手元供養の方法とは?~お墓を持たない新しい供養のかたち~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お墓や納骨堂に遺骨を保管するのが難しい人もいます。
そういう人たちが選ぶ方法として「手元供養」があるのです。
手元供養とは、その名のとおり遺骨を手元で供養していくこと。
親が亡くなるとお墓や納骨堂などに遺骨を保管し、そこに出向いて手を合わせるのが一般的です。
しかし、近年はさまざまな事情による「墓離れ」がすすんでいるのも事実。
新しい供養のかたちとして、手元供養を考えてみてはいかがですか?
どのように始めるのか、費用はどのくらいなのか、まだ一般的に知られていない手元供養についてご紹介したいと思います。

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


1.手元供養とは

1-1.手元供養って何?

一般的な寺院への納骨に代わり、もしくは納骨後に、遺骨を自宅で保管することを「手元供養」と呼びます。
「死後はお墓や納骨堂へ」という常識が昔からあるでしょう。
しかし、そういった法律や義務があるわけではありません。
遺骨を自宅で保管することは公に認められているのです。
「お墓に入れなくても成仏できるのか?」と不安に思う人も多いでしょう。
魂は遺骨に宿るものではありません。
仏教でも「四十九日を過ぎると魂は浄土する」と言われているように、大切なのは「供養したい」という気持ちなのです。

1-2.手元供養のメリット

手元供養には一般的な墓供養にはないメリットがあると言われています。
まず、精神的な問題です。
遺骨を自宅で保管することで、常に故人をそばに感じることができるでしょう。
大切な家族が亡くなり、遺骨になった姿を見て「暗いお墓や納骨堂ではかわいそう」と思う人もいます。
手元供養はそんな人たちにとっても、心置きなく供養できる方法の1つなのです。
また、時間的な問題も解決することができます。
お墓や寺院などに納骨している場合、故人の供養をするためにその場所へ出向く必要があるでしょう。
遠方に住んでいる、体調を崩したなどの理由で、足を運ぶのが困難な場合もありますよね。
手元供養であれば距離や時間を気にすることなく供養することが可能なのです。
さらに、大幅に費用を抑えることができるのもメリットの1つ。
新しくお墓を建てる場合は、最低でも100万円程度の費用がかかります。
手元供養の場合、必ず必要となる物品はないため、一切費用をかけずに供養していくことも可能になるでしょう。

2.墓離れが増えている背景

手元供養の利用率が急増しているのは、ここ数年のことです。
その理由には、墓離れが増えていることが挙げられます。
墓離れが増える背景には、どのようなものがあるのでしょうか。

2-1.子供に迷惑をかけたくない

今の親世代は「お墓のことで子供に迷惑をかけたくない」と思っています。
そのため、自分たちが生きているうちにお墓を購入しておく人がほとんどでしょう。
お墓は、建立だけでなく維持管理にも多くのお金がかかります。
若い世代の人たちが負担し続けるには大変な金額です。
さらに、少子化がすすんだ現代、1組の夫婦が「面倒を見なければならないお墓が複数ある」というようなケースも珍しくありません。
金銭面ではもちろんのこと「お墓参りなどの管理で負担をかけたくない」という気持ちもあるでしょう。
所帯を持って遠方で暮らしている子供たちに、年4~5回の墓参りをしてもらうのは心が痛みます。
「でも、年に1~2回では雑草も伸びてしまうだろうし…」という気持ちは、親世代なら誰もが持っているのではないでしょうか。
「子供たちにお墓にまつわる負担をかけたくない」と思っている親世代自身も、今までそういった苦労を経験してきたはず。
だからこそ、同じ思いをしてほしくないのです。

2-2.継ぐ人がいない

人口が都市部に集中していること、少子化・高齢化がすすんでいることが原因で「お墓を継ぐ人がいない」という問題を抱えている人は非常にたくさんいます。
また、昔のように「家」「家族」「先祖」といった概念に支えられて成立していたお墓への概念は大きく変化しているのです。
民法における「家」制度がなくなり、時代とともに人々の考え方は変わってきました。
「お墓継ぐ人がいない」という不安から「無縁墓になるのが心配なのでお墓を持ちたくない」と思う人が増えるのは当然のことでしょう。

3.手元供養の方法と種類

手元供養を検討しているなら、その方法や種類について詳しく知っておきましょう。

3-1.手元供養の方法は2種類

手元供養の場合、遺骨の保管方法には2つの方法があります。
まずは、遺骨や遺灰のすべてを自宅で保管する方法。
そして、お墓や寺院へ納骨した上で、遺骨の一部分だけを自宅で保管する方法です。
どちらを選ぶかは自由でしょう。
遺骨を分けて保管することについて「成仏できなくなるのでは」と心配になる人も多いはず。
しかし、仏教では昔から「分骨」が一般的に行われていたため、問題ありません。
「お寺での供養が必要」と考えるなら、一部分だけ自宅で保管する方法を選ぶとよいでしょう。

3-2.「納骨型」と「加工型」

自宅で保管することになった遺骨や遺灰は、そのまま保管するか、何らかのものに加工することになります。
たとえば、遺骨や遺灰をそのまま保管する場合は、保管用の骨壺(こつつぼ)に入れておくようにしましょう。
加工する場合、最も人気が高いのがアクセサリーです。
遺骨や遺灰でダイヤモンドを作ってアクセサリーにする方法を選択する人も多くなっています。
そのほかにも、遺骨を収納できるようになっているオブジェや、遺骨を使って作ったプレートなども人気です。
骨壺(こつつぼ)やアクセサリーは以前からありましたが最近は色々なバリエーションが増えています。

4.まとめ

いかがでしたか?
手元供養は、さまざまな背景から生まれた「新しい供養のかたち」です。
「自分が死んだ後、子供に迷惑や負担をかけたくない」と思っていた親御さんたちの気持ちを考え、手元供養について考えてみてください。
自分たちの負担を減らすだけでなく、満足のいく供養をしてあげることで親孝行ができるのではないでしょうか。