形見の処分の仕方が知りたい! 故人との思い出をつなぐ形見の扱い方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親族を亡くして形見の品を整理するとき、思い出がよみがえってなかなか作業が進まないことがあります。思い出がいっぱいつまった形見はどう扱えばいいのか、処分の仕方についても悩むことでしょう。この記事では、形見の処分に関する考え方や処分の方法から、遺品整理業者の利用について詳しく解説します。

  1. 形見について
  2. 形見の処分について
  3. 形見の処分の仕方
  4. 形見の処分、遺品整理業者について
  5. 形見の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、形見の処分の仕方がよく分かります。ぜひ参考にしてください。


1.形見について

大切な人が亡くなると、残された品物を形見として親族や親しい人で分かち合います。形見は故人との思い出を共有するための大切なものです。ここでは、形見とはどんなものか見ていきましょう。

1-1.形見とは

形見は故人が生前に使用していたものの中から、故人をしのぶ品として残しておきたいと思った遺品です。形見は遺族の手によって保管され、親族や親しい人に形見分けとして渡されます。

1-2.たとえばどんなものか

形見として取っておきたいのは、故人が生前愛用していたものです。よくあるのが、指輪やネックレスなどの宝石・貴金属をはじめ、時計・カメラ・万年筆・バッグ・着物・衣類などでしょう。ブランド品のスカーフやネクタイ・靴などの服飾品も形見になることがあります。
そのほかには、故人がコレクションしていた書画・骨とうや、洋食器のセット・和食器・人形・アンティーク家具・釣りざおやリール・ルアーなども形見になるでしょう。
一方、金銭的価値はないものの、家族にとっては思い出となる品も立派な形見といえます。たとえば、直筆の手紙や写真・DVD、手芸や陶芸など故人の手づくりの品などです。

1-3.処分に困る形見

形見として取っておいても処分に困る品もあります。たとえば、サイズや趣味の合わない洋服や着物、興味のない分野の本やCD、市場価値の分からない趣味のコレクションなどです。中には、ミニカー、レコード、フィギュア、帽子、スタンプ、映画のパンフレットなどのように、マニアにはうれしい品もあることでしょう。一方で、ガラスの空き瓶や石ころなど、一般的には価値がないようなコレクションも珍しくありません。
さらに、観葉植物やペットなど、世話が必要なものは引き取り手を探すのに苦労するでしょう。

2.形見の処分について

形見の処分は、いつ・どのように行えばいいのか、処分するときの心構えなどを見ていきましょう。

2-1.処分するときに知っておきたいこと

残された品は、すべて故人の生きた証しでもあるため、処分するのは忍びないと思うこともあるでしょう。しかし、遺品をすべてそのまま取っておくことはできません。そこで遺品整理をして、せめて思い出の品を形見として残し、親しい人の手元に置いてもらいたいと思うのはごく自然なことです。しかし、ものがあふれている現在は、たとえ親族や故人と親しい間柄であっても、趣味に合わない品はあまり喜んでもらえない可能性があります。何でも形見として残すのではなく、処分すべきものは処分し、厳選することが大切でしょう。

2-2.形見分けの時期

形見分けをする時期に決まりはありませんが、一般的に四十九日の法要が終わってから行うことが多いでしょう。これは、仏教では49日間は故人の魂がこの世にとどまっているといわれているためです。

2-3.処分の工夫について

形見を処分するとき、思い出はデータなどで残しておいて、実物は処分するという方法があります。たとえば、プリント写真はスキャンしてデジタルデータ化しておくといいでしょう。また、引き取り手のいない着物やコレクションなども、デジタル写真データとして残しておけば、思いきって本体は処分できます。
数が多すぎるものは、数量を決めて残す方法も有効です。衣類や着物なら5着まで、本は10冊まで、アルバムは3冊までなど、あらかじめ決めておくといいでしょう。

3.形見の処分の仕方

ここでは、形見の処分の仕方を見てみましょう。形見としてもらい手がありそうな品物だけ残し、あとは買取してもらえそうなものは買取に出し、残りを処分するという流れが一般的です。

3-1.よくある形見の処分例

3-1-1.貴金属や着物・衣類

形見として残されることが多い貴金属や着物は、価値が分からず判断に困るものでもあります。鑑定書があるなど明らかに高価なものは、形見というより相続の対象になることもあるでしょう。宝石や着物は買ったときには高価でも、査定してもらうと価格の低さに驚くことが多いものです。着物などは有名作家のもの以外はほとんど買値がつきません。タンス一棹(さお)で数千円が相場といわれています。できるだけ形見として分配し、引き取り手のないものは買取業者に引き取ってもらうか廃棄処分しましょう。

3-1-2.コレクション品

書画・骨とうや食器セットなどは形見としてほしい人があれば譲ります。引き取り手のないものは、査定をしてもらい買取に出してもいいでしょう。趣味のコレクションは、故人の趣味仲間に譲ると喜ばれます。

3-1-3.家具や家電品

故人が一人暮らしだった場合には家具や家電品も遺品として残されます。遺族の中に引き取り手がいない場合は、リサイクル店などに引き取ってもらうか粗大ゴミとして廃棄処分しましょう。粗大ゴミとして処分する場合は、自治体のルールに従ってください。冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンは、家電リサイクル法に基づき、購入した販売店かメーカーに引き取ってもらいましょう。

3-2.ゴミとして処分したくないものは形見の供養を

故人が大切にしていた人形や洋服など、ゴミとして処分したくないものは、お寺などで「お焚き上げ(おたきあげ)」してもらう方法があります。炎で焼き清めることで供養とするものです。

4.形見の処分、遺品整理業者について

形見を処分するときに、故人を思い出してしまい作業がつらく感じることがあります。そんなときに頼りになる遺品整理業者について紹介しましょう。

4-1.依頼するメリット

まだ悲しみが十分に癒えていないうちに形見の整理をするのはつらいものです。また、遺品が多すぎてどこから手をつけていいか分からないこともあるでしょう。自分たちだけでできそうもないときには、プロの手を借りることで作業がはかどります。形見の買取や供養に対応している業者もあるため、あれこれ自分で手配しなくていいのもメリットです。

4-2.業者選びのポイント

形見の処分を業者に依頼する場合、料金だけでなくサービスの質や内容で選びましょう。故人の思い出がつまっている遺品は丁寧に扱ってほしいものです。悲しみの癒えない遺族の気持ちに寄り添って、さまざまな相談にも応じてくれる業者だと安心でしょう。業者選びのポイントは以下を参考にしてください。

  • 遺品整理の専門業者か
  • 料金体系をきちんと公開しているか
  • 企業理念がしっかり公開されているか
  • 事業所やスタッフにどんな資格があるのか
  • アフターサービスがどこまで充実されているか
  • 形見を丁寧に扱ってくれるか

形見の買取を希望する場合は、古物商の許可を持っている業者に依頼しましょう。

4-3.作業方法

基本的には、遺族立ち会いのもとで作業を進めます。遠方など事情がある場合を除いて、なるべく立ち会いましょう。立ち会えない場合は、残しておいてほしい形見の品や、探してほしい重要書類などがある場合はあらかじめ伝えておいてください。
作業としては、まずは残しておく形見と処分する品を丁寧に仕分けしていきます。処分するものの中で、買取ができるものは査定してもらいましょう。
遺品整理のファンデックスでは、遠方などで立ち会えない場合でも、作業風景をWEBカメラで依頼主に公開しています。リアルタイムで作業を確認できるので安心です。

4-4.料金設定

遺品整理の料金は、一般的に部屋の広さや処分するものの多さによって決まります。複数の業者に見積もりをしてもらうといいでしょう。遺品整理のファンデックスでは、POSシステム・電子計測器を使用して、お部屋の広さ・処分される不用品の量に応じた正確な見積もりを出すことが可能です。
一例として、1DK2名の作業員で59,800円~、2LDK4名の作業員で149,800円~となっています。

4-5.注意点

遺品整理業者の中には、遺品や金品の持ち去りでトラブルを起こすケースもあります。遺品の扱いに慣れていないアルバイトスタッフにより遺族に不快な思いをさせてしまうこともあるようです。そんな思いをしないために、業者選びには気をつけましょう。

4-6.形見処分の相談窓口

遺品整理は人生において何度もあることではありません。十分な知識がない消費者は悪質な業者にだまされることがあります。トラブルに巻き込まれないためには、正しい情報を得ることが大切です。一般社団法人 家財整理相談窓口では、信頼できる業者のみが集まり、消費者に向けて適正な情報を提供しています。気軽に相談してみましょう。

一般社団法人 家財整理相談窓口

5.形見の処分に関するよくある質問

形見の処分の仕方について、よくある質問と回答をまとめました。

Q.形見の処分を業者に頼む場合、いい業者か確かめる方法はありますか?
A.事前に事業所を訪問してみるのがおすすめです。資材の充実・整理整頓、事務所の整理整頓・清掃、供養部屋の有無、供養される品物の保管状態はどうかなど、自分の目で確かめてみましょう。

Q.遠方の親戚に形見分けをする場合、どうしたらいいですか?
A.一般的に四十九日や一周忌など、親族が集まるときに合わせて形見分けを行います。都合で来られない親族には、宅配便などで送ってもいいでしょう。

Q.ものが多すぎて何を優先して形見として残せばいいのか判断かできません。
A.形見は金銭的な価値が大切なのではなく、故人との思い出を懐かしむために手元に置いておくものです。価値などは気にせず、状態のよいもの、差し上げる方の趣味に合うもの、などの観点で選べばいいでしょう。

Q.故人が賃貸住宅に住んでいたため、急いで形見を整理する必要があります。四十九日を迎える前に処分してもいいでしょうか?
A.四十九日は形見処分の目安とはなりますが、必ずしもこだわる必要はありません。自分たちの都合のいいときに処分してもいいでしょう。

Q.形見分けをするとき、何かしきたりはありますか?
A.昔は目上の人に対して形見分けを行うのは失礼にあたるとされていました。今ではそれほど気にする必要はありませんが、相手から申し出があったときのみにとどめておいたほうが無難でしょう。また、形見分けはプレゼントではないため、包装などはせず、半紙に包むなどして渡します。

まとめ

形見の処分の仕方には厳密なルールがあるわけではありません。故人が残した形見を親しい人で分かち合い、故人をしのぶことでいい供養となることでしょう。つらくて大変な作業も、プロの力を借りることでスピーディーに解決できます。