スッキリと片付いたセカンドライフを!〜生前整理の3つのポイント〜

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近、注目されている「生前整理」を始めようかな…と考えているけれど、何からスタートすればいいの?と迷っている人も多いでしょう。そこで、生前整理とは何か?、何をどうやって整理すればいいのかを詳しくご紹介したいと思います。

  1. 生前整理の必要性とは?
  2. 生前整理で整理するものとは
  3. 生前整理の時期とやり方
  4. まとめ

1.生前整理の必要性とは?

日本は本格的な高齢化社会を迎え、第2の人生の過ごし方に対する注目が高まっています。

物に埋もれた生活を捨て、快適なシンプルライフを送りたい、いざというときに子供たちに迷惑をかけないように準備しておきたい…と考える人たちが増えているからでしょう。

そのために、「老前整理」や「生前整理」に対する注目が高まっているのです。

老前整理と生前整理は似ているようですが、ちょっと違います。

  • 老前整理…老いる前の働き盛りのうちに、家の中の不用品を処分して心と空間をスッキリし、老後のための準備をすること。
  • 生前整理…自分が死ぬ前に、残された家族のことを考えて不用品の処分だけではなく、遺品や財産、保険などを確認し、自分たちの死後に相続のトラブルが起こらないようにすること。

昔は、生前整理というと「死」を控えて行う整理整頓という物悲しいイメージがありました。

しかしながら、最近はニュアンスが変化しているのです。

現在では、高齢になってもアクティブに人生を楽しんでいる人は多くなりました。

そのために生きているうちに相続の準備をする…という目的だけではなく、長年たまった不用品を処分し、残された人生を快適に居心地よく過ごすという意味合いも含まれるようになったのです。

高齢になればなるほど、突然の病気やケガに見舞われるリスクは高くなります。

身体の自由が利かない状態になったとき、無駄なものがあふれている部屋の中で必要なものを探すのは大変です。

生前整理には、いざというときのために備えるということと、物がどこにあるかすぐにわかる片付いた空間に整える、という意味もあります。

生前整理の必要性を理解すれば、上手に整理することができるでしょう。

12