散らかっている部屋をどうにかしたい!整理整頓のコツをつかもう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

片付けがうまくできない…と悩んでいる人は多いです。
やる気があってもスムーズに整理整頓ができないことはあるでしょう。途中でやる気がなくなってしまいますよね。
そこで、片付けが苦手な人でも整理整頓ができるコツについて説明しましょう。
コツをつかんでおけば上手に片付けることができます。
さらに、部屋の整理整頓が楽しくなるでしょう。
クローゼットや押入れなどの収納術、不用品の処分方法についても説明するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 整理整頓のコツ
  2. クローゼットや押入れの収納術
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

1.整理整頓のコツ

整理整頓ができていない部屋は生活がしづらい空間になっています。
常に床はものであふれ、ホコリやダニなどハウスダストがただよっているでしょう。
清潔でキレイな部屋にするためにも、整理整頓のコツをつかんでください。

1‐1.要らないものはすべて処分する

整理整頓のコツはとても簡単です。
「要らないもの」はすべて処分するだけである程度部屋をキレイにすることができます。
実は、整理整頓ができない、片付けが苦手な人には共通点があることご存じでしょうか。
「ものを捨てることができない」共通点を持っているのです。
「もったいないから」「いつか使うときがくる」と使っていないものまで保管しています。
まずは、要らないものや使っていないものをすべて捨てなければなりません。
整理整頓するには部屋の収納スペースが大切です。
収納スペースを確保するためにも、1年以上使っていないものは処分しましょう。

1‐2.ものによって「置き場所」を決める

ある程度ものを処分したら、次はものの「置き場所」を決めてください。
ものの定位置が決まっていないからこそ、すぐあちこちにものが散乱してしまいます。定位置が決まっていないのも整理整頓できない原因の1つです。
よって、適当な場所ではなくものの種類ごとに置き場所を決めていきましょう。
たとえば、CDやDVDは専用ラックに、洋服やコートはクローゼットなど種類ごとにわけることがポイントです。
また、「使用頻度」を考えると効率的になりますよ。
よく使うものほど取り出しやすい場所へ置き、シーズンごとに使うものは取り出しにくいクローゼットの奥や押入れに収納しておきましょう。
そして、きちんと置き場所を決めたら使用後は必ず定位置に戻してくださいね。

1‐3.部屋ごとに整理整頓をする

片付けが苦手な人は一気に片付けをする傾向があります。
確かに、1度で片付けることができたらとても楽に感じるでしょう。
しかし、結局中途半端な状態になってしまい「後でしよう」と先延ばしにしがちです。「続きは明日」「疲れているから」と途中でやめると、さらに部屋の中が汚くなってしまいます。
中途半端にならないためにも、「今日は○○まで片付ける」と範囲を決めて整理整頓をしてください。
たとえば、今日は子供部屋、明日はキッチン周辺など区切って掃除をするといいですよ。毎日1つずつクリアしていけば片付けに対する自信もついてきます。
平日が難しいなら毎週土曜日は片付けをする日と固定するといいでしょう。

2.クローゼットや押入れの収納術

2‐1.さまざまなタイプの収納グッズを利用する

クローゼットや押入れは大切な収納スペースです。
上手に利用している人ほどキレイな部屋が維持できています。
クローゼット・押入れにものを詰めこんでいる人は「収納グッズ」を活用してください。
ただ、詰めこむだけではデットスペースが生まれてしまいます。
デットスペースとはものとものの間にできる「隙間」のことです。
収納グッズを活用すればデットスペースをつくることなく上手に収納できます。
最近では、さまざまな収納グッズが発売しているのでスペースや場所に合った種類を選びましょう。
たとえば、高いところに置く収納ボックスは取り出しやすいタイプがおすすめです。
押入れにハンガーラックがないのなら「伸縮タイプのハンガーラック」を設置しましょう。
3段になっている押入れチェストを利用すれば、くつ下や下着、Tシャツを丸めて収納できますね。

2‐2.衣類は丈の長さに合わせる

ほとんどの人が部屋のクローゼットに衣類を収納しているでしょう。
シワをつけたくないスーツやコート、ブラウスなど丈の長さはばらばらです。
できるだけスペースを活用するためにも、衣類を収納するときは衣類の「丈」に合わせてください。
たとえば、丈が長い衣類から左側に並べていきましょう。並べていけば1番右側には下にスペースができるはずです。
あいたスペースには収納ボックスをいれて奥行きを活用してください。
逆に、衣類の丈がばらばらだとスペースが中途半端になります。
デットスペースがあちこちにできてしまうため、クローゼット・押入れのスペースが無駄になるのです。
もし、クローゼットに奥行きがある場合は裏側にもハンガーラックを設置すると衣類がたくさん収納できますよ。

3.不用品の処分方法

3‐1.不用品回収業者を利用する

部屋の片付けは「不用品の処分」が大きなポイントになります。
要らないものや使っていないものを処分するとき、処分方法に困ってしまうものです。そこで、「不用品回収業者」をおすすめします。
不用品回収業者は1度に大量の不用品を回収してくれるので手間がかかりません。
大量にある不用品でも連絡をすればすぐにかけつけてくれます。もちろん、少量でもOKです。
わざわざ運ぶのが面倒くさい家電や大型家具でも自宅から運び出してくれるでしょう。手間と時間が一切かからない処分方法です。
また、不用品回収業者の中には「買い取り」をしてくれるところもあります。
基本的に壊れていない使えるものは買い取ってもらえるでしょう。
買い取りできるものは売りに出して、買い取りできないものは処分してください。処分にかかる費用も抑えることができるので一石二鳥です。
ただし、不用品回収業者に依頼する前は必ず「見積書」を確認してくださいね。

3‐2.リサイクルショップやオークションを利用する

不用品は自治体でも処分できますが、使えるものを処分するのはもったいないことです。
効率的に処分するためにも使えるものは「リサイクルショップ」で売ってください。
リサイクルショップではさまざまなものを買い取っています。
小さい小物から大型家具まで幅広いです。
壊れているものは買い取り不可ですが、キレイで使えるものなら買い取ってくれるでしょう。
また、リサイクルショップで買い手がつかなかった場合は「オークション」を利用するのも1つの方法です。
最近では、アプリを使って気軽に利用できるオークションも出てきました。
ブランドの衣類や小物類など、オークションを利用して売っている人は多いです。

4.まとめ

整理整頓のコツやクローゼット・押入れの収納術、不用品の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
片付けができない人でもコツをつかめば上手に整理整頓できます。
決して、諦める必要はないですよ。
一般的に、片付けができない人ほど「ものをためやすい」傾向があります。
部屋がたくさんのものであふれている人は、思いきって要らないものを処分してください。
ものを処分するだけでも部屋の中がすっきりします。
そして、ものの置き場所を決めていきましょう。
キレイな部屋を維持するには、毎日の積み重ねが大切です。
使った後はもとの位置に戻す、床にものを散らかさないなど気をつけて生活していきましょう。