必見!位牌の正しい処分方法・処分業者の選び方を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人の戒名が入っている「位牌(いはい)」は、故人の霊をお祀(まつ)りするための大切なものです。昔から、位牌(いはい)には故人の魂が入っているといわれています。そのため、位牌を普通のゴミと同じ方法で処分してはいけません。位牌(いはい)の処分方法に悩む方は多いですが、正しい処分方法はあります。そこで、位牌(いはい)の処分が必要なときや処分方法・業者など詳しく説明しましょう。

  1. 位牌とは?
  2. 位牌の処分が必要なとき
  3. 位牌の処分方法とは
  4. 位牌処分の業者について
  5. 位牌の処分に関してよくある質問

位牌ってどう処分するの?

この記事を読むことで、位牌(いはい)の正しい処分方法がわかります。位牌(いはい)の処分で失敗しないためにも、正しい知識を身につけていきましょう。


1.位牌とは?

位牌とは?

処分方法をチェックする前に、位牌(いはい)とは何なのか基本情報を知ることが大切です。位牌(いはい)の意味を把握すれば、処分する際の重要ポイントもわかるでしょう。

1-1.どういうものか

位牌(いはい)には亡くなった人の戒名・法名・死亡年月日が記してあります。位牌(いはい)に関しては、宗教によってさまざまな考え方があるでしょう。一般的に、位牌(いはい)は故人やご先祖様が自宅に帰ってくるためのものです。魂が下りてくる場所になるため、位牌(いはい)は大切なものといえます。逆に、位牌(いはい)がなければ故人の魂と現世にいる私たちのつながりが途絶えてしまうでしょう。

1-2.種類

位牌(いはい)には「白木位牌(いはい)」と「本位牌(いはい)」の2種類があります。葬儀の際、祭壇に置いてお墓に持っていくのが「白木位牌(いはい)」、仏壇にお祀(まつ)りするのが「本位牌(いはい)」です。処分することが多い位牌(いはい)は、本位牌(いはい)になるでしょう。

2.位牌の処分が必要なとき

位牌の処分が必要なとき

仏壇がある限り、位牌(いはい)は必ず置いているものです。しかし、ときには位牌(いはい)を処分しなければならないケースがあります。位牌(いはい)の処分が必要なときとは、一体どんなケースなのでしょうか。

2-1.弔い上げ

弔い上げをおこなう際、仏壇にある位牌(いはい)を片づけなければなりません。弔い上げとは、年忌の最後を指しています。主に、33回忌・50回忌におこなうことが多いです。弔い上げを1度おこなうと、以降の仏事は一切おこないません。年忌法要はすべて終了となります。そのため、弔い上げは通常の年忌よりも多くの親族が集まり、盛大におこなう特徴があるのです。

2-2.遺品整理

人が亡くなると、遺族は遺品整理をしなければなりません。遺品整理の際に、仏壇を片づけることがあります。仏壇と一緒に位牌(いはい)も処分する方が多いでしょう。仏壇を処分する際は、「仏壇の魂抜き」をしなければなりません。お位牌(いはい)の処分も仏壇の魂抜きに含まれることがあります。遺品整理をおこなう際は、ほかの不用品と一緒に位牌(いはい)・仏壇を処分しないよう注意しなければなりません。

2-3.引っ越し

引っ越しの際に、仏壇・位牌(いはい)を処分することがあります。引っ越しによって仏壇を移動する際は、「魂抜き」と「魂入れ」が必要です。魂抜き・魂入れは宗派の僧侶に依頼しなければなりません。素人では勝手にできないことなので、ご自身の宗派を必ず確認しておきましょう。

2-4.繰出位牌にまとめる

位牌(いはい)は故人1人につき1枚と決まっています。しかし、身内が亡くなるたびに位牌(いはい)が増えると仏壇の置き場所もなくなるのです。そこで、位牌(いはい)を1つにまとめる「繰出位牌(くりだしいはい)」という方法を使います。操出位牌(くりだしいはい)は回出位牌(いはい)とも呼ばれており、5~10枚の位牌(いはい)をまとめることができる方法です。1つにまとめた際、ほかの位牌(いはい)が要らなくなるので処分します。

3.位牌の処分方法は?

位牌の処分方法は?

お位牌(いはい)がどれだけ大切なものなのか踏まえたうえで、処分方法について説明します。正しい処分をしなければ、故人の魂が下りられなくなるでしょう。きちんと知識を身につけてから、位牌(いはい)を処分してくださいね。

3-1.ゴミとして出さない

絶対にやってはいけないのは、ゴミとして出すことです。家庭で出る普通のゴミと一緒に捨ててはいけません。ゴミ捨て場に位牌(いはい)が捨てられてあると、周囲が嫌な気持ちになります。まったく関係のない方でも、亡くなられた方を気の毒に感じるものです。たとえ、魂が入っていない位牌(いはい)だとしても周囲の目につく場所に捨てないようにしてください。

3-2.最初にすること

位牌(いはい)を処分する前にやるべきことがあります。位牌(いはい)は故人の魂が入る場所です。そのため、きちんと手順を踏んでから処分しなければなりません。

3-2-1.僧侶による魂抜き

位牌(いはい)を使い始めるとき、魂入れがおこなわれます。魂が位牌(いはい)に宿っているので、法要をお願いしている僧侶に魂抜きをしてもらいましょう。魂抜きをしてもらった位牌(いはい)は、ただの物品になります。位牌(いはい)の中に故人の魂は出入りできないので、処分が可能な状態になるのです。

3-2-2.お焚き上げ

僧侶による魂抜きをしてもらった後は、お焚(た)き上げをしてもらいましょう。お焚(た)き上げとは、思いを込めたものに対して、「ありがとうございました」とお礼を捧(ささ)げるとともに浄化する方法です。浄化することで、天上へ還(かえ)す意味を持っています。魂が入っているお人形や仏壇・神棚などの処分は、お焚(た)き上げが基本です。また、お焚(た)き上げはお寺か、仏壇店でできます。

3-3.どこにお願いするか

位牌(いはい)の処分は「お寺」「仏壇店」「専門業者」の3つに依頼する形となります。それぞれの依頼方法や費用など詳しく説明しましょう。

3-3-1.お寺

菩提寺(ぼだいじ)や法要を依頼したお寺では、位牌(いはい)の魂抜き・お焚(た)き上げをおこなっています。すべてのお寺が対応しているわけではないので、依頼前に確認してみてください。また、お寺によっては魂抜きをおこなっていても、お焚(た)き上げをしていないところもあります。規模の大きいお寺では受けつけているケースが多いでしょう。お寺にお願いする場合、お布施も必要になります。お寺とのお付き合いにもよりますが、位牌(いはい)処分の魂抜きとお布施で合計2~5万円が必要です。

3-3-2.仏壇店

仏壇店では位牌(いはい)の処分を受けつけています。魂抜きはお寺にいる僧侶だけができることなので、仏壇店ではできません。ただし、位牌(いはい)を回収してお焚き上げをすることはできます。そのため、魂抜きをお寺でしてもらい、回収を仏壇店に任せる方も多いです。お寺でお焚(た)き上げをしてくれない場合は、購入した仏壇店にお焚き上げを依頼してください。仏壇店でのお焚(た)き上げは、数千円必要になります。

3-3-3.専門業者

遺品整理と同時に位牌(いはい)を処分したい場合、専門業者に依頼してください。専門業者の中には、位牌(いはい)や仏壇など処分方法に困るものの供養をおこなっているところがあります。弊社では、提携している寺院での合同供養を無料でおこなっているのでご安心ください。ただし、現場供養の場合は費用がかかります。いつでもお見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先

3-4.各宗教による違いについて

浄土真宗では位牌(いはい)を準備しないという考えを持っています。そのため、浄土真宗のお寺では位牌(いはい)の魂抜きやお焚き上げをやっていないところがあるのです。宗教の考え方によって位牌(いはい)の処分方法も異なります。そのため、ご自身の宗派やお寺の確認を取ってから、処分をすすめたほうが良いでしょう。事前に確認しなければ、違う宗教のやり方で処分してしまうなどトラブルになってしまいます。

3-5.迷ったときはお寺に相談する

位牌(いはい)の処分方法を把握していても、本当に正しいのかどうか不安になるときがあるでしょう。位牌(いはい)の処分で悩みがあるとき、迷ったときは必ずお寺に相談してください。1人で悩まずに、位牌(いはい)について詳しいお寺に相談することが大切です。

4.位牌処分の業者について

位牌処分の業者について

位牌(いはい)や仏壇などの仏具類を一緒に処分してくれる遺品整理業者がいます。位牌(いはい)処分を専門業者に依頼するのも1つの選択肢です。そこで、業者に依頼するメリットや業者選びのポイントなど詳しく説明します。

4-1.業者に依頼するメリット

遺品整理や不用品と一緒に位牌(いはい)の処分もおこなう際、業者に依頼したほうが効率的です。専門業者は遺品整理から不用品の処分まで、すべてまとめておこなってくれます。わざわざ自分ですることなく、業者に任せられるのです。手間・時間をかけずにすぐ位牌(いはい)の処分ができるでしょう。また、きちんと提携のお寺で供養をしてくれるので安心です。一気にすべてを終わらせたい、手間をかけたくない方にはおすすめの方法になります。

4-2.供養について

仏壇・位牌(いはい)の供養は大切なポイントです。優良業者は提携寺院のもとで供養をきちんとおこなってくれます。しかし、業者の中には供養をしてくれない悪徳業者も存在しているのです。悪徳業者に引っかからないためには、供養についてきちんと説明をしてくれるかどうか見定めなければなりません。少しでも不安を感じた業者には依頼しないでください。

4-3.業者選びのポイント

業者選びのポイントには、「見積書」「サービス内容」「スタッフの対応」の3点があります。優良業者はより具体的な見積書を提示してくれるでしょう。しかし、悪徳業者の見積書は大雑把(おおざっぱ)です。作業ごとにいくらかかるのか記載されていません。また、「サービス内容」も充実していないのが特徴的です。たとえば、遺品整理をしても不用品を処分してくれない、処分費用は別途料金が必要など、利用しにくいところがあります。いくつか業者のサービス内容を比較してみてください。そうすれば、サービスが充実している業者を見つけることができます。また、「スタッフの対応」にも注目しましょう。丁寧な対応をしている業者は、優良業者のあかしです。悪徳業者は対応が悪く、スピーディーに対処してくれません。以上の3つのポイントを踏まえたうえで信用できる業者を選びましょう。

4-4.料金相場

遺品整理の費用は間取りや作業員人数によって異なります。大まかな目安は1Kでおよそ3万円~です。部屋が広くなるほど、費用は高くなるでしょう。弊社では、位牌(いはい)の合同供養を無料でおこなっています。ご自宅でおこなう現場供養は費用がかかるので、無料見積もりを利用してください。

無料見積もりはこちら

4-5.注意点

業者に依頼する場合、“依頼主の気持ちを汲(く)んでくれるかどうか”が大切です。位牌(いはい)はあくまで故人の魂が入る場所になります。位牌(いはい)や遺品がぞんざいに扱われていると嫌な気持ちになるでしょう。気持ちよく位牌(いはい)を処分するためにも、業者が配慮してくれるか確認することが大切です。また、弊社では「遺品整理士」がお手伝いいたします。遺品整理士は、遺品・遺品整理に関する専門的な知識を持っている有資格者です。正しい知識と正しい対応で、遺品整理をおこないます。

5.位牌の処分に関してよくある質問

位牌の処分に関してよくある質問

位牌(いはい)の処分に関してよくある質問を5つピックアップしました。位牌(いはい)の処分を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

5-1.よくある位牌(いはい)処分のトラブルとは?

サービス内容など説明をきちんと受けなかったせいで、位牌(いはい)の処分をしてもらえなかったというトラブルがあります。位牌(いはい)を処分する前に、仏具販売店・お寺・専門業者からきちんと説明を受けてください。

5-2.白木位牌(いはい)の処分について

白木位牌(いはい)は本位牌(いはい)を準備するまでの仮位牌(いはい)です。本位牌(いはい)に魂をうつした後、白木位牌(いはい)に魂は残っていません。そのため、お焚(た)き上げをお寺・仏具店に依頼して処分しましょう。

5-3.位牌(いはい)の処分はいつでもできるのか?

年中無休の専門業者で対応エリア内なら、位牌(いはい)の処分がすぐにできます。お寺や仏具店は、対応時間を確認してください。

5-4.仏壇も一緒に処分してくれるのか?

もちろん、仏壇と位牌(いはい)、ご一緒に処分できます。仏壇の搬出は、プロのスタッフが担当しますので心配いりません。マンションの共有部分やエレベーターも念入りに保護し、万全の体制で搬出作業をおこないます。

5-5.仏具店に依頼する際の注意点

仏具店によってはお布施と処分費用が別々になっているところがあります。位牌(いはい)の処分に合計いくらかかるのか、必ず確認してください。

まとめ

位牌の処分に関してのまとめ

いかがでしたか?位牌(いはい)は故人の魂が宿っている場所です。そのため、普通のゴミとして捨てることはできません。お寺での魂抜きをした後、仏具店または寺院でのお焚(た)き上げをしてください。お焚(た)き上げをすることで、正しい処分ができます。また、魂抜きやお焚(た)き上げには“お布施”または“処分費用”が必要です。もし、不用品や遺品整理と同時に処分したい方は、専門業者のサービスを利用しましょう。専門業者は遺品整理・不用品処分・位牌(いはい)の回収もおこなっています。自分の都合に合わせた処分方法を選んでくださいね。