必見!賃貸物件を退去する際に知っておくべき掃除の重要性と方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

賃貸物件を退去する際には、原状回復のために掃除をする必要があります。しかし、「どこまで掃除をする必要があるのか?」「自分で掃除する自信がない」という悩みをお持ちの人も多いはずです。今まで住んだ部屋を去るにあたって、気持ちよく明け渡しができるようにしておくべきでしょう。この記事では、賃貸物件の退去時に必要な掃除について詳しくご紹介します。

  1. 賃貸物件の退去について
  2. 賃貸物件の退去時、掃除やクリーニングについて
  3. 賃貸物件の退去、掃除方法
  4. 賃貸物件退去時の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、賃貸物件を退去する際に知っておくべき掃除について分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.賃貸物件の退去について

賃貸物件の退去に必要な手続きやよくあるトラブルなどをご紹介します。

1-1.どんなことか?

退去とは、今まで住んでいた賃貸物件を立ち退くことをいいます。退去が決まった場合、まずは大家や管理会社に日程を連絡し、その期日までに所有物をすべて運び出す必要があるのです。最後に鍵を返却した時点で正式な退去となります。

1-2.必要な手続きや費用について

家主に退去の報告をすると「退去届」を受け取ることになります。引っ越し先の住所や家賃を清算するための口座を記入し、家主に渡しましょう。退去を報告する時期によっては1か月分の家賃を余分に支払わなければならないこともあります。賃貸借契約書を確認して「解約予告」の期限がいつまでかをあらかじめ確認しておいてください。

1-3.よくあるトラブル

賃貸物件の退去時によく起こりがちなのが、原状回復をめぐるトラブルです。通常、賃貸物件に入居する際には家賃の1~2か月分を「敷金」として家主に預けます。この敷金は、家賃の滞納や部屋の破壊などがない限り、退去時に返金されるものです。しかし、近年は「敷金が返金されない」というトラブルが発生するケースが非常に多くなっています。借り主が負うべき原状回復の義務について、借り主側と貸し主側で認識の相違があるのが大きな理由です。借り主側にどこまで原状回復の責任があるのか、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

12