遺品の保管方法とは? よくある悩みごとと保存のポイントを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品の保管にお困りではありませんか? 遺品整理は遺族の大切な仕事です。しかし、遺品の量が多い場合や遺品整理をする時間がない場合などは、大変な作業になることがほとんどでしょう。整理するにあたって、なかなか捨てる覚悟ができない遺品などもあると思います。そんな遺品はどのように保存すればよいのでしょうか。この記事では、遺品の整理方法や保管方法などをまとめてご紹介します。

  1. 遺品について
  2. 遺品の整理方法
  3. 遺品の保管について
  4. 遺品の保管に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の困りごとを解決できるはずです。ぜひ参考にして、スムーズにすすめてください。


1.遺品について

まずは、遺品について解説します。

1-1.どんな品があるのか?

遺品とは、亡くなった人が生前に所有していたもののことです。日常生活を送るうえで使用していた家財道具から、趣味の道具・雑貨などもすべて遺品に含まれます。もちろん、写真やアルバムなどの思い出の品や衣類・貴金属なども、遺品として整理する必要があるのです。

1-2.保管の悩みごと

遺品整理をするにあたって、保管について悩む人は多いでしょう。特に、故人が生前暮らしていた家を明け渡す必要がある場合などは、早急に遺品の整理が必要になります。「気持ちが落ち着くまでそのままにしておきたい」と思っても、そうはいかないのです。そんなとき、大量の遺品をどのように保管すればよいのでしょうか。

12