捨てられない遺品、どうしたら良い? 適切な処分方法・注意点について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大切な人が残した遺品。残すものが多いと部屋の中もごちゃごちゃになってしまい、いつまでたっても整理できないでしょう。そこで、遺品を捨てられない場合の対処法や処分方法、業者に依頼する際の注意点について説明します。「遺品がなかなか捨てられない…」と悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

  1. 遺品を捨てられない場合の対処
  2. 遺品の処分方法
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.遺品を捨てられない場合の対処

いつかは必ず整理しなければならない「遺品」ですが、どうしても捨てられないときがあるでしょう。
捨てられない場合の対処法をいくつか紹介します。
悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

1‐1.気持ちの整理をつける

「捨てなければならない」と自分を責める必要はありません。
無理に捨てようとすれば気持ちに整理がつかなくなってしまいます。
遺品を捨てられない気持ちは「大切にしよう」とする思いからきているものです。
故人を大切に思う気持ちでしょう。そのため、無理に捨てようと思ってはいけません。まずは、自分の気持ちに整理をつけてください。
遺品を捨てられない場合、少し時間を置いてみましょう。
遺品は急いで片づけなければならないケースもあります。
しかし、時間を置くことも大切です。
「遺品を捨てなければならない」気持ちを消し去ってください。
そして、「遺品を捨てる」のではなく「遺品を故人へ返す」と思いましょう。
気持ちの切り替えをするだけでも、精神的な負担がなくなりますよ。

1‐2.「形見分け」で遺品を親族・友人へ譲る

遺品整理をする際、「形見分け」をすることになるでしょう。
形見分けは遺品をそれぞれ適切な人に分ける大切な作業です。
なかなか捨てられない場合、人に譲るのも1つの方法になりますよ。
家族のアルバムや思い出の品、貴重品のいくつかは自分の手元に残しておきましょう。そして、ほかの遺品はすべて親族や故人の親しかった友人に譲ってください。
「捨てる」方法ではなく「譲る」方法で遺品を整理すると気持ちが楽になりますよ。「捨てなければならない」と思っているからこそ、なかなか行動できずにいるのです。無理に捨てるのではなく、遺品を親しい者たちで分けていきましょう。

1‐3.遺品整理代行サービスを利用する

遺品を捨てられない場合、「遺品整理代行サービス」を利用するのも1つの対処になります。
遺品整理代行サービスとは、自分の代わりに遺品整理をプロがしてくれるサービスです。
自分たちで遺品整理をすると、すべて残しておきたい気持ちからスムーズにすすめることができません。
そこで、遺品整理をプロの業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
プロの手で遺品整理をすれば時間をかけることなくスムーズに片づけることができます。
また、遠方に住んでいる人にとっては片づける時間がありません。
プロの業者に依頼すれば、遠方でも遺品整理ができます。
自分自身で捨てられないときは、ぜひ遺品整理代行サービスを利用してくださいね。

2.遺品の処分方法

2‐1.遺品の種類によって処分方法を決める

遺品を「捨てるもの」「残すもの」に分けなければなりません。
できるだけすべてのものを残しておきたいと思うでしょう。
しかし、ある程度整理しなければ片づけることができません。
そこで、遺品の種類によって処分方法を決めてください。
捨てられない場合、ゆっくりと時間をかける必要もあります。故人が愛用していた洋服やバッグ、装飾品などは時間をかけて処分すると良いでしょう。
残すものはしっかり保管する、知人や親族に譲る、自治体で処分するなどさまざまな方法があります。
けれども、相続税がかかるものは10か月以内に処分しなければなりません。
相続税が発生するものはできるだけ早めに処分してくださいね。
相続税がかからないものはゆっくり時間をかけると良いでしょう。

2‐2.業者に依頼する

遺品整理の際、処分しなければならないものがたくさん出てくるでしょう。
欲しがっている人がいれば譲ることもできます。
捨てるものは処分方法に困ってしまうでしょう。そこで、おすすめしたいのが「不用品回収業者」です。
不用品回収業者の中には遺品整理サービスとして処分を引き受けてくれるところもあります。
大切な故人が残したものを適当に扱っている姿を見るのは嫌ですよね。
遺品整理サービスを受けつけている業者では、丁寧に遺品を扱ってくれるので安心してください。
故人への思いを大切にしてくれるのです。
処分方法に困ったときは、思いきって業者に依頼するのも1つの方法になるでしょう。

3.業者に依頼する際の注意点

3‐1.「見積もり」を必ず確認する

業者に遺品整理や不用品の処分を依頼する際、気をつけてほしいことがいくつかあります。
必ず気をつけてほしいのが「見積もり」です。
見積もりは業者によって異なります。
また、遺品整理の内容や処分したい不用品の種類・量によっても変わってくるでしょう。
そのため、業者に依頼する前は必ず見積もりを確認しておかなければなりません。
見積もりの内訳が間違っていないかどうか、妥当な料金設定かどうかしっかりチェックしてくださいね。
業者の中には高い料金を設定してお金をまきあげる悪徳業者もいます。
見積もりに不備な点を見つけたら、すぐ業者に問い合わせてみてください。
丁寧に説明してくれる業者なら安心して依頼できるでしょう。
しかし、受け答えが適当な業者は悪徳業者の可能性が高いです。
自分が安心して依頼できる業者に依頼してくださいね。

3‐2.遺品整理代行サービスの内容をチェック

自分で遺品を捨てられない場合、業者の遺品整理代行サービスを依頼するのも1つの方法です。
しかし、遺品整理代行サービスを依頼するときは注意しなければなりません。
業者によって遺品整理代行サービスの内容は異なります。
遺品整理で出た不用品を処分してくれるところや処分してくれないところ、遺品整理をする範囲も業者によって異なるのです。
そのため、業者ごと遺品整理の内容を必ず確認してください。
すべて業者に任せたい人は処分もしてくれる業者を選ぶと良いですよ。
遺品の中には仏壇や神棚、人形など処分方法に困ってしまうものもあります。
業者にすべて任せておけば遺品の種類に合った方法で処分してくれるのです。
何も確認しないまま依頼すると、後でトラブルになる可能性もあります。
スムーズに遺品整理をするためにも、内容はしっかり確認しておいてくださいね。

4.まとめ

遺品を捨てられない場合の対処や遺品の処分方法、業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
「遺品が捨てられない…」と悩みすぎる必要はありませんよ。
自分のペースで気持ちの整理をつけることが大切です。
ただし、相続税がかかるものは10か月以内に処分しなければならないので注意してくださいね。

  • 気持ちの整理をつける
  • 「形見分け」で遺品を親族や友人へ譲る
  • 遺品整理代行サービスを利用する
  • 遺品の種類によって処分方法を決める
  • 業者に処分を依頼する
  • 「見積もり」を必ず確認する
  • 遺品整理代行サービスの内容をチェックする

以上のポイントは必ず押さえてください。
気持ちの整理をきちんとつけたうえで必要なもの、残しておきたいものを分けていきましょう。
どうしても捨てられない場合は、「遺品整理代行サービス」に依頼してくださいね。