遺品整理にお金をかけられない人必見! 買取という選択肢もある!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「遺品を買取に出すことはできるのか?」と疑問に思っている方は多いと思いますが、正常に使える状態であれば遺品でも買い取ってもらうことができます。買い取ってもらえる遺品が多いほど処分費用の節約につながるので、買取に出す方法はおすすめです。

よりスムーズな買取が進められるように、本記事では、遺品を買取に出す方法やメリットなどを解説します。

  1. 遺品を買取に出すメリットは?
  2. どんな遺品が買取対象になるのか?
  3. 遺品を高く売るためのポイントと注意点
  4. 遺品買取業者を選ぶポイント
  5. 遺品の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品を買取に出す際の注意点も分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。


1.遺品を買取に出すメリットは?

最初に、遺品を買取に出すメリットをチェックしておきましょう。

1-1.処分費用を抑えることができる

遺品を買取に出す大きなメリットは、処分費用が節約できることです。遺品の量が多ければ多いほど、処分に時間がかかるだけでなく、処分にかかる費用も高くなってしまいます。ものを捨てるには、何かとお金が必要になるものです。特に、粗大ゴミや大型家具・大型家電などは処分がとても大変で、処分費用もかかってしまいます。できるだけ、処分費用を抑えたいという方は、買取に出すのがおすすめです。「遺品を買い取ってくれるところはあるの?」と不安を感じる方が多いと思いますが、遺品も買取対象になります。詳細については、後ほど【2.どんな遺品が買取対象になるのか?】で説明するのでぜひチェックしてください。

1-2.リサイクルできる

リサイクルできるのも、遺品を買取に出す大きなメリットといえるでしょう。家電や家具など、まだ使えるのに捨てるのはもったいないと思っている方は多いはずです。特に、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビといった家電には、貴重な資源が含まれています。鋼・銅・レアメタルといった有限の資源は再利用することが推奨されているのです。買取に出すことでリサイクルできるのは、地球の貢献につながりますしエコ活動になるでしょう。また、気持ち的にも楽になるはずです。

2.どんな遺品が買取対象になるのか?

ここでは、買取対象になる遺品をチェックしていきましょう。

2-1.製造年月から5年以内の家電

一般的に、中古市場で需要があるものほど買い取ってもらいやすい傾向があります。遺品の中でも、製造年月から5年以内の家電類は買い取ってもらえるものといえるでしょう。エアコン・テレビ・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機といった生活家電は特に需要があります。できるだけ安く購入したい人が中古を求めるため、積極的に買取を行っている業者がたくさん存在しているのです。問題なく正常に使える家電は買取対象になりますが、発売されたばかりの新製品ほど高価買取が期待できます。逆に、正常に稼働する家電であっても、製造年月から5年以上が経過している場合は買取不可になるか、買取額が大きく下がる恐れがあるでしょう。

2-2.ブランドものや着物・アクセサリー類

遺品の中には、ブランドものや着物・アクセサリー類など高価なものが含まれているはずです。形見として手元に残す方もいますが、特別な思い出がない限りは買取に出すといいでしょう。ブランドロゴが入っているバッグや価値があるレアものなどは、高値で売れる可能性があります。元値が高い着物も高価買取が期待できますし、アクセサリーやジュエリー系も高価買取が期待できるでしょう。

2-3.コレクターアイテムなども買取対象に

故人が集めていたコレクターアイテムなども、買取対象になる可能性があります。たとえば、切手・おもちゃ・プラモデル・レトロ玩具・ドール系などです。コレクターの中には、現在流通していないレアものや数に限りがある限定商品などが含まれているでしょう。なかなか手に入らないアイテムほど、コレクターたちが欲する傾向にあります。そのため、買取専門業者などで高く買い取ってもらいやすいのです。遺族にとってはゴミ同然のもののように感じるアイテムでも、高値で売れる可能性があるので一度査定を依頼してみてください。

3.遺品を高く売るためのポイントと注意点

ここでは、遺品を高く売るためのポイントと注意点を説明します。

3-1.購入時についてきた付属品をそろえる

できるだけ遺品を高く売りたい方は、購入時についてきた付属品をすべてそろえてください。たとえば、取扱説明書・替えの部品・リモコン・元箱・保証書などがあります。付属品をすべてそろえることで買取額がアップする可能性があるのです。査定が厳しめの買取専門業者の中には、付属品をすべてそろえなければ買取不可になるところもあるでしょう。なるべく購入時と同じ状態にすることが、高く買い取ってもらうためのポイントとなります。

3-2.きれいな状態にする

売りたい遺品をきれいな状態にすることも大切なポイントです。見た目が査定額を決める要素でもあるため、なるべくきれいに掃除をしてから買取に出しましょう。ただし、家電類は水気に弱い性質があるので、やわらかいタオルなどで軽く拭き取るだけでOKです。手垢(てあか)や積もっているホコリを取り除くだけでも、査定員に良い印象を与えることができます。見た目がきれいなものほど売却しやすいので、高値で売れる可能性もグッと上がるのです。

3-3.セットやまとめ売りをする

遺品を高く売りたい方は、セットやまとめ売りをするといいでしょう。たとえば、ダイニングテーブルとイスをセットとして購入した場合は、そのまま査定に出すのが理想です。パソコンやテレビを買取に出すのであれば、テレビ台やデスクトップなどもセットにするといいでしょう。なるべくまとめて売却したほうが、高値がつきやすい傾向があります。

3-4.複数の業者に無料査定を依頼する

複数の業者に無料査定を依頼し、買取額を比較することも大切なポイントです。最低でも3~4社の業者に無料査定を依頼すれば、だいたいの買取額が分かるでしょう。査定額の目安が分かれば、安価な査定額を出してくる悪徳業者を見極めることもできます。また、最も高値で売れる業者に買い取ってもらうこともできるでしょう。納得できる値段で売りたい方は、複数の業者を比較することが大切です。

3-5.自分の判断で勝手に遺品を売らない

遺品を買取に出す前に、親族や相続人の意向をきちんと確認しておかなければなりません。自分だけの判断で遺品を処分したり買取に出したりしてしまうと、後々トラブルになる恐れがあるからです。実際に、勝手に遺品を買取に出してしまった結果、親族と言い争いになってしまったという方もたくさんいます。親族とのトラブルを避けるためには、きちんと遺品について協議を重ねることが大切です。どの遺品を残し、誰が譲り受けるのか話し合ってください。

4.遺品買取業者を選ぶポイント

ここでは、遺品買取業者を選ぶポイントをいくつか紹介します。

4-1.買取実績があるか

まず1番にチェックしてほしいのは、買取実績があるかどうかです。業者のホームページを確認して、買取実績をチェックしましょう。さまざまな品の買取を行っている業者は、ホームページ等にこれまでの取引実績が記載されているものです。または、どのような方法で買取を行っているか、なぜ高価買取が可能なのかなど、詳細が掲載されているでしょう。サービス内容について細かく記載されている業者ほど安心して依頼できる業者です。

4-2.古物商の許可を取得しているか

基本的に、買取業を行うためには、店舗を構えている都道府県知事から古物商の許可を取得しなければなりません。つまり、古物商の許可を取得していない業者は悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。ホームページ等に古物商の許可証や許可番号が記載されているかどうか必ずチェックしてください。許可を取得していない業者に依頼するとトラブルになる恐れがあるので要注意です。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

買取業者選びのポイントとして、スタッフの対応にも注目すべき点といえるでしょう。優良業者のほとんどは、スタッフの対応が丁寧でスピーディーです。どのような質問に対しても丁寧で分かりやすく説明してくれるでしょう。電話対応もしっかりしている特徴があります。逆に、対応がきちんとなっていない業者は、悪徳業者の可能性が高めです。問い合わせの返事がすぐにやってくるのか・丁寧で分かりやすい説明かどうかに注目しましょう。

4-4.料金設定や見積書の内容が明確になっているか

料金設定や見積書の内容が明確になっているのかにも注目すべきポイントです。たとえば、遺品整理や不用品買取などを行っているファンデックスでは、整理サービスの料金をホームページに記載しています。料金に含まれているサービス内容についても掲載しているので、ぜひチェックしてください。業者の中には、料金設定を不明確にして、後で高額な請求をする悪失業者が存在しています。どのようなところにお金がかかるのか・どのようなポイントでこの査定額になったのか、分からないところはきちんと尋ねるようにしましょう。

5.遺品の買取に関してよくある質問

遺品の買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どのタイミングで遺品を売却すればいいのか?
A.遺品整理と同じタイミングで遺品を売却するケースが多いようです。遺品整理は親族や相続人が集まりやすい日に行うのがベストだといわれています。たとえば、四十九日など、お葬式から何日か経過した法事がおすすめです。葬式の日はバタバタしているので、遺品整理を行う時間や気力がありません。ある程度、日が経過している四十九日なら親族も集まりやすいですし、遺品整理にぴったりのタイミングといえるでしょう。

Q.遺品買取を進めるためのポイントは?
A.故人の財産がどのくらいあるのか確認することです。きちんと財産を確認しておかなければ、高く売れる遺品も区別できません。車や不動産といった分かりやすい財産だけでなく、古いおもちゃ・フィギュアなども価値があるものが含まれているため、チェックしておきましょう。また、トラブルを未然に回避するためにも、相続人を確認することも大切なポイントです。

Q.パソコンやスマホなどを売却する際の注意点は?
A.データが記録されたまま売却してしまうと、情報が流出してしまう恐れがあります。パソコンやスマホといったデータが含まれているものは、データを移行してから完全消去してください。自分で消去することもできますが、専門業社にデータ消去を依頼したほうが安心です。パソコンの場合、初期化だけではデータが復活してしまうため、HDDを完全に壊さなければなりません。

Q.業者に遺品整理を依頼する際の費用はいくらぐらいか?
A.あくまで目安となりますが、費用の相場は以下のとおりです。

  • 1K(作業員人数:2人):34,800円~
  • 1DK(作業員人数:2人):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数:3人):79,800円~
  • 2DK(作業員人数:3人):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数:4人):149,800円~
  • 3DK(作業員人数:5人):179,800円~
  • ​3LDK(作業員人数:5人):199,800円~

Q.不用品の回収や買取を含めた遺品整理サービスを行っている業者はあるのか?
A.遺品整理ファンデックスでは、遺品整理の片付けサービスのほか、不用品回収や買取などさまざまなサービスを展開しています。遺品整理に関しては、仕分けや処分のほか、デジタル遺品処理・遺品供養・遺品買取が可能です。格安回収&高価買取を行っているため、遺品の片付けや買取でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

遺品の中には、買い取ってもらえるものがあります。たとえば、着物・ブランドもの・大型家電や大型家具などは高く売れるでしょう。買い取ってもらえるものが多くなればなるほど、処分費用も抑えることができます。一般的に、問題なく使える状態であれば買い取ってもらうことができますが、中には買取不可になるものもあるでしょう。そんなときは、不用品の買取と回収を行っている業者に依頼するのがおすすめです。買取不可になったとしても、そのまま処分してもらうことができますよ。