家財整理完全ガイド! 家財処分の業者選びはこれで完璧!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

核家族が大家族より多い現在において、家財整理は身近な問題です。遠方に住んでいた親の遺品を処分したいが時間がない方・子供たちに迷惑をかけたくないので、死ぬ前に家財を処分したい方などが、専門業者の家財整理サービスを利用しています。そのため、利用者が増加している家財整理ですが、悪徳業者も増加傾向です。子供に迷惑をかけたくないから家財整理をしたのに、悪徳業者のせいでトラブルが発生してしまったら意味がありません。

  1. 家財整理とは?
  2. 家財整理について
  3. 家財整理を自分でやる場合は?
  4. 家財整理をプロに依頼する場合
  5. 家財整理でよくある質問

この記事を読むことで、悪徳業者とのトラブルを避けることができます。その上、優良業者を見つけることも可能です。また、自分で家財整理をする場合も一読しておくとトラブルになりにくくなります。まずは、しっかりと読んで、愛用してきた家財や遺品を正しく処分する方法を一緒に学びましょう。


1.家財整理とは?

家財整理について、どのようなことをするのかを紹介します。

1-1.家財整理とはどういうことか?

家財整理とは、下記の3点を指します。

  • 遺品整理
  • 生前整理
  • 空き家整理

これらを含めた家財全般の整理を意味する言葉が家財整理です。遺品整理は故人の遺品を整理します。生前整理は、死んでから遺族に迷惑をかけないよう、生きているうちに家財を処分することです。そして、空き家整理は家を転売するときに邪魔な家財を処分するときなどに利用します。

1-2.家財整理はどのような場合に必要か?

  • 引っ越し
  • 遺品整理
  • 自分では掃除できない状態の整理
  • ものが溜(た)まりすぎて捨てることができない
  • 空き家の片づけ

引っ越しにともなう不用品処理のために家財整理は必要です。また、遺品整理については、たとえば賃貸住宅に故人が住んでいた場合に重要になります。老化などで自分では掃除できない状態では不用品が溜まりゴミ屋敷化する可能性があるでしょう。また、倉庫や物置などに趣味などの収集品が溜まりすぎているので処分したいときにも有用です。

1-3.家財整理のメリット

引っ越しの際に家財整理して不用品を処分すれば、新居に持って行くものが少なくなるでしょう。また、ものを捨てるのが苦手という方は、不用品に占有されていたスペースを有効活用することができる点があります。さらに、遺品整理は、故人の遺品を整理すると同時に自身の気持ちの整理もできるでしょう。また、故人が大切にしていたものや契約書・保険証・有価証券などを見つけることもできます。

家財整理は、引っ越し前だけでなく人生の節目に行うのが効果的なんですね。
はい。今は終活の一環として家財整理を行う人もたくさんいます。

2.家財整理について

家財整理の際に何が問題なのでしょうか。特に個人で家財整理をする場合の問題点を紹介していきます。

2-1.家財整理の難しさや困りごとは?

  • 肉体的に不用品を捨てるのが難しい
  • 精神的に家財(遺品)の整理が難しい
  • 距離的に家財整理をするのが難しい
  • 経済的に難しい

近年では独居老人が多くなっていますので、肉体的に家財整理をするのが難しいというケースがあります。また、故人との思い出があるため、遺品を処分するのは精神的に難しいでしょう。単純にものを捨てるのが苦手という方もおり、この場合も精神的に難しくなります。実家が現住所から離れている場合は距離的に家財整理をするのが難しくなるでしょう。さらに、賃貸物件の場合、早期立ち退きなどを求められますが、家財整理を1人で行なうのは難しくなります。

2-2.整理が難しいものは?

家財整理が難しいものとしては、大物家具があります。大物家具は家具業者でも1人で運ぶことはできません。女性や高齢者はさらに整理するのが難しいものです。また、故人の思い出の品は処分が難しくなります。仏壇や位牌(いはい)などの整理も親族では難しくなるでしょう。一般的に仏壇などの処分の際には、お寺で供養してもらう必要があります。

家財整理は人手がいるんですね。
はい。特に、大型家具を処分するときは人手と費用がかかります。

3.家財整理を自分でやる場合は?

家財整理を自分たちでやる場合の注意点を紹介していきます。

3-1.ゴミの捨て方について

ゴミは必ず分別をして自治体のルールにしたがって処分するようにしましょう。ゴミの分別と処分方法は自治体ごとに異なりますので、事前に確認することをおすすめします。また、重たい家財の処分の際には腰を痛める可能性があることを忘れてはいけません。重い家財は必ず複数人で持つようにしましょう。

3-2.整理のポイント

2人1組でゴミの片づけをするとスムーズに進みます。たとえば、タンスの収納物を1人が出して、もう1人がゴミ袋に捨てていくというものです。この際、ゴミ袋は45リットルのゴミ袋の方が使いやすいでしょう。70リットルのゴミ袋では捨てる際に重すぎて運ぶのが困難になります。また、タンスや冷蔵庫のような大型の家財は必ず中身をすべて捨ててから最後に運び出すようにしましょう。基本的に大型の家財は量が多くないので後回しにします。

3-3.注意点は?

テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・洗濯機・乾燥機などの大型家電は、家電リサイクル対象品になりますので処分方法が異なります。また、1人で家財整理をするのは難しくケガのもとになるので、必ず複数人でおこないましょう。特に、大型家財は1人では絶対に持たないようにしてください。

自分で家財整理をする場合は、不用品を自治体のルールや法律に従って処分する必要があるんですね。
はい。必ず事前に調べてから家財整理を行いましょう。

4.家財整理をプロに依頼する場合

家財整理については、プロの業者に依頼する方がメリットは多くあります。ここでは、具体的なメリットなどを紹介していきましょう。

4-1.業者に依頼するメリット・依頼する場合は?

メリットについては下記のものがあります。

  • 自分ですることができない場合
  • 各種手続きの手伝い・代行をしてくれる
  • 家財を買い取りしてくれる場合がある

業者は迅速に家財整理をしてくれます。賃貸住宅で家財をすぐに処分する必要性があるときは、迅速な処分は個人では難しいでしょう。特に遺品整理などは身内だけでおこなうと家財処理が進まず、家賃が余計にかかる場合があります。そのようなときは業者に任せましょう。

4-1-1.自分ですることができない場合

家財整理をしなければならない場所が、遠方の場合、距離や時間などの関係で、自分で家財整理をすることが困難です。仕事やケガ、手伝ってくれる人がいないなどの理由により自分では家財整理をすることができない場合もあります。そのようなときには業者へ依頼するとよいでしょう。

また、孤独死をされて遺体の発見が遅れた場合、跡が残ります。さらに、うじ虫やハエ、ゴキブリといった害虫が大量に発生し換気しても悪臭が残りますので、このような場合は素人ではどうすることもできません。

4-1-2.各種手続きの手伝い・代行をしてくれる

遺品整理などでよくあるケースですが、住宅や自動車などの名義変更の手続きなどを手伝ってくれます。ほかには、保険の解約や照会など、個人では煩雑でわかりにくい各種手続きの代行をしてくれるのです。また、戸籍や税金などの行政手続きの代行もしてくれます。

4-1-3.家財を買取してくれる場合がある

家財整理の際に、買取可能な家具があれば買取をして費用を相殺してくれる業者もあります。家具・電化製品・ブランド品・貴金属・雑貨や玩具(おもちゃ)・スポーツ・アウトドア用品などの買取をしてくれますので、家財整理の費用を安く抑えることも可能です。捨てるのが苦手という方であっても、抵抗がなくなる可能性が高くなります。

4-2.どこでできるのか?

一般社団法人家財整理相談窓口がありますので、利用して申し込むことができます。現在の加盟事業者は全国34社です。 当「生前・遺品整理ファンデックス」もこの一般社団法人家財相談窓口に加盟しており、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・名古屋市と幅広いエリアを対象に家財整理サービスを提供しています。

4-3.料金相場はどのくらいか?

料金相場は間取りによって異なります。これはそれだけ人数が必要になるからです。ファンデックスの場合、1K~4LDKまで間取りによる料金表があり、料金相場としては35,000円~250,000円程度になります。

4-4.申し込み方法については?

まずは問い合わせフォームから家財整理業者に連絡をして申し込みましょう。その後、業者が片づける部屋の下見にきて、整理が必要なものと不必要なものに分けてから見積もりを出してもらいます。その見積額に納得した場合、任意の日に家財整理作業を行ってもらいましょう。この際、事前の片づけなどは一切する必要はありません。ただ、作業には立ち会うことをおすすめします。

4-5.業者選びのポイント

業者選びのポイントとしては、以下のことを特に注意して選んでください。

  • 家財整理の専門業者であるか?
  • 料金体系がしっかりしているか?
  • 信頼保護努力をおこなっているか?
  • 古物商許可番号を公表しているか?

4-5-1.家財整理の専門業者であるか?

近年ではリサイクル業者が片手間に家財整理をするケースがありますが、このような業者に遺品整理を任せた場合、雑に処分されてしまうことが多々あるのです。一方、専門の業者なら供養部屋などで遺品供養をおこなってから処分するので安心できます。

4-5-2.古物商許可番号を公表しているか?

買い取りをおこなう業者については古物商許可を持っていないと買い取りすることができません。そのため、ホームページなどで古物商許可番号を公表しているのかを見ておきましょう。この許可番号については検索をすることで、本物か偽物かすぐにわかります。

4-6.業者に任せる際の注意点

業者の中には、貴金属のようなすぐお金になりそうな貴重品を盗む悪徳業者も存在します。そのため、なるべく作業に同行した方がいいでしょう。

4-7.家財整理の相談窓口

相談窓口としては、一般社団法人家財整理相談窓口があります。ここに加盟している業者は、厳しい審査基準に合格した業者ばかりです。業者が申し込みをしても基準に満たなければ加盟はできません。さらに、加盟後1年間は調査期間として準会員扱いになります。そのため、信頼性の高い業者だけが正会員となっているのです。

一般社団法人家財整理相談窓口の電話番号:03-5287-4387

ファンデックスは一般社団法人家財整理相談窓口をはじめ、NPO法人日本ハウスクリーニング協会、一般社団法人日本リユース機構にも加盟しています。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・名古屋市にてサービスを提供中です。

家財整理はプロに依頼することもできるんですね。
はい。ただし、業者はよく吟味することが大切です。

5.家財整理でよくある質問

家財整理でよくある質問を5つピックアップしました。参考にしてください。

Q.遺品整理に立ち会えない場合、どうすればいい?

A.業者によって対応が異なります。WEBカメラで作業風景をリアルタイムで監視できるサービスを提供する業者、作業風景を写真に撮る業者を選ぶといいでしょう。家財整理の専門業者に依頼すれば間違いは起きにくいといえます。

Q.貴重品や重要書類が見つからないから探してもらいたい
A.家財整理の専門業者は、金品や重要書類など遺品整理中に発見した貴重品は責任を持って依頼主へ渡します。封のされた遺書を勝手に開封することもありません。

Q.孤独死・自殺などによる体液・血液・汚物もきれいになりますか?
A.業者にもよりますが、一般的な清掃では除去できない範囲の清掃をすることも可能です。特殊な薬剤を使用して、殺菌・消毒・消臭をしますので、清掃後に安心して過ごすことが可能となるでしょう。

Q.ゴミ屋敷などの状態でも依頼可能ですか?
A.家財整理の専門業者であれば、どのような状態でも対応可能です。不用品の回収から清掃までおこないますので、清掃後に問題なく過ごすことができます。

Q.故人の遺品をそのまま捨てるのは心苦しいのですが……
A.故人が長年愛用してきたものを捨てるのは心苦しいものですが、希望に応じて合同供養や現場供養などを行ってくれる業者もあります。希望する場合は事前に相談するといいでしょう。当社でも相談を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

家財整理については家族で行えるのが一番です。しかし、現代社会で家財整理をする機会というのは、そう多くはありません。そのため、いざ不用品や遺品を前にしてしまうと、段取りが悪く時間だけがかかり処分しきれないのです。特に遺品の場合は簡単に処分できません。しかし、故人が賃貸住宅に住んでいた場合は、迅速に整理する必要が出てきます。そのようなときに、専門のしっかりした業者に頼み不満や不安が残らないようにしたいですね。