後が、まだ体力・気力共に充実しているのでおすすめです。仕事を引退し、自分のために使える時間が増えるので、生前整理を時間をかけて行えるでしょう。

2-2.生前整理を短期間にやろうと思わない

生前整理は、引っ越しの荷づくりではありません。一朝一夕に行えるものではないですし、一度に大量の荷物を整理しようとすれば気力が続かないと思います。1年かけて不用品を整理し、1年かけて財産を明確にしておく、くらいの気持ちで行いましょう。片付けが苦手な人は、まず小さな引き出しの中から整理を始めてもいいですね。

3.生前整理の準備ややり方

この項では、生前整理の準備ややり方を手順ごとに説明していきます。

3-1.生前整理をするときに準備するもの

生前整理は、まず不用品の処分から始めていきます。以下のようなものを用意しましょう。

  • ゴミ袋
  • 軍手
  • 取っておくものを入れる箱など

また、不用品の処分方法を考えておくことも大切です。不用品を一度に処分したい場合は、業者を利用するのが便利なので、業者を探しておきましょう。

3-2.1日に整理する場所を決めてものを分別する

持ちものの整理は、あまり使っていない収納スペースから始めましょう。不用品がたくさんつまっている可能性があります。捨てるものが多ければ、片付けも進みやすいでしょう。捨てる踏ん切りがつかない場合は、「1年間使ってないものは捨てる」などのマイルールを決めます。「まだ使えるかも」「いつか使えるかも」という理由で取っておくのもやめましょう。また、洋服やバッグなどには流行があります。元値が高いブランドものでも、10年以上たったものはデザインが古くなっているでしょう。「元値が高かったから、捨てられない」と考えてはいけません。

3-3.どうしても捨てられないものは後日再度考える

どうしても捨てる決心がつかないものは、一時保管にしておいて後でもう一度考えましょう。写真をはじめとする思い出の品は、DVDに焼いて電子化するなど、形を変えて残せないか考えてみてください。ビデオや写真も無造作に取っておくと劣化するほか、場所を取ります。何度も分別をくり返すことにより、本当に自分が必要なものが分かってくるでしょう。

3-4.重要書類はひとまとめにしておく

土地の権利書や生命保険の証書、有価証券など財産に関わる重要書類は1か所にまとめておきましょう。そうすれば、家族も助かります。古美術品や書籍・ホビー類など「価値が分かる人から見れば高価なもの」をコレクションしている場合、譲りたい人や現在の価値などを目録にし、重要書類として残してもいいでしょう。

3-5.エンディングノートを作る

エンディングノートとは、自分の気持ちや意志を家族に伝えるために作るものです。遺言書と違い法的効果はありませんが、その分自由に気持ちを書くことができます。専用のノートも販売されていますが、通常の大学ノートに記しても問題ありません。エンディングノートには以下のようなことを書いておくのがおすすめです。

  • 銀行など現金を預けている場所の名前、口座番号・パスワード:ネットバンクは通帳もないので分かりにくい
  • パソコンやスマホのパスワードやSNSのパスワード
  • 財産の種類や量、借金の額や借入先
  • コレクションや愛用品の譲り先
  • 葬儀の希望
  • 家族への感謝の言葉

4.生前整理を業者に依頼する方法

この項では、生前整理を業者に依頼するメリットや注意点を紹介します。

4-1.生前整理を業者に依頼すると時間が短縮できる

今、生前整理を手助けしてくれる業者が増えています。遺品整理ファンデックスのように遺品整理業者が業務の一環として引き受けていることが多いでしょう。業者に依頼すれば、不用品もまとめて回収してくれます。「生前整理をしたいけれど、大型家具や家電が多すぎてなかなか進まない」というときに依頼すると便利でしょう。また、業者に依頼することにより生前整理にかかる時間を短縮させることもできます。

4-2.不用品を買取してもらえることもある

遺品整理ファンデックスでは、不用品の買取も行っています。「まだ十分使える家具や家電を捨てるのはもったいない」ときは、業者に依頼すれば買取してもらえる可能性があるでしょう。生前整理をする費用の足しにもなります。

4-3.不用品回収業者との違い

「不用品回収ならば、不用品回収業者に依頼すればいい」と思う人もいるでしょう。不用品回収業者も、家庭や企業からでる不用品を有料で回収しています。しかし、生前整理を請け負う業者が不用品と必要な品の分別までやってくれるのに対し、不用品回収業者は、依頼された不用品を引き取るだけです。整理整頓や分別まではやってくれません。生前整理全体を手伝ってほしい場合は、専用の業者、不用品を引き取ってくれれば十分というときは不用品回収業者を利用しましょう。なお、遺品整理ファンデックスは生前整理・不用品回収のどちらも行っております。お客様のニーズに合わせてサービスをお選びください。

4-4.業者の選び方や注意点

生前整理は、まだ新しいサービスです。ですから、相場がしっかりと確立されていません。現在のところ、1K~1LDKが数万~10万円まで、2K以上が10万円~という業者が多いでしょう。また、作業員の人数が増えるほど料金も高額になっていきます。業者を選ぶ際は、まず見積もりを作成してもらいましょう。対応が丁寧で見積もりが正確な業者は信用できます。反対に、見積もりがいいかげんで、加算前提の業者は依頼しないほうがいいでしょう。

5.生前整理に関するよくある質問

この項では、生前整理に関する質問を紹介します。

Q.生前整理は家族の強力がないと難しいでしょうか?
A.はい。家族が協力し合うのが一番です。しかし、まずは自分の持ちものから始めてもいいでしょう。そうすれば、自然と家族が協力し合えるかもしれません。

Q.生前整理はどのくらい持ちものを整理すればいいでしょうか?
A.特に決まりはありませんが、まずは明らかに不要なものを捨ててみましょう。それだけでも部屋がすっきりします。

Q.古くても売却できるものはあるでしょうか?
A.着物や家具などは古くても状態が良ければ売却できる可能性があります。反対に家電は、古くなるほど価値は低下していくので、不要になったら即売りましょう。

Q.不用品を寄付できますか?
A.ものによりますが、まずは寄付を受けつけている場所を見つけましょう。福祉施設などにいきなり送りつけてはいけません。

Q.生前整理をすべて業者に任せることは可能ですか?
A.必要なものをあらかじめすべて分別できているならば、可能なこともあります。

まとめ

今回は、生前整理のやり方について解説しました。生前整理は時間をかけ、何度も行ったほうがうまくいきます。引っ越し作業ではないので、焦らず自分にとって必要なものを選んでいきましょう。時間がない場合や、大型の家具家電が多く処分が大変なときは、業者に依頼するのもおすすめです。