遺品の処分に悩んでいる人必見!やり方や業者に依頼する方法を解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今、親や兄弟が残した遺品の処分に悩む人が増えています。「遺品を処分したいが、時間も手間もかかりそうで困っている」という人もいるでしょう。また、「遺品の処分を業者に依頼したい」という方もいると思います。今回は、遺品処分の方法や注意点、業者への依頼方法などを紹介しましょう。

  1. 遺品整理の必要性や困りごと
  2. 遺品処分をスムーズに行うために知っておきたいこと
  3. 遺品整理を業者に依頼する方法やメリット
  4. 遺品の処分・整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品処分の手順やスムーズに行う方法も分かります。遺品の処分方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.遺品整理の必要性や困りごと

はじめに、遺品の整理方法や処分する必要性について解説します。

1-1.遺品は相続した遺族の意志で譲渡や処分ができる

前述したように遺品とは、故人が残した服・日用品・家具家電などの総称です。現金・有価証券・不動産・貴金属など資産価値があるもの以外が該当します。遺産は分配率や相続の期限が法律で定められていますが、遺品に関しては法律的な決まりがありません。処分や譲渡方法は遺族の意志に任されています。

1-2.遺品整理・処分は四十九日を目安に遺族が行うのが基本

遺品を形見分けしたり処分したりするのは、四十九日後に行うのがおすすめです。この頃になると、葬儀に関する手続きや行事が一段落します。遺族の気持ちも落ち着くでしょう。親族や故人の友人が集まり、遺品を分け合ったり(形見分け)不要なものを処分したりしてください。ただし、以下のような場合は葬儀が終わり次第すぐに遺品の整理・処分を行うことが必要です。

  • 故人が1人で賃貸物件に住んでいた
  • 遺族が全員遠方に住んでいて、なかなか集まることができない
  • 故人が住んでいた家を早急に取り壊したり売却したりすることが決まっている
  • 故人が残した荷物があまりに多く、近所から苦情が来ている
  • 故人の遺産が分からず、遺品整理しながら探す必要がある
  • 故人が借金などを抱えている可能性があり、早急に負の遺産を明らかにする必要がある

また、遺族が故人の遺産を放棄する場合は、遺品整理をする前に法律家との相談が必要になります。

1-3.遺品の処分にはお金と時間がかかる

昔と比べると、人が残す遺品の量は増加傾向です。ですから、「形見分けをすれば遺品がすべてなくなる」というケースはまれになりました。また、現在は自治体のゴミ出しルールが厳しくなり、粗大ゴミの処分が有料のところも珍しくありません。遺品が多いほど処分や整理に手間と時間がかかります。また、前述したように故人の家が遠方だった場合、処分や整理に使える時間も限られるでしょう。故人をしのびながらゆっくり遺品の処分や整理を行うのは、難しくなりつつあります。

1-4.処分に困る遺品も多い

遺品の中には、仏壇などの宗教用具や写真のような思い出の品も含まれます。仏壇・神棚・位牌・過去帳・遺影などは、ゴミに出すわけにもいかず処分に悩むことも多いでしょう。また、写真などの思い出の品も処分が難しい場合もあります。

2.遺品処分をスムーズに行うために知っておきたいこと

この項では、遺品処分の方法について紹介します。

2-1.基本は自治体にゴミとして回収してもらう

不用な遺品は、自治体にゴミとして回収してもらうのが基本です。ゴミの区分は自治体によって異なるので、自治体のサイトなどで確認し、分別しましょう。粗大ゴミが有料な場合は、支払い方法も確認してください。なお、自治体によってはゴミ処理場に直接ゴミを運びこめるところもあります。ゴミを1度に大量に出したい場合は、利用してみましょう。利用方法や料金は自治体によって異なるので、必ず事前に確認してください。

2-2.自治体では回収できないものの処分方法

自治体では回収できないものと、回収方法は以下のようなものです。

  • 家電リサイクル法対象家電:冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンが該当する。家電リサイクル券と運搬料を払い、家電量販店に回収してもらう。
  • デスクトップパソコン(ノートパソコン):メーカーが回収するので、メーカーのホームページから回収を依頼する。2003年以降に製造され、PCリサイクルマークが貼ってあるものは無料。なお、ノートパソコンは小型家電として回収している自治体や家電量販店もある。
  • 劇物・危険物:灯油・ガソリン・軽油はガソリンスタンドへ、劇物は専門業者を探して引き取ってもらう

2-3.遺品処分には人手が必要

遺品処分は、人手が多いほど早く進みます。できるだけ人手を集めて整理してください。四十九日法要の後で一気に整理や処分する方法もおすすめです。

3.遺品整理を業者に依頼する方法やメリット

この項では、遺品整理を請け負う業者の特徴や依頼するメリットを紹介します。

3-1.遺品整理業者に遺品処分を依頼するのがおすすめ

遺品整理業者は、遺品の片付け・整理・処分・買取を行う業者です。不用品の回収・買取は不用品回収業者も行っていますが、遺品整理業者は、遺品に敬意を払い遺族の心情に添って作業をしてくれます。また、遺品の供養も行っているので、仏壇をはじめとする宗教用具や写真などの処分依頼も可能です。さらに、「遺品の中で売却できるものは買取してほしい」という場合も、希望した品を査定してくれます。回収費用から買取額を引いてくれるので、費用が節約できることもあるでしょう。

3-2.遺品整理業者に依頼するのが適しているケース

以下のような場合は、積極的に遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。

  • 遺族が少ない、高齢者しかいないなどで、遺品処分が難しい
  • 遺品の量が多く、遺族だけでは処分しきれない
  • 遺品の供養をしてほしい
  • 遺品の処分だけでなく、部屋の片付けや消毒も依頼したい
  • 遺品の買取を希望している
  • 遺品の処分や整理を短時間で行いたい

3-3.業者選びのポイント

遺品整理は、まだ新しいビジネスモデルで相場がはっきりと定まっていません。ですから、実績や口コミを参考に業者を選びましょう。また、民間資格である遺品整理士が所属している業者は、遺品整理に関するアドバイスももらえます。さらに、見積書を複数から取ってみると、相場や業者の質が分かるでしょう。見積書がいいかげんな業者や、極端に高かったり安かったりする業者は依頼しないほうがいいですね。遺品整理を専門に扱うファンデックスでは、遺品整理士が手がけていますから、安心してご依頼いただけます。

3-4.相場価格

前述したように、遺品整理の価格は業者によって異なります。ファンデックスでは、以下のような料金体系です。

  • 1DK(作業員2人) 5万9,800円
  • 2DK(作業員3人) 11万9,800円
  • 3LDK(作業員5人) 19万9,800円
  • 4LDK(作業員6人) 25万9,800円

4.遺品の処分・整理に関するよくある質問

この項では、遺品の処分・整理に関する質問を紹介します。

Q.遺品整理業者に依頼して遺品を買取してもらった場合、その代金はどうしたらいいですか?
A.遺品整理の費用にあてましょう。ただし、高額になった場合は遺産として分配したほうがトラブルになりません。

Q.遺品整理業者は、何でも買取してくれますか?
A.家具や家電などが主な買取対象です。たとえば、古書・ホビー類などは専門業者に査定を依頼したほうがいいでしょう。

Q.遺産を放棄した場合、遺品も処分してはダメですか?
A.形見分け程度は許されますが、基準があいまいなので法律家に相談してください。勝手に処分すると遺産放棄が認められないこともあります。

Q.神棚や仏壇は寺社に処分を依頼できませんか?
A.神棚の場合、ご神体を神社に返却することはできます。事情を話して初穂料を包んで依頼しましょう。ご神体がなくなった神棚は、ゴミとして処分できます。仏壇は、御霊抜き(みたまぬき)を行って仏壇を取り扱っている店舗などが処分するのが一般的です。基本的にお寺では引き取ってもらえません。

Q.遺品の処分を遺族で行う場合、何が必要ですか?
A.大量のゴミ袋と軍手・手袋・マスク・ゴミを運搬するワゴンや軽トラックを用意してください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は遺品を処分する方法や業者に依頼するメリットを紹介しました。遺品の整理や処分は引っ越しと同じです。1人ですべてをやろうとせず、頼れるところは積極的に頼ってください。特に、遺品を整理・処分する時間がないという場合は、業者に依頼するのがおすすめです。