着物を処分する方法を解説! 売却できる着物の特徴も紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「着物が不要になったが、まだ十分着ることができるので捨てるのはもったいない」と悩んでいる人はいませんか? 着物は元値が高価なので、不要になったからといって捨てるのももったいないものです。ですから、「どんな着物が売れるのか、着物の買取をしてくれるところはどこか知りたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、売却を含む着物の処分方法を紹介します。

  1. 着物を処分する方法
  2. 売却できる着物の種類や特徴
  3. 着物を高く売るコツ
  4. 着物の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、売却できる着物の特徴や売却以外の処分方法もわかります。着物の処分を検討している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.着物を処分する方法

はじめに、着物が不要になった場合どんな処分方法があるのかをご紹介します。

1-1.ゴミとして自治体に回収してもらう

どこにも引き取り手のない着物は、「ゴミ」として自治体に回収してもらいましょう。何ゴミに区分されるかは、自治体によって異なります。「古布」としてリサイクルの対象にしている自治体もあるでしょう。事前に自治体のサイトを確認し、ゴミ出しのルールに沿って出してください。

1-2.売却する

振り袖・留め袖・訪問着など元値が高い着物は、中古でも需要があります。また、着物以外にも、帯・襦袢(じゅばん)・羽織なども売却可能です。今は着物を買取する専門のリサイクルショップも増えています。このほか、ネットオークションやフリマサイトに出品してもいいでしょう。

1-3.リメイクする

着物の布地は強いので、小物類や洋服にリメイクすることもできます。着物のリメイクを請け負ってくれる業者も多いので、「思い出の着物を別の形にして保管しておきたい」という人にはおすすめです。

1-4.人に譲る

着物は洋服ほどサイズが厳格に決まっていないので、人に譲りやすいものです。振り袖や訪問着などは、母から娘へ受け継ぐケースも多いでしょう。着物の種類によっては「譲ります」と告知すれば、「ほしい」と申し出る人も多いと思います。

2.売却できる着物の種類や特徴

では、どのような着物が売却対象になるのでしょうか? この項では、高値がつきやすい着物の種類や特徴を紹介します。

2-1.元値が高い正絹の着物

振り袖や留め袖・訪問着など元値が高い正絹の着物は、高値買取が期待できます。着物には大きな流行の変化はないので、古いものでも保存状態がよければ買取可能なケースが多いでしょう。

2-2.七五三用の着物

七五三用の着物も、常に一定の需要があります。特に女児向けの着物はポリエステルでも買取可能というケースもあるでしょう。ネットオークションやフリマアプリでも、盛んに取り引きが行われています。

2-3.名産品の着物

着物の中には、「泥大島」や「結城紬」など名産品扱いになっているものもあります。これらの着物は愛好家も多く、高値買取が期待できるでしょう。

2-4.戦前の着物

戦前の着物の中には、今のものより造りが豪華なものもたくさんあります。職人が手描きした着物も多く、保存状態がよければ高値買取が期待できるでしょう。

2-5.汚れがある着物は買取不可になることが多い

元値がいくら高くても、汚れや虫食いなどがある着物は買取不可になるケースが多いでしょう。着物は長期保管しておくと、カビやシミが発生しやすくなります。不要になったらできるだけ早く売却しましょう。ただし、戦前の着物は「古布」といって布地そのものに価値が出ているものがあります。汚れや虫食いが広範囲にわたっていなければ、買取可能なこともあるので一度査定してもらいましょう。

3.着物を高く売るコツ

では、どのように売却すれば着物は高値がつきやすいのでしょうか? この項では、着物を高値買取してもらうために注意するポイントなどを紹介します。

3-1.襦袢や帯とセットで査定してもらう

留め袖や振り袖は、帯や襦袢とセットで購入することも多いものです。売却するときもセットで査定してもらいましょう。そうすれば、高値がつきやすくなります。

3-2.着物専用のリサイクルショップを利用する

着物は一般的なリサイクルショップや質屋などでも買取しています。しかし、着物は専門的な知識を持った人でないと正確な価値がわかりにくいものです。着物を売却するなら、専用のリサイクルショップを利用しましょう。今は自宅に店員が査定に来てくれる出張査定を実施しているショップもあります。

3-3.まとめて売る

不要な着物はまとめて売却したほうが、高値買取してもらえる可能性が高まります。遺品整理などで不要な着物がたくさん出てきた場合は、一着ずつではなくまとめて査定してもらいましょう。

3-4.木綿やポリエステルの着物はネットのほうが売りやすい

木綿やポリエステルなど「普段着」としての着物は、リサイクルショップでは買取不可なこともあります。しかし、着物愛好家の中では一定の需要があるので、ネットオークションやフリマサイトに出品してみましょう。買い手がつくことがあります。写真とともに、着物の状態や裄丈(ゆきたけ)などを測って記載しておけば、入札者も安心です。

4.着物の処分に関するよくある質問

Q.着物は査定前にクリーニングに出したほうがいいでしょうか?
A.クリーニングに出せば取れそうな汚れがある場合は、出しておけば査定額がアップする可能性があります。

Q.紋がある着物は売却可能ですか?
A.はい。今は紋を気にせず着る人も多いので、問題ありません。

Q.売却できる着物の小物にはどんなものがありますか?
A.帯・襦袢・帯締め・帯留めなどです。草履やバッグも売却できるでしょう。

Q.男物の着物も売却できますか?
A.はい。大丈夫です。

Q.着物の種類がよくわからず、まとめて査定してもらっていいかどうか悩んでいます。
A.このような場合は、まず着物専門のリサイクルショップに問い合わせてみましょう。ほとんどがまとめて査定してくれます。

まとめ

今回は、着物の処分方法を紹介しました。着物は大きな流行の変化がないので、比較的売却しやすいものです。目立つ汚れや傷がないものならば、一度査定に出してみましょう。思わぬ高値がつくこともあります。