遺品をもらうときの注意点を紹介! トラブルを避けるポイントは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品をもらうときトラブルを防ぐにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? 遺品整理をしていて遺品を形見受けすることになったとき、注意が必要な場合もあります。遺品整理では何かとトラブルが起こりやすいため、遺品をもらう際は気をつけましょう。

この記事では、もらうときに注意が必要な遺品や、形見分けでトラブルを避けるための注意点などを詳しくご紹介します。

  1. 遺品でもらうものは?
  2. 遺品をもらうときに注意が必要なもの
  3. 遺品をもらうときに起こりやすいトラブル
  4. トラブルを避けるための注意点を紹介
  5. 遺品をもらうときのよくある質問

この記事を読むことで、相続税が発生する遺品や、トラブルにならない遺品整理のポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品でもらうものは?

遺品でもらい受けることが多いものには、どのようなものがあるのでしょうか。

1-1.日用品

故人が生前使用していた腕時計や万年筆などの日用品をもらい受けることは多いでしょう。故人の思い出がつまったものであり、受け取りやすいものが多いのが特徴です。故人が生前よく使っていたもの・愛用していたものであることが多くなっています。

1-2.衣服

衣服を遺品としてもらうことも多いでしょう。衣服は遺品の中でも量が多いため、状態のよいものは形見分けすることも珍しくないのです。また、着物や髪飾り・バッグなども形見分けの対象になりやすいでしょう。

1-3.コレクション

故人がコレクションしていたいアイテムが形見分けの対象になることもあります。ただし、宝飾品や骨とう品など、資産価値の高いものをコレクションしていた場合、形見分けをするにあたってトラブルに発展するケースも珍しくありません。

2.遺品をもらうときに注意が必要なもの

遺品をもらい受けるにあたって注意が必要なものをご紹介しましょう。

2-1.資産価値のあるものは「遺産相続」になる

現金はもちろんのこと、着物や宝石・絵画など資産価値の高いものをもらい受ける場合、「遺産相続」として扱われることになります。そのため、自分のものにするためには相続人全員の合意が必要です。自分で価値を判断するのが難しいときは、鑑定士に鑑定してもらうことも考えなければなりません。

2-2.高価な遺品は贈与税の対象になることも

たとえ故人が望んで形見分けしたものであっても、高価な遺品は贈与税の対象になります。遺品の価値が110万円を超える場合は贈与税の申告をしなければならないため、注意してください。

3.遺品をもらうときに起こりやすいトラブル

遺品をもらう際に起こりやすいトラブル事例をいくつかご紹介しましょう。

3-1.遺品の中に高価なものが含まれていた

遺品をもらい受けたところ、その中に高価なものが含まれており、贈与税の対象になってしまったというトラブル例は多くなっています。贈与税の申告もれがあった場合、無申告加算税や重加算税・延滞税などが課せられることになるため、注意が必要です。

3-2.欲しかったものが勝手に処分されてしまった

「欲しい」と思っていた遺品が勝手に処分されており、トラブルに発展した例も少なくありません。知らないうちに遺品整理が終わっており、欲しかった遺品がほかの人の手に渡っていたり、処分されていたりするケースです。生前、故人と口約束していたにもかかわらず、自分の手に渡らなかった場合も多くなっています。

3-3.相続放棄ができなくなった

遺品をもらい受けたことで、希望していた相続放棄ができなくなったというトラブル例もあります。故人に借金がある場合など、相続放棄を希望する人もいるでしょう。しかし、遺品を受け取ったことで相続する意思があると判断され、放棄が認められなくなってしまうケースもあるのです。

4.トラブルを避けるための注意点を紹介

遺品をもらう際、トラブルを避けるために知っておくべき注意点をまとめました。

4-1.遺品の価値を調べる

相続税や贈与税の対象にならないかを確認するためにも、もらった遺品の価値を調べておきましょう。特に、着物や宝飾品・骨とう品など価値を判断するのが難しい遺品は、鑑定士に鑑定を依頼すべきです。

4-2.専門家に相談する

「遺品の取り合いになってしまった」「相続放棄ができなくなるのではないか心配」というときは、弁護士や税理士などの専門家に相談するのが一番です。相談料はかかりますが、客観的なアドバイスをもらえるため、トラブルを回避できるでしょう。

4-3.親族間でしっかり話し合いをする

形見分けにおけるトラブルを防ぐためには、親族間のしっかりした話し合いが必要不可欠です。「誰が何をもらい受けるのか」「故人の希望はどうだったか」などを親族全員が統一して把握できていればトラブルにはなりません。できれば遺品整理や形見分けの場に立ち会い、一緒に確認しながら進めていくのが望ましいでしょう。

5.遺品をもらうときのよくある質問

「遺品をもらうときの注意点を知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.形見分けはいつごろするものでしょうか?
A.決まりがあるわけではありませんが、四十九日法要など親族が集まるタイミングで行うケースが多くなっています。

Q.形見分けは必ずしなければならないのでしょうか?
A.いいえ。法律で決まっているわけではないため、するかしないかの選択は自由です。

Q.形見分けでもらったものは処分してもよいのでしょうか?
A.もらって困るようなものであれば処分しても構いません。ただし、故人に対する感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

Q.遺品をもらった場合、お礼をしたほうがよいですか?
A.お礼をする必要はありません。気になるようであれば、お供え用の線香や果物などを用意するとよいでしょう。

Q.「形見分けするものがない」ということで現金を渡されました。受け取ってよいのでしょうか?
A.丁重に断るべきですが、断りきれない場合は受け取り、故人との思い出になるようなものを購入するのがおすすめです。

まとめ

もらうときに注意が必要な遺品やよくあるトラブル・トラブルを避けるポイントなどを詳しくご紹介しました。遺品整理や形見分けの際にはトラブルが起こりやすいため、遺品をもらい受ける際は注意が必要です。ぜひこの記事を参考に、トラブルなく遺品をもらい受けてください。