家財整理では何をすればよいのか? 業者への依頼方法や注意点も紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「家財の整理をしたいが具体的にどうすればよいのか?」という人は多いでしょう。高齢化が進む今の時代、早めに家財整理について検討する人が増えています。しかし、実際には「整理するものが多すぎて何から手をつけたらよいのか分からない」「体が思うように動かない」という悩みを抱えている人も少なくありません。

この記事では、家財整理の具体的な内容や自分でできない場合の対処法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 家財整理とは?
  2. 家財整理の内容を紹介
  3. 家財整理を自分でできない場合は?
  4. 家財整理業者選びのポイント
  5. 業者に依頼する流れ
  6. 家財整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、家財整理の目的や具体的にやるべきこと・業者に依頼する際の注意点などが分かるはずです。

1.家財整理とは?

まずは、家財整理の意味や目的などを詳しく解説しましょう。

1-1.生前整理・遺品整理・空き家整理の総称

家財整理とは、生前整理と遺品整理・空き家整理を合わせたものの名称です。少子高齢化が進む今の時代、一人暮らしの高齢者が増え、老後の生活や死後のことで悩んでいる人も多いでしょう。「いつ死を迎えてもよいように身の回りを整理しておきたい」「自分が死んだ後、家族に迷惑をかけたくない」という理由で家財整理をする人も少なくありません。また、家財整理は高齢者の家族にとっても重要なものです。「一人っ子なので遺品整理が大変」「両親が住んでいた家をどう処分すればよいのか?」という人などは、早めに家財整理について検討する必要があるでしょう。

1-2.断捨離や不用品整理とは違う

「家財整理は断捨離や不用品整理とは違うのか?」と思う人も多いでしょう。確かに、いずれも身の回りを整理することに変わりはありません。しかし、「死を意識して行うものか」という大きな違いがあるのです。断捨離や不用品整理は、基本的に死を意識して行うものではありません。また、家財整理には空き家整理が含まれることも、断捨離や不用品整理との違いでしょう。

2.家財整理の内容を紹介

家財整理の具体的な内容についてご紹介しましょう。

2-1.不用品の片づけ

不用品を処分して家の中を片づけます。家の中にあるものをすべて「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けし、不要なものは処分していきましょう。粗大ゴミとして捨てるものも出ると思うので計画的に進めていくことをおすすめします。また、状態のよいものは買取に出して処分するとよいでしょう。

2-2.清掃

不用品を処分して家の中がすっきりしたら、清掃を行います。自分で掃除するのが難しい場合は、ハウスクリーニング業者に依頼するのもよいでしょう。特殊な洗剤や道具を使って隅々まできれいにしてくれます。

2-3.生前整理・遺品整理

生前整理は自分の死後に備えて生きているうちに行うもの、遺品整理は亡くなった後で遺族が行うものです。生前整理を検討している場合は、できるだけ体力や判断力があるうちに取りかかることをおすすめします。財産目録や遺言書を作成するなど、財産関係も整理しておくとよいでしょう。

3.家財整理を自分でできない場合は?

家財整理を自分で行うのが難しい場合は、業者に依頼するのがおすすめです。家財整理業者を利用するメリットや費用相場をまとめました。

3-1.家財整理業者の需要は高まっている

一人暮らしの高齢者が増え、生前に家財整理を自分で行うのが難しい人はたくさんいます。遺品整理についても、「兄弟がいないので一人で行うのは難しい」「遠方に住んでいるので通えない」などの理由で業者に依頼する人が増えているのが現状です。業者に依頼すれば手間や時間をかけることなく家財整理ができるため、そういった悩みを抱えている人も安心でしょう。家財整理業者は生前整理や遺品整理に関する知識も持っているので、「具体的に何をしたらよいのか分からない」という場合は、業者を利用することをおすすめします。

3-2.費用の目安は?

家財整理を業者に依頼した場合の費用は、1Kで24,000円~、2LDKで119,000円~が相場です。ただし、空き家の整理や特殊清掃などを依頼する場合は、さらに高額な費用がかかることになるでしょう。

4.家財整理業者選びのポイント

家財整理業者を選ぶ際のポイントや注意点をまとめました。

4-1.慎重に業者選びを

安心して依頼できる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 家財整理の実績が豊富か
  • 料金体系が明確か
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書に不明確な項目がないか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 家財整理士や遺品整理士の有資格者が在籍しているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4-2.こんな業者には注意が必要

家財整理業者の中には悪質な営業をしている業者も存在するため、十分注意が必要です。実際に「見積もりとは違う高額な料金を請求された」「依頼していないものまで勝手に処分された」などのトラブル例も数多く報告されています。特に、ホームページがない・見積書を提出しない・必要な許可を得ていない業者などは利用しないようにしましょう。

5.業者に依頼する流れ

家財整理を業者に依頼する際の流れをご紹介します。

5-1.無料見積もりを依頼する

まずは、業者に無料見積もりを依頼しましょう。ホームページのフォームから申し込みをし、実際に家財整理を行う現場を見てもらったうえで見積もりを出してもらうのが一般的です。どのような作業を依頼したいのかを業者に伝え、予算に合ったプランを提案してもらいましょう。

5-2.作業日時の決定・実際の作業

見積もりの内容に納得できたら、作業日時を決定して実際の作業という流れになります。生前整理・遺品整理のファンデックスでは、依頼者が立ち会いできない場合、WEBカメラで作業の様子を確認できるサービスの提供が可能です。

5-3.精算

作業完了後、精算という流れが一般的です。クレジットカードや銀行振り込みでの支払いが可能な業者もあるため、事前に確認しておきましょう。

6.家財整理に関するよくある質問

「家財整理について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理を行うタイミングはいつがよいでしょうか?
A.「いつまでにしなければならない」という決まりがあるわけではありません。四十九日法要など、親族が集まるタイミングで行うケースが多いでしょう。

Q.家財整理で出た不用品を買取に出したいのですが、高く売るポイントを教えてください。
A.きれいに掃除し、付属品はできるだけそろえておきましょう。早めに売ること・買取先を比較して選ぶことも重要なポイントです。

Q.不用品の回収と買取を同時に依頼できますか?
A.ファンデックスでは、不用品の回収と買取を同時に受け付けているため、チェックしてみるとよいでしょう。

Q.遺品の供養も業者に依頼できますか?
A.遺品整理と同時に遺品の供養を行う業者も多いでしょう。ファンデックスでは、遺品の合同供養や現場供養を受け付けています。

Q.悪質な家財整理業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに相談すれば、適切なアドバイスをもらえるでしょう。

まとめ

家財整理の意味・目的・内容だけでなく、家財整理を自分でできない場合の対処法・業者選びのポイントなどを詳しくご紹介しました。死を意識する年齢になると家財整理について考える人も多いでしょう。「身の回りを整理しておきたいが、何から手をつけたらよいのか分からない」という人も少なくないはずです。ぜひこの記事を参考に、家財整理をスムーズに進めてください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア