遺品の売却は可能? 遺品整理にまつわる業者選び・費用・買取を解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

少子高齢化社会が抱える問題は深刻です。親の死去で葬儀・遺品整理・部屋の片づけなどを行います。しかし、兄弟姉妹が少ない家庭における遺品整理は、1人にかかる負担がとても大きいです。とはいえ、遺品整理と使えるものの処分しなければ、家の明け渡しなどの問題もあり、次へ進むことができません。
「遺品整理の手順について知りたい」「遺品の売却もできる?」といった疑問は、自然と湧いてくることでしょう。遺品整理は肉体的労力と集中力を必要とするため、1人では難しく、高齢の遺族には特に重労働です。ですが、避けてはとおることができないため、遺品整理のコツと売却については、あらかじめ知識を持っておくと心配ないでしょう。今回は、遺品整理について網羅した記事をご紹介します。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品の売却について
  3. 遺品の不用品回収について
  4. 遺品整理や売却などでよくある質問
  5. まとめ

遺品整理ってどういった手順で行うの?

遺品整理はポイントを知り、効率よく終えていくことが大切です。むやみに手をつけ、時間ばかりかかってしまうと無駄が出てしまいます。この記事を参考にし、遺品の整理と売却の知識をしっかり覚え、迷うことなく進めるコツを得てください。


1. 遺品整理について

遺品整理について

遺品といえば、形見や貴重品を思い浮かべることでしょう。実は、遺品は故人の持ち物すべてがあてはまります。ですから、日ごろ愛用していたものから家具まで、膨大な量の荷物を整理しなければならないのです。

1-1.遺品とは? 

遺品には、通帳や有価証券といった価値あるものから、写真・服・家電・日用品など幅広い意味があります。遺産相続対象となるものは、とりわけ慎重に取り扱うことが必要です。紛失した、捨ててしまった、持ち去ったなど、遺産相続でトラブルが多いのはこうした行動がかかわっています。

1-2.遺品整理について

遺品整理はとても大変です。前述のようなたくさんの荷物を整理し、いるものといらないものに分別し、売却や処分を効率よく終えていくことが求められます。

1-2-1.遺品整理は誰がいつから? 

遺品整理をすべき人は、故人の親族や子どもたちが行うのが通例です。とはいえ、主観が入ってしまい、スムーズに進まないといった事態もあり得ます。1つずつ手に取り、価値がわからず、分別も理解できないといったつまずきも起こるのです。
時期は、賃貸物件に住んでいた故人なら、すぐに明け渡しが必要となるため、葬儀後すぐに着手することが理想でしょう。一般的には、四十九日法要を終えたころまでです。しかし、葬儀後は遺産相続や死去に伴うさまざまな手続きに追われ、時間のゆとりも精神的余裕もありません。
遺品整理の手間と労力を踏まえ、資産価値の見極めをきちんとしてもらうことを目的に、遺品整理人がいる業者に依頼するニーズが高まっています。

1-2-2.遺品整理の主な方法やポイント

遺品整理の流れは、貴重品の選(よ)り分けからスタートします。愛用品や金品は相続税もかかわってくるため、ほかのものと仕分けておかなければなりません。形見分けにも関連した愛用品や貴金属類なども分別します。トラブル防止にもなりますから、必ず遺品として残してください。
大切なものや遺産相続にかかわる品を仕分けた後、日用品や服などの不用品を選別します。捨てるものを決める作業です。遺品整理の主な方法は、必要なものと不用なものを分別する作業といっていいでしょう。

1-2-3.遺品整理の問題点

遺品整理は掃除や片づけとは違います。いくつかの問題点を考えていきましょう。

1-2-3-1.遺族が遺品整理について詳しくない

先にも述べたように、遺品整理を手がける親族が身近にいない、主観が入って進まないといった問題が、素人では出てきます。遺品整理を単なる片づけの1つとして捉(とら)えていることが、思うように進まない理由でしょう。遠方で、故人の家に足を運ぶことができず、遺品整理に日数を割くことができないなども、核家族化が進む現代の問題点となっています。

1-2-3-2.お金がかかる

遺品整理のため、親族が駆けつけて行う場合もあります。宿泊費用もかかり、粗大ごみの処理にも莫大(ばくだい)な費用が想定されるでしょう。費用がかかり、どう処理すべきかわからないというのも、遺品整理にかんするよくある悩みです。とはいえ、やらなくては終わらないものであり、いかに費用と親族の負担を軽減するかが、遺品整理における焦点といっていいでしょう。

1-2-3-3.ものが多くて整理できない

ものの量は、家庭によってすべて違います。写真・コレクション・本が多い家庭では、すぐさま処理して遺品整理を終えることが難しいです。最近では、独居老人によるごみ屋敷も深刻な問題としてニュースで報道され、分別どころではないという状態の家もあります。ものが多く、遺品整理が進まないというのも、遺族が頭を抱えてしまう原因です。

1-2-3-4.形見分けをしなければならない

遺品には、価値ある品があることをご説明しました。遺産相続も大事です。しかし、故人が普段から愛用していた品やコレクションは、故人の意向に添って形見分けをしなければなりません。エンディングノートが残っている場合、記載された内容に添って形見分けができます。ない場合、遺産相続時に親族間で話し合い、形見分けについて決めていくことが必要です。

1-2-3-5.遺品から出た不用品の処分方法は? 

家電や家具といった大型ごみから、生活用品や服などの細かな品まで、不用なものはすべて処分しなければなりません。賃貸なら貸し主への明け渡しをなるべく早い時期に行うべきです。不用品とはいえ、いつまでも置いておくわけには行きません。大量かつサイズの大きなごみは、1つずつ粗大ごみに出すのは難しいでしょう。ですから、遺品整理業者が整理と処分を行うのが最も早くて簡単な方法です。

1-3.最近の遺品整理にかんする傾向

遺品は、故人の人生を映し出す大切な品と捉(とら)え、丁寧かつ慎重な取り扱いが求められます。しかし、少子高齢化が加速する今、遺品整理をする人手がいないのが現状です。自分たちの手でやりたいが、時間を費やすことができないという方が増えています。最近は、遺品整理人による整理と処分のニーズが急増し、遺品整理業者や専門会社に依頼する場合がほとんどです。

2.遺品の売却について

遺品の売却について

不用品がたくさん残される遺品の中には、まだ使える品も多くありますよね。使えるのに捨てるのはもったいないと感じる方もいるでしょう。遺品は売れるのかについて考えていきます。

2-1.遺品は買い取りしてもらえるのか? 

使えるものは売りたい、処分費用を抑えたいと思うのは、誰でも思うことでしょう。そもそも遺品は売れるのかという疑問が出てきます。答えは、使えるものや価値が残っている品は買取を利用可能です。前提として、遺産相続対象とはならない品ということが挙げられます。勝手に売却し、親族間トラブルが起こらないよう、売る品は親族間で決めておくことが大切です。

2-2.遺品買取を利用するメリット

処分には膨大な費用がかかります。自治体の粗大ごみであれ、家具や家電といった大型ごみは、数が増えれば費用もかさむのです。遺品整理後に不用品買取を利用した場合、買取で浮いたお金を処分費用に適用できるメリットがあり、膨大な費用工面を避けることができます。
また、故人の使っていた品を有効活用する意味でも、資源としてリサイクルすることはとても意義があることです。

2-3.遺品の中から買い取りしてもらえるものとは? 

不用品の中から、売れるものがあるかは気になりますよね。買取対象となるのは、下記のとおりです。

  • 家電(製造から5年以内のもの)
  • 骨董(こっとう)品
  • コレクターズアイテム
  • 傷や汚損がない家具
  • 本(シリーズ本はそろっていることが望ましい)
  • 未使用の品 

遺品を売ることに抵抗を感じる方もいます。しかし、遺産相続にかかわるもの以外は、処分しなければ前に進むことができません。最終的に貰(もら)い手がないものは、不用品として手放すことになってしまいます。捨てるより売る方を選ぶことで、新たな持ち主によって再利用される方がいいでしょう。

2-4.どこで遺品の買取をしてもらえるのか?

遺品の売却は、いくつかのルートで行うことができます。品物によってわけて売却先を決めるのもいいでしょう。面倒という方は、一括で引き受けてくれる遺品整理業者の活用が便利です。

2-4-1.お住まいの近くにあるリサイクルショップ

近隣にリサイクルショップがあるなら、家具や家電を査定してもらってはいかがでしょうか? 取扱品目が幅広いところを選んでください。リサイクルショップは、出張して査定してくれない場合もあります。大きなものも運搬が必要で、査定に納得できない場合は引き取って持ち帰らなければなりません。

2-4-2.骨董品専門店

骨董品やコレクターズアイテムなら、骨董品専門店に問い合わせてみましょう。専門店なら需要もあり、買い取りしやすいです。年代物の骨董(こっとう)品でも、価値を見極めて適正価格を提示してもらえます。骨董(こっとう)品は好きな人だけに分かるものです。ですから、親族でも価値がわからない場合、まずは骨董(こっとう)品専門店に確認してみるといいでしょう。

2-4-3.不用品回収業者

遺品整理人がいる不用品回収業者なら、整理と処分を同時に行うことができ、そして不用品の買取も手がけています。時間のロスが少なく、一気に遺品整理を終えたいというニーズにも合致した方法です。遺品整理と不用品処分を別々に行った場合、料金も高くなります。しかし、同時に依頼することにより、遺品整理費用を抑えることができるでしょう。

2-5.遺品を売却する際の注意点

遺品とはいえ、ひとたび売却してしまったら、取り戻すことはできません。引き渡し完了で契約が成立します。やっぱり必要な品だったと後悔しても、手元に戻ることはありません。ですから、遺品売却時は、本当に売ってもいい品かを考えてから依頼してください。

2-6.売却できない遺品とは? 

古いもの、傷や汚れが激しいものは、当然ながら中古需要が見込めません。従って、処分費用を請求されます。ブランド品でも同様です。買い取りする立場としては、中古市場でニーズがあるかどうかで、買取基準を定めています。ですから、古くて動かないものなどは、査定時に値段をつけることができません。不用品として処分費用が別途かかることを想定しておきましょう。

3.遺品の不用品回収について

遺品の不用品回収について

遺品整理業者では、不用品を供養してから処分するようにしています。一般の不用品とは区別し、故人の霊を敬い、ご祈祷(きとう)してから処分するのです。遺族にとっても納得できる方法になると思います。大切なのは、業者選びのコツです。

3-1.遺品整理業者・不用品回収業者の選び方

遺品の取り扱いに長(た)けている業者を選びましょう。民間資格で「遺品整理士」というものがあり、さまざまな種類の遺品を的確に選別する眼力を持つ人です。単なるものの整理ではなく、価値を客観的に診断する力ですから、依頼時はこうした資格を持っている人が手がけるかどうかも、業者選びのポイントにしてみてください。対応が迅速であることも重要です。
遺品の処分方法も着目しましょう。粗大ごみとして扱わず、故人に敬意を払ってご祈祷(きとう)をしてくれる業者なら、遺族の立場に立って処分してもらえます。口コミをインターネットで確認する方法もおすすめです。

3-2.遺品を高額査定につなげるポイント

買取を利用するなら、少しでも高い値段をつけてもらいたいと思うでしょう。高額査定につなげるポイントは、売りたいものを丁寧に掃除することです。付属品を探し、一緒に査定に出してください。
骨董(こっとう)品は骨董(こっとう)品専門店に、本は古書店を利用するといいでしょう。専門店の方が、古いものでも価値を認めてもらえる可能性が高いです。

3-3.遺品の不用品回収にかかる料金相場

遺品整理や、遺品整理で出た不用品回収費用をご紹介します。荷物の分量や部屋の広さに応じ、相場より料金が上下することを念頭に置き、あくまでも参考としてください。
遺品整理業者「ファンデックス」では、遺品整理の料金プランにごみ回収費用も含まれています。作業完了後にハウスクリーニングも実施しており、気持ちのいい遺品整理がモットーです。

  • 1LDK(作業員3人) 79,800円
  • 2LDK(作業員4人) 149,800円
  • 3LDK(作業員5人) 199,800円

3-4.遺品整理の相談窓口

遺品整理にまつわる相談なら、ファンデックスにお任せください。料金体系もわかりやすく、作業内容もWEBカメラで確認していただきながら進めています。遺品の仕分けから処分まで、すべてパック料金にてご提案しており、多くの方々に納得していただいている遺品整理業者です。

3-5.遺品の不用品回収にまつわる注意点

遺品の処分と買取には、自治体からの許可を受けて営業していることも確認し、信頼できる業者に依頼してください。産業廃棄物収集運搬業許可と古物商許可を受け、正しく不用品の買取と処分を実施していることが、最も重要です。不適切な無許可営業の業者には、ごみの不法投棄や貴重品の盗難といったトラブルも続出しています。しっかりチェックしてください。

4.遺品整理や売却などでよくある質問

遺品整理や売却などでよくある質問

遺品整理は故人の意思を反映し、丁重に行わなければなりません。また、親族間トラブルで多いのが、遺品整理をどう進めるかというものです。親族にとって負担が大きいことが伺えます。遺品整理にまつわる質問集をまとめました。参考にしてください。

4-1.遺品整理業者に頼む前は見積もりを出してもらうべきか? 

遺品整理といっても、業者により処分方法や料金はさまざまです。何より、作業内容が納得でき、信頼できるものかをチェックすることが大切でしょう。見積もりで追加料金の発生がないか、不用品回収後の処分についてなど、業者によく確認しておくようにしてください。

4-2.遺品整理は遺族の立ち会いが必要になる? 

遺品整理業者にすべてを依頼することは可能です。ファンデックスでは、WEBカメラを採用しているため、リアルタイムで作業内容をチェックでき、実際に現場に足を運ばなくても立ち会いと同じような環境を提供しています。希望があるなら、立ち会いも可能です。

4-3.デジタル遺品の中に写真がたくさんある

写真がパソコンなどに保管されたまま廃棄するのは、大変危険です。個人情報流出にもなりかねません。データ消去を確実に終えてから廃棄しましょう。情報を復元されない方法として、業者によるデータ消去サービスが便利です。ファンデックスなら、論理的消去機・物理的破壊機・磁器破壊装置の3種類を活用し、データ消去をしっかり行っています。希望する方には、有料でデータ消去証明書も発行可能です。安心のデジタル遺品整理をご利用ください。

4-4.遺品整理は土日や祝日もできる? 

ファンデックスでは、土日祝日も対応しています。無料見積もりはインターネットから24時間申し込み可能です。電話での受けつけもしています。ご希望の日時を事前にお伝えください。

4-5.遺品整理開始前に売りたいものを伝えておくことはできる? 

作業開始前に、ヒアリングシートを作成します。金品や貴重品など探してもらいたいものを聞き取り、捜索の材料にするためです。売りたいものがある場合、ヒアリングシート作成時に申し出てもらってもかまいません。

5.まとめ

遺品整理についてまとめ

いかがでしたか? 遺品整理は遺族の負担が大きい、労力と時間が必要な作業です。誤って貴重品を処分してしまうこともあり、後々親族間トラブルに発展することもあります。トラブル回避のためにも、遺品整理業者を利用する方法がおすすめです。迅速に対応してもらえ、価値ある品を見逃すことなく、きちんと必要品と不用品を見極めてもらえます。費用はかかるものの、ごみの分別や処分も一緒にでき、納得できる方法が業者による遺品整理です。業者を選ぶ際は、遺品整理士の資格を持つかどうか、不用品回収後も故人を尊重した処分方法を行っているか、料金体系は明確であるかなどに着目してください。信頼できる業者を見つけ、気持ちよく遺品整理を終えるようにしましょう。