老後の住み替え、方法や問題点とは? この機会に生前整理をしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の住み替えについてお考えではありませんか? 年齢を重ねるごとにライフスタイルは変化していくものです。定年退職や子どもの独立などをきっかけに、住まいを替えようとする人も多いでしょう。より快適な老後を過ごすためにも、早めに住み替えについて考えてみませんか? 老後の住み替えについて、タイミングや方法などをまとめてご紹介しましょう。住み替えに際して必要な生前整理についても解説しています。

  1. 老後の住み替えとは?
  2. 老後の住み替え、ポイントと注意点
  3. 老後の住み替え、問題点と方法
  4. 老後の住み替え前に必要な生前整理について
  5. 老後の住み替えにかんするよくある質問

この記事を読むことで、老後の住み替えについて詳しく分かります。ぜひ参考にして、何から準備を始めるべきなのか知ってください。


1.老後の住み替えとは?

老後の住み替えについてまとめてみました。

1-1.目的や理由

年齢を重ねるとさまざまなことが変化します。子どもが独立して家族の人数が減った、体が不自由になってきたなど、今の家に住み続けるのが難しくなる場合もあるでしょう。家族が減ると、広すぎる家に住むのは何かと不便なものです。特に、体が不自由になってくると快適に生活できる家に移り住みたいと思うものでしょう。そのほかにも「老後は田舎で暮らしたい」「家を子どもに渡してほかの家に住む」などの理由で住み替えを考える人もいます。

1-2.メリットとデメリット

住み替えをするメリットは、自分のライフスタイルや希望に合わせた暮らしを手に入れられるということです。高齢になってから広すぎる家の掃除や管理をするのは大変なことでしょう。体が不自由になってきたため、階段の上り下りがつらくなってくることもあると思います。自分にとって暮らしやすい家に住み替えることで、そういった問題を解決できるでしょう。その反面、住み慣れた家から離れることには勇気が必要です。高齢になってから新しい土地で暮らすことは、思っている以上にストレスを感じます。そのような心配がある人にとっては、デメリットが大きい可能性があるでしょう。

1-3.最近の傾向

最近の傾向としては、老後を「第二の人生」と考え、新しい環境で送ることを望む人が増えてきています。子育てや仕事を終え、自分たちの生活を楽しむために住み替えを考えるのです。ただし、資金を用意できないなどの理由で、希望どおりの住み替えができずにいる人も少なくありません。

2.老後の住み替え、ポイントと注意点

老後の住み替えをするタイミングやポイント、注意点をまとめてみました。

2-1.タイミングやきっかけ

タイミングやきっかけとして多いものには、以下のようなものがあります。

  • 子どもが独立して家を出たため、広い家が必要なくなった
  • 家の老朽化がすすみ、対策を考える必要が出てきた
  • 体が不自由になり、バリアフリー対策が必要になった
  • 生活の利便性を求めるようになった

きっかけは人それぞれですが、多くの人が上記のような理由で住み替えを決断しています。

2-2.ポイント

住み替えを考える際には、ポイントがいくつかあります。まずは、資金をどうするかということです。貯金で賄うのか、現在住んでいる家を売却したお金を使うのか、ローンを組むのか、いずれかの方法を考えなければなりません。また、現在住んでいる家については「売却する」か「人に貸す」という選択肢があるでしょう。思い出がある家を売却することに抵抗を感じる場合は、貸すという方法で資金を得ることもできます。そのほかにも、住み替える先をマンションにするのか、一戸建てにするのかも大きなポイントでしょう。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、どちらが自分に向いているのか考えてください。立地や広さ、設備についてもよく考えて住み替え先を選びましょう。

2-3.注意点

「老後は田舎に住みたい」という憧れを持つ人は多いでしょう。確かに、自然に囲まれてのんびりと暮らすのは素晴らしいことです。しかし、よく考えてみてください。高齢になってからの田舎暮らしには、意外とデメリットが多いのです。まず、病院やスーパー、駅までが遠くなるという点でしょう。車の運転ができなくなると、非常に不便です。また、田舎はすでにコミュニティーができあがっていることが多いため、そこに入っていけずに精神的につらい思いをすることも予想できます。そういったデメリットを踏まえた上で、本当に田舎暮らしを選んでよいのか考えてみる必要があるでしょう。

3.老後の住み替え、問題点と方法

住み替えの方法と問題点をご紹介します。

3-1.いつごろから始めるべきか

住み替えにはさまざまな準備が必要です。そういったことも考えて、いつごろから準備を始めるべきか決めなければなりません。住み替えの最適な時期は、人によって異なります。定年を迎えてすぐ、元気なうちにじっくりと計画を練るのもよいでしょう。しかし、趣味や旅行に費やす時間がなくなってしまう可能性もあります。定年後はある程度のセカンドライフを楽しんでから、住み替えを検討する人も少なくないでしょう。ただし、住み替えには肉体的にも精神的にも労力を使うことになります。そういったことを考えると、できるだけ若いうちに計画を立て始める方がよい場合もあるでしょう。

3-2.確認すべきこと

まず、現在住んでいる家の住宅ローンが完済しているかということです。ローンが残っている場合、売却するなどして完済する必要があります。その場合は、いくらで売却できるか不動産会社に査定をお願いしてみましょう。売却資金で完済できない場合は、自己資金を用意しなければなりません。

3-3.問題点

老後の住み替えにおける最大の問題点は「ものをどうするか」ということです。今まで何十年も住み続けてきた家には、たくさんの「もの」があります。今より狭い家に住み替える場合は、ものを減らす必要があるでしょう。持って行ける広さがあるとしても、この機会にものを整理することをおすすめします。その理由は、生前整理を行う絶好のチャンスだからです。生前整理とは、生きているうちに身の回りのものを整理することを言います。自分が亡くなった後、遺族に迷惑をかけないように、ものを最小限に減らして整理しておくのです。生前整理は、老後の生活をより快適に送るために行うものでもあります。片付ける体力や判断力が失われる前に行っておく必要があるでしょう。

3-4.売却の場合はハウスクリーニングも

今住んでいる家を売却する場合は、ハウスクリーニングを依頼する必要があります。長年人が住んでいる家には、簡単な掃除では落とすことができない汚れや臭いがあるものです。こういったものは査定にも影響します。できるだけ高く売却するために、ハウスクリーニングで徹底的にきれいにしておきましょう。

3-5.注意点

断捨離は計画的に行うことが大切です。高齢になると体力も気力も衰えてくるため、一気に家の中を片付けようとしても簡単にはいきません。途中で挫折してしまう人も多いのです。事前にしっかりと計画を立て、少しずつすすめていくことをおすすめします。自分で断捨離を行うのが難しい場合は、プロの業者に依頼しましょう。

4.老後の住み替え前に必要な生前整理について

老後の住み替え前には生前整理が必要です。業者に依頼する方法やメリットなどをご紹介します。

4-1.生前整理の大変さについて

生前整理とは、生きているうちに身の回りのものを整理することを言います。高齢になると体力だけでなく判断力も衰えていくため、自分で整理するのが大変難しくなるのです。長年積み重ねてきた思い出の品を処分することに、抵抗を感じる人も多いでしょう。その上、体が不自由になって思うように動かなくなる場合もあります。年齢を重ねた分、整理が必要なものはたくさんあるはずです。自分で行うことに限界を感じることも考えられるのではないでしょうか。

4-2.プロに頼んだ方がよい場合とは?

生前整理をプロに依頼するべき場合には、以下のようなものがあります。

  • ものが多すぎて何から手を付けたらよいのか分からない
  • 大型の不用品が大量にある
  • 体が不自由で自分で行うのが不可能である
  • どうやってすすめたらよいのか分からない
  • 何が必要で何が不要か判断できない
  • 急いで整理する必要がある

このようなときは、生前整理の代行サービスを行っている業者に依頼してみてください。

4-3.プロに依頼するメリット

プロに依頼することで、効率的かつスピーディーに生前整理ができます。専門業者のスタッフは仕分けや整理といった作業に慣れているため、短時間で生前整理が終了するでしょう。高齢になってからの片付けは大変な作業です。家を売却に出すなど、期限が限られている場合もあるでしょう。そんなときは、ぜひプロに依頼することをおすすめします。

4-4.料金相場

料金体系は業者によって異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して、その結果を比較してみましょう。そうすることで、料金相場を知ることにもつながります。「ファンデックス」は、遺品整理や生前整理・ハウスクリーニングサービスなどを行っている業者です。こちらから無料見積もりを申し込んでみてください。

4-5.業者選びのコツ

生前整理を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選んでください。

  • 実績が豊富である
  • 事前に見積もりを提出している
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 作業が丁寧でスピーディーである

生前整理で発生した不用品を買い取りしてくれる業者もあります。その場合は、古物商の許可を持っているか必ず確認してください。

4-6.流れ

ファンデックス」を利用する流れとしては、まず無料見積もりを申し込んでください。希望の日時にスタッフが訪問し、家財の搬出やハウスクリーニング作業を行います。作業完了後、精算という流れです。

4-7.相談や申し込みについて

ファンデックス」では、電話またはホームページのフォームから問い合わせが可能です。年中無休で受け付けていますので、ぜひご相談ください。

4-8.注意点

ここ数年は、生前整理を業者に依頼する人が増えています。同時に、業者と利用者との間でトラブルが起こることも多くなっているのです。必ず、信頼できる業者を選ぶようにしてください。特に、許可を持たずに営業している業者には要注意です。高額な料金をだまし取る、回収した不用品を不法投棄するなどの行為をしている業者もあるということを覚えておきましょう。

5.老後の住み替えにかんするよくある質問

「老後の住み替えを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.老後の住み替えを検討しています。立地条件としては何を求めるべきでしょうか?

A.日当たりのよさと交通機関への近さを考慮して選ぶべきです。日中家にいる時間が増えるため、日当たりがよいかどうかは重要なポイントになるでしょう。交通機関への近さについては、最寄りの駅までの距離を重視してください。

5-2.住み替え先の家を購入するか賃貸にするかで迷っています。どうしたらよいでしょうか?

A.購入となるとまとまった資金が必要です。十分な広さや充実した設備を求めるのであれば、購入するべきでしょう。賃貸の場合はまとまった資金も固定資産税なども必要ありません。相続時のときのことも考えて、あえて不動産を持たない人も多いでしょう。

5-3.老後の住み替えに備えて資金を貯(た)めるためには、どうしたらよいですか?

A.現在住んでいる家を売却することで、まとまった資金を得ることができます。そのほかにも、毎月計画を立てて老後資金用の口座に振り込んでおく、不要なものを買わないなど、老後のために備えておきましょう。

5-4.生前整理で発生した不用品はどのように処分すればよいですか?

A.不用品の種類や大きさ、状態によって処分方法は異なります。自治体が回収する粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に申し込みをしてください。分別することなくまとめて処分するには、不用品回収業者や遺品・生前整理の業者に依頼するとよいでしょう。「ファンデックス」では、不用品の買い取りサービスも行っています。状態のよいものはお得に処分しましょう。

5-5.生前整理と遺品整理はどう違いますか?

A.遺品整理は亡くなった後で、残された家族が行うものです。生前整理は、亡くなる前に自分で身の回りの整理を行います。どちらもいずれはやらなければならないことなので、早めに行っておくのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 老後の住み替えについて、ポイントや注意点などをまとめてみました。より快適な老後を迎えるために、住み替えが必要かどうか、どのようにすすめたらよいのか、ぜひ参考にしてみてください。また、住み替えの際には生前整理をしておくことがおすすめです。業者に依頼することも検討して、効率的に見の回りを片付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご遺族の意向を尊重した「最適・最安プラン」を提案します。