エンディングノートの書き方に迷ったら!ノートの選び方や注意点も

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「エンディングノートの書き方を知りたい」という人は多いでしょう。「終活」という言葉をよく耳にするようになった今の時代、その一環としてエンディングノートを残したいと考える人も増えてきています。しかし、書くにあたって「どのようなことを書いたらよいのか?」と悩む人もいるでしょう。

この記事では、エンディングノートの意味や書くべき内容・書く際の注意点などをまとめてご紹介します。

  1. エンディングノートの意味は?
  2. エンディングノートの選び方 
  3. エンディングノートに書いておきたいこと
  4. エンディングノートを書く際の注意点を紹介
  5. エンディングノートに関するよくある質問

この記事を読むことで、納得のいくエンディングノートを残すことができるはずです。


1.エンディングノートの意味は?

まずは、エンディングノートを残す意味やメリットについてご紹介しましょう。

1-1.人生の記録や家族へのメッセージをつづるもの

エンディングノートとは、人生の終末期を迎えるにあたって、今までの記録や家族に残したいメッセージなどをつづるためのノートのことをいいます。遺言書と違って法的効力はなく、書くべき内容が決められているわけでもありません。書式なども決まりがないため、好きなノートに自由に書いてよいのです。

1-2.家族が知っておきたい情報を残すことができる

エンディングノートを残すことにはさまざまな意味がありますが、その一つが、「家族が知っておくべき情報を残すことができる」ということです。たとえば、通帳の保管場所や口座番号・パソコンのパスワード・加入している生命保険のことなどがあるでしょう。また、自分が亡くなったとき、連絡してほしい友人の名簿なども書いておくと、家族が困らずに済みます。

1-3.自分の気持ちも整理できる

エンディングノートを残すことで、自分自身の気持ちも整理できます。人生の最後に向けて自分がどのように生きていきたいと思っているのか、今までの人生がどうだったかなど、考える時間を作ることができるのです。

2.エンディングノートの選び方 

エンディングノートにはさまざまな種類のものがあるため、選び方をご紹介します。

2-1.エンディングノートの種類は?

エンディングノートは、無地のノートを使って自由に書いても構いません。「何をどう書けばよいのか分からない」という人は、エンディングノートとして作られたものを使うとよいでしょう。書店や一般社団法人などの団体が販売しているもの・お寺や病院で無料配布しているものなどさまざまです。また、最近はインターネットでダウンロードできるものを使う人も増えているため、チェックしてみるとよいでしょう。

2-2.自分に合ったノートを選ぶことが大切

人生の振り返りをメインにしたいなら自分の履歴を書くページがあるもの、亡くなった後の要望を伝えたいなら葬儀や相続に関する項目があるものを選びましょう。また、書きやすさも重視すべきです。「記入欄が小さすぎて書きにくい」ということにならないよう、しっかりチェックしてください。

3.エンディングノートに書いておきたいこと

エンディングノートに書くべき内容についてご紹介しましょう。

3-1.自分自身の基本情報

まずは、自分自身の基本的な情報を記載しましょう。本籍地や生年月日・家族構成・趣味・特技・好きな食べ物などに加えて、人生のターニングポイントや思い出を書いておくのもおすすめです。自分自身の人生を振り返るきっかけになるでしょう。

3-2.資産のこと

預貯金や年金・保険など、資産に関することは、自分の死後、届け出が必要です。家族が分かるよう、一覧にしておくとよいでしょう。また、借金がある場合、遺族は相続放棄することも可能なため、その旨も書いておくことをおすすめします。

3-3.パスワードや暗証番号などの個人情報

パソコンやスマホのパスワードや、キャッシュカードの暗証番号なども記載しておくとよいでしょう。SNSを使用している場合は、死後、退会手続きが必要なため、そのパスワードも必要です。

3-4.医療や介護について

認知症などで正しい判断ができなくなったときのために、医療や介護についてもしっかり記載しておきましょう。特に、延命治療の有無については家族の意思で判断するのが難しいため、意思表示しておくことをおすすめします。

3-5.死後のこと

葬儀や納骨・お墓なども記載しておきましょう。葬儀の規模や喪主を任せたい人・お墓の場所などに関する希望をまとめておくことで、家族の負担を大きく軽減できます。

3-6.遺品や相続について

遺品や相続についても、誰に何を残したいのか、どこに保管してあるのかなど記載しておきましょう。特に、価値のある遺品については詳しく記載が必要です。形見分けや遺産相続で家族がもめることがないようにしておきましょう。

4.エンディングノートを書く際の注意点を紹介

エンディングノートを書くにあたって知っておきたい注意点をご紹介します。

4-1.何度も見直しながら書く

エンディングノートは定期的に見直すことが大切です。最近は、30代や40代の若い年代でも書き始める人が増えてきています。当然、年齢を重ねるとともに考え方や気持ちも変わってくるでしょう。そのときは、書き直しをすればよいのです。「書き直すなら今書かなくてもよいのでは?」と思うかもしれませんが、「若いころはこう思っていたのか」と振り返ることも大切です。そのときそのときの素直な気持ちをつづっておきましょう。

4-2.分かりやすい場所に保管する

せっかくエンディングノートを残しても、家族が見つけられなければ意味がありません。そのため、保管場所にも注意が必要です。もちろん、誰でも簡単に見ることができる場所は避けるべきですが、ある程度分かりやすい場所を選ぶ必要があります。家族だけが分かる共有の場所などに保管しておきましょう。

5.エンディングノートの関するよくある質問

「エンディングノートについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.エンディングノートのほかに遺言書も残したほうがよいでしょうか?
A.遺産相続のことなど法的効力が欲しい場合は遺言書も残すべきです。

Q.市販のエンディングノートはいくらで買えますか?
A.紙の材質や厚さにもよりますが、500~1,500円程度が相場です。

Q.どんなきっかけでエンディングノートを書き始める人が多いのでしょうか?
A.定年や子供の独立・親しい人の死・自分自身の病気やケガなどをきっかけにする人が多くなっています。

Q.エンディングノートのことはどこに相談できるのでしょうか?
A.終活アドバイザーに相談するのがおすすめです。医療や介護・金融・保険・法律・葬儀関係の専門家を紹介してもらうこともできます。

Q.おすすめのエンディングノートを教えてください。
A.コクヨの「もしものときに役立つノート」や、オフィスシバタの「アクティブノート」、主婦の友社の「書いて安心エンディングノート」などがおすすめです。

まとめ

エンディングノートの目的や選び方・書き方などを詳しくご紹介しました。「終活として何ができるか」を考えたときに、まず思い浮かぶのがエンディングノートでしょう。誰でも、いつでも、書き始めることが可能なので、ぜひこの記事を参考に、どのように書くべきか考えてみてください。