実家が空き家になったらどうする?賃貸にだすメリットとデメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

環境の変化で実家が空き家になることがあります。親の家族との同居、施設への入居、または親が亡くなって家を相続するケースもあるでしょう。

空き家になった実家は、賃貸に出すのもひとつの方法です。しかし、実際に行動する前に、実家を賃貸に出すメリットとデメリットを確認しましょう。また、実際に実家を賃貸に出すために行うべき点もご説明します。

  1. 実家を賃貸に出すメリット
  2. 賃貸に出すデメリットは?
  3. 実家を賃貸にするための方法

1.実家を賃貸に出すメリット

1-1.土地を手放さなくて済む

実家を賃貸に出せば、土地や家屋を売る必要がなく、財産として持ち続けることができます。実家が一戸建ての住宅で、その場所が思い出のある土地なら、いつか家を建て直してでも、同じ場所に住みたいと思うケースも多いでしょう。いまは仕事の関係などで、空(あ)いた実家に住めなくても、当座は賃貸にしておくなら、将来その土地を活用できます。土地の価格が上昇する可能性があるなら、土地を手放さないメリットも高くなるでしょう。また、土地が広いなら、将来は賃貸アパートを建設するなど、不動産経営の第1歩にもなり得ます。

1-2.収入が生まれる

空き家のままにするなら、維持費が発生するだけです。人が住んでいないと家屋も早く傷みます。一方、賃貸に出すなら定期的な収入が生まれ、無駄のない土地活用ができるのです。賃貸収入を、将来家を建て直す目的で積み立てるもよいでしょう。特に、子供がいる家庭なら、進学資金など何かと費用はかかるものです。月々の収入が少し増えるだけでも助かります。とはいえ、家賃収入の1部は、家のメンテナンスのために計画的にとりわけましょう。賃貸に出すというのは、「大家さん」になるということです。基本的な家のメンテナンスなど、家の管理に責任を持たなければいけません。

1-3.将来の必要の備えになる

いまの時点では空(あ)いた実家には住まないとして、家庭環境が変わって家族のだれかが家を使う可能性もあります。当座、賃貸にだしておけば、自分たちで家を活用したいときに、家を取り戻すことができるでしょう。特に、一戸建ての住宅であれば、自分の子供たちが家族を持ったときに役立つはずです。実家がマンションの1室なら、賃貸にだしても建物や構造に大きな変化がないため、家を取り戻したあとの違和感も少ないでしょう。

実家を賃貸に出すメリットはいろいろあるんですね。
はい。特に駅に近い物件などは需要が高いでしょう。

2.賃貸に出すデメリットは?

2-1.固定資産税がかかる

土地と建物を持ち続けるには固定資産税がかかります。もちろん、賃貸に出すなら、その収入で固定資産税を支払うことも可能です。そのため、家賃設定をするときには、固定資産税の支払いも考慮にいれて、価格設定をしましょう。一戸建ての場合、家屋の評価額はやがて消滅するため、固定資産税について心配する必要は大きくありません。しかし、マンションの場合は建物への評価額が長く設定してあります。建物に対する固定資産税も計算にいれてください。

2-2.相続のバランスも考えよう

これから相続の手続きをするのであれば、ほかの親族と共有名義にする方法もあります。特に、不動産以外に相続対象がない場合には、不動産を管理する手間もしっかりと考えて決めなければいけません。家屋と土地を相続することは、固定資産税の支払い、賃貸の管理など、関係する業務をすべて引き受けることになるからです。共有名義にした空き家を賃貸に出すなら、固定資産税の支払い負担や家賃収入もそれぞれ均等になるよう上手に手配しなければいけません。家族間で金銭問題が生じるのはやっかいなものです。最初の時点で、しっかりと決まりごとを書面にしておきましょう。

2-3.割り切りが必要

賃貸に出すなら、家の雰囲気も変わります。いままではイベントがあるごとに集まっていた実家を使えなくなるのも事実です。この点はデメリットになりますが、割り切って考えることも大切でしょう。いつまでも感傷にはひたれません。いつか古い家は取り壊し、建て直す必要もあるでしょう。賃貸に出すからには、いままでの家の状態ではなくなる点は心得てください。

実家を自由に使えなくなるというデメリットもありますね。
はい。また、大家としての仕事も行わなければなりません。

3.実家を賃貸にするための方法

3-1.家賃の設定を適切にする

定期的なメンテナンスや年ごとに払う固定資産税の総額を計算しましょう。相場の確認も大切ですが、赤字にならないように計算しなければなりません。契約書はしっかりつくってください。家賃の未払いなどの問題も生じ得るため、場合によっては、不動産会社に仲介を頼んだ方が楽です。自分が直接大家さんになって、管理をする予定なら、賃貸契約にかかわる法律をしっかり勉強しておきましょう。

3-2.処分と整理を賢く行う

家を賃貸に出すときは、家財をそのままにはできません。また、すべてをどこかに移すのも、手間がかかり、結局保管スペースが足りなくなるでしょう。そのため、この機会に家にある家財や持ち物を処分しなければなりません。まずは、相続権のある家族にとっておきたいものをそれぞれ確認してもらいましょう。あとで、「大切なものを処分した」などのもめごとが生じても困ります。思い出の品をとっておきたい気持ちはわかりますが、量を制限してください。故人が大切にしていたものでも、いつか処分するべきときは来ます。思い出として写真に残し、思いきって処分する決意も大切です。

3-3.遺品整理の業者に依頼するメリット

家族の遺品を処分するのはつらいものです。また、中にはまだ使えるものや、買い取りが可能なものもあるでしょう。ですから、家を賃貸に出すときの整理には、遺品整理の専門業者に依頼するのがおすすめです。思い出としてとっておくものや、相続するべきもの以外は、まとめて処分してもらえます。買い取りが可能なものもきちんととりわけ、見積もってくれるので便利です。自分ですべてを行うよりも、時間も短縮され、精神的にも楽でしょう。

実家を賃貸にするにはいろいろな準備が必要なんですね。
はい。まずは実家を空っぽにしましょう。

まとめ

相続した家を賃貸に出すには、いくつか考えておきたいメリットとデメリットがあります。いずれにせよ、前向きな生活を続けるには、思いきった決断が必要です。特に、賃貸に出すための家財の処分には、決断力が求められます。遺品整理の専門業者なら、処分から買い取りまで、家族の気持ちを考えてていねいに対応してくれるでしょう。