終活はいつから始めるべき? 具体的な内容や相談先について解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

終活は、安心して老後生活を送るための大切な作業です。いつどこで何が起きるか分からないからこそ、残された家族のためにも行う必要があります。しかし、いつから始めるべきなのでしょうか。また、終活をスムーズに終わらせるためのポイントも知ることが大切です。本記事では、終活の具体的な内容とポイントについて解説します。

  1. 終活の基礎知識を知ろう!
  2. 終活はいつから始めるべきか?
  3. 終活の具体的な内容を解説!
  4. 終活の相談先、生前整理とは?
  5. 終活に関してよくある質問

この記事を読むことで、終活の始め方やポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。


1.終活の基礎知識を知ろう!

ニュースでもよく耳にするようになった「終活」とは、いったいどのような意味が含まれているのでしょうか。まずは基礎知識についてチェックしていきたいと思います。

1-1.人生の終わりを迎えるための準備

終活は、「人生の終わりをよりよいものにするため、事前に準備を行うこと」という意味が含まれています。今まで自分が生きてきた人生を振り返り、今後を自分らしく前向きに生きるために行う活動です。基本的に、終活に正解はありません。方法は十人十色で、活動の内容もそれぞれなのです。完璧にやろうとしないところが、終活のポイントでもあります。

1-2.終活=生前整理

自らの人生の終わりに向けた活動のことを省略して終活といいますが、終活は=生前整理でもあります。生前整理とは、生きているうちに家具家電や資産など、身のまわりのものを片付けることです。日本では、「死んだ後のことなんて話題にするものではない」と思われがちですが、生きている間に身辺整理をすることで、自分がいついなくなっても安心できます。逆に、きちんと整理をしておかなければ、自分の意思とは関係なく、葬儀や相続などすすめられてしまうのです。

1-3.終活は家族にも大きなメリットがある

終活の大きなメリットは、思いを形で表すことで自身の気持ちも整理できることです。死んだときにしてほしいことを、きちんと家族に伝えることができます。また、家族にも大きなメリットが生まれるのです。生きている間に自分の身のまわりを整理することで不用品が減り、遺品整理が楽になります。遺品整理は思っている以上に大変で、家族にとっては大きな負担です。さらに、最近は遺品整理・相続トラブルなどが増えているので、トラブルを未然に防ぐためにも大切な作業となります。

1-4.終活を始める人が増えている

最近は、終活を始める人が増えてきています。子どもとの同居世帯が減少し、未婚や離婚が珍しくない世の中になりました。そのため、自然と1人暮らしの高齢者が増え、納得できる最後を向けたいと考えるシニア世代が増加しているのです。また、自分の家族と向き合い、死後について話し合おうと前向きになっている人も増えています。

2.終活はいつから始めるべきか?

では、終活はいつから始めればいいのでしょうか。始めるタイミングときっかけについて説明します。

2-1.早ければ早いほどいい

終活はのタイミングは人それぞれ異なるので、自分が始めたいときに始めるのが1番でしょう。ただし、遅すぎてしまうと年齢ばかりが増え、体力や気力がなくなってしまいます。なるべく早めに済ませておいたほうが、老後も安心して生活できるでしょう。70代から終活を始める方が多いですが、後述するように40代からでも早くはありません。自分のペースで終活を始めてください。

2-2.終活を始めるきっかけ

ほとんどの人が、「年齢的に必要性を感じたから」という理由で終活を始めています。人間はいつ死ぬのか分かりませんし、年齢によって病気やケガのリスクが高まるでしょう。重大な病気にかかり、終活する余裕がないままこの世を去ってしまったというケースもあるのです。退職や配偶者の死・年齢など、さまざまなきっかけを機会に、思い立ったときに始めるといいでしょう。

2-3.新終活が話題になっている

40代から始める終活のことを「新終活」と呼んでいます。新終活とは、やりたいことを自分の最期から逆算することで、今を豊かに生きることができるものです。年をとってから理想の最期を迎える準備を行うことは手遅れになりがちなところがあります。しかし、40代から始めると、終活と同時に豊かな人生設計ができるというわけです。早く始めることで心と時間に余裕が生まれ、自分の生活が見直せるメリットがあります。

3.終活の具体的な内容を解説!

それでは、実際に、終活をするには何から始めたらいいのでしょうか。ここでは、具体的な内容について解説していきます。

3-1.終活でやるべきことは主に5つ

終活でやるべきことは、身のまわりの整理整頓、お金のこと、葬儀・お墓の準備、医療・介護関連、エンディングノートの作成の5つです。これらは絶対にやっておきたい、終活の重要な要素といえるでしょう。それぞれの内容について、次項から詳しく紹介します。

3-2.身のまわりの整理整頓

身のまわりにあるものの整理整頓は、いわゆる生前整理です。衣類・本・書類など、身のまわりにあるものから「要らないもの」と「要るもの」に分けていきましょう。基本的に、何を捨てるかではなく、何を残すかに重点を置いて整理をすすめてください。絶対に残したいもの以外は処分すると決めておけば、スムーズに整理できるでしょう。
ここで、よくありがちななのが、「もったいない」「いつか使うから」という理由で使わないものを残してしまうことです。1年以上使っていないものは、これから先も使うことがほとんどないので捨てましょう。できるだけ、身のまわりにあるものを処分することが大切です。

3-3.お金のこと

あらかじめ財産の処分方法やお金の使い道を自分で決めておけば、相続のトラブルが回避できるでしょう。
最初に、自分の財産を洗い出しリストを作ってください。預貯金・不動産・株券・生命保険・宝石などの財産をリストにすることで把握しやすくなり、不要な財産が整理しやすくなります。
また、自分の意思を形として残すことが大切なので、遺言書を作成してください。遺言書を作成する際は、民法で定められた文書を守ることがポイントです。正しい作成方法で、法的な効力を発揮する遺言を作りましょう。

3-4.葬儀・お墓の準備

どのような葬儀にしたいのか、生きている間に意思を示しておいてください。一般葬ではなく家族のみで葬儀をしてもらいたいときは、家族や親戚を交えた家族葬が可能です。どのような葬儀があるのかチェックした上で、好きな選択をしてください。
また、葬儀と併せて考えておきたいのがお墓の準備です。お墓の種類には、公営墓地・民間墓地・寺院墓地などがあります。運営している市町村や自治体によって異なるため、事前にチェックすべき項目です。

3-5.医療・介護関連

医療や介護関連も、これからの人生を送るために整理しなければならないことです。たとえば、かかりつけの病院・いつも飲んでいる薬などを家族にもハッキリと伝えておかなければなりません。また、病気になったときの延命措置や終末期医療に関する希望、臓器提供などの意思の有無も確認が必要です。そして、医療・介護について決める際は、家族との話し合いが重要となります。自分の意思を伝えながら、家族にも希望を聞いて意思統一し決めてください。

3-6.エンディングノートの作成

自身の思い出の整理として、エンディングノートを作成しましょう。エンディングノートは、終末期や死後に備えて、遺(のこ)される身近な人に伝えておきたい希望や情報を書き留めておくノートのことです。遺言書と違って法的効力はありませんが、家族に自分の意思をきちんと伝えることで、死後にさまざまな手続きがすすめやすくなります。エンディングノートは、とても重要な作業といえるでしょう。
また、エンディングノートは大手書店や文具店などで購入できます。種類によって項目や分量が違うため、中身を見て自分に合ったノートを選びましょう。

4.終活の相談先、生前整理とは?

終活や生前整理に関して相談したいことがある場合、どこに相談すればいいのでしょうか。

4-1.相談先はさまざま

終活でやるべきことは1つではないため、相談先もさまざまです。たとえば、法律関連について相談がある場合は、弁護士など法律に詳しい専門家に相談したほうがいいでしょう。遺言書を作成する際も、法的効力がある内容と形式にしなければならないので、専門家と相談したほうが安心です。また、一般社団法人高齢者の住まいと暮らしの支援センターなどでは、終活に関する相談を受けつけています。

4-2.セミナー・本をチェックする

スムーズに終活をすすめるために、正しいやり方とポイントを把握することも大切です。自治体の中には、定期的に終活セミナーを開催しているところがあります。お住まいの地域でセミナーが開催されていないか、インターネット等でぜひチェックしてみてください。無料で受けられるセミナーもありますよ。また、終活関連の本をチェックするのもポイントの1つです。

4-3.不用品の処分は早めに行う

終活で出てきた不用品の処分は、早めに行うことが大切です。大量の不用品がある場合は、回収業者へ依頼しましょう。遺品整理・生前整理を行っている遺品整理ファンデックスでは、不用品の処分だけでなく高価買取も行っています。売れるものは売ってしまったほうが、処分費用の節約につながるのでおすすめです。

4-4.生前整理は元気なうちにやること

終活の中には、生前整理も含まれています。生前整理は、元気なうちにやることが基本です。年をとるたびに体力がなくなり、身のまわりのものを整理するだけでも大きな負担に感じるでしょう。そのため、生前整理は元気なうちに済ませることが大切なポイントとなります。

5.終活に関してよくある質問

終活に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.デジタル終活とは?
A.スマホやパソコンを使用している場合、知られたくないデータを削除することです。見られたくないものが死後、家族に見られてしまわないように、データを削除しておきましょう。また、故人しか分からない口座・証券などはエンディングノートに記載しておくと安心です。

Q.生前整理のコツは?
A.よく失敗しがちなのが、一気に整理しようとした結果、逆にゴチャゴチャになってしまうというケースです。一度で片付けようとするのではなく、毎日少しずつ片付けていくことがコツでしょう。部屋や品物別でも構わないので、負担にならない範囲で着実にすすめてくださいね。

Q.ペットがいる家庭ですべきことは?
A.大切なペットと暮らしている場合は、自分がいなくなったときにペットをお世話してくれる人や場所を見つけておかなければなりません。最近では、飼い主の死後、代わりにペットを飼育してくれる人を決め、その人に飼育費として財産を残し管理するための仕組みが登場しています。それらの保険制度を活用するのも方法の1つです。

Q.エンディングドレスとは?
A.エンディングドレスは、亡くなったときに納棺される際に着るドレスのことです。納棺の際に着る最後の衣装は白装束が一般的ですが、好きなデザインの衣装に着飾ってもらえると死というイメージがやわらかくなります。ネガティブな考えになってしまう死を受け入れるという意味でも、注目されているようです。特に、最期のときまで自分らしくありたいという女性に人気があります。

Q.業者に依頼する際の注意点は?
A.生前整理・不用品回収の実績があるかどうか注目してください。実績がある業者ほど、丁寧かつスピーディーに対応してくれます。また、見積書と追加料金の有無は細部まできちんと確認しておきましょう。疑問点は、すぐに尋ねてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 終活は、自分がいついなくなっても安心できるよう身辺整理をすることです。財産や土地権など、相続権に関わる内容は、特ににきちんと整理しておかなければなりません。生前整理をしておけば、遺品整理で親族が困ることもないでしょう。終活は難しいと思われがちですが、遺品整理業者などのプロと相談しながらすすめることもできます。ぜひこの機会に、終活を始めてみてはいかがでしょうか。