老人ホームの引越しや入居準備はこれで安心!失敗しないコツを伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

老後は、環境の整った老人ホームに入居したいと考えている人が増えています。食事管理がしっかりしていて、介護付きのところなら、安心して余生を過ごせるからです。しかし、実際に老人ホームに引越しをするときには、入居準備をどんなふうに進めればいいのかよくわからないことでしょう。そこで、今回は、老人ホームの引越しや入居準備を考えている人のために、詳しく解説しました。

  1. 老人ホームへの引越しについて
  2. 老人ホームの引越し前の準備
  3. 老人ホームの引越し前の片付けについて
  4. 老人ホームの引越しや入居準備に関するよくある質問

この記事を読むことで、老人ホームへ引越しをするときに必要な知識が身に付き、事前準備を失敗なく進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.老人ホームへの引越しについて

最初に、老人ホームへの引越しについて解説します。入居までの流れや手続き関連・持参するものや注意点など、参考にしてください。

1-1.老人ホームの入居までの流れ

老人ホームの入居までの流れは、以下をご覧ください。

  1. 自分の希望に合う老人ホーム選びをする
  2. 入居候補の老人ホームに体験入居する
  3. 問題がなければ入居契約を交わす
  4. 実際の入居予定日を決める
  5. 引越しの片付けや事前準備を進める
  6. 引越し当日に老人ホームへ荷物を移動する
  7. 老人ホームでの新生活が開始となる

1-2.老人ホーム入居の手続きや書類関係

老人ホームに入居するためには、各種手続きや書類の準備が必要です。

  • 入居の申し込みをする
  • 必要書類の準備をする
  • 本人および家族と老人ホームの責任者とで面談をする
  • 老人ホームによる入居審査を受ける
  • 入居審査に合格後、必要に応じて体験入居をする
  • 問題がなければ入居日を決定し、入居準備を進める
  • 入居予定日になった引越しをして完了

なお、必要書類や用意するものに関しては、以下のようなものとなります。より詳しい内容は、老人ホームに確認してください。

  • 入居申込書
  • 健康診断書
  • 収入証明書
  • 後期高齢者医療被保険者証もしくは健康保険被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 銀行など通帳の支店名や口座番号が把握できるものと銀行印

1-3.老人ホームに持参するものについて

老人ホームに入居するときに必要なものについて学びましょう。

1-3-1.老人ホームに持参するもの

入居時には、以下のものを持参するように言われます。

  • 普段着(上下数枚程度)
  • 外出着
  • 室内用・外出用の靴
  • 肌着・靴下類(季節ごとに数枚ずつ)
  • パジャマ数枚
  • バスタオル・タオル類数枚
  • 洗面道具(歯ブラシ・歯磨き粉・コップなど)
  • 現在飲んでいる薬
  • 食事用具(コップ・はし・スプーンなど)
  • 老眼鏡
  • 入れ歯(使用している場合)
  • 杖(使用している場合)

上記のほかにも、老人ホームによって持ち込み可能なものが異なります。住み慣れた暮らしを再現するために、できるだけ多くのものを持ち込んでほしいと言われることもあるでしょう。入居する本人が暮らしやすい環境を実現するためにも、老人ホームのスタッフに相談しながら持ち物を決めてください。

1-3-2.持ち込みができないもの

以下のものは、多くの老人ホームで持ち込むことができません。老人ホームによっても異なるので、詳しくは入居先の利用ルールを確認してください。

  • お酒・お菓子などのし好品や食品類
  • タバコ・ライター・マッチなど火災の危険があるもの
  • ナイフ・はさみなどの刃物類
  • 犬や猫・小鳥などのペット類
  • 必要以上の家電製品(電子レンジ・炊飯器など老人ホームでの生活に必要がないものなど)

1-4.老人ホームの引越しに関する注意点

老人ホームの引越しは、施設側とよく話をして日にちを決めましょう。特に、入居待ちをしていた場合は、いきなりの引越し要請に慌ててしまうこともあります。入居準備には、想像以上に時間がかかるものです。余裕を持って引越し当日を迎えるためにも、引越し予定日の設定に気を付けましょう。

12