福祉住環境整理・介護整理を行うポイントは? 業者の選び方など解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「福祉住環境整理」は、高齢者が健全な生活を続けるために行う片付けのことです。私たちが健康的な生活を送るためには、衣食住の環境を整え維持し続けなければなりません。しかし、体力がなく足腰が自由に動かない高齢者や、病気を持っている方は、なかなか居室の整理が維持できずにいます。その結果、部屋が不用品であふれ、ゴミ屋敷化してしまうのです。福祉住環境整理は、そんな方の助けになり、快適な住環境を作る大切な役割を担っています。本記事では、福祉住環境整理について詳しく解説していきましょう。

  1. 福祉住環境整理の基礎知識
  2. 福祉住環境整理の必要性は?
  3. 福祉住環境整理の方法とコツを紹介
  4. 福祉住環境整理の業者とは?
  5. 福祉住環境整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、福祉住環境整理について良く分かります。興味のある方は、ぜひチェックしてください。


1.福祉住環境整理の基礎知識

福祉住環境整理の定義・主な目的をチェックしておきましょう。

1-1.どんなことか?

福祉住環境整理は、体の不自由な方や高齢者が生活している部屋を、より良い環境になるよう片づけることです。「介護整理」ともいわれており、過ごしやすい住環境に整えます。

1-2.主な目的

高齢者や体が不自由な方は、思うように部屋の片づけができません。片づけと掃除が不十分になると、部屋の中がゴミと不用品でいっぱいになってしまいます。足の踏み場がなく、ものにつまづいて転び大ケガをするおそれもあるでしょう。衛生面によくなく、ゴミ屋敷化という最悪な状態になりかねません。そうならないためにも、福祉住環境整理が大きなポイントとなるのです。

1-3.現状、社会背景を知ろう

近年の日本は、少子高齢化が問題になっています。1人暮らしの高齢者が増加していることもあり、部屋の掃除や片づけが思うようにできない方が増えているのです。「自分1人ではものを片づけられない」「もったいないから保管する」という高齢の親が、実家をゴミ屋敷にするというケースも増えています。ゴミ屋敷家問題は年々増えているため、今後はさらに福祉住環境整理の必要性が上がるでしょう。

2.福祉住環境整理の必要性は?

それでは、福祉住環境整理の必要性について、もっと詳しく掘り下げていきたいと思います。

2-1.何のためにするのか?

前述のとおり、快適かつ安全な住環境にすることが福祉住環境整理の基本的な考えです。部屋の掃除や片づけをしないと、ホコリ・ダニ・ノミなどが増え衛生面が悪くなります。衛生面は体調にも大きく影響するため、悪くなるほど体調が悪化するでしょう。高齢者は免疫力が弱まっている状態なので、病気になる原因となります。また、精神面でも悪影響をおよぼしがちです。ものであふれている部屋は気持ちが落ち込み、うつ状態になる可能性もあります。さらに、不用品であふれた部屋は足の踏み場が少なくなるでしょう。実際に、ケガをして足腰に障害が残ったという事故も起きているため、体を守るためにも住環境を整えることが大切です。

2-2.誰が行うのか?

福祉住環境整理の知識が豊富な「福祉住環境コーディネーター」の指導のもと、部屋の片づけを行うのが理想的です。家族が説得しても、本人の意識が変わらなければ住環境が再び悪化します。福祉住環境コーディネーターは、建築・医療・福祉の知識を持っているので的確なアドバイスをしてくれるでしょう。専門家と一緒に福祉住環境整理をすすめたほうが、スムーズに片づけができるはずです。

2-3.いつごろから始めるか?

できるだけ、早めに始めたほうがよいでしょう。たとえば、「片づけられない状態をどうにかしたい」「部屋を整理する体力がない」と悩んでいるなら、福祉住環境整理を始めることをおすすめします。ただし、放置だけはしないでください。整理や不用品の処分が遅くなるほど、部屋がゴミで埋め尽くされるので環境整理に時間がかかります。手間と時間をかけたくないなら、早めに始めるのが1番です。

2-4.相談窓口は?

「福祉住環境整理をしたいけど、どのようにすればいいのか分からない」と悩んでいる方は、サービスを受けつけている業者に相談してください。高齢者の増加から専門業者の需要が高まり、整理・片づけ・遺品整理サービスを実施するところが増えています。中には、福祉住環境コーディネーターが在籍している業者も存在しているのです。また、介護整理に力を入れている行政も増加しています。お住まいの地域の自治体に相談するのも手段の1つでしょう。

3.福祉住環境整理の方法とコツを紹介

快適な住環境に整理し維持するためには、専門家のアドバイスだけでなく家族の協力も必要です。では、どのような方法ですすめていけばよいのでしょうか。

3-1.主な方法、手順

最も重視すべきなのが、「安全な部屋」かどうかです。現在の部屋の状況を把握し、安全な部屋にするにはどうすべきなのか考えてみてください。たとえば、不用品であふれている場合は、「要るもの」と「要らないもの」に区別し、不用品をすべて処分することが大切です。大まかな流れと手順を以下にピックアップしてみました。

  1. 玄関からベランダ・庭までの道をつくる
  2. 大きめの不用品から回収し、「要るもの」と「要らないもの」に分別する
  3. 天井に近い部分から掃除を始め、最後に床掃除をする
  4. 要らないものは処分し、要るものは置き場所を決めて整理する

ここで注意しておきたいのが、本当に必要なものだけを残すことです。部屋が片づけられない高齢者の多くは、「もったいない精神」を持っています。いつか使うから、もったいないからと使わないものまで保管しがちです。そのため、思いきって処分することも必要でしょう。どうしても迷ったときは、「一時的保管ボックス」に入れて、後でじっくり考えてみてください。

3-2.ポイントとコツ

快適で安全な住環境にするポイントは、「置き場所」と「収納術」の2点あります。高齢者や体の不自由な方は、足元にものが散乱していたり高い場所にものを置いたりすると非常に危険です。床に置いてある不用品につまずき、転んでケガをすると今後の生活に悪影響をおよぼします。また、高い場所に置いてあるものを取ろうとして不安定な踏み台に乗り、転んでケガをするおそれもあるのです。そのため、床にものを置いたり高い場所に収納したりしないようにしてください。
そして、2つ目の「収納術」は、高齢者のものを大切にする意識が大きく関係しています。高齢者は、どうしても所有物が多くなり、使わないものにホコリがかぶりやすい部屋になりがちです。写真立てや置物・小物類などホコリのかぶりやすいものは、なるべくケース・収納ボックスを利用して保管しましょう。まとめて置くことで、ホコリがかぶりにくい部屋になり衛生面がよくなるはずです。

4.福祉住環境整理の業者とは?

家族や本人だけでの片づけが困難な場合は、福祉住環境整理の業者に依頼することをおすすめします。福祉住環境整理の業者とは一体どのような業者なのか、チェックしておきましょう。

4-1.いつ、どんな場合にお願いするか?

「親の捨てられない性格に困っている」など、悩みを抱えている方は福祉住環境整理の業者に相談してください。自分たちで対処できない場合に、業者へ依頼するケースが増えています。福祉住環境整理の業者は、部屋の片づけはもちろんのこと、遺品整理・生前整理・ハウスクリーニングを行っている業者です。掃除する時間や体力がなくても、プロの業者に依頼すればスピーディーに片づけることができます。1人暮らしの高齢者でも、安心して任せることができるでしょう。

4-2.福祉環境整理に必要な資格は?

一般的に、資格がなくても福祉環境整理を行うことができます。しかし、専門の知識を持っていたほうが、より快適かつ安全な住環境に整理できるでしょう。東京商工会議所では、「社会住環境コーディネーター」の検定試験を実施しています。業者へ依頼する際は、きちんと証明書を持っているか確認するとよいでしょう。検定試験に関しては、「東京商工会議所 検定試験情報」をチェックしてください。

4-3.業者選びのポイント

業者の中には、相場よりも高額な請求をしたり、いい加減な片づけをしたりする悪質な業者が存在しています。悪徳業者に引っかからないためには、業者選びのポイントを把握することが大切です。主に、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 見積書の内容が細かく記載されている
  • 福祉住環境コーディネーター・遺品整理士など有資格者が在籍している
  • 口コミ・評判がいい
  • サービス内容が充実している
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 不用品回収だけでなく、買い取りを行っている
  • 料金システムが明確
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられる

4-4.費用と流れを解説!

気になる費用は、部屋の広さ・不用品の量などで異なります。参考として、生前・遺品整理サービスなどを行っている「ファンデックス」の料金システムを以下にピックアップしてみました。

  • 1K(作業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(作業員人数5名):199,800円~
  • 4DK(作業員人数6名):229,800円~
  • 4LDK(作業員人数6名):259,800円~

5.福祉住環境整理に関してよくある質問

福祉住環境整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.部屋が過ごしやすくなる工夫は?
A.「整理整頓」が部屋を過ごしやすくする大切な第一歩です。たとえ、部屋がキレイになったとしても、きちんと整理整頓しておかなければ再び汚くなるでしょう。どこに何があるのか把握しやすいよう「置き場所」を決めてください。たとえば、リモコンはメインテーブルの上、薬は引き出しの中などです。使用後は置きっぱなしにせず、きちんと置き場所に戻すことも大切なポイントとなります。

Q.「要るもの」と「要らないもの」の判断基準は?
A.福祉住環境整理を行うためには、できるだけ、ものを減らすことが大切です。1年以上使用していないものは、今後も使う可能性が低いので「要らないもの」に分類してください。思い出の品でどうしても捨てられないなら、撮影して写真に残すのも方法の1つです。どうしても迷ったときは、「一時的保管ボックス」を活用するとよいでしょう。後でじっくり考えることで、正しい判断ができます。

Q.福祉住環境整理が楽になるコツは?
A.「生前整理」を行うことです。生きている間に身のまわりのものを整理することを生前整理といいます。退職や子どもの独立を機に、生前整理を行う方が増えているのです。体が自由に動くときに整理をしておけば、快適な老後生活が送れるようになるでしょう。

Q.悪徳業者の特徴は?
A.対応が悪く、見積書も具体的に記載されていない特徴があります。遺品整理士・福祉住環境コーディネーターといった有資格者もいないため、適切なアドバイスももらえません。1社だけにしぼらず複数の業者を比較すると、悪徳業者を見極めることができるでしょう。

Q.できるだけ費用を抑える方法は?
A.不用品の買い取りを行っている業者へ依頼してください。基本的に、需要があり使える状態であれば買い取り可能となります。買い取ってもらえるものが増えると、費用が抑えられるでしょう。また、まとめて処分するのも節約のポイントです。「ファンデックス」のように、お得なパックプランが利用できるので1品ずつ処分するよりも費用が節約できるでしょう。さらに、時間と手間もかからないので一石二鳥です。

まとめ

いかがでしたか? 福祉住環境整理は、高齢者や体の不自由な方が快適な住環境で過ごせるように、部屋の片づけ・整理などを行うことです。快適かつ安全な住環境にする目的があります。家族と協力しながら片づけもできますが、専門の知識を持った「福祉住環境コーディネーター」「遺品整理士」などの協力を得たほうがスムーズに行えるでしょう。業者へ依頼する際は、有資格者が在籍し、きちんと丁寧な対応をしてくれるところを選んでください。