遺品供養はどうすればいい? 遺品整理を悔いなく済ませるためのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理をしていると「捨ててしまってもいいのだろうか…」という気持ちになることがあります。
亡くなった人が大切にしていたものを、勝手な判断で捨ててしまうことに抵抗を感じる人は多いでしょう。
そこで、考えるのが「供養について」です。
遺品を供養する必要はあるのでしょうか。

そんな人たちのために、なぜ遺品を供養する必要があるのか、どのような遺品が供養の対象になるのか、供養にかかる費用はどのくらいなのかをまとめてみたいと思います。

目次

  1. なぜ遺品の供養が必要なのか
  2. 供養の対象になる遺品とは
  3. 個別供養と合同供養とは
  4. 供養にかかる費用
  5. 遺品整理業者に依頼しよう
  6. まとめ

1.なぜ遺品の供養が必要なのか

1-1.古来よりの考え方

遺品の供養については、日本古来よりの考え方が大きく関係しています。
日本では、古来より「ものには魂が宿る」と考えられていたのです。
特に、お正月のお飾りやしめ縄、お札やお守りなどには神が宿っているとされていました。
そして、そういった品を粗末にせず、神社や寺院に儀式を依頼するのが通例だったのです。
現在は環境問題の観点から、境内での焼納を控える神社や寺院が増えてきています。
このような状況の中で、遺品の供養を希望する人が増えてきているということです。

1-2.遺品整理する人の気持ち

遺品整理をする人には、大きな精神的負担がかかります。

  • 亡くなった人が大切にしていたものなのではないか
  • 思い出の品を捨てるのは忍びない
  • 故人の思いが宿っている気がして、捨てられない

そんな思いをしながら遺品整理をすることは、簡単ではありません。
大切な人を失っただけでなく、その人が大切にしていたものを処分しなければならないのですから、当然でしょう。
遺品整理は、そんな心の負担を軽くするための手段と考える人も少なくありません。
遺品を供養することで、亡くなった人への思いを断ち切ろうとするのです。

2.供養の対象になる遺品とは

供養の対象になる遺品には、さまざまなものがあります。
故人が毎日のように使っていた布団や台所用品、よく着ていた洋服、大切にしていた写真や手紙、表札などの供養を依頼する人が多いのです。
また、人の形をしていることから「魂が宿りやすい」といわれているのが人形。
「故人が大切にしていた人形を供養してほしい」と希望する人は、大変多くなっています。
そのほかにも、故人が常に身近に置いていた趣味の道具や、仏壇、神棚なども供養の対象になる場合が多いでしょう。

3.個別供養と合同供養とは

遺品の供養には、個別供養と合同供養があります。
合同供養とは、ほかの人の遺品と一緒に供養すること。
個別供養とは、ほかの人の遺品とは一緒にせず、個別に供養することです。
基本的には合同供養になる場合がほとんどですが「特別な思いを込めて個々に執り行いたい」という場合は、個別供養になるでしょう。
個別供養の方が、合同供養に比べて費用が高くなります。

4.供養にかかる費用

遺品整理を専門業者に依頼すると、それなりの費用がかかります。
遺品の中で供養が必要なものがあれば、別途費用が必要になるでしょう。
遺品の供養は寺院などで行うことになりますが、遺品整理業者に依頼できる場合もあります。
その場合の費用は、1万~5万円程度と考えてください。
遺品の種類や大きさによって異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

5.遺品整理業者を利用しよう

5-1.業者に依頼するメリット

遺品整理は、故人との関係が深かった身内が時間をかけて行うべきものです。
遺品整理によって、大切な人を失った心に整理をつけることもできるでしょう。
しかし、さまざまな事情から遺品整理が難しい人もいます。

  • 遠方に住んでいるので何度も足を運ぶことができない
  • 遺品の量が多すぎて自分で処分するのが難しい
  • 体を壊しているため遺品整理に行けない
  • なかなか気持ちの整理がつかず遺品整理に取り掛かることができない

そのようなときは、無理して自分で遺品整理をせず、専門業者に依頼した方がよいでしょう。
遺品整理は、精神的にも体力的にも大変な作業です。
良心的な業者に依頼すれば、要望に丁寧に答えてくれるでしょう。
スピーディーかつ最善の方法で遺品整理を行ってくれるため、気持ちの整理がつきやすいというメリットもあります。
また、亡くなった人が賃貸物件に住んでいた場合、早めに明け渡す必要があるでしょう。
家賃が加算されてしまうため、遺品整理を早めに済ませたい場合も、業者に依頼した方がスムーズです。
遺品整理士の資格を持つプロがいる業者なら、素早く遺品整理を済ませてくれますよ。

5-2.業者選びの注意点

遺品整理を業者に依頼する人が増えると同時に、悪質な営業をする業者が目立ってきているのも確かです。
悪質な業者を選ばないためにも、業者選びは慎重に行わなければなりません。
信頼できる良心的な業者を選ぶために、いくつかポイントを押さえておきましょう。
・現地を見てから見積りを出してくれる業者を選ぶ
遺品整理を行う現地を実際に見てから、どのような作業を必要になるか確認したうえで見積書を出すのが普通です。
しかし、中には電話1本で安請け合いする業者もあるでしょう。
そのような業者は、実際の作業をした後で高額な追加料金を請求してくる可能性があります。
また、見積もりだけ行い、作業を下請けに丸投げするような業者も避けた方がよいでしょう。
見積書の内容もしっかりチェックし、分かりやすい業者に依頼するようにしてください。
・料金が安すぎる業者は要注意
「安く済ませたい」という気持ちは分かりますが、あまりにも安さを宣伝してくる業者は要注意です。
処分業者としての許可を取得していない違法業者である可能性が高いでしょう。
回収した遺品を不法投棄するような業者もあるということを覚えておいてください。
そのような業者を選ばないためにも、事前に複数の業者に見積もりを依頼し、相場を知っておくことが大切です。

6.まとめ

遺品の供養に関する情報についてご紹介しました。

  • なぜ遺品の供養が必要なのか
  • 供養の対象になる遺品とは
  • 個別供養と合同供養とは
  • 供養にかかる費用
  • 遺品整理業者に依頼しよう

「遺品整理中だが、遺品を供養すべきか悩んでいる」「遺品の供養にはどのくらいの費用がかかるのか知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。