介護で発生する臭いの原因とおすすめの対策法!消臭の秘けつとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

介護中の臭い対策は重要です。住宅介護をしていると、さまざまな悩みが発生するでしょう。体力的にも精神的にもまいってしまうことが多いと思います。その要因の一つが、臭いです。介護中の臭いが大きなストレスの原因になっている人も多いのではないでしょうか。快適な空間で介護できるように、臭いの問題を解決しなければなりません。この記事では、介護の臭いについて、その原因や消臭対策をご紹介しましょう。

  1. 介護の悩みについて
  2. 介護の臭いとその対策法
  3. 介護の臭いに関するよくある質問

この記事を読むことで、介護における悩みを一つ解決できるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.介護の悩みについて

まずは、介護の悩みや問題点などをご紹介します。

1-1.介護の現状とは?

高齢や心身の障害によって自立した生活を送ることができなくなった人には、介護が必要です。高齢化社会と呼ばれる今の時代には、介護を必要としている高齢者が増え続けています。その一方で、介護施設や介護職員の不足が深刻化しているのが現状です。その結果、自宅にいながら家族による介護を受ける「在宅介護」が増加してきています。

1-2.悩みや問題点

介護にはさまざまな悩みや問題がつきものです。

1-2-1.体力

介護は体力勝負といわれています。寝たきりの状態になっている人をベッドから車いすに移動する、入浴の介助を行うなど、力を必要とする作業が多いためです。特に前かがみの姿勢になることが多いため、腰に負担がかかって腰痛に悩まされている人もたくさんいます。また、排せつや体位変換の問題は夜中も続くため、睡眠時間が減少して体力だけでなく精神的にもつらい思いをすることが多いでしょう。

1-2-2.お金

お金の問題も深刻です。「施設に入るお金がない」という理由で在宅介護を選択する人も多いでしょう。しかし、在宅介護にも以下のようなお金がかかるのです。

  • 介護サービスの利用料
  • バイアフリーリフォーム
  • 車いすや介護ベッド・歩行器など介護用具
  • 紙おむつ

もちろん、介護が必要な程度や家庭の状況によってかかるお金は変わってきます。しかし、場合によっては老人ホームなどの施設に入居するほうが安く済むこともあるでしょう。

1-2-3.臭い

もう一つ、介護には「臭い」の問題もあります。在宅介護特有の嫌な臭いに悩まされている人は多いのではないでしょうか。「臭いが気になってストレスがたまる」ということにならないよう、臭いの原因や対策について考える必要があります。

2.介護の臭いとその対策

臭いの原因や対処法をまとめました。

2-1.臭いの原因

介護で発生する臭いの原因には、以下のようなものがあるでしょう。

2-1-1.排せつ物の臭い

トイレに行くのが困難な場合は、ポータブルトイレや大人用おむつを使用していることが多いでしょう。そういったものからも臭いが広がります。また、トイレに間に合わず途中でもらしてしまうことも多いはずです。きちんと拭き取れていないと、臭いの元になってしまいます。

2-1-2.汗の臭い

要介護者は、毎日お風呂に入るのが難しいでしょう。特に自分で歩くことができない場合は、介護者の負担も大きくなります。汗を洗い流すことができないと、臭いの原因になるのです。また、ベッドで横になっている時間が長い分、寝具も雑菌が繁殖しやすい状態になっています。雑菌が臭いの原因となり、部屋全体に広がってしまうのです。

2-2.臭いを消す対策法

消臭対策を原因別にご紹介します。

2-2-1.排せつ物の臭いを閉じ込める

排せつ物が臭いの原因になるのは仕方のないことです。重要なのは、臭いが広がらないように閉じ込めてしまうことでしょう。最近は排せつ物を自動で密閉してくれるポータブルトイレも販売されているため、利用してみてください。使用済みのおむつはビニール袋に密閉し、ふた付きのゴミ箱に入れて屋外に置いておくことをおすすめします。

2-2-2.汗の臭いには速やかな対処が必要

汗の臭いを消す一番の方法は、できるだけこまめにお風呂に入ることです。入浴が難しい場合は、毎日タオルで体を拭いて汗を拭き取ってあげましょう。臭いは衣類や寝具にもついているため、朝起きたらすぐに着替え・洗濯をして清潔な状態を保つことが大切です。

2-3.グッズを活用しよう!

臭いの原因を一つ一つ取り除くのは大変なことです。掃除をしても完全に取り除くことができない臭いもあるでしょう。そこで、消臭剤や消臭スプレー・空気清浄器などの臭い対策グッズを活用することをおすすめします。こういったグッズには臭いを広げない効果があるため、部屋全体の臭いが気になるときはぜひ取り入れてみてください。

2-4.臭いの予防法

臭いの発生を抑えるために、雑菌が繁殖しにくい環境を作り出すことが大切です。具体的には、以下のような方法があります。

  • 尿もれ用防水シートを使用する
  • シーツは2日に1回交換する
  • パジャマは毎日洗濯する
  • 雑菌が繁殖しないよう、風通しと日当たりのよい部屋で介護する

2-5.注意点

介護を受けることに抵抗を感じている高齢者も少なくありません。そのような人の前であからさまな臭い対策をするのはやめておきましょう。できるだけ気づかれないように、自然な対処を心がけるようにしてください。

3.介護の臭いに関するよくある質問

「介護の臭いについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ポータブルトイレの臭いが気になります。効果的な対処法を教えてください。
A.1回ごとに排せつ物を処理するようにし、使用しないときは屋外へ出して乾かしておきましょう。取り外しできる部分は漂白剤につけ、そのほかの部分は水拭きをして乾いたタオルで拭いてください。

Q.「老人臭」とは何でしょうか?
A.加齢に伴って発生する体臭の総称です。代謝の低下により体内のアンモニアが分解されにくくなること、腸内の善玉菌が減少することなど、さまざまな原因が考えられています。

Q.消臭剤はどのように選べばよいでしょうか?
A.安全性が立証されており、アンモニア臭だけでなくほかの臭いにも反応するものを選ぶようにしてください。実際に使用してみることが一番大切でしょう。

Q.高齢者の尿臭が強いのはなぜですか?
A.高齢者だからというわけではなく、高齢になると尿の臭いが強くなる病気にかかっている人が増えます。尿路の感染症や糖尿病にかかると、抗菌力が低下して尿の臭いが強くなることがあるのです。

Q.部屋中に染みついた介護臭が消えません。どうしたらよいでしょうか?
A.ハウスクリーニングサービスを行っている業者に依頼する方法がおすすめです。「ファンデックス」でもこちらから無料見積もりを受け付けていますので、ぜひご利用ください。

まとめ

いかがでしたか? 介護の臭いについて、その原因や対策法をまとめてご紹介しました。臭いは介護者にとって大きな問題です。体力的にも精神的にも厳しい状態だと、余計にストレスがたまるでしょう。介護者と要介護者がどちらも気持ちよく過ごすことができるよう、ぜひこの記事を参考にして臭い対策を考えてみてください。