遺品整理にお金をかけられない人必見! 買取という選択肢もある!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

亡くなった人の遺品整理は、残された家族にとって大切な仕事です。
しかし、事情があって遺品整理ができない人もいるでしょう。
突然亡くなって大量の遺品が残った場合や、遺品整理を行う家族がいない場合…。
遺品整理にお金をかけられない、という人も少なくありません。「遺品を処分したい」「遺品整理にはどのくらい費用がかかるのか?」「遺品回収をしてくれる業者はあるのか?」そんな人たちのために、遺品整理に買い取りという方法があるということ、高く売るためのポイント、依頼する際の注意点をまとめてみたいと思います。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理には買取という選択肢もある
  3. 高く売れるものと高価買取のポイント
  4. 依頼する際の注意点
  5. まとめ

1.遺品整理について

まずは、遺品整理についてご紹介します。
遺品整理とはどのようなことをするのか、その内容や目的についてまとめてみましょう。

1-1.遺品整理とは

亡くなった人が使用していたものを「遺品」と言います。
故人の家族や親族が、生活雑貨や衣類、家電製品などの遺品を整理することが「遺品整理」です。
遺品整理は、単に不用品を処分するだけではありません。
資産価値のあるものを遺族に分与したり、家財道具を形見分けしたりすることも遺品整理になるのです。

1-2.なぜ必要なのか?

遺品整理はなぜ必要なのでしょうか。
故人が賃貸物件に住んでいた場合だと、当然明け渡しの期限までに部屋を片づけなければなりません。
その際に、遺品整理をする必要があるでしょう。
また、故人の使用していたものを片づけることで、その人の人生を振り返り、残された人たちが気持ちの整理をつけるための大切な作業でもあります。

1-3.遺品整理の方法

では、遺品整理の方法をご紹介します。
まず、家族や親族にとって思い出深い遺品については、形見分けという形で分配してください。
家具や家電などは、状態がよければリサイクルショップなどに売りに出しましょう。
そして、残ったものを処分します。
粗大ゴミとして出す場合は、自治体によってルールが決められているため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
遺品整理は一般的に、家族や親族が行います。
しかし、遠方に住んでいるなどの理由で遺品整理が難しい場合もあるでしょう。
そのようなときは、遺品整理の専門業者に依頼するという手もあります。
業者によっては遺品整理後の掃除なども依頼することができるため、ぜひ確認してみてください。

故人が使用していた遺品を整理することが遺品整理なんですね。
不用品を処分するだけでなく、資産価値のあるものを遺族に分与したり、家財道具を形見分けしたりすることも遺品整理になります。

2.遺品整理には買取という選択肢もある

大量の遺品を処分するとなると、それなりに費用がかかります。
事情によっては「なるべく費用をかけずに遺品整理したい」という人もいるでしょう。
実は、遺品は買取に出すことも可能なのです。
リサイクル業者の中には、遺品の買取を積極的に行っているところもあります。
このような遺品買取業者は、遺品整理を行う業者と連携している場合が多いようです。
見積もりの際に一緒に訪れ、遺品整理の当日に遺品の買取も行う、という流れになっています。
遺品の中には、高価なものもあるでしょう。
素人が見ただけでは価値が分からないものでも、専門家が見れば高く買取ってもらえる可能性はあるはずです。
買取の価格分だけ、遺品整理の費用を抑えることができるでしょう。

遺品の買取を積極的に行っている業者もあるんですね。
買取の価格分だけ、遺品整理の費用を抑えることができることもあります。

3.高く売れるものと高価買取のポイント

遺品の中には、高値で売れやすいものがあります。
高価買取のポイントと共にご紹介しましょう。

3-1.高く売れやすい遺品とは

高値で売れやすい遺品には、骨董(こっとう)やコレクターグッズ、使用年数の短い家電、大型家具などがあります。
家電は発売後5年以内であれば高値がつきやすいでしょう。
大型家具については、状態のよいものに限ります。
そのほかにも、本や楽器、未使用の食器などは売れやすいでしょう。

3-2.きれいな状態にしておく

高価買取の最大ポイントは「きれいな状態にしておく」ということです。
遺品の中には、長年使っていなくホコリをかぶっているものもあるでしょう。
遺品整理の際に、きれいに掃除しておいてください。
できるだけ新品の状態に近いきれいな遺品は、査定金額が高くなります。
また、家電は付属品をそろえておきましょう。
付属品があるかないかで、査定金額は大きく変わります。

3-3.相場価格を調べておく

業者によって遺品の買取価格に大きく差が出る場合もあります。
特に、骨董(こっとう)や古本などは業者によって10倍近く違うこともあるのです。
事前にインターネットなどで、その遺品の相場がどのくらいなのか調べておきましょう。
その結果を参考にすれば、どの業者に依頼すべきか決められるはずです。

骨董やコレクターグッズは高値で売れやすいんですね。
また、使用年数の短い家電、大型家具なども高値で売れるでしょう。

4.依頼する際の注意点

最後に、遺品の整理や買取を業者に依頼する際の注意点をいくつかご紹介しましょう。

4-1.悪質な業者に注意

残念ながら、遺品の整理や買取を行う業者の中には、悪質な業者もあります。
そのような業者を選ばないために、業者選びのポイントを知っておく必要があるでしょう。
営業年数が長く、地元密着型で営業しているような業者は、比較的安心です。
営業年数が長いということは、それだけ実績を重ねているということ。
信頼してお任せしてください。
たとえば、見積書の内容が分かりにくい業者や、むやみに安さを宣伝するような業者には注意が必要です。
後から別料金が発生する可能性もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

4-2.遺品に対する配慮がある業者を選ぶ

遺品整理を行う業者には、それぞれの考え方があります。
スピードを重視するのか、それとも、時間がかかっても丁寧な作業をすることを大切にしている業者なのか、見極める必要があるでしょう。
見積もりのための下見の際に、作業員が遺品をどのように扱っているのかチェックしてみてください。
遺族が立ち会っているにもかかわらず遺品を不用品扱いする業者や、隣近所に対する配慮が足りない業者には依頼しない方がよいでしょう。
遺品整理は亡くなった人への供養でもあります。
遺族の気持ちを尊重してくれるような業者に依頼するのが一番ではないでしょうか。

遺品の整理や買取を行う業者の中にも悪質な業者がいるんですね。
見積書の内容が分かりにくい業者や、むやみに安さを宣伝するような業者には注意が必要です。営業年数が長く、地元密着型で営業しているような業者は、比較的安心です。

5.まとめ

遺品の買い取りについてご紹介しました。

  • 遺品整理について
  • 遺品整理には買取という選択肢もある
  • 高く売れるものと高価買取のポイント
  • 依頼する際の注意点

「遺品を処分したいが、費用を節約する方法を知りたい」「遺品は買取ってもらうこともできるのか?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。