老後の準備を完全解説! 老後の生活で安心したい人は必読!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

皆さんは、自分の老後について安心できる状態だと胸を張って言えるでしょうか。多くの人は、何かしらの不安を抱えているはずです。たとえば、老後の生活資金や住環境の整備・健康問題など人によって多かれ少なかれ、さまざまな悩みがあります。悩みを解決して老後を安心して暮らすためには、しっかりと準備を進めていくことが大切です。今回は、老後の準備に必要な知識を具体的に解説しましょう。自分の老後に不安を抱いている人は、必見の内容ですよ。

  1. 老後の準備について
  2. 老後の準備の方法を学ぼう
  3. 老後の準備の進め方について
  4. 老後の準備で出た不用品をどうするか
  5. 老後の準備は整理整頓から
  6. 不用品回収業者についての知識を学ぼう
  7. 老後の準備にかんするよくある質問コーナー

記事を読んだ人は、自分が何をするべきか判断できるようになります。老後の準備をした人としなかった人では、暮らしの質が大きな差として出てくることは確実です。老後を安心して暮らすためにも、ぜひ記事を読んで正しい知識を身に付けましょう。豊かな老後を過ごすことができるかどうかは皆さんしだいです。まずは、記事を読んでみてくださいね。


1.老後の準備について

まずは、老後の準備について基本的に知っておくべきことを学びましょう。目的や必要性をきちんと理解してから進んだ方が、結果的に満足できるものです。

1-1.老後の準備とはどんなものか

老後の準備とは、文字どおり老後の生活を考えて必要なことを準備しておくことです。医療の進歩が進んで長生きできるようになった今、老後の生活のために必要な準備をするのは当たり前のこととなりました。お金・身辺整理・住環境の整備・健康問題など、老後には心配な問題が山積みです。国や自治体に頼るだけでなく、自分たちの老後は自分たちで準備することが大切だと考えましょう。

1-2.老後の準備の目的や必要性について

たとえば、老後になって生活資金や住む場所・健康などの問題に直面したときに、準備がしてある状態としていない状態ではまったく異なります。老後は、今よりも気力・体力ともに衰えると考えれば老後の準備をすすめる必要性が理解できることでしょう。安心して老後を迎えるためにも、老後の準備を万全にしておく必要性は高いのです。また、自分らしく暮らしたいと考える人が増えた今、老後の準備は欠かすことができないと言えるでしょう。

1-3.老後の準備の社会背景と流行について

今、孤独死や老後破産が社会現象となっています。核家族化が進んだり、個人を重視するライフスタイルが好まれたりするようになった一方で、老人を取り巻く環境は厳しくなっていると考えてください。年金システムも決して安定しているとは言えません。そのため、老後の心配をする人が若い世代の中にも増えているのです。また、いつまでも健康で楽しく暮らしたいと考える人にとっても、老後の準備を念入りにする傾向を見ることができます。自分の老後は自分で守ることを強く意識するべき時代になったと言えるのです。

2.老後の準備の方法を学ぼう

では、老後の準備の方法について詳しく説明します。いつごろから始めて何をするべきか、具体的に学んでください。

2-1.老後の準備はいつごろから始めるか

老後の準備は、思い立ったときから始めてください。皆さんはすでに、老後の準備を考え始めているのですから早過ぎることはありません。老後の準備は、早く始めれば始めるほど楽です。特に老後資金を貯(た)める計画にかんしては、遅過ぎると目標達成が難しくなります。老後の準備は、今すぐ始める方が何かとメリットが大きいのは事実なのです。

2-2.老後の準備は何のためにするか

老後の準備は、安心して老後の暮らしを送ることが第一の目的となります。また、自分が死んだ後に遺族が困らないための準備でもあると考えてください。何も準備をしないで老後を迎えた人は、お金が足りなくなったり不便な生活を送ることになったりしがちです。また、人はいつ死ぬかわかりません。自分が急に死を迎えたときに、遺族が悲しむ時間も無く片付けに追われては大変です。自分にとって、何のために老後の準備をするのかきちんと考えてみてくださいね。

2-3.老後の準備は具体的に何をするか

老後の準備では、具体的に何を考えておいたり準備をしたりしておくべきか解説しましょう。

2-3-1.お金のこと

老後を安心して暮らすためには、何よりもお金が大切です。自分を含めて家族が問題なく暮らしていくためにはどのくらいのお金が必要か計算してみましょう。そのためには、現在の貯金額・資産額を一覧にして見ることをおすすめします。退職金をもらえる人は、計画に組み込んでおきましょう。また、退職後は年金を受け取ることができます。今後入ってくるお金をざっくり計算して貯金額と合計してみてください。老後の生活に必要な金額は、十分に満たすことができたでしょうか。足りない場合は、貯金計画を見直したり資産運用を考えたり、副業で収入を増やす努力をしてください。

2-3-2.身の回りのこと

老後の準備のためにも、身の回りの整理整頓は重要な意味を持ちます。よく「ごみ屋敷」に住んでいる高齢者が問題になることは皆さんもご存じでしょう。高齢になるとものを捨てることができずに、不用品やごみの中で暮らすことになる人も多いのです。今のうちに必要なものと不必要なものに仕分けて、不用品を処分してしまいましょう。身辺整理は、自分が死んだ後のことを考えても重要なことです。

2-3-3.そのほかのこと

そのほかにも、老後の生活設計を考えたり住環境を考えて引っ越しをしたりするなど、やるべきことはたくさんあります。保険の見直しもしておくといいでしょう。高齢になると、体の不調や不具合が出てくるものです。また、要介護状態になったときのことも考えておくと安心できます。遺産がある人は、遺言書の作成も考えておきましょう。

2-4.老後の準備の方法にかんする注意点

老後の準備は、想像以上にやることがたくさんあります。ひとつずつリストアップした後は、優先順位を付けて確実にこなしていきましょう。また、自分ひとりで考えていてわからないことや不安なことが出てきた場合は、知人や友人だけでなくプロの手を借りることも考えてください。たとえば、お金のことは銀行やフィナンシャルプランナーに相談するといいでしょう。その道のプロに相談することが、問題解決のために最も有効な手段となります。

3.老後の準備の進め方について

老後の準備は、段取りが大切です。効率よく進めるためのポイントや流れ・コツについて解説しましょう。

3-1.老後の準備を進めるためのポイントや大事なこと

老後の準備を進めるには、最初にプランを立てることをおすすめします。とりあえず手を付ければいいというものではありません。今後やるべきことをリスト化しておくことで、やり残しを防ぐことができるだけでなく、進み具合を確認することも可能です。また、老後の準備を完了する日を決めて、逆算してスケジュールを立てるとうまくいきますよ。いきなり準備に取り掛かるよりも、はるかに満足度の高い結果を残すことができることでしょう。

3-2.老後の準備を進める流れ

老後の準備は、ひとつずつ流れに沿って進めていきましょう。

  1. 老後の準備を進めるためのプラン(お金・身の回り・住環境・健康など)を立てる
  2. 各プランをスタートする
  3. 見の回りの整理整頓をする
  4. 不用品を処分して必要なものだけを残す
  5. 不必要なものを持たない暮らしに整える
  6. 時々各プランの進み具合を確認して必要な場合は修正する

最も大切なのは、最初のプラン作りです。プランは細か過ぎるぐらいでちょうどいいので、しっかり立ててください。

3-3.老後の準備を進めるコツとは

老後の準備を進めるためには、今すぐプランを立てることが大切です。面倒だからと先延ばしにしているとすぐに老後がやってきます。確かに、プランを立てることは大変な作業です。しかし、ひとたびきちんと立ててみると今やるべきことが明らかになります。プランを立ててみるとやる気が出たり焦ったりして、老後の準備を進める原動力にもなるでしょう。老後のため、整理整頓をスムーズに始めるためにも重要です。

4.老後の準備は整理整頓から始めよう

老後の準備は、整理整頓から始めることが大切です。処分するべきものと残すべきものを区別していきましょう。

4-1.何から処分をするべきか

家の中にあるものを、必要なものと不必要なものに分けていきましょう。具体的には、生活するために必要なものは残して不必要なものは処分することになります。家の中には、もう使わない家電製品・食器類・洋服・雑貨など多くの不用品が眠っているはずです。長く生活をしているほど、不用品が増えていきます。しかし、本当に必要なものは少ないものです。必要の無いものを思いきって処分するとすっきりしますよ。

4-2.整理整頓をする必要性

整理整頓は、老後の準備にとってとても大切なステップです。まず、不用品はすべて処分するつもりでいてください。老後の暮らしは、必要なものだけにした方が何かと便利です。シンプルで無駄の無い暮らしは、理想的と言えます。また、整理整頓は、今までの人生の振り返りにもなるでしょう。人生の終わりにすっきりとした気持ちで向かうためにも、整理整頓をする必要性があるのです。

4-3.断捨離のコツを学ぼう

たくさんのものを仕分けるためには、ルールを作っておくと重宝します。たとえば、以下のような感じですね。

  • 生活に必要なものは残す
  • 捨てても困らないものは処分する
  • 迷うもの(思い出の品など)は一時保留にして最後に考える

多くの人にありがちなこととして、処分することに迷うものに時間を掛け過ぎるという点があります。処分に迷うものはすぐに結論を出さなくても構いません。後回しにして、ほかのものの仕分けを進める方が効率がいいのでおすすめです。

4-4.老後の準備で整理整頓をするときの注意点

老後の準備として、整理整頓が大切であることは確かです。しかし、大量にものがあったり忙し過ぎたりして整理整頓を行う時間が無いという人もいます。自分たちだけで実行不可能と判断した場合は、業者の手を借りることも検討してください。特に、生前整理を得意としている業者がおすすめです。豊富な経験を元に、不用品の仕分けを行ってくれます。自分たちだけで整理整頓が無理そうな場合は、挫折を避けるためにもプロに依頼しましょう。

5.老後の準備で出た不用品をどうするか

老後の準備を進めると不用品がたくさん出るはずです。不用品の処分方法について詳しく学びましょう。

5-1.不用品の処分方法について

不用品の処分方法にもいくつかの方法があります。主な方法についてそれぞれ解説しましょう。

5-1-1.捨てる以外の方法を考えてみよう

自分にとっては不用品であっても、ほかの人がほしがっているものである可能性もあります。ごみとして捨ててしまえばそれまでです。まずは、捨てる以外の方法を考えてみてください。リサイクルできればものの寿命を延ばすことになるだけではありません。場合によっては、不用品がお金になります。お金にならない場合でも、必要なものを手に入れた人には喜ばれるため、有意義な方法です。

5-1-2.人に譲る

不用品は、知人に募集して譲ることも考えましょう。中古品であってもほしいと言ってくれる人に渡すことができれば喜んでもらうことができます。また、譲(ゆず)り先にかんしては、自治体の広報を通じて募集することもできるので覚えておきましょう。

  • メリット:必要な人の手に渡る・知り合いに譲ることができれば安心
  • デメリット:有料で譲(ゆず)りにくい・譲(ゆず)り先がみつかるとは限らない

5-1-3.リサイクルショップなどに売る

不用品の中でも、まだ使用することができるものはリサイクルショップに売ることも可能です。特に、未使用の食器類やタオル類・家電などは需要が高いと考えましょう。

  • メリット:不用品を売ってお金を手にすることができる
  • デメリット:必ず買い取ってくれるわけではない・買い取りの価格が安め

5-1-4.ネットオークションに挑戦する

ネットオークションで不用品を売ることも考えてみましょう。ネットオークションでは、毎日さまざまなものを売買しています。マニア向けのコレクションなどは、ネットオークションを利用することで思わぬ高値が付くことも多いです。

  • メリット:思わぬ高値での取り引きもある・相手の顔を見ないで売ることができる
  • デメリット:個人間の取り引きのためトラブルも多い(個人情報流出・入金トラブルなど)

5-2.そのほかの処分方法について

たとえば、福祉施設や自然災害に遭った地域に寄付をするという方法もあります。ただし、寄付をする場合は、できるだけ新品に近い状態のものにしましょう。寄付であっても古着や不用品を送ってもいいと言うことではないので注意してくださいね。

  • メリット:本当に必要としている人に届けることができる
  • デメリット:寄付の場合は無料で譲ることになる・自分で届ける必要がある

5-3.不用品を処分するときの注意点

不用品を処分するときは、思いきりが大切です。いつか使うだろうと思っていて残しておいても使うことは少ないと言えます。老後の準備として整理整頓しているのですから、できるだけ必要なものだけを残して処分してしまいましょう。ただし、どうしても決心が付かないもの(思い出の品やアルバム類)は無理に処分する必要はありません。処分をすることで後悔する可能性があるものは、じっくり考えて決めてください。

6.不用品回収業者についての知識を学ぼう

不用品の処分は、専門の業者に依頼することをおすすめします。メリットや注意点について理解しておきましょう。

6-1.業者選びのポイントを伝授

不用品回収を依頼するには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 不用品回収で豊富な実績と信頼を持っているか
  • 希望の日時・指定場所での回収が可能か
  • 無料で見積もりをしているか
  • 料金システムが明確で妥当な設定か
  • リサイクルできるものは積極的に買い取りをしているか
  • 説明がわかりやすく親切な対応をしているか
  • 古物商許可など必要な免許を受けているか

なお、業者選びの際には以下も参考にしてください。

ファンデックス

6-2.業者選びの注意点とは

残念なことにたくさんの不用品回収業者の中には、悪質なところもあります。たとえば、無許可で営業しているところですね。きちんとした業者は、古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可など、必要な免許を受けて営業しています。特に営業車で不用品回収を行っている業者には注意してください。いきなり訪問してくる業者は、悪質なことが多いです。たとえば、貴金属などを不当に安く回収する目的だったり法外な金額で契約をしようとしたりすることもあるので注意してください。

7.老後の準備にかんするよくある質問コーナー

老後の準備にかんしては、さまざまな悩みが出てくるものです。ほかの皆さんはどのような悩みを抱えているのか参考にしてください。

7-1.どう考えても老後資金が足りない場合のアイデアは?

実際、貯金額・資産内容・年収を冷静にチェックしてみると老後資金が足りないという人は多いです。まずは、現在の生活を見直してみてください。必要以上のものを購入したり、無駄な出費をしていたりするのではないでしょうか。支出を最低限に減らすことができれば貯金に回すことができる金額も増えます。また、休日を利用して副業を行うことも収入を増やすための良いアイデアです。

7-2.遺言書はすぐに作った方がいいのでしょうか?

老後の準備を考えたとき、遺言書の作成は避けることができない問題のひとつです。特に、財産も相続人も多い場合は、自分の死後に相続争いが起こるのを心配する人も多いでしょう。しかし、遺言書は資産状況を正しく把握することが大切です。そのためにも、まずは整理整頓をして身の回りを片付けてください。特に、タンス預金や貴金属類は後日に相続トラブルの種になりやすいので注意しましょう。遺言書の作成は、整理整頓を終えて落ち着いてからの方がおすすめと言えます。

7-3.老後になってから不用品処分をしてはダメですか?

老後になると、今よりも不用品処分をすること自体が面倒で大変になります。老後は、体力も気力も落ちるので作業効率が悪くなるからです。また、老後になると判断能力も低下するため、必要なものと不用品の区別が付きにくくなる可能性もあります。さまざまな理由からも、不用品処分は早い段階で行っておくべきです。老後になって不用品やごみに囲まれた生活を避けるためにもすぐに始めてください。

7-4.老後の準備として保険の見直しが大切なのはなぜですか?

昔に入った保険を見直ししないでそのまま入っている人も多いことでしょう。しかし、保険の契約内容をきちんと把握している人は少ないです。また、保険加入当時と比べて家族状況が変わったりライフスタイルが変わったりしています。そのため、保険内容が見合っていないことが多いのです。保険の見直しは、毎月の費用負担を減らす結果になる可能性もあるのでぜひ行ってください。老後資金の調達にもなりますよ。

7-5.老後の安全を考えて自家用車を処分するべきでしょうか?

最近、高齢者の自動車事故が目立っています。高齢になるとどうしても判断能力や身体能力が衰えるため、操作ミスや判断の遅れが出やすいのも事実です。どうしても自家用車に乗る必要が無い場合は、免許を返上して自家用車を処分することを考えましょう。自家用車を処分するときは、中古車の買い取り専門業者に依頼して手続きを進めてください。ただし、自家用車が生活必需品となっている地域に住んでいる場合は、買い物が不便になるなど生活の質を落とす原因にもなります。自家用車を手離すタイミングは、家族とも相談して慎重に決めてください。

まとめ

老後の準備を具体的に考えている人は、記事の内容が役に立ったはずです。また、老後の準備の必要性を感じていた人にとっても、必要性や目的をしっかり理解できたことでしょう。老後は、すぐやってきます。今からできることは、すぐに始めましょう。具体的には、準備するべき内容を書き出してリスト化しておくのです。ひとつずつリストに書いてあることを実行してください。また、整理整頓を同時に進めて不用品を処分してしまいましょう。不用品の処分は生前整理の意味としても、重要です。老後をすっきりとした状況で安心して迎えるためにも必要なことだと考え、できるところから進めてきましょう。自分たちだけで不安な部分は、プロの手を借りてくださいね。