遺品を供養する方法は? 後悔しないポイントや注意点を教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

遺品を供養する方法をお探しではありませんか? 遺品の中には、仏壇などそのまま捨ててしまうのに戸惑ってしまうものもありますよね。しかし、どこにどんな方法で遺品の供養を依頼できるのか、依頼するときの注意点は何かなどよく分からないこともあるでしょう。それに、後悔しないためにも、万全な方法で依頼したいですよね。

そこで今回は、遺品の供養について詳しく解説します。

  1. 供養が必要な遺品にはどんなものがある?
  2. 遺品供養を行うタイミングは?
  3. 遺品を供養する方法は?
  4. 遺品整理と供養を同時に依頼できることもある
  5. 遺品整理業者を選ぶときの注意点
  6. 遺品供養に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品を供養する方法やポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.供養が必要な遺品にはどんなものがある?

最初に、供養が必要な遺品にはどんなものがあるか見ていきましょう。

1-1.仏壇・位はい

仏壇や位はいは、処分する前にきちんと供養しましょう。仏壇や位はいは、寺院で「魂入れ」を行っています。また、亡くなった人をしのぶものとして、長年の思いが入り込んでいるものです。そのため、処分する際には、「魂抜き」を行う必要があります。また、仏壇や位はいには、亡くなった先祖の戒名(かいみょう)が入っていることからも、そのまま捨てるのはいけません。

1-2.神棚

神棚も、供養が必要な遺品の一つになります。神棚には、神様をお迎えしているのですから、処分する前に祈とうをきちんと行うことが大切です。普段から神様にお願いごとをしておきながら、供養をしないで処分するのはやめましょう。なお、神棚の供養は、寺社や販売店に依頼することもできます。

1-3.お札・お守り

お札やお守り類も、処分する前に供養することが必要です。多くの場合、購入した寺社以外でも供養を受け付けています。不要になったお札やお守りのための箱が設置してあるので、投入するだけで供養を依頼することが可能です。もしくは、何らかの行事の際にお焚(た)き上げしてもらえることもあるので調べてみるとよいでしょう。

1-4.数珠(じゅず)・念珠

数珠や念珠も、供養してから処分しましょう。法事などに欠かすことができない仏具であることから、そのまま処分するのはいただけません。数珠や念珠は小さいので、お札やお守りと同様に処分してもらえることもあります。また、自分で供養をしてから処分してもよいでしょう。

1-5.人形・ぬいぐるみ

人形やぬいぐるみなども、供養してから処分しましょう。人形やぬいぐるみには、人の思いが入り込みやすいとされています。特に、故人が大切にしていたものは、きちんと供養することが大切です。人形やぬいぐるみを専門で供養している神社もあるので、依頼するのもよいでしょう。

1-6.そのほかに供養が必要なもの

そのほかにも、特別に思い入れがある遺品は、簡単にでも供養しておくことがおすすめです。供養がおすすめな遺品には、以下のようなものがあります。

  • 故人の写真やアルバム類
  • 故人が肌身離さず持ち歩いていたものやお気に入りの洋服
  • 故人がよく身に着けていたアクセサリーや腕時計などの小物類
  • そのほか故人が気に入ってよく使用していたものや故人が強くしのばれるもの

2.遺品供養を行うタイミングは?

遺品供養を行うタイミングについて詳しく見ていきましょう。

2-1.葬儀の直後

遺品供養のタイミングの一つに、葬儀の直後が挙げられます。たとえば、賃貸物件の退去期限が迫っている、ゴミ屋敷で遺品の損傷や汚れがひどくて早く処分する必要があるなどの場合は、遺品供養も早めに行う必要があるでしょう。ただし、葬儀が終わっても四十九日法要までは何かとバタバタするものです。そのため、落ち着いて供養ができなかったり都合のよい日程で依頼できなかったりすることがあります。

2-2.遺品整理と同時

遺品供養は、遺品整理と同時のタイミングで行うのが一番おすすめです。遺品整理と同じタイミングで行えば、手間と労力を最小限に抑えることができます。遺品整理業者に遺品供養も依頼することができれば、なお便利です。たとえば、四十九日法要の後など、法事にいったん区切りが付くタイミングで遺品整理と同時に依頼するとよいでしょう。

2-3.気持ちに区切りが付いたとき

故人に対する気持ちが強過ぎる場合は、自分なりに気持ちの区切りが付いたタイミングで供養をするとよいでしょう。遺品供養を行うタイミングには、絶対的な決まりがあるわけではありません。故人が亡くなってからある程度日にちが経過し、気持ちが落ち着いたところで供養しても問題ないのです。遺品供養を特に急ぐ必要がないのなら、自分のペースで進めていきましょう。

3.遺品を供養する方法は?

遺品を供養する方法にはどんなものがあるか、詳しくご紹介します。

3-1.自分で供養する方法

遺品供養は自分で行うこともできます。具体的な方法をご紹介しましょう。

3-1-1.塩を振ってからゴミとして処分する

自分で遺品供養するなら、塩を振る方法が一番簡単です。塩には、ものに宿っている思いを浄化させる効果があるされています。心の中で感謝の気持ちを述べながら、遺品に塩を振りましょう。気持ちがスッキリしたら遺品を白い封筒に入れ、そのほかのゴミと一緒に処分して構いません。

3-1-2.自分でお焚き上げをする

写真など、小さくて焼却処分できる素材の遺品なら、自分でお焚き上げをする方法もあります。遺品を白い封筒に入れ、屋外の安全な場所で燃やしましょう。感謝の気持ちや念仏などを唱えながらすべて燃えるまでその場を離れずに見守ってください。遺品のお焚き上げが完了したら水をかけて完全に火を消し、残った灰を庭などに埋めるか白い封筒に入れてゴミとして処分しましょう。なお、自分でお焚き上げする方法は、煙などで近隣に迷惑がかかることや安全面の問題から大量の遺品の処分には向きません。

3-2.寺社や業者に依頼する方法

寺社や業者に遺品供養を依頼する方法について、詳しくご紹介します。

3-2-1.合同供養

合同供養とは、ほかの人から依頼された遺品と合同で遺品を供養する方法です。ほかの遺品と合同で、お焚き上げなどの方法により供養してもらえます。料金が安いことが大きなメリットですが、都合のよい日時を選んで供養してもらうことや直接立ち会うことは基本的にできません。なお、業者の中には、無料で合同供養をしているところもあるので調べてみるとよいでしょう。

3-2-2.個別供養

個別供養とは、個々に依頼された単位で遺品を供養する方法です。ほかの人の遺品が混ざることがなく、故人の遺品だけを供養してもらえるので満足度が高い方法になります。また、立ち会い可能だったり都合のよい日時を指定したりできるのもメリットです。ただし、料金が高めなのがデメリットになります。

3-2-3.現場供養

現場供養とは、僧侶に遺品整理の現場へ足を運んでもらい、供養を依頼する方法です。目の前で供養してもらえるので、満足度が高いだけでなく気持ちに区切りが付きやすいのもメリットといえます。なお、現場供養も有料が基本となるため、詳しくは業者に確認してみてください。

4.遺品整理と供養を同時に依頼できることもある

遺品整理の際、供養を同時に依頼できることもあります。

4-1.遺品整理業者に遺品供養を依頼できることがある

遺品整理業者では、遺品整理と同時に遺品供養も依頼できることがあります。遺品供養も、遺品整理に伴う大切なことと考えているからです。実際に、評判のよい遺品整理業者では高確率で遺品整理を依頼することができるのでチェックしてみるとよいでしょう。なお、当ファンデックスでも遺品供養をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.遺品整理と遺品供養を同時に依頼するメリット

遺品整理と遺品供養を同時に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 気軽に依頼できる
  • 二度手間にならない
  • 時間と労力を大幅に節約できる
  • 自分で手配するより費用が安く済むことが多い
  • 遺品供養の後そのまま処分を依頼できる

4-3.遺品供養の方法を確認しておくことも大切

業者に遺品供養を依頼するときは、遺品供養の方法を必ず確認しておきましょう。業者によっても、依頼できる方法が異なるからです。実際には、合同供養や現場供養を取り扱っていることが多いでしょう。なお、料金の安さだけで供養方法を選ぶと後悔することもあるので、じっくり考えて結論を出すことがおすすめです。

5.遺品整理業者を選ぶときの注意点

遺品整理業者を選ぶ際、どんな点に注意すべきか具体的に解説します。

5-1.遺品整理で豊富な実績があるか

遺品整理業者を選ぶときは、遺品整理で豊富な実績があることが第一条件になります。遺品整理をスムーズに行うには、深い専門知識が必要だからです。中には、遺産相続などが関連するケースもあり、柔軟に対応する必要があります。その点、豊富な実績がある業者なら経験によるノウハウがあるため、安心して依頼できるでしょう。

5-2.現場視察および見積もりは無料か

現場視察および見積もりが無料であることも、最初にチェックしてください。遺品整理は、個々によって状況が大きく異なります。部屋の広さや数・物量・汚れ具合などのほか、特殊清掃や遺品供養が必要かなどによって、作業量や作業内容が大きく変わってくるからです。そのため、遺品整理には現場視察や見積もりが必要不可欠といえます。現場視察や見積もりを無料で行っている業者なら気軽に依頼できるので、精神的な負担にならないのもメリットです。

5-3.料金システムは分かりやすくてリーズナブルか

料金システムが分かりやすくてリーズナブルであることも、信頼できる業者の特徴です。遺品整理の料金システムは、業界で決まった基準があるわけではありません。したがって、業者ごとに自由な設定を行っているのが現状です。中には、遺族の足元を見て、法外に高い費用を請求してくる業者もいます。しかし、信頼できる業者では、分かりやすくリーズナブルな料金システムがあるので安心です。特に、ホームページで費用一覧を公開している業者は良心的といえるでしょう。

5-4.都合のよい日時と場所で作業してもらえるか

都合のよい日時と場所で作業してもらえるかどうかも、重要なポイントです。どんなに優良な業者であっても、業者の営業時間外に当たる場合は、オプション費用を支払っても対応してもらえないことがあります。また、中には業者が指定した日時で作業することが基本となっているケースもあるでしょう。さらに、業者の営業エリア内であることも確認してください。こちらも、営業エリア外では対応してもらえないことが多いからです。

5-5.スタッフの教育が行き届いているか

遺品整理業者を選ぶときは、スタッフの教育が行き届いていることを確認しておきましょう。遺品整理は故人の持ちものを扱うことから、一般的な不用品回収より深い専門知識や正しいマナーが必要になります。スタッフの教育が行き届いておらず、態度や言葉遣いが悪い、遺品整理の専門知識に乏しいなどでは、終始不安が付きまとうことになるでしょう。

5-6.顧客からの評判がよいか

顧客からの評判がよいことも、遺品整理業者選びで重要なポイントです。不用品であっても、遺品には故人の思い出が詰まっています。取り扱いが雑だったり仕上がりが悪かったりすれば、気分を害してしまうでしょう。遺品整理で後悔しないためにも、そのほかのポイントと共に、顧客からの評判もきちんとチェックしてください。

5-7.遺品供養を同時に依頼できるか

遺品整理業者を選ぶなら、遺品供養を同時に依頼できると便利です。中でも、数多くの遺品供養を行っているところなら、安心して依頼できるでしょう。スタッフの遺品の扱いも丁寧で、満足度も高いはずです。なお、当ファンデックスでも、遺品整理と遺品供養を同時にお受けできます。無料の合同供養・有料の現場供養からお選びいただくことが可能です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5-8.業務に必要な許可を取得済みか

遺品供養を依頼する場合、業務に必要な許可を取得済みかどうかもチェックしておきましょう。遺品供養を行うために特別な資格は必要ありません。しかし、遺品の処分や買取については、自治体や公安委員会から許可を受ける必要があります。信頼できる業者であれば、業者のホームページや名刺などに許可番号が掲載されているはずなので、確認してみてください。

6.遺品供養に関するよくある質問

最後に、遺品供養に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.亡くなって10年以上経過してから遺品供養してもよい?
A.問題ありません。遺品供養は遺族の都合に合わせて行ってください。

Q.遺品供養を数回に分けて行ってもよい?
A.構いません。仏壇や位はいなどの仏具を四十九日法要後などのタイミングで供養し、そのほかの遺品は気持ちの区切りが付いたタイミングで供養するなどでもよいでしょう。

Q.遺品供養をしないで処分したら悪いことが起きる?
A.必ずしも悪いことが起きるとは断言できません。しかし、遺品供養を行わなかったという気持ちから何でもマイナスに考えてしまい、結果的に悪いことが起きる可能性はあります。不安を残さないためにも、遺品供養をすることがおすすめです。

Q.現場供養の費用相場は?
A.業者にもよりますが、1万~2万円程度になります。ただし、個々のケースによっても異なるため、業者に確認してみてください。

Q.遺品供養で高額な費用を請求されないか不安なのですが?
A.まずは、業者に見積もりを依頼してみるとよいでしょう。正式に依頼する前に、遺品供養の金額を知ることができます。なお、信頼できる業者なら、見積もりの金額より高くなることはほぼないので安心してください。

まとめ

今回は、遺品の供養について詳しく解説しました。遺品の中には、仏壇や位はい・神棚などのほかにも、人形やぬいぐるみなど供養が必要なものが多くあります。たとえば、生前愛用していたものなど、故人が強くしのばれるものも供養したほうがよいでしょう。遺品の供養は自分で行うこともできますが、寺社や販売店・遺品整理業者などに依頼すると安心です。さらに、遺品整理と同時に依頼すれば手間や労力も必要最低限に抑えることができるので、検討してみるとよいでしょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア