押さえておきたい遺品整理のやり方~業者に依頼するメリットと注意点~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品整理のやり方が分からない」という人は多いでしょう。親が突然亡くなり、遺品整理をしなければならなくなった人。実家が遠いため、遺品整理するのが大変な人。事情はさまざまです。遺品整理は、亡くなった人が残したものを整理すること。「突然遺品整理をすることになり困っている」「遺品整理の方法について知りたい」「遺品整理を行う際の注意点にはどのようなものがあるのか」そんな人たちのために、遺品整理のやり方やポイント・残すか捨てるかの判断基準・遺品整理を行う際の注意点をまとめてみたいと思います。

  1. 遺品整理のやり方・ポイント
  2. 残すか捨てるかの判断基準
  3. 遺品整理を行う際の注意点
  4. まとめ

1.遺品整理のやり方・ポイント

まずは、遺品整理のやり方やポイントをいくつかご紹介しましょう。ポイントを押さえておけば、スムーズに遺品整理ができるはずです。

1-1.「残すもの」「捨てるもの」「形見分けするもの」に仕分けする

亡くなった人が残した遺品はたくさんあります。亡くなる前に自分で生前整理をしていた人なら、ある程度は整理されているでしょう。しかし、それでも遺品整理には時間も労力も必要になります。まずは、遺品を「残すもの」「捨てるもの」「形見分けするもの」に仕分けしていきましょう。

残すか捨てるかの判断基準については、次項でご紹介します。遺品の中には、家族や親族にとって思い出深いものもあるでしょう。そういったものは、形見分けするのが一番です。家族や親族だけでなく、生前に親交が深かった友人などに形見分けすることもあるでしょう。

1-2.「捨てるもの」を処分または売る

次に、残さないと決めたものを処分します。捨てる前に、売ることができないか考えてみましょう。状態のよいものであれば、リサイクルショップや不用品回収業者に依頼して買い取ってもらえる可能性もあります。売れ残ったものは、自治体のルールに従って廃棄してください。

特に、粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に粗大ゴミシールを購入する必要があります。自治体に問い合わせて、料金を確認しておきましょう。

1-3.業者に依頼する手もある

「遠方に住んでいるので遺品整理するのが大変」「遺品整理を行う親族がいない」という場合は、遺品整理専門の業者に依頼することもできます。遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理後の掃除なども依頼することが可能です。買い取りを行っている業者もあるため、状態のよい遺品は買い取ってもらうこともできるでしょう。供養を希望する遺品については、供養してくれる先を紹介してもらえることもあります。

2.残すか捨てるかの判断基準

亡くなった人が大切に使っていたものを、残すか捨てるか決めるのは簡単な作業ではありません。残すか捨てるかの判断基準とはどのようなものなのでしょうか。

2-1.思い出の品は残しておく

遺品整理を行う家族にとっては何でもないものでも、亡くなった人本人にとっては大切なものだった可能性はあります。そのことを考えると、なかなか遺品を捨てる決心ができないでしょう。基本的に、亡くなった人の思い出が残っている品については、捨てずに残しておくことをおすすめします。家族だけでなく、生前仲良くしていた親族や友人にとっても、思い出深いものである可能性が高いでしょう。たとえば、家族の写真や記録が入っているビデオテープなどは、大切な思い出の品です。

2-2.貴重品は捨てない

あとになってから親族内で遺品分与のトラブルが起こるのを防ぐためにも、貴重品は捨てずに残すようにしましょう。通帳や印鑑・宝石がついているアクセサリーなどは、捨てずに1つの段ボールにまとめておいてください。

3.遺品整理を行う際の注意点

最後に、遺品整理を行う際に知っておくべき注意点をご紹介しましょう。

3-1.遺言書が残されていないか確認する

亡くなった人が、生前に遺言書を書いていた可能性があります。その場合は、財産や遺品を誰にどのように相続するつもりなのかが書かれているでしょう。遺品整理を始める前に、遺言書が残されていないか確認してみてください。もし、遺品整理の最中に遺言書が見つかったとしても、勝手に開封することはできません。

遺言書が封印されていた場合は、家庭裁判所に持って行き、相続人立ち会いのもとで開封する必要があるのです。遺品整理中に遺言書が見つかると、遺品整理がストップしてしまいます。あらかじめ確認しておくことを忘れないようにしましょう。

3-2.遺品整理を行うことを親族に連絡する

遺品整理に関する親族トラブルは、よく発生します。自分ではしっかりと遺品整理をしたつもりでも、あとになって親族から不満の声が上がってしまうこともあるでしょう。そのようなトラブルを避けるためにも、遺品整理を行うという連絡を、事前に親族にしておいてください。

3-3.遺品整理業者に依頼する際の注意点

最後に、遺品整理を業者に依頼する際の注意点についてご紹介します。中には悪質な営業をしている業者もあるため、慎重に業者選びを行う必要があるでしょう。たとえば、遺品整理を行う現場を見ずに、電話1本で安請け合いをするような業者には注意が必要です。

実際の作業をしたあとで、何倍もの高額な料金を請求されたケースは少なくありません。ほかにも「前払いの料金を払ったら、それっきり連絡がとれなくなった」というトラブルも。料金は必ず後払いにしてください。その業者が信頼できるかどうかは、下調べに来てもらったときにも判断できます。

遺族が立ち会っているにもかかわらず「遺品をあたかも不用品のように扱う業者」は信用できないでしょう。また、業者によってスピードを重視するか丁寧さを重視するかは異なります。限られた時間の中でスピーディーに作業してくれる業者がいいのでしょうか。それとも、遺品に対する配慮があり丁寧な作業をしてくれる業者を選ぶべきなのか。どちらをよしとするかは、あなた次第です。

4.まとめ

遺品整理のやり方についてご紹介しました。

  • 遺品整理のやり方・ポイント
  • 残すか捨てるかの判断基準
  • 遺品整理を行う際の注意点

「親の遺品整理で困っている」「遺品整理のやり方が分からない」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。