老後の住み替え、方法や問題点とは? この機会に生前整理をしよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

老後の住み替えについてお考えではありませんか? 年齢を重ねるごとにライフスタイルは変化していくものです。定年退職や子どもの独立などをきっかけに、住まいを替えようとする人も多いでしょう。より快適な老後を過ごすためにも、早めに住み替えについて考えてみませんか? 老後の住み替えについて、タイミングや方法などをまとめてご紹介しましょう。住み替えに際して必要な生前整理についても解説しています。

  1. 老後の住み替えとは?
  2. 老後の住み替え、ポイントと注意点
  3. 老後の住み替え、問題点と方法
  4. 老後の住み替え前に必要な生前整理について
  5. 老後の住み替えにかんするよくある質問

この記事を読むことで、老後の住み替えについて詳しく分かります。ぜひ参考にして、何から準備を始めるべきなのか知ってください。


1.老後の住み替えとは?

老後の住み替えについてまとめてみました。

1-1.目的や理由

年齢を重ねるとさまざまなことが変化します。子どもが独立して家族の人数が減った、体が不自由になってきたなど、今の家に住み続けるのが難しくなる場合もあるでしょう。家族が減ると、広すぎる家に住むのは何かと不便なものです。特に、体が不自由になってくると快適に生活できる家に移り住みたいと思うものでしょう。そのほかにも「老後は田舎で暮らしたい」「家を子どもに渡してほかの家に住む」などの理由で住み替えを考える人もいます。

1-2.メリットとデメリット

住み替えをするメリットは、自分のライフスタイルや希望に合わせた暮らしを手に入れられるということです。高齢になってから広すぎる家の掃除や管理をするのは大変なことでしょう。体が不自由になってきたため、階段の上り下りがつらくなってくることもあると思います。自分にとって暮らしやすい家に住み替えることで、そういった問題を解決できるでしょう。その反面、住み慣れた家から離れることには勇気が必要です。高齢になってから新しい土地で暮らすことは、思っている以上にストレスを感じます。そのような心配がある人にとっては、デメリットが大きい可能性があるでしょう。

1-3.最近の傾向

最近の傾向としては、老後を「第二の人生」と考え、新しい環境で送ることを望む人が増えてきています。子育てや仕事を終え、自分たちの生活を楽しむために住み替えを考えるのです。ただし、資金を用意できないなどの理由で、希望どおりの住み替えができずにいる人も少なくありません。