必見!賃貸物件を退去する際に知っておくべき掃除の重要性と方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

賃貸物件を退去する際には、原状回復のために掃除をする必要があります。しかし、「どこまで掃除をする必要があるのか?」「自分で掃除する自信がない」という悩みをお持ちの人も多いはずです。今まで住んだ部屋を去るにあたって、気持ちよく明け渡しができるようにしておくべきでしょう。この記事では、賃貸物件の退去時に必要な掃除について詳しくご紹介します。

  1. 賃貸物件の退去について
  2. 賃貸物件の退去時、掃除やクリーニングについて
  3. 賃貸物件の退去、掃除方法
  4. 賃貸物件退去時の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、賃貸物件を退去する際に知っておくべき掃除について分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.賃貸物件の退去について

賃貸物件の退去に必要な手続きやよくあるトラブルなどをご紹介します。

1-1.どんなことか?

退去とは、今まで住んでいた賃貸物件を立ち退くことをいいます。退去が決まった場合、まずは大家や管理会社に日程を連絡し、その期日までに所有物をすべて運び出す必要があるのです。最後に鍵を返却した時点で正式な退去となります。

1-2.必要な手続きや費用について

家主に退去の報告をすると「退去届」を受け取ることになります。引っ越し先の住所や家賃を清算するための口座を記入し、家主に渡しましょう。退去を報告する時期によっては1か月分の家賃を余分に支払わなければならないこともあります。賃貸借契約書を確認して「解約予告」の期限がいつまでかをあらかじめ確認しておいてください。

1-3.よくあるトラブル

賃貸物件の退去時によく起こりがちなのが、原状回復をめぐるトラブルです。通常、賃貸物件に入居する際には家賃の1~2か月分を「敷金」として家主に預けます。この敷金は、家賃の滞納や部屋の破壊などがない限り、退去時に返金されるものです。しかし、近年は「敷金が返金されない」というトラブルが発生するケースが非常に多くなっています。借り主が負うべき原状回復の義務について、借り主側と貸し主側で認識の相違があるのが大きな理由です。借り主側にどこまで原状回復の責任があるのか、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

2.賃貸物件の退去時、掃除やクリーニングについて

賃貸物件を退去する際に発生する掃除やクリーニングの必要性や義務についてご紹介します。

2-1.必要性について

賃貸物件退去の際の掃除については、どこまで行うべきか完全な線引きは難しいものです。ここでいう「原状回復」とは、元の状態に戻すことではありません。普通に生活していても、部屋は自然と劣化していくものです。部屋を借りたときと同じ状態に戻す必要はありませんが、普通に生活していて汚れてしまった部分は丁寧に掃除をし、できるだけきれいな状態にして退去する必要があるでしょう。

2-2.借り主、貸し主どちらの負担なのか?

たとえば、借り主の過失によってできてしまった傷やタバコのヤニ汚れ、ペットの汚れなどは、借り主の負担となる可能性が高くなります。一方、経年劣化によって起こったクロスのはがれや日焼けによる跡などは、借り主に修復の義務がない場合がほとんどです。しかし、実際には借り主と貸し主の解釈が異なり、トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。

2-3.費用、責任のガイドライン

どこまでが借り主の義務でどこからが貸し主の負担なのかを明確にするために、国土交通省が作成した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」があります。双方の負担となる範囲の目安が書かれているため、敷金を利用されるべきものであるのか、退去費用を払うべきものであるのかなど、参考にできるはずです。

3.賃貸物件の退去、掃除方法

賃貸物件を退去する際の掃除についてご紹介します。

3-1.自分でできることとは?

自分で掃除する方法とメリット・デメリットをまとめました。

3-1-1.方法

自分で掃除をする場合、「どの程度まですればよいのか?」と悩む人も多いでしょう。基本的に、落とすことができる汚れはできるだけ落としておいてください。特に重要なのが水回りです。台所の油汚れや、風呂・トイレ・洗面台の水アカなどはきれいにしておきましょう。また、カーペットのシミやクロスの汚れなども、掃除しておくと貸し主の印象がよくなります。そのほかにも、窓ガラスがきれいになっていると全体的なイメージがよくなるため、できるだけきれいに掃除しておくとよいでしょう。

3-1-2.メリットとデメリット

自分で掃除するメリットは、やはり「費用を抑えられる」という点でしょう。引っ越し前には何かと出費がかさむため、できるだけお金をかけずに掃除をしたいという人にはおすすめです。その反面、時間と労力がかかるというデメリットがあります。「やることがたくさんあるので自分で掃除する時間がない」「自分で掃除するのは面倒」という人は、プロの業者に依頼する方法も検討しましょう。

3-2.プロに依頼する場合

プロに依頼するメリットやデメリット・方法・費用などをまとめてご紹介します。

3-2-1.メリットとデメリット

業者に掃除を依頼するメリットとデメリットをまとめました。

【メリット】

  • 質の高い掃除をしてもらえる
  • 自分の時間や労力をかけずに済む
  • 自分では手の届かない場所まで掃除してもらえる

【デメリット】

  • 費用がかかる
  • 業者選びに注意が必要

3-2-2.方法

ファンデックス」は、生前整理・遺品整理サービスやハウスクリーニングサービスを提供している業者です。以下のような流れで利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

3-2-3.費用について

費用については業者によって違いがあるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して比較することをおすすめします。「ファンデックス」では部屋の間取りや作業員の人数で費用を設定しているため、こちらから確認してみてください。

3-3.業者選びのポイント

掃除を依頼する業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • ホームページに料金の記載があるか

4.賃貸物件退去時の掃除に関するよくある質問

「賃貸物件を退去する際の掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.壁に画びょうの穴がある場合、借り主負担で修繕する必要があるのでしょうか?
A.国土交通省のガイドラインによると、壁にあいている画びょうの穴は基本的に借り主負担で修繕する必要はありません。ただし、穴の数が多すぎる場合などは修繕費を請求される可能性があるでしょう。

Q.国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」には法的拘束力があるのですか?
A.契約自由の原則により、法的拘束力はありません。内容を無視しても違法にはなりませんが、裁判になった場合はガイドラインを参考に判決が下されることになるでしょう。

Q.柱や壁についてしまった傷は自分で補修しても問題ありませんか?
A.小さな傷であれば、ホームセンターなどに売っている修復材を使用して補修しましょう。ただし、失敗するとかえって傷が目立つことになってしまうため注意してください。

Q.子どもが壁に落書きをしてしまいました。どうすれば落ちますか?
A.油性マジックの場合は、除光液や消毒用アルコールを使って拭くときれいになる可能性があるでしょう。クレヨンは上から布を当ててアイロンを押し当てると、溶けだした油分が布に移ってきれいになります。

Q.悪質なハウスクリーニング業者の被害にあった場合はどうすればよいでしょうか?
A.国民生活センターに相談窓口があるため、連絡してください。適切なアドバイスをもらえます。

まとめ

いかがでしたか? 賃貸物件を退去する際の掃除について詳しくご紹介しました。退去する際に掃除をするのは、最低限のマナーでもあります。気持ちよく退去できるように、できる限り部屋を掃除しておきましょう。そして、そこには敷金返還などの問題もからんでくるということを覚えておくべきです。ぜひこの記事を参考にして、自分が負うべき責任や義務について知ってください。