人形供養の必要性や方法は? 供養以外の処分方法も紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「人形を処分する際は供養したほうがよいのか?」とお悩みではありませんか? 日本では古くから「人形には魂が宿る」という考え方があるため、不要になったからといってゴミとして捨てることには抵抗がある人も多いでしょう。しかし、捨てにくいという理由でいつまでも家に置いておくのも難しいですよね。

この記事では、人形を供養する必要性や方法などをご紹介しましょう。

  1. 人形供養の意味と必要性
  2. 人形供養の方法3つ
  3. 人形供養に対応している寺や神社を紹介
  4. 供養以外の選択肢もある
  5. 人形供養に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分で人形を供養する方法や業者に依頼した場合の費用相場などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.人形供養の意味と必要性

まずは、人形供養の意味や必要性・供養の対象となる人形について解説しましょう。

1-1.死者の冥福を祈ることが供養の目的

もともと「供養」という言葉には、「死者の霊に対してその冥福を祈ること」という意味があります。基本的には「亡くなった人」への対応として行われていますが、人以外の動物や、生き物以外の「もの」に対して供養が行われることも少なくないのです。

1-2.捨てる人の精神的負担を軽減するためにも必要な場合がある

人形供養は、捨てる人の精神的負担を軽減するためにも必要という考え方もあるでしょう。今まで大切にしてきた人形を処分するにあたって「申し訳ない」という気持ちになる人も多いと思います。そこで、供養してから処分することで、そういった気持ちを和らげることができるのです。また、目や鼻・口が付いている人形には、「魂が宿っている」と昔からいわれています。ゴミとして捨てるよりも、供養して処分することで、気持ちよく手放すことができるのではないでしょうか。

1-3.どんな人形やぬいぐるみでも供養の対象になる

「供養が必要な人形」というと、日本で古くから伝わる雛(ひな)人形や五月人形をイメージする人は多いでしょう。しかし、実際にはどんな人形やぬいぐるみであっても供養の対象になります。たとえば、子供が小さいころから愛用していたぬいぐるみなども、心からの感謝の気持ちを込めて供養してあげるとよいでしょう。

2.人形供養の方法3つ

人形を供養する方法を3つご紹介しましょう。

2-1.塩をふって清めてから捨てる

人形は、自治体が回収する燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てることができます。ただゴミ袋に入れて捨てるのではなく、人形をきれいに拭き、塩をふって白い紙に包んでからゴミ袋に入れてあげましょう。その際、今までの感謝の気持ちを伝えてあげれば、十分な供養になるはずです。

2-2.寺や神社に依頼する

寺や神社によっては、人形供養を受け付けているところもあります。お経や祝詞をあげてもらってからお焚(た)き上げしてもらえるため、非常に安心できるでしょう。供養を行う日程や申し込み方法・費用についてはお寺や神社によって異なるため、確認が必要です。

2-3.専門業者に依頼する

不用品回収業者や遺品整理業者の中には、人形供養を受け付けているところもあります。引っ越しなどで大量の不用品とともに人形を処分したいときや、遺品整理で出た人形を供養したいときなどに利用するとよいでしょう。生前整理や遺品整理を行っているファンデックスでも、遺品として出た人形の供養を受け付けています。提携寺院での合同供養であれば無料で依頼できるため、チェックしてみるとよいでしょう。

3.人形供養に対応している寺や神社を紹介

人形供養を依頼できる寺や神社をいくつかご紹介しましょう。

3-1.東京都 明治神宮

東京都渋谷区にある明治神宮では、毎年秋に「人形感謝祭」が開催され、人形供養が行われています。人形を納めた人も参列できるため、供養している様子を目の前で見ることが可能です。当日持参した人形だけを受け付けており、郵送での依頼はできません。

3-2.千葉県 本光寺

千葉県市川市にある本光寺では、人形供養を毎日午前9時~午後4時まで受け付けています。直接持ち込むことも郵送で依頼することも可能ですが、いずれも事前にインターネットで申し込みが必要です。

3-3.愛知県 大樹寺

愛知県岡崎市にある大樹寺では、不定期で人形供養が行われています。受付は毎日午前9時~午後4時まで本堂内右手の寺務署で行っているため、直接持ち込んでください。受付時に供養の日時を案内してくれます。

4.供養以外の選択肢もある

不要な人形を手放すには、供養して処分する以外にも選択肢がいくつかあります。

4-1.状態のよいものはリサイクルショップへ

比較的状態のよい人形は、リサイクルショップに買取してもらうのもひとつの方法です。直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、すぐ現金化できます。雛人形などはもともとの値段が高いため、高価買取の可能性も期待できるでしょう。ただし、汚れやほつれが目立つものなどは買取不可になるため、注意が必要です。

4-2.寄付する

発展途上国などに不要な人形を送っている団体に寄付する方法もあります。国際子供友好協会国際社会支援推進会ワールドギフトセカンドライフなど、寄付を募っている団体をチェックしてみるとよいでしょう。そのほか、幼稚園や保育園などに寄付できないか問い合わせてみるのもおすすめです。

4-3.ほかにも不用品が大量にあるなら不用品回収業者がおすすめ

人形以外にも処分したい不用品が大量にある場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。出張回収や宅配回収に対応している業者もあるため、自分に合った方法を選択できるのもメリットでしょう。中には、回収だけでなく買取を行っている業者もあります。状態のよいものは買取してもらえるため、お得に人形を処分できる可能性もあるでしょう。

5.人形供養に関するよくある質問

「人形を供養したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ガラスケースに入っている人形も、お寺や神社でお焚き上げしてもらえますか?
A.ガラスケースや人形の飾りなど、燃えない部分は引き取ってもらえない場合が多いでしょう。事前に確認してください。

Q.「お焚き上げ」にはどのような意味があるのでしょうか?
A.炎の力で浄化し、天上へ還(かえ)すための儀式です。人形のほかにも、神棚や仏壇・写真・手紙などを供養するケースが多いでしょう。

Q.人形供養をお寺や神社に依頼した場合の費用はどのくらいですか?
A.お寺や神社によって費用は異なりますが、標準サイズの段ボール一箱で3,000~30,000円が目安でしょう。人形一体ずつの供養を受け付けているところもあるため、確認してください。

Q.遺品整理業者に人形供養を依頼した場合、立ち会うことはできますか?
A.業者によっては立ち合いが可能です。ファンデックスでは、現場供養を選択すれば自宅まで提携寺の僧侶が来て供養してくれるため、立ち会うことができます。

Q.遺品の人形を供養してもらいたいのですが、遺品整理業者を選ぶポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・料金体系が明確か・無料見積もりを受け付けているか・丁寧でスピーディーな対応をしてくれるかなどをチェックするとよいでしょう。

まとめ

人形を供養する必要性や方法・供養以外の処分方法などをまとめてご紹介しました。人形を処分するにあたって、ゴミとしてそのまま捨てることに抵抗がある人は多いでしょう。しっかりと供養し、心残りなく人形を手放すことができるよう、ぜひこの記事を参考にしてください。