実家が空き家になったら片付けが必要! 整理は業者の活用がおすすめ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

実家の両親が亡くなり、空き家の整理が必要になるときが来るでしょう。自分が住むという選択肢もあるのですが、ライフスタイルが違うと、なかなか簡単に移住することはできません。最近では、子どもたちへの負担を考え、実家を生前整理する動きも出ています。また、両親が亡くなったときは、遺品整理が必要です。いずれの場合も、実家の整理をしなければなりません。

実家には長年両親が住んでいたということもあり、荷物の量が膨大であることも、整理を阻む理由です。荷物の整理で困る前に、生前整理や遺品整理にかんして知識は身につけておくべきでしょう。
今回は、実家の整理や片付けについてご紹介します。

  1. 実家の整理について
  2. 実家の整理方法
  3. 実家の整理を依頼する業者選び
  4. 実家の整理や片付けでよくある質問
  5. まとめ

荷物の量が多すぎる、自分では進め方が分からないという場合は、業者に依頼する方法もあります。まずは、実家の整理や片付けのコツを覚えておき、いざというときに困らないようにしましょう。この記事を読むことで、実家の整理について深く知ることができます。


1.実家の整理について

実家の整理が必要になる場合や、最近の傾向などをご紹介します。

1-1.どんな場合に必要か?

介護施設への入所をきっかけに、生前整理を行うケースが増えています。身の回りのものだけに絞り、家財や家電などは処分してしまうのです。遺産相続すべきものは、生前整理をきっかけに元気なうちに遺産分割することもあります。
現在主流となっているのは、両親の死後に行う遺品整理です。実家が空き家となり、管理ができなくなるため、荷物の片付けをし、遺産相続の対象となるものや不用品の仕分けを行います。

1-2.いろいろな問題点

実家にはたくさんの荷物があり、整理しようと思っても手が付けられないという問題が多く見ることができます。少子化の影響もあり、遺品整理をする人手が足りないというのも、実家の整理を進めにくくする原因です。
また、実家がゴミ屋敷という例も珍しくなく、久しぶりに実家に戻った子どもがショックを受けてしまう事態も起こっています。ゴミ屋敷問題は深刻で、素人では片付けが難しいものです。

1-3.最近の傾向や現状

終活ブームが到来し、自分の人生をきれいに締めくくりたいと考える方が増えています。徐々に生前整理を意識する傾向が高まり、自分の死後は子どもに迷惑をかけないようにしようと考えるからです。少しずつ、体がまだ健康なうちに進めようと、エンディングノートの記入や生前整理を始める方が多くなっています。

1-4.片付けられない親について

一緒に暮らしていたころは片付けや整理整頓をきちんとしていたのに、実家を離れてから急に片付けられない親になってしまったという例も目立ちます。子どもが独立し、孤独感を抱くことが原因です。寂しさから逃れようと、大量のゴミを集め、片付ける意欲を失ってしまうのでしょう。片付けられない親を持つ場合、遺品整理はとても困難を極(きわ)めます。なるべく、生前整理を手伝い、少しずつ荷物の片付けをしていくことが大切です。

1-5.空き家について

実家が空き家となった場合の活用法や処分法をご紹介します。

1-5-1.どうするか?

実家が空き家になってもそのまま残している場合、税金がかかり続けます。まず、実家に住むのか、手放すのかを早期に判断すべきでしょう。遺産相続が絡む場合は、親族一同で遺産分割協議を行うことが理想です。

1-5-2.活用法

リノベーションやリフォームをし、今のライフスタイルに合う形に変えることも可能です。住みやすい環境にし、移住する方法もおすすめでしょう。賃貸として新たな活用をすることも可能です。賃貸収入で税金を賄うことができるため、実家を残したい方にはいい方法となります。

1-5-3.処分法

空き家となった実家を手放す場合、解体という手段があります。更地にし、売りに出す方法です。売却してお金に変えることができたら、遺産分割協議もスムーズに行うことができるでしょう。

12