遺品供養は必要なのか? 処分する方法や依頼先などをチェックしよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「遺品を処分する際に供養は必要なのか」「供養が必要な遺品とはどういうものなのか?」など、遺品供養について悩んでいる方は多いでしょう。遺品のすべてに供養が必要というわけではありませんが、供養したほうがいいものもあります。では、一体どのような遺品に供養が必要なのでしょうか。

本記事では、遺品供養をしたほうがいいものや依頼先などについて解説します。

  1. 遺品供養とは?
  2. 遺品供養は必要なのか?
  3. 遺品供養をしたほうがいいものは?
  4. 遺品供養を依頼するには?
  5. 遺品供養に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品供養を依頼する方法やポイントなども分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。


1.遺品供養とは?

まずは、遺品供養とはどのようなことなのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.遺品に宿っている魂を抜くこと

簡単に説明すると、遺品供養とは遺品に宿っている魂を抜くことです。遺品の中には故人の魂が入っているものもあり、それらをそのまま処分するのはよろしくないといわれています。遺品に宿っている魂を抜いてから処分することで、遺品や故人に対してきちんと敬意を払えるというわけです。つまり、遺品供養は感謝を込めて遺品を供養し、故人を偲(しの)ぶ大切な作業といえるでしょう。後ほど【4.遺品供養を依頼するには?】でも詳しく説明しますが、供養には自宅まで訪問してくれる現場供養とほかの遺品と合同で行う合同供養の種類があります。

1-2.お寺や神社で行われるお焚(た)き上げ

遺品供養には、お寺や神社で行われるお炊き上げがあります。お炊き上げとは、故人が大切にしていたものを焼却し浄火することです。ただ、遺品を焼くだけではありません。お寺や神社といった神聖な場所で感謝を込めて焼却し浄化するのが大きなポイントとなります。浄火することで故人の魂を天に送り供養できるというわけです。日本は昔から仏壇など粗末に扱えないものに対してお焚き上げを行ってきましたが、現在では手帳・写真・寝具類と焼却できるものであればお焚き上げの対象となっています。

2.遺品供養は必要なのか?

遺品供養は本当に必要なことなのか、その理由について説明します。

2-1.なるべく遺品供養は行うべき

遺品供養は絶対にしなければならないわけではありませんが、なるべく行ったほうがいいといわれています。その理由はさまざまですが、1番の理由は故人を偲ぶことにつながるからです。前述したように、故人の魂が入っているものを抜いてから処分するのが遺品供養の目的となります。遺品供養をせずに処分してしまうと、故人の魂が入ったまま捨てることになるので故人に対して罪悪感を覚えてしまうでしょう。大切な人の遺品ならなおさら、きちんと供養してから手放すべきです。

2-2.遺族の気持ちが楽になる

遺品供養は故人を偲ぶことにつながるだけでなく、遺族の気持ちも楽になります。大切な人が亡くなると気持ちに整理がつかなくなりますし、できるだけ遺品を残しておきたい思いが強くなるでしょう。けれども、すべての遺品を手元に残すことはできません。だからこそ、感謝の気持ちを込めて遺品供養を多なうことで、遺品に対する思いも整理できます。なかなか手放すことができなかった遺品でも供養を行えば、気持ちを楽にして手放せるようになるでしょう。遺族の気持ちを整理するためにも遺品供養はとても大切な意味があります。

2-3.たたりやバチなどの不安から解消される

本当に遺品供養は必要なのか疑問に感じている方は多いと思いますが、少しでも不安要素があるならきちんと遺品供養をしたほうがいいでしょう。日本は昔から魂が宿っているものは供養をしてから処分する習慣がありました。遺品供養にはお祓(はら)いのほか、悪い縁を切るという意味も含まれています。遺品供養をせずに処分する=たたりやバチがあたるという考え方があるので、きちんと供養してから処分すべきでしょう。ただし、宗派・浄土真宗には魂入れ・魂抜きの概念がないため、供養は必要ないという考えを持っている方もいます。つまり、遺品供養は故人や遺族の考え方によって異なるでしょう。

3.遺品供養をしたほうがいいものは?

ここでは、遺品供養をしたほうがいいものを紹介します。

3-1.仏壇・位牌などの仏具

遺品供養をしたほうがいいものとして、仏壇や位牌などの仏具が代表的です。特に、位牌には故人の魂が入っているのできちんと魂抜きをしてから処分しなければなりません。宗派によっては位牌に魂入れをしてるケースがあります。魂入れをしている場合は遺品供養が必要になるため、しっかりと確認してから処分するようにしましょう。魂入れをしているか分からない場合は、なじみにしている菩提寺に尋ねてみてください。

3-2.故人の作品や愛用していたもの

故人が生前に大切にしていたものや愛用品・故人が作った作品などには魂が宿るといわれています。魂が宿っているものをそのまま処分するのは気が引けてしまうので、不安な気持ちがある方は故人が使っていたもの・愛用していたもの・作品も供養してください。故人が大切にしたものを処分する必要があると遺族にストレスがかかってしまうでしょう。だからこそ、しっかりと供養してから処分することでストレスを少しでもなくします。遺品供養を行うことで遺族の心の負担を軽くするのも大切なことです。

3-3.衣類・写真・寝具・趣味の品など

故人が身につけていた衣類・写真・寝具・趣味の品なども遺品供養をしたほうがいいものです。故人が愛用していたものはもちろん、日ごろから使っていたものにも魂や思いが込められている傾向があります。日本は昔から使っているものには魂が宿るといわれてきているように、日々使っているものでもその人の思いが込められているのです。「供養をすればいいのか分からない」と悩んでいるものはしっかりと供養してから処分したほうがいいでしょう。

3-4.遺品供養が必要ないもの

逆に、どのような遺品が供養をしなくていいのか気になっている方は多いでしょう。基本的に、故人の遺志に従って処分することになりますが、故人が生前に「残しておいてほしい」「これからも使ってほしい」といっていたものは供養をする必要がありません。故人が使ってほしい・残してほしいと思っているものは手元に残すべき形見です。故人の考え方によって死後も残してほしいものと遺品供養は異なります。遺品を整理する前に、遺言状やエンディングノートを遺(のこ)していないかどうかチェックしておくといいでしょう。そこに故人の意思が記されている可能性があります。

4.遺品供養を依頼するには?

それでは、どのように遺品供養をすればいいのでしょうか。ここでは遺品供養の方法や依頼先について解説します。

4-1.寺社仏閣に依頼する

多くのお寺や神社ではお焚き上げといった遺品供養を行っています。菩提寺があれば、お焚き上げをしているか、依頼できるか確認をとってみるといいでしょう。なお、寺社仏閣に依頼する場合、お焚き上げの方法は現場供養と合同供養の2種類があります。現場供養は家や故人が住んでいた家まで僧侶・神主が訪れ、そこでお焚き上げをする方法です。一方、合同供養は遺品を寺社仏閣に持っていき、その場でほかの人の遺品と一緒に供養してもらう方法となります。どちらでも遺品供養は可能ですが、親族だけで遺品に別れを告げたいのであれば現場供養がおすすめです。ただし、合同供養よりも現場供養のほうが数千円費用が割高になります。

4-2.仏具店に依頼する

仏具店の中には、遺品の供養を行っているところがあります。仏具類を購入した店舗が近くにあるのなら、問い合わせて供養を行っているか確認するといいでしょう。すべての仏具店が遺品供養を行っているわけではないので、その点は注意が必要です。また、仏具店によっては、新しい仏具を購入する方限定で供養を受け付けていたり、供養の費用を高く設定していたりするところもあります。事前にしっかりと確認してから依頼したほうがいいでしょう。

4-3.お焚き上げ業者に郵送して供養する

業者の中には、お焚き上げを中心にサービスを行っているところがあります。供養してもらいたい遺品をダンボールなどの箱に詰めて郵送するだけで供養ができるというサービスです。お焚き上げ業者に依頼するメリットは、業者の住所に送るだけで遺品の供養ができる点でしょう。忙しくて遺品を持ち込む時間がないという方には便利なサービスとなります。ただし、供養にかかる費用が割高になっている可能性があるので要注意です。

4-4.遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者の中には、遺品の整理だけでなく供養を行っているところがあります。遺品整理をしなければならないけれど時間がない・遺品整理と供養を並行して進めたいという方にはおすすめです。遺品整理はもちろんのこと、遺品供養や不用品の処分・買取サービスを行っている業者に依頼すれば、スピーディーに遺品整理を済ませることができるでしょう。費用はかかりますが、買取可能な遺品が多いほど費用の節約につながります。故人の家から遠くに住んでいて遺品整理ができない方にとっても、時間と手間をかけずに遺品整理と供養ができるでしょう。

5.遺品供養に関してよくある質問

遺品供養に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.供養方法ごとの費用はいくらぐらいか?
A.主な供養方法ごとの費用は以下のとおりです。

  • 合同供養:数千円~10,000円
  • 個別供養:20,000~70,000円
  • 現地訪問供養:20,000~70,000円
  • お焚き上げ:3,000~10,000円

お焚き上げを行う場合、ダンボール1箱あたりで費用が決められるケースがほとんどです。写真・手紙といった小さなものであれば3,000円ほどで済みますが、ダンボールがいくつもあったり神棚や位牌だったりする場合は数万円かかるでしょう。

Q.自分で遺品を供養することはできるのか?
A.遺品の量が少ない場合は、依頼するよりも自分で供養を行ったほうがお得になるケースもあります。遺品供養は必ずお焚き上げをしなければならないというわけではありません。自分でできる遺品供養の方法としては、以下のような方法があります。

  1. 白い紙または白い布を用意し、その上に供養したい遺品を置く
  2. 遺品に手を合わせて感謝を伝える
  3. お清めの塩をまき、遺品を白い紙または白い布でくるむ

最後は袋に入れてゴミ捨て場に持っていけばOKです。なるべく生ゴミやほかのゴミとは一緒にせず、遺品単体で袋に入れて手放しましょう。

Q.遺品供養を行うべきタイミングは?
A.遺品供養は遺品整理と同じタイミングで行うケースがほとんどです。遺品整理をする際に、手元に残さない遺品は自分たちで処分しなければなりません。遺品整理は四十九日など法要のタイミングで行われることが多いため、同じタイミングで手放す遺品も供養してください。ただし、故人が賃貸物件で生活をしていた場合、早めに家を明け渡さなければなりません。その場合は遺品整理と遺品供養を葬儀の直後から始めたほうがいいでしょう。

Q.どのような遺品が買い取ってもらえるのか?
A.衣類・生活用品・ブランドもの・家具などは買い取ってもらえる可能性があります。できるだけ処分費用を抑えたい方は、買取サービスを行っている遺品整理業者に依頼するといいでしょう。買い取ってもらえないだろうと思っていたものでも買取対象になる可能性はあります。

Q.遺品整理業者選びのポイントは?
A.どの遺品整理業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 遺品整理の実績があるか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 不用品の回収や買取などサービスが充実しているか
  • スタッフの対応が丁寧かつスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

遺品整理をはじめとしたサービスを行っているファンデックスでは無料相談を受け付けています。遺品の供養や処分などでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

遺品供養は故人を偲び、遺族の気持ちを楽にするために必要なことです。故人が大切にしていたものや愛用品には魂が宿っているといわれています。遺品供養が必要なものとしては位牌や仏壇といった仏具が代表的ですが、故人が大切にしてきたものも供養したほうがいいでしょう。遺品供養は遺品整理と同じタイミングで行うことが多いので、スピーディーに終わらせたい方は供養も行っている遺品整理業者に依頼してください。自分の代わりにプロの作業員が遺品を整理し供養してくれます。