遺品整理のポイントを知りたい! 効率よく片付けるコツを詳しく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「親の遺品整理をすることになったけど、どんなポイントを押さえるとよいのだろう」「遺品整理で挫折しないコツや注意点を知りたい」とお考えではありませんか? 遺品整理は想像以上にハードな作業になるため、挫折しないか心配ですよね。それに、なるべくスムーズに作業するポイントを知りたいことでしょう。

そこで今回は、遺品整理のポイントについて詳しく解説します。

  1. 遺品整理とは?
  2. 遺品整理で押さえるべきポイント
  3. 遺品整理を成功させるコツ
  4. 遺品整理業者に依頼するときの注意点
  5. 遺品整理のポイントに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理を効率よく進めるポイントや注意点が分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品整理とは?

最初に、遺品整理とはどんなものか見ていきましょう。

1-1.遺品整理の概要

遺品整理とは、亡くなった人の自宅を片付けたり持ちものを処分したりすることです。単なる不用品回収と異なるのは、所有者が自分の意思で作業することができない点にあります。したがって、遺品整理を行うときは、故人の意思を尊重すると共に、敬意を持って進めることが大切です。

1-2.遺品整理ではやるべきことは?

遺品整理は、想像以上にやるべきことがたくさんあります。たとえば、以下をご覧ください。

  • 遺品の仕分け
  • 形見分け(親族が希望する場合)
  • ゴミや不用品の処分
  • 家の片付け・掃除

特に、高齢者が長期間暮らしていた家には大量の不用品があり、汚れもひどいことが多く見られます。そのため、作業量を軽く見ていると大変な思いをすることになるでしょう。

1-3.遺品整理の需要が増えている背景

遺品整理の需要が増えている背景には、超高齢化社会や核家族化が進んで高齢者だけの世帯が増えたことが挙げられます。また、一生独身のままでいる人も多く、高齢者の一人暮らし世帯が増え続けているのも現実です。そのため、普段からゴミや不用品の処分がなかなかできず、そのまま亡くなってしまう人も多くいます。中には、親族との付き合いも少なくなり、孤独死を迎える人も増え、遺品整理の需要は高まる一方です。

2.遺品整理で押さえるべきポイント

遺品整理で押さえるべきポイントを詳しくご紹介します。

2-1.全体の物量はどれぐらいか

遺品整理を効率よく進めるためには、全体の物量を把握することが大切です。遺品整理では物量が少ないか多いかによって、必要な手間や労力がまったく異なります。大体でよいので、家の中をチェックし物量を確認してください。部屋数が少なくて狭い家でも、びっくりするほど大量のものであふれていることもあります。反対に、部屋数が多くて広い家でも、故人が生前整理が行っていたために物量が少ないこともあるでしょう。

2-2.デジタル遺品がないか

デジタル遺品がないか確認することも、遺品整理で重要なポイントです。最近では、高齢者でもパソコン・タブレット・スマホなどを使用する人が増えており、デジタル遺品が大きな問題になっています。遺品にパソコンやタブレット・スマホといった情報家電がある場合は、内部データの扱いに気を付けてください。個人的に作成した文書や撮影画像などだけでなく、ネット銀行やネット証券の登録情報が記録されていることもあります。したがって、とりあえずデータを消去すればよいというものではありません。なお、故人のプライバシーに踏み込むことになるため、実際にどんなデータが記録されているかを調べるには、親族の中でも一番身近で信頼できる人物が行うとよいでしょう。

2-3.汚れ具合はどうか

遺品や部屋の汚れ具合を確認することも、遺品整理で欠かすことができないポイントです。同じ物量でも、汚れがひどい場合は作業量と精神的な負担が大きくなります。特に、孤独死した現場は、想像を絶することもあるでしょう。また、汚れのほかにひどい臭いがあったり、害虫が繁殖していたりなどで手が付けられないケースもあります。自分たちで何とか掃除できる程度の汚れ具合か、業者に任せるべきか判断するためにも、きちんと確認してみてください。

2-4.いつまでに作業を終えるべきか

いつまでに作業を終えるべきかも、最初に確認しておきましょう。遺品整理の作業計画を立てるにしても、いつまでに作業を終えるか分からないと困ってしまいまず。たとえば、故人が賃貸物件で一人暮らしをしていた場合は、契約者死亡により賃貸契約が解除になるのが一般的です。したがって、退去期限までに遺品整理を終える必要があります。一方、持ち家でも相続人全員が円満に話し合いできる場合は、ある程度余裕をも持って作業することが可能です。

2-5.相続人全員が円満に話し合いできるか

相続人全員での話し合いが円満にできない場合は、遺品整理の作業を簡単に始めることができないケースもあります。たとえば、以下のようなケースは注意が必要です。

  • 複数の相続人がいる
  • 相続放棄をする予定がある

まずは、相続人全員で話し合い、遺品整理の進め方やまとめ役を決めておくとよいでしょう。また、形見分けを希望するものがあったら聞いておくことをおすすめします。なお、相続放棄をする予定がある場合は、遺品整理に一切手を出してはいけません。遺品整理を行うと、相続する意思があると判断されて相続放棄が認められなくなるからです。

2-6.遺言書やエンディングノートがあるか

故人の遺言書やエンディングノートで、遺品整理について触れている場合は、最大限尊重する必要があります。遺言書やエンディングノートに記載があるということは、自分が亡くなった後も遺族で分配を争ったり粗末にしたりせず、遺品を大切にしてほしいからです。遺品は故人の持ちものなのですから、できるだけ故人の遺志を尊重して処分してください。特に金銭価値の高いものや思い入れのあるものについて触れていることが多いので、きちんと確認しておきましょう。

3.遺品整理を成功させるコツ

遺品整理を成功させるコツを、具体的に見ていきましょう。

3-1.最初に気持ちを整理しておく

最初に、自分の気持ちを整理しておくことが大切です。特に、故人と親しい関係だった場合は、遺品整理の最中に気持ちが高まって作業の手が止まってしまうことがあります。遺品を仕分けしていると、故人との思い出が頭に浮かんできてつらくなるものです。しかし、遺品整理をきちんと終えることも、故人の供養の一つと考えてください。故人に代わって持ちものを整理するのだと考えれば、前に進むことができます。

3-2.作業前に計画を立てておく

効率よく遺品整理を進めるには、作業前に計画を立てておくことが必要です。遺品の物量や内容・汚れ具合・部屋数などを考えて、無理のない計画を立ててみましょう。なるべく早く作業を終わらせたい気持ちも分かりますが、無理な計画を立てると途中で挫折するだけです。1日の作業時間と作業場所を決め、集中して作業できるように考えてみてください。適宜休憩を入れたり、作業が遅れたときを想定して予備日を設定したりすることも大切です。

3-3.不用品の仕分け基準を決めておく

遺品整理を予定どおりに完了させるためには、不用品の仕分け基準を決めておくこともポイントです。たとえば、以下のような基準で不用品の仕分け基準を決めておくと、実際の作業で迷わずに済みます。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 故障や不具合などで正常に使えない
  • まだ使えるものでも金銭価値が高くない
  • 故人や遺族の思い入れがない

なお、以下のようなものは不用品でも買取してもらえることがあるため、廃棄処分するものとは別に仕分けておくとよいでしょう。

  • 不具合や故障がなく、比較的新しい家電製品
  • 状態のよい古美術品やアンティーク家具
  • 趣味のコレクション
  • 貴金属類
  • 人気ブランド品
  • そのほか主に未使用品で問題なく使えるもの

3-4.必要な道具をそろえてから作業を始める

遺品整理を開始する前に、必要な道具をすべてそろえてから作業するのもおすすめです。必要なときにすぐ使えるので、効率よく作業できます。遺品整理で必要なものやあると便利なものについては、以下を参考にしてください。

掃除道具

  • 掃除機
  • ほうき
  • ちり取り
  • はたき
  • 雑巾
  • バケツ
  • 住宅用中性洗剤
  • 消毒用エタノール
  • フロアーワイパー
  • 掃除用シート(ドライタイプとウェットタイプの両方)
  • ゴミ袋

仕分け用道具

  • ダンボール箱
  • ビニールテープ
  • マジック
  • 古新聞紙

服装・装備

  • 掃除用手袋(使い捨てタイプが便利)
  • マスク
  • 三角巾
  • 汚れてもよい服装
  • 室内用安全靴

複数人で作業するときは、人数分用意することを忘れないでください。なお、ゴミ袋やダンボール箱は多めに用意しておくようにしましょう。

3-5.なるべく多くの人に手助けしてもらう

遺品整理を成功させるには、なるべく多くの人に手助けしてもらうことも大切です。遺品整理はやるべきことが多く、自分一人だけで何とかなるものではありません。特に、遺品整理を完了すべき期限が迫っている、物量が多い、汚れがひどいといったケースは、一人で作業すると高確率で挫折します。親族や友人・知人など、多くの人に声をかけて手伝ってもらいましょう。何らかの理由で身近に依頼できる人がいない、都合が付かないといった場合は、遺品整理業者に依頼することがおすすめです。

4.遺品整理業者に依頼するときの注意点

遺品整理は、遺品整理業者に依頼すると何かと便利で助かります。ここでは、遺品整理業者に依頼するときの注意点を詳しく見ていきましょう。

4-1.信頼できる遺品整理業者に依頼すること

遺品整理は、思わぬトラブルを避けるためにも信頼できる遺品整理業者に依頼することが大切です。具体的には、以下のポイントをチェックして選ぶとよいでしょう。

  • 遺品整理で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりを提供している
  • 現場視察および見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 不用品の引き取り処分だけでなく可能なものは買取もしている
  • 回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている
  • 都合のよい日時と場所で作業してもらえる
  • スタッフが個人情報保護や守秘義務について深く理解し配慮している
  • スタッフの対応が丁寧で顧客からの信頼も厚い
  • 必要に応じて特殊清掃や遺品供養なども依頼できる

なお、当遺品整理ファンデックスでも、数多くの遺品整理をお受けしております。まずは、お気軽に何なりとご相談ください。

4-2.見積もりの内容をよくチェックすること

業者から見積もりをもらったら内容を隅々までチェックし、不明な点を残さないことが大切です。まずは、以下のようなポイントをチェックしてみるとよいでしょう。

  • 依頼した内容に沿って作成されているか
  • 金額が不当に高過ぎないか
  • 不明な項目で費用を計上していないか
  • 見積もりの作成年月日や有効年月日の記載があるか
  • 担当社名・業者名の記載があるか
  • 書面で届いた場合は正式なフォーマットを使用しているか

万が一、不明な箇所があれば、業者に連絡して説明してもらうことが必要です。また、場合によっては内容を訂正し、差し替えてもらいましょう。口頭による確認だけでそのまま正式契約すると、後日思わぬトラブルに発展することあるので注意してください。

4-3.悪質業者の手口に注意する

遺品整理では、悪質業者の手口にも十分に注意してください。遺品整理の需要が高まるにつれ、悪質業者の数も急増しています。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる業者は悪質なので、絶対に契約してはいけません。

  • いきなり訪問してきて長時間居座る
  • 勧誘電話がしつこい
  • きっぱり断っているのになかなか帰らない
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪く利用者からの評判も悪い
  • 強い言葉や態度で無理に契約を取ろうとする
  • 現地視察や見積もりだけでも有料
  • 「今だけ正規料金の50%OFF」などと一見お得に見える言葉を多用する
  • 何かに付けて家に上がりたがる
  • 金銭価値の高いものを法外に安い価格で無理やり回収しようとする
  • 法外に高くて不明確な料金システム
  • 正式な見積もりや契約書を作成しない
  • 身分証や社員証の提示を渋る
  • 不法営業をしている可能性が高い

5.遺品整理のポイントに関するよくある質問

最後に、遺品整理のポイントに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.遺品整理を行うのにおすすめの時間帯は?
A.時間帯を選べるのなら、午前中に行うとよいでしょう。前日の疲れが取れており、心身共に作業しやすいからです。

Q.処分するのに迷う遺品があるときはどうする?
A.無理に処分する必要はありません。遺品は、1回処分すると二度と取り戻すことができないからです。処分すると後悔する可能性があるものは保留にしておき、日にちを置いて再度考えてみるようにしましょう。

Q.遺品をゴミで出すのはマナー違反?
A.特にマナー違反ではありません。ただし、ほかのゴミと混ぜて出さない、処分する際に塩を振っておくなどの配慮をおすすめします。

Q.遺品整理を業者に依頼した場合の費用目安は?
A.以下を参考にしてください。以下は、当遺品整理ファンデックスの費用一例です。

  • 1K(2名):34,800円~
  • 1DK(2名):59,800円~
  • 1LDK(3名):79,800円~
  • 2DK(3名):119,800円~
  • 2LDK(4名):149,800円~
  • 3DK(5名):179,800円~
  • 3LDK(5名):199,800円~
  • 4DK(6名):229,800円~
  • 4LDK(6名):259,800円~

なお、上記はあくまでも一例であり、実際には物量や汚れ具合などによって金額が異なります。また、業者によっても料金設定が異なるため、詳しくは見積もりを確認してください。

Q.遺品整理を業者に依頼した場合、作業中に立ち会う必要がある?
A.業者にもよりますが、多くの場合、作業開始時と作業完了後に立ち会うだけで、作業中は立ち会わなくてよいはずです。ただし、作業中に突発的な確認事項が発生することがあるため、すぐに連絡できるよう携帯電話の番号などを業者に知らせておきましょう。

まとめ

今回は、遺品整理のポイントについて詳しく解説しました。遺品整理を効率よく進めるには、いつまでにどんな作業が必要かきちんと把握し、作業計画を立てることが大きなポイントになります。また、なるべく多くの人に手伝ってもらうことも必要です。なお、遺品整理は自分たちだけで行うこともできますが、より効率よく進めるには遺品整理業者に依頼するとよいでしょう。遺品整理業者は遺品整理のプロであり、大量の遺品を効率よく片付けてもらえる、キレイに仕上げてもらえる、時間や労力の節約になるなど多くのメリットがあります。この記事を参考し、信頼できる遺品整理業者を選んでよく相談してみるとよいでしょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア