ゴミ屋敷で感染症が発生しやすい理由を解説! 片づけ方も紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「家族や兄弟がゴミ屋敷を作ってしまい、困っている」「自分の家がゴミ屋敷になってしまい、どうしていいか分からない」など、ゴミ屋敷に関する悩みを抱えている人は珍しくありません。ゴミ屋敷に関する問題はたくさんありますが、そのひとつに感染症にかかりやすくなることがあげられます。では、なぜゴミ屋敷になると感染症にかかりやすくなるのでしょうか?

今回は、ゴミ屋敷と感染症の関係を中心に、ゴミ屋敷が健康に与える被害について解説します。

  1. ゴミ屋敷に住むと感染症にかかりやすくなる理由
  2. 感染症以外の健康被害について
  3. ゴミ屋敷を片づける方法
  4. ゴミ屋敷を片づけてくれる業者の選び方
  5. ゴミ屋敷に関するよくある質問

この記事を読めば、ゴミ屋敷の片づけ方も分かります。ゴミ屋敷に悩んでいる人やゴミ屋敷の害を知りたい人に役立つ情報満載です。ぜひ読んでみてくださいね。

1.ゴミ屋敷に住むと感染症にかかりやすくなる理由

なぜゴミ屋敷に住むと感染症にかかりやすくなるのでしょうか? この項では、感染症にかかりやすくなる理由を紹介します。

1-1.害虫や害獣が発生しやすくなるため

ゴミ屋敷になるとゴキブリやネズミといった害虫・害獣が発生しやすくなります。害虫や害獣の体には病原菌がたくさんついており、発生した場所には病原菌が振りまかれることになるのです。病原菌の中には感染症の菌も含まれているので、感染症にかかりやすくなるでしょう。

1-2.不潔な環境で抵抗力が落ちるため

ゴミ屋敷では、まともな日常生活を送ることができなくなります。また、ゴミにカビが生えたりホコリが多量に発生したりすると、ハウスダストが増加することでしょう。それが体内に取り込まれれば、気管支炎やハウスダストアレルギーを発症しやすくなります。また、病気にならないまでも抵抗力が落ち、感染症にかかりやすくなるでしょう。

1-3.気力がなくなるため

ゴミ屋敷を作ってしまう原因に、セルフネグレクトがあります。セルフネグレクトとは、自分で自分の身の周りの世話を放棄することです。まともに食べない、長期間入浴しないなどの症状が現れます。不潔な環境に加えてセルフネグレクト状態が続けば、抵抗力が落ちて感染症にかかりやすくなるでしょう。

2.感染症以外の健康被害について

ゴミ屋敷を作ってしまうと、感染症以外の健康被害も起こりやすくなります。この項では、感染症以外に起こりやすくなる健康被害を紹介しましょう。

2-1.食中毒

ゴミ屋敷になると清潔な場所で調理をするのはもちろんのこと、食事をすることも難しくなります。また、セルフネグレクト状態になると古いものや多少悪くなったものでも食べてしまうこともあるでしょう。その結果、食中毒になることもあります。

2-2.皮膚疾患

カビや害虫・害獣がたくさん出るゴミ屋敷では、皮膚疾患も発症しやすくなります。また、長い間服を着替えなかったり入浴しなかったりしても皮膚疾患にかかりやすくなるでしょう。

2-3.うつ病などの精神疾患

家がゴミ屋敷になるとストレスがたまっていきます。ストレスがたまりすぎるとうつ病をはじめとする精神疾患を発症しやすくなるでしょう。また、うつ病を発症したため家がゴミ屋敷になってしまうケースもあります。

3.ゴミ屋敷を片づける方法

では、どうやってゴミ屋敷を片づければいいのでしょうか? この項では、その方法の一例を紹介します。

3-1.ひとりではゴミ屋敷の片づけは難しい

ゴミ屋敷は、家全体にゴミがいっぱいになった状態です。場合によっては庭までゴミがあふれていることもあるでしょう。個人で片づける場合は、人手を集めましょう。最低でも3人以上の人数が必要です。誰も一緒に片づけてくれる人がいない場合は、業者に依頼しましょう。

3-2.個人で片づけるならゴミの処分先を確保しておく

ゴミ屋敷の片づけ方自体はそれほど複雑ではありません。ゴミを自治体のルールに従って分別し、捨てるだけです。ゴミ屋敷の中にあるものは汚れて使いものにならなくなっているものが大半なので、現金・カード・通帳など貴重品以外はすべて捨てるつもりで分別しましょう。ただし、量が膨大なのでゴミの日までどこかに保管しておくのも大変です。ゴミの処分だけ業者に依頼する方法もあります。また、自治体によっては有料でゴミ処分場にゴミを持ち込めるので、運搬手段が確保できるならば、ゴミを処分場に持ち込んでもいいでしょう。

3-3.ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼する

ゴミ屋敷は業者に片づけを依頼することもできます。ただし、普通のハウスクリーニング業者では引き受けてもらえません。ゴミ屋敷の片づけを請け負っている業者を選びましょう。

4.ゴミ屋敷を片づけてくれる業者の選び方

最後に、ゴミ屋敷を片づけてくれる業者の選び方を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.見積もりを正確に行う業者を選ぶ

ゴミ屋敷の片づけ費用は、家の広さとゴミの量で決まります。家は狭くてもゴミが天井付近までぎっしりつまっているケースは、費用が高くなるでしょう。ですから、ゴミ屋敷の片づけは家まできて正確に見積もりをしてくれる業者を選ぶことが大切です。電話で簡易的な見積もりしかしてくれない場合や、家まで来てもいい加減な見積もりしか出してくれない業者は選ばないようにしましょう。

4-2.業者は実績でピックアップする

ゴミ屋敷を片づけてくれる業者は年々増加しています。そのため、値段の安さをウリにしている業者もあるでしょう。しかし、値段の安さよりも実績で選ぶ方がおすすめです。口コミ評価なども参考にして選びましょう。長期的に高評価が続いている業者がおすすめです。

5.ゴミ屋敷に関するよくある質問

この項では、ゴミ屋敷に関する質問を紹介します。

Q.ゴミ屋敷の周辺で感染症が広がった場合、責任を問われるのでしょうか?
A.そのような可能性は低いと思います。しかし、ゴミ屋敷を片づけるように厳しい指導が入ることもあるでしょう。

Q.ゴミ屋敷を放置しておくと何らかの罪に問われますか?
A.罪に問われる可能性は低いのですが、賃貸物件の場合は退去勧告が出される可能性が高いでしょう。また、行政がゴミ屋敷を片づけた場合は費用を請求されます。

Q.ゴミ屋敷を片づける費用はどのくらい必要ですか?
A.前述したように、家の広さやゴミの量・種類によってことなるので、まずは見積もりを出してもらいましょう。

Q.ゴミ屋敷の片づけはどのくらいの期間がかかりますか?
A.やはり広さとゴミの量によりますが、ワンルームならば1日で片づくでしょう。

Q.ゴミ屋敷にならないようにするにはどうしたらいいですか?
A.掃除が行き届かなくなってゴミがたまっていると分かった時点で、業者を入れてゴミを片づけ、定期的にハウスクリーニングを依頼するといいでしょう。

まとめ

今回は、ゴミ屋敷に住んでいると感染症にかかりやすい理由などを解説しました。感染症が発生すると、周辺住民にも迷惑がかかることがあります。また、病気によっては孤独死の危険性も高まるでしょう。ゴミ屋敷は放置せず、早めに業者に依頼してでも片づけることが大切です。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア