遺品の保管方法とは? よくある悩みごとと保存のポイントを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品の保管にお困りではありませんか? 遺品整理は遺族の大切な仕事です。しかし、遺品の量が多い場合や遺品整理をする時間がない場合などは、大変な作業になることがほとんどでしょう。整理するにあたって、なかなか捨てる覚悟ができない遺品などもあると思います。そんな遺品はどのように保存すればよいのでしょうか。この記事では、遺品の整理方法や保管方法などをまとめてご紹介します。

  1. 遺品について
  2. 遺品の整理方法
  3. 遺品の保管について
  4. 遺品の保管に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の困りごとを解決できるはずです。ぜひ参考にして、スムーズにすすめてください。


1.遺品について

まずは、遺品について解説します。

1-1.どんな品があるのか?

遺品とは、亡くなった人が生前に所有していたもののことです。日常生活を送るうえで使用していた家財道具から、趣味の道具・雑貨などもすべて遺品に含まれます。もちろん、写真やアルバムなどの思い出の品や衣類・貴金属なども、遺品として整理する必要があるのです。

1-2.保管の悩みごと

遺品整理をするにあたって、保管について悩む人は多いでしょう。特に、故人が生前暮らしていた家を明け渡す必要がある場合などは、早急に遺品の整理が必要になります。「気持ちが落ち着くまでそのままにしておきたい」と思っても、そうはいかないのです。そんなとき、大量の遺品をどのように保管すればよいのでしょうか。

2.遺品の整理方法

遺品を整理する必要性や方法についてまとめました。

2-1.遺品整理について

遺品整理とは、その名のとおり故人が残した遺品を整理することをいいます。不要なものは処分し、必要なものは保管したり形見分けをしたりして片づけるのです。基本的に遺品整理は遺族の役目であり、できるだけ故人の意思を尊重しながら行います。生前に残した言葉や遺言状がある場合は、その内容に従って遺品整理をしましょう。

2-2.必要性と現状

遺品整理はなぜしなければならないのか、その必要性についてはいくつか挙げられます。住んでいた家を明け渡す必要があるという問題以外にも、相続に関する手続きをすすめるため、気持ちの整理をつけるために遺品整理は必要なのです。
しかし、近年は遺族による遺品整理が難しくなってきているのが現状といえます。核家族化により子どもが一人で遺品整理を行うケースが多くなり、時間的にも体力的にも厳しさを感じるのでしょう。
そこで、「遠方に住んでいて遺品整理のために足を運ぶのが難しい」「仕事が忙しくて時間がとれない」という人のために、遺品整理を代行する業者が増えてきています。「遺品整理士」という資格に注目が集まるようになったのも、ここ数年のことでしょう。遺品整理に関する知識や経験を持つ遺品整理士が在籍する業者も増えてきているのです。

2-3.整理方法

遺品整理を自分で行う場合は、まず大まかな作業スケジュールを決めていきましょう。完了日をいつにするか、目標を立てておくとモチベーションも上がるはずです。そして、遺品を「不要なもの」と「残すもの」に分類していきます。まずは不要なものを処分し、残ったものを形見分けするのか、保管しておくのか決めてください。問題は「処分するか残すか迷ったもの」をどうするかです。一時的に保管しておき、時間がたってから再び考えてみるのもよいでしょう。しかし、その場合はどこに保管しておくのか決めておかなければなりません。

3.遺品の保管について

では、遺品の保管について、保管方法や注意点などをご紹介します。

3-1.保管するケースとは?

遺品の保管が必要になるのはどのようなときでしょうか。遺品の中には、使わなくても残しておきたい思い出の品などもあると思います。そういったものは、無理に捨てる必要はないでしょう。また、遺品整理の途中でどう対処すべきか迷ったものなどを、一時的に保管しておきたい場合もあると思います。

3-2.おすすめの保管方法と収納場所

遺品を保管する前に、洗濯や掃除をしてできるだけきれいな状態にしておきましょう。そのまま保管しておくとカビや虫食いの原因になります。自宅に保管する場合は、風とおしがよく湿気の少ない場所を選ぶようにしてください。自宅に保管する場所がない場合は、トランクルームなどを活用する方法もおすすめです。レンタル料はかかりますが、荷物の量に合わせてさまざまなサイズのものを選ぶことができ、温度や湿度がしっかり管理されているところもあります。貴重な遺品は、できるだけ防犯管理がしっかりしているトランクルームを選びましょう。

3-3.おすすめ収納グッズ紹介

押し入れやクローゼットなどの収納スペースには限りがあるため、遺品を保管しておく場所に困る人も多いでしょう。そこで、収納グッズを活用して上手に収納することをおすすめします。中身の見える衣装ケースやラック・棚などを使えば、空間を活用してスペースを広く使うことが可能です。最近は100円ショップにも便利な収納グッズが販売されているため、ぜひチェックしてみてください。

3-4.保管する際の注意点

遺品の整理や保管には、大変な労力が必要です。自分で行うのが難しい場合は、プロに依頼しましょう。「遺品整理ファンデックス」では、遺品の分別から片づけ・清掃まで、遺品整理に関するあらゆるサービスを提供しています。こちらから無料見積もりを受け付けていますのでぜひご利用ください。

4.遺品の保管に関するよくある質問

「遺品の保管について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理士の資格はどうすれば取得できますか?
A.「遺品整理士認定協会」の認定試験に合格すれば取得が可能です。基本的に誰でも受験することができます。

Q.家の明け渡し問題がない場合、遺品整理はいつ行えばよいですか?
A.遺品整理のタイミングに決まりはありません。しかし、気持ちの整理をつけるためにも、四十九日法要など、親族の集まりをきっかけに始める人が多いでしょう。

Q.再利用できる遺品はどうしたらよいですか?
A.まだ使える家電製品などは、リサイクルショップや買い取り業者に依頼して買い取りしてもらいましょう。「遺品整理ファンデックス」では、遺品の高価買い取りも行っています。

Q.写真やアルバムが大量にあるのですが捨てたくありません。どう保管すればよいでしょうか?
A.そのまま保管すると場所をとるため、写真をスキャンしてデータ化する方法がおすすめです。データ化を依頼できる写真屋さんもあるため、チェックしてみましょう。

Q.遺品整理業者はどのように選べばよいですか?
A.豊富な実績があり、遺品整理士が在籍している業者を選ぶようにしましょう。また、料金体系がわかりやすく、スタッフの対応が丁寧であることも重要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理の現状や保管方法などをまとめてご紹介しました。遺品整理に関する悩みをお持ちの方は多いでしょう。そんな悩みを解決するためにも、上手な遺品整理方法や保管方法を知り、プロに依頼することも検討してみましょう。ぜひこの記事を参考にして、遺品整理をスムーズにすすめてください。